• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日米安全保障条約のことで。

日米安全保障条約の中で、  アメリカ合衆国の本土が攻撃された場合、  日本はアメリカ合衆国の防衛に協力する義務   はないんですか? 日米安全保障条約には日米の相互防衛義務が 定められているという事で、 日本には前述のような義務があると思ったのですが。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数359
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.3
  • lequeos
  • ベストアンサー率54% (308/566)

日米安保条約5条を見ると、 1)日米が防衛行動を取るのは、「日本国の施政の下にある地域」に限られている 2)防衛行動を取るのは、両国にとっては、「義務」ではない(「共通の危険に対処することを宣言する」ということで、NATO条約などのような「同意」「約束」などの強制力を持つ言葉は含まれていない) ことが分かります。ただ、1)の場合は、日本はいや応なく防衛行動を取るわけですから、実質的には、米国が日本の防衛のために行動する権利を認めた規定ということになります(←日本政府は、集団的自衛権の行使は憲法上認められないと解釈しているので、こういうややこしい規定の仕方になっています)。 余談ながら、「極東」の文言が出るのは次の第6条で、米国が、極東の平和と安全を維持するために日本の基地を利用できる、という規定の中です。「極東」地域へ日本から出撃した米軍が攻撃を受けた場合、日本がどうすればよいかを定めたことになっているのが、いわゆる周辺事態法という構成になっています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 日米安全保障条約~周辺事態法の解説、分かりやすかったです。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

 相互防衛義務は第5条に書いてありますが、”自国の憲法上の規定及び手続きに従”うと書かれていますので、憲法的に集団的自衛権を日本は認めていない(日本国憲法第9条)ので、現段階では日本にアメリカを防衛する義務はありません。そのため、共同防衛範囲が”日本国の施政の下にある領域”とされているようです。  ただ、本当にアメリカ本土が攻撃された場合、日本が傍観しているかどうかはあやしげです。憲法第9条は改正した方がいいのではないか、という話もありますし、改正する前からだいぶ9条の本筋とはそれた状態になってるし・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>現段階では日本にアメリカを防衛する義務はありません。 納得できました!いろいろな問題もあるようですが、 今のところはそういう義務はないのですね。 ご回答有難う御座いました。

  • 回答No.4
  • lequeos
  • ベストアンサー率54% (308/566)

#3をちょっと修正。 1)は、 日米が防衛行動を取る契機は、「日本国の施政の下にある地域」で日米いずれかに対し行われた武力攻撃に限られている です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • SCNK
  • ベストアンサー率18% (514/2762)

そもそも適用範囲が、極東地域に定められています。しかしこの極東地域というのが曲者で、これは地理的範囲ではなく、性格的範囲なものなのだそうです。ということは解釈を広げれば米本土を入れることも可能になるかもしれませんね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>地理的範囲ではなく、性格的範囲なもの 性格的範囲なものですか、、、考え方が難しいですね。 ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • trozky
  • ベストアンサー率9% (32/341)

ありません。両国が攻撃された場合の相互防衛義務の範囲にUSA本土は含まれていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

>両国が攻撃された場合の相互防衛義務の範囲にUSA本土は含まれていません。 なるほどー。ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 日米安全保障条約について

    日米安全保障条約が無くなると、中国が日本に攻めて来ると言う人も居ますが、どうなのでしょうか。

  • 日米安全保障条約

    日米安全保障条約はなぜ締結されたのですか? そして利点はなんですか?

  • アメリカの対日外交政策と日米安全保障条約について

    アメリカの対日外交政策と日米安全保障条約について 日米安全保障条約についてはそれこそ様々な議論がなされていますが、当方の政治外交についての見識が著しく未熟な為にいまいち全容を掴みきれません。そこで質問なのですが、日米安全保障条約において、日本とアメリカ双方にとってメリットとデメリットは何なのでしょうか。 もちろん、日本は法の上で軍隊を持たないわけで、米軍を日本に駐在させることによって他国の脅威を牽制していたりする一方で、果たしてもし米軍の駐在が無かったとしたら日本は脅威にさらされるのかどうか疑問です。また、米軍の駐在の軍事費用を日本が負担しているとも聞きますし、そういったことに関して日本の日米安全保障条約に対する外交政策はどういったものになっているのでしょうか。 また、アメリカ側の日米安全保障条約を絡めた日本への現在の外交政策はどういったスタンスを取っているのでしょうか。軍事費を抑えながらアジア圏において影響力を強めるには、日本に軍事基地を構えることは大きなメリットに思えますが、現在のアメリカの日本に対する外交政策に関して、アメリカ側にとって足りないもの、改善すべきものなどがありましたら教えてください。 長々と書き連ねてしまいましたが、一番知りたいところは、日本側の視点からの日米安全保障条約に関する対米外交政策の評価と改善点です。日米関係の為に、日本がこれから取ったほうがよい外交政策などがあれば詳しく教えて下さい。よろしくお願い致します。

  • アメリカの対日外交政策と日米安全保障条約について

    日米安全保障条約についてはそれこそ様々な議論がなされていますが、当方の政治外交についての見識が著しく未熟な為にいまいち全容を掴みきれません。そこで質問なのですが、日米安全保障条約において、日本とアメリカ双方にとってメリットとデメリットは何なのでしょうか。 もちろん、日本は法の上で軍隊を持たないわけで、米軍を日本に駐在させることによって他国の脅威を牽制していたりする一方で、果たしてもし米軍の駐在が無かったとしたら日本は脅威にさらされるのかどうか疑問です。また、米軍の駐在の軍事費用を日本が負担しているとも聞きますし、そういったことに関して日本の日米安全保障条約に対する外交政策はどういったものになっているのでしょうか。 また、本題としてはこちらのほうが知りたいのですが、アメリカ側の日米安全保障条約を絡めた日本への現在の外交政策はどういったスタンスを取っているのでしょうか。軍事費を抑えながらアジア圏において影響力を強めるには、日本に軍事基地を構えることは大きなメリットに思えますが、現在のアメリカの日本に対する外交政策に関して、アメリカ側にとって足りないもの、改善すべきものなどがありましたら教えてください。 長々と書き連ねてしまいましたが、一番知りたいところは、アメリカ側の視点からの日米安全保障条約に関する対日外交政策の評価と改善点です。よろしくお願い致します。

  • サンフランシスコ条約と日米安全保障条約の9年の間になにがあったのか

    日本はサンフランシスコ条約を締結しておきながら、9年後に日米安全保障条約を結んでいます。 9年の間になにがあったんでしょうか。。。

  • 日米安全保障条約は延長すべきか?

    私は大学4年生の者で今授業で日米安全保障条約について学んでおります。そこで皆様に質問があります。 日米安全保障条約は延長すべきか? 賛成それとも反対か。根拠のある理由まで添えて宜しくお願いします! 皆様のたくさんのご意見お待ちしております。

  • 日米安全保証条約と米韓相互防衛条約。安全保証条約と相互防衛条約ですが、

    日米安全保証条約と米韓相互防衛条約。安全保証条約と相互防衛条約ですが、意味合いは似たようなものと思いますが、何か具体的に違いはあるのでしょうか?

  • 1951年に結ばれた条約(問題)はなんでしょうか?

    (1)の問いなんですが、(1)に入る言葉は日米安全保障条約でしょうか? 日本の安全保障政策にとって大きな意味を持っていたのが、1951年に結ばれた((1))で、60年に反対運動がくり広がるなかで、防衛協力の双務性を強める形で改定された。 日米経済摩擦に加えて冷戦の終焉が進展した結果、この条約の意味や目的をめぐってさまざまな議論がでるようになった。

  • 日米安保条約に対する米への強制力について

    日米安保条約より、米国は日本を防衛する義務が定められていますが、日本に対する武力攻撃に対して、必ずしも助けてくれるとは限りませんよね? 米国にとっては、条約で定めたとは言え、利益にならず、損害を被る可能性のある問題については、首を突っ込みたくないのが心情だと思います。 例えば、日米間で沖縄返還が合意された時、日米安保条約で日米間の協定が尖閣諸島にも適用されると両国政府で合意がありました。その後も尖閣諸島防衛は米国が責務を有するという見解を出しましたが、尖閣諸島の領有権については『どの国の立場も支持はできない』と公式見解ではあっさり意見を翻しました。 竹島など、今後も朝鮮半島との領土問題は尽きないでしょう。仮に中国が領有権をめぐる領土に対し侵攻作戦を開始した場合、アメリカは日本の為に防衛に動くとは限りません。 この場合、現在の日本には、アメリカを防衛に動かせる取引材料などはあるのでしょうか?

  • 日米安保条約

    日米安保条約について質問します。 1.日本が有事の場合、日本も集団的自衛権を行使し米国と協調して行動とるのでしょうか、そして、その時の日本の軍事行動の範囲などを規定したものはあるのでしょうか。 2.有事の際、本当にアメリカが日米安保条約を守って、日本を防衛したり敵国を攻撃したりすると思いますか。 3.上記の際、防衛とはいえ、戦争の当事者は誰になるのでしょうか。またアメリカに行き過ぎた行動があった場合、日本は意見を言えるのでしょうか。