• ベストアンサー
  • 困ってます

翻訳の経験者の方に、学習法に関する質問です。

英語などの外国語を習得するには、一旦母国語を離れて、 外国語だけにどっぷり浸かるといい、と聞きます。 翻訳や通訳のように2か国語を操作できるようになるためには、 一旦外国語をマスターするために、 母国語を排除し、外国語の集中的な学習をしたほうが良いのでしょうか? それとも、翻訳や通訳の継続的な学習を通じて、 外国語の力を効果的に上げていけるものなのでしょうか? もしよければ、ご経験を基にお答えをいただきたく思います。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数67
  • ありがとう数29

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • purunu
  • ベストアンサー率42% (518/1214)

プロではありませんが、翻訳や通訳もたまにするものです。 途中はどうでもよいですが、まずは、その外国語を 読んで/聞いて、言っていることが総体として 自分の頭にイメージとしてうかんでくることが 必要です。そうすると、細かい翻訳のコツ(語順とか) は別にして、それを自分の言語(=日本語)でなんとなく わかるものです。 それを、きっちりとした日本語にするのが翻訳/通訳の訓練。 イメージにうかばないうちは難しいでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 外国語のインプットだけでイメージが浮かぶようになるためには、 意図的に外国語オンリーの勉強期間をもうける必要がありそうですね。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

まず、翻訳と通訳は類似しているようでその実まったく能力的には別なものを必要とする業種です。 通訳が得意な人間も、翻訳となると誤字が多かったりする人間が多く、 逆に翻訳が得意な人間では話すことが苦手、という人間が多いです。 翻訳や通訳は特に経験が物を言います。 いくら専門の学校で学んでも、実践となるとまったく使い物にならない人間が多いものです。 通訳・翻訳の学校を卒業しなくとも、実務経験の多い人間の方がよっぽど使える、と言われることが多いと思います。 日本には学校がたくさんあるので、大手の翻訳学校や通訳学校に通う人も多いと思います。 でも、翻訳や通訳の技術は学校で身につくものではないらしく、現場に出て能力を発揮できなかった人が後から学校に通ってもやっぱり状況に変化がなかった、というのもよくある話しです。 あと、余談ですがこの業界で経験を積むと、外国語よりも母国語の重要性を多く感じます。 翻訳や通訳を生業にしたい場合、まずは母国語の習得です。 肝心なのは、母国語と外国語の理解を脳内で切り替える、これだけではないかと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 語学の4技能といえば、読む、書く、聴く、話す、になりますが、 翻訳なら前2者、通訳なら後2者が、おそらく主な技能になるので、 それらの得手不得手で、適性が決まってきますね。 私の場合、母国語でも、聴く、話す、にはやや難があるので(全般に文盲ですがw)、 通訳を手がけるのは、特にハードルが高そうです。 即興の思考が得意でないのと、流れる音の記憶力が優れていないので、 何度も読み返すことができて、書きなおせる、活字を操るほうが、私には有利のようです。

  • 回答No.4
noname#125540
noname#125540

No.1です。 コメントありがとうございました。 私の場合は読み方が大雑把というか、精読が苦手というか、文法が苦手で正確に読めないというか、なのです。 大雑把な理解だと誤読するので。 個人的に洋書を読むぶんには何だっていいんですけどね・・・・ たとえ理解できたとしても、それをどのように日本語で表せば良いのかが、結構難しいと思います。 理解できることと、それを「適切な日本語に移し変える」ことは、ちょっと別なのです。 翻訳は直訳ではありません。 文芸翻訳などのほうがその傾向が強いでしょうが、実務翻訳でも、日本語として読みやすい文を考える必要があります。 まあ私の場合それ以前の話なのですが(^^; 直訳も間違えちゃうので。 また、背景知識がないと訳せないこともあります。 コンピュータの話なら多少はコンピュータを分かっていないといけないし、用語もありますよね。 英語だけできればいいというものでもないのがまた難しく。 通訳と翻訳両方やる方々もいらっしゃいますが、作業としては違う作業なので、それぞれの注意点やコツがあるのだろうと思います。 http://www.alc.co.jp/eng/hontsu/h-wakaru/index.html http://www.alc.co.jp/eng/hontsu/t-wakaru/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再びお付き合いいただき、ありがとうございます。 なるほど、英⇒和の場合、まずは誤読なく正しく解釈する力が要りますね。 そして次に、日本語で表現するわけですが、 翻訳の分野や種類によって表現の技術が異なってくるということですね。 そして、どのような方法で表現するにしても、日本語の表現力がベースになりますね。 最近、私は工業英検2級をとったのですが、 技術翻訳にも、特有の表現のルールとボキャブラリーがありました。 今は1級を受ける気はないのですが、翻訳自体には興味があるので、 楽しみながら幅広く勉強を継続していこうと考えています。 リンクのほうも一通り読ませていただいたのですが、とても為になりました。

  • 回答No.3
  • miwamey
  • ベストアンサー率23% (89/371)

翻訳、通訳をするには外国語と共に日本語も学ばないといけません。外国語が出来るということと、通訳、翻訳が出来るということは次元の違う問題です。 外国語を学ぼうとそちらのほうに一生懸命になっていたら、外国語の方は良いのですが、日本語訳がわからないという状況になってしまいした。日本語を学び直し、今では「訳」が出来るようになりましたが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 確かに英⇔和の翻訳・通訳だと、半分は日本語なので、日本語の学習に注力することも必要ですね。 その学習は、外国語と切り離して単独でやったほうが効率が良いのでしょうか?

  • 回答No.1
noname#125540
noname#125540

翻訳の経験者でなくて、翻訳学習の経験者で、しかも途中までなのですが。 仮に英語としておきますが(私が勉強したのは英語です) 翻訳の学習をしていて英語力が上がることはありますが、 基本的に英語力が高くないと、翻訳勉強だけでは英語力アップには足りないと感じました。 英語がある程度出来る人が学ぶ技術である気がします。 英語力が高いほうが良いです。 私は圧倒的に英語力が足りない時点で翻訳学校に行ってみましたが、 当時TOEIC730点ぐらいでしたかね、 基本クラスは難しくなかったのですが、その上のクラスになると「あ、このまま進んでも無理だな」と思いました。 自分はどうも向いてないというのもあるみたいなので、向いている人なら違うのかもしれませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます! 私はTOEIC700点台をとっているのですが、英⇔和の翻訳に取り組もうとしたら、 あらかじめ、純粋な英語力をもっと高めておく必要もありそうですね。

関連するQ&A

  • 最初の翻訳

    外国語を初めて母国語に翻訳するときは、いったいどのようにするのでしょうか? 身振り手振りで教えてもらうのでしょうか

  • 母国語と外国語の4技能の難易度について。

    いつもお世話になっています、おはようございます。 言語の学習法を調べている時に、頻繁に「聞く・話す・読む・書く」の4技能の話が出てきます。 私自身、外国語の学習をすればするほど母国語の重要さ(あまり読書してこなかった、単語知らないな等)を感じることがありました。外国語と日本語ではかなりの違いがあるとは聞きますが。 そんな時に、母国語と外国語では違いが出てくるのだろうかと思い、いくつか質問をします。 質問1:あなたが思う外国語の4技能を難易度順に並べてください。 質問2:あなたが思う母国語の4技能を難易度順に並べてください。 質問3:母国語をしっかりと使える事は外国語学習に影響すると考えますか? ※ここで言う母国語は主に日本語と思ってください。 お時間ある時にお答えください、よろしくお願いします。

  • 学習法について

    外国語の習得で語彙力をつける良い方法はありませんか? 集中力に欠けなかなか学習が継続できないことが悩みです。 またお勧めの本等ありましたらお教えいただければ幸いです。

  • 外国語の学習方法について。

    外国語の学習方法について。 英語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、など、外国語の読書力や読解力、外国語の会話を習得するには、どのような学習方法が最も効果的でしょうか? お勧めの外国語習得方法がありましたら教えてください。

  • 外国語学習の壁

    前回の質問「既習の外国語で新しい外国語を学習している人って http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849088.html」で疑問が残りましたので 疑問点を明らかにして再度質問させていただきます。 その質問の回答によると、既習の外国語で新しい外国語を学習するのは 能率が悪いという意見と、逆に非常に効果的という意見をいただきました。どっちの意見も一理あると思います。 前者の意見に基づけば、外国語はいくら頑張っても母国語のように使いこなせるようにはならようですね。しかし、センター試験の問題の英文 なんかはネーティブの小学生が読んでも難しいはずなのに、その程度なら容易に読める日本人も少なくないと思います。 そこで質問なんですが、私たちが外国語を学ぶ上で圧倒的に不足している要素は何なのでしょうか?また、外国語というのは どんなに努力しても超えられない壁があるのでしょうか?

  • 翻訳に興味があります。

    外大中退です。 lang-8という語学添削サイトに登録して、日記を書いています。 そのサイトは、学習したい語学を母国語とする外国人から、添削をしてもらい また、母国語を学びたい人の文章を添削をします。 (私は英語を学びたいので、英語を母国語とする外国人から添削してもらい、私は日本語を学びたい人の文章を添削します。) 軽い気持ちで始めた英文日記ですが、私は、どうやら英語を日本語訳することに面白みを感じました。(日本語を練ることが面白い。) そこで、ぼんやりとですが 翻訳をしてみたいと思うようになりました。(職業として) 翻訳の専門学校に入って、専門の教育、訓練を受けるべきかと思うのですが、できたら通信教育やオンライン等で学びたいのですが、良い学校を知りませんか? やってみたいのは、出版翻訳です。(文芸翻訳)

  • 語学力の臨界点、既習の外国語で新しい外国語に臨むには、

    前回の質問「既習の外国語で新しい外国語を学習している人って http://oshiete1.goo.ne.jp/qa2849088.html」で戴いたご回答を元に疑問点を整理し、再度質問させていただきます。 その質問では とある方によると既習の外国語で新しい外国語を学習するのは いくら既習の外国語が出来ても母国語のように使いこなせるわけではないので効率が悪いが、また別の方によると 既習の外国語をマスターしていればむしろ合理的というような回答を戴きました。私は恐らくそれは語学力の臨界点の問題だと思うんですが、その臨界点を超えることは難しいんでしょうか?どのようにしたら超えられるでしょうか? また、このような方法は混乱を招きやすいとの意見も戴きましたが、どのようにしたら混乱を回避できるでしょうか?

  • 日本語力あげる方法

    外国語をマスターするには、母国語をマスターする必要があるとの事でした。日本語力をあげる為の本や方法を知ってるからた宜しくお願いします。(もう一度勉強しなおす本や基本の本でも結構です。)

  • 専門家って意外に見識が狭い?

    専門家って意外に見識が狭い? こんにちは。どうでもいいつまらない質問です。昔、テレビを見ていたら、とある学者が海苔は日本人の他には南米の一部族しか食べないと言っていた覚えがあります。しかし、あれから数年後、スーパーで 韓国海苔が売られているのを見てビックリしました。..学者と言うのは権威があって、信用していただけに 自分の目が信じられないほどでした。 さて、外国語の学習や教育に関しても同じようなことが言えるのではないでしょうか? 専門家と称する人たちが、次のように言っているのをよく耳にします。 (1)早期の英語教育は母国語の習得の妨げになる。 (2)外国語はいくら覚えても 母国語の力を上回ることはない。 (3)外国語は文法抜きでは覚えられない。 (4)英語は他の外国語よりもシンプルで覚えやすい。 そこで質問です。趣旨がはっきりしないかもしれませんが、専門家ではないけど自分は見聞が広い方だとお思いの方、意見をお聞かせくだされば幸いです。

  • シュリーマンの学習法

    シュリーマンの外国語学習のなかで 「決して翻訳しない」 という項目がありますが、なぜ翻訳してはいけないのでしょうか? これで外国語が分かるようになりますか? (もちろんシュリーマンは他に音読や作文もしてましたが)