解決済み

中絶・出産・慰謝料どうしたらいいのでしょうか?

  • すぐに回答を!
  • 質問No.4171655
  • 閲覧数416
  • ありがとう数4
  • 気になる数1
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 75% (3/4)

16歳同士で妊娠、男の子はまだ学生です。
男の子は、今の時点では生活していくのは無理なので今回は諦めてほしいと思っていて、これから一緒になっていくために学校を卒業して仕事をして結婚するつもりにしています。でも女の子は、産むつもりです。女の子の親は、金銭面での援助はできないと言ってます。男の子の方もできないと言ってます。女の子は妊娠中に安定剤など薬を服用しました。なので、いろいろなことを考えて今回諦めてほしいと思っています。

女の子は、中絶するのであれば別れると言い、ただ産むといって何も聞き入れません。男の子が中絶してほしい考えを言うと泣き出したり、過呼吸になったり、女の子の親が途中で話しを止めたりしてどうしても話になりません。

挙句に、これから出産するから生活費・慰謝料をもってこいと言っています。
まだ男の子は、諦めずに説得しようとしています。
男の子は、出産することを認めていないのでこのような場合どうなるのでしょうか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4

ベストアンサー率 46% (7/15)

この問題では、法的な確認を取ったほうが宜しいでしょうね。
ここでは不特定多数の人が、せいぜい経験で言っているだけなので。

法的な問題点として
(1)お互いが未成年なこと。未成年ということであれば、親の監督権の
及ぶ範囲が相当大きくなりますよね。
仮に彼女が出産をし、養育するとしても彼は高校生。いくら義務があるとは
言えども、高校を卒業するまでは就職などの活動はできないと考えるのが
ベター。その間の経済的な負担は、親がすることになります。
(2)婚姻の可能性
女性の場合は16歳。男性の場合は18歳で可能とか?婚姻の可能性によっては
生まれてこようとする子供の認知に対する、法的な見解が食い違ってきます。
認知しないから養育費を払わない…。当たり前です。大人の世界だったら
どうですか?付き合っていた女性が、男性の反対を押し切って一方的に出産をした。
認知しなかったゆえに、養育費を払わなかった。これが法的に証明できれば、
養育権は無い代わりに、費用負担もないでしょう。では、女性が急死した場合の
子供の親権などはどうなるのでしょう?
この辺りのことは、弁護士・司法書士・行政書士などの有資格者に有料で
相談する必要がありますよ。最高裁判例が出ている場合は、条文の解釈に
大きな変更だってあるのですから。。。

基本的に人権は、皆対等なのです。一方的に不利なものはありません。
但し、おなかの中の赤ちゃんの場合は非常に難しく、学説によって主張が分かれているのが
実情です。迅速に法律事務所に行くことをお勧めします!!
お礼コメント
zaq147

お礼率 75% (3/4)

遅くなりましてすいません。
ご回答ありがとうございます。
アドバイス参考になりました。ありがうとうございます。
投稿日時 - 2008-07-13 08:47:40
感謝経済、優待交換9月20日スタート

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 28% (54/189)

>中絶・出産・慰謝料どうしたらいいのでしょうか?

すでに宿っている命を誰も奪う権利はありません。
法に触れなくとも中絶は殺人です。

今回の場合女性がうも事を望んでいる限り、誰も止める権限はありません。
妊娠させた男性は、他方が仰るように認知し、養育義務を負う必要があのます。
16歳だとか学生だとかは関係ありません。
自分のしたことに責任を取る必要があります。
16歳ならたぶん高校生でしょう。当然親にも監督責任がありますが、養育して今責任は二人の男女です。
親が援助しようがしまいが、学校を辞めて土木作業員でも、コンビニのレジでも働いて養っていくしかないでしょう。
補足コメント
zaq147

お礼率 75% (3/4)

産婦人科で診察してもらったときに、服用していた薬で奇形児ができる確率が高いと言われました。生まれてくる命に対して差別するつもりはありませんが、生まれてくる命で賭けをしたくないという気持ちがあります。

ただ安易に中絶を言っているのではないことをお察しください。
投稿日時 - 2008-07-12 23:52:22
  • 回答No.2

ベストアンサー率 28% (298/1049)

別に男性が認めていないと出産してはいけないという決まりは全く無いので、女性の好きに出来ます。

DNA鑑定などの結果、強制認知なども出来ますし、それにより養育費の支払い義務も発生します。まぁ父親であるならば、養育費から逃れることは出来ません。養育費には時効もないので、子供が成人してから自分で請求することもできます。

慰謝料…は何の慰謝料かわかりませんが、性行為も避妊方法も合意の上であったのであれば、普通は必要ありません。
お礼コメント
zaq147

お礼率 75% (3/4)

お返事遅くなりましてすいません。
ご回答ありがとうございます。
参考になりました。ありがとうございます。
投稿日時 - 2008-07-12 23:37:08
  • 回答No.1

「出産することを認めない」ということはできないので
それなりの費用負担をする義務があります

慰謝料という点についてはどうかわかりませんが、相手が請求する権利はあります
承諾できないのであれば調停をするなり、裁判にするなりということになるかと思います

出産した場合は、子どもに対する養育費は必要になります

認知を求められたらそれも。

子どもとの縁は切ることができません
お礼コメント
zaq147

お礼率 75% (3/4)

お返事遅くなりましてすいません。
ご回答ありがとうございます。
参考にします。ありがとうございます。
投稿日時 - 2008-07-12 23:27:21
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
どうやって悩みから抜け出しましたか?経験を共有してみませんか?
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ