• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

分光光度計の吸光度の値について。

分光光度計で吸光度を測定する実験をしました。 ゼロは水であわせ、測定するサンプルは試薬の混ざった水です。 それなのに、結果がマイナスの値になってしまいました。 何が原因でしょうか? また、吸光度はどういったときに、マイナスを取るのかを教えてください。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数6743
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

ゼロ合わせをしたセルが汚れていたことはないですか? あるいは、一度ゼロ合わせをしたセルを取り出し、再び測ってみてください。器械やセルホルダーの具合にもよりますが、同じサンプルのはずなのに値がずれることは良くあります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

今日、再び行ったところ、セルに指紋のようなものが見られました。 よって、新しいものと交換したらマイナスは出なくなりました。 セルの汚れが原因だったようです。 大変お世話になりました。

関連するQ&A

  • 分光光度計・吸光度とは?

    ある液体の濃度測定をお願いしたところ、「分光光度計にて595nmにおける吸光度を測定する」と言われました。僕にはさっぱり意味が分からず、結果の数値を見ても人に説明できません。で、分光光度計とは?吸光度とは何でしょうか?何を測定したのでしょうか?まったくの無知なもので、よろしくお願いします。

  • 濁度は分光光度計?吸光度計?

    ご存知の方、教えてください!! よろしくお願いします! 濁度は、分光光度計または吸光度計、どちらでも測定できるようですが、 どちらで行うのが正しいというのはあるのでしょうか? また、何か別のフィルターが必要などということはあるのでしょうか? 測りたい試料は培養液中の菌体の濁度です。 菌体の場合、分光光度計でも吸光度計でも波長は600nm前後を使用するのが一般的のようですが、 なぜ600nm前後の波長なのでしょうか? どんな理由があるのでしょうか? 調べてみたのですが、基本的な事過ぎるのか、もう周知の事実なのか、 理由までは探せませんでした。 実際に培養液の吸光度を(誤って…)405nmで測定して、菌数をセルカウントで測定、 その結果をもって検量線を引いてみたのですが、R^2も0.94ぐらいで、まあまあよさそうなのですが、 やはり600nm前後の方が良いのでしょうか? 測定は620nmでやり直すつもりですが、なぜ600nm前後がいいのか理由が知りたく、こちらで質問させていただきました。 よろしくお願いします!

  • 原子吸光分光光度計を使って正確に測定するには?

    原子吸光分光光度計を使ってミネラル測定をしています。同サンプルを測定日を変えて分析するとppbオーダーで2桁ほどのずれを生じるためどれが正しい値なのか分かりません。どうしたら正確に測定できますか?

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • elpkc
  • ベストアンサー率53% (626/1160)

もう一度、セルに水を入れて測ってみてください。 ゼロになりますか? セルをセルホルダーに入れる際、入光側をセロ合わせの時と同じ向きにしていますか? ゼロに近いものを測定する時は、注意が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 セルが汚れているようでした。

  • 回答No.2

同じ容器を使っていますか? 石英セルなどを用いて,DWでサンプルを取り,DWを測定してみることをお勧めします。 それでマイナスになる場合は,測定方法に改善が必要です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

容器は全て箱から出した新しいものでしたので何とも言えません。 原因はブランクを測ったセルにありました。 ありがとうございました。 次にするときには、このようなこともあるのだと頭に入れておきます。

関連するQ&A

  • 分光光度計に関して!

    分光光度計で色素の吸光度を測定するときに、最大の吸光度を示す波長で測定するのはなぜですか??

  • 吸光度 分光

    吸光度の測定について調べているのですが、吸光度を測定することでなんの役に立つのですか? 実際に調べているのは、赤外分光光度計と光電式分光光度計なんですが、これらがどんなことに使われ、これらによって吸光度を測定することでこんなことに役に立つというのを教えて頂きたいです。

  • 分光光度計について

    分光光度計についての質問なのですが、本を見ていると波長520nmの場合、吸光度0.5以上の値は信頼性がない、という記述がありました。 これはなぜなのでしょうか? いろいろ調べてみたのですがよく分かりません。 吸光度が大きいと透過光の強度が弱く測定誤差が大きくなるのが関係するのかなとも思うのですが・・・。(それなら波長は関係ないとも思ってしまいます) どなたか分かる方、ご教授願えれば幸いです。

  • 分光光度計の吸光度の調節

    分光光度計を用いて様々な濃度の溶液を測定したのですが、純水の吸光度を0.00に合わせてから始めるところを、合わせずに純水も測ってしまいました。この場合は、この純水の吸光度を他の吸光度から引けば解決できるのでしょか。 よろしくお願い致します。

  • 吸光度のついて

    Lowry法により、BSA溶液を用いて、タンパク質の定量の実験を行いました。そこで、吸光度を測る際、750nmの吸光度を水を対照として分光光度計で測定したのですが、「750nm」という値は、実験により、青色に呈することに関係するのでしょうか?吸光度についてよくわからないのでよろしくおねがいします。

  • 分光光度計とは

    分光光度計とはなんでしょうか?吸光度計、蛍光光度計とは違うのでしょうか??

  • 分光光度計を使った実験で…

    分光光度計を使った実験で、ちょっと困ったことが。 溶液をセルに入れて分光光度計で測るのですが、溶液の温度を低くしているためセルに曇りができて、正確な吸光度が測れません。 溶液を低温に保ったままでセルに曇りができるのを防ぐには、どうしたらいいでしょうか。

  • 分光光度計

    分光光度計について質問です。 分光光度計にて、川の水を測定して横軸に波長、縦軸に吸光度として波形を得たところ、特定の波長の部分で、吸光度が山のようになっていました。 これは何を表しているのでしょうか?この部分は水が綺麗ということなのでしょうか?

  • 分光光度計での測定手順

    分光光度計である溶液の濃度を測定しています。 人によって二つのやり方があることが分かり、どちらが正しいかを検討しています。 ちなみにダブルビームです。 (方法1) ・キュベットAとBに水を入れてゼロ補正 ・次にキュベットAにブランク、キュベットBにサンプルを入れて吸光度の差を測定する。 (方法2) ・キュベットAに水、キュベットBにブランクを入れてゼロ補正 ・次にキュベットAに水、キュベットBにサンプルを入れて測定。 ・ブランクとサンプルのそれぞれの吸光度の差を計算する。 どちらでも良いという人と、差があるようだという人と分かれています。どなたか教えてください。

  • 分光光度計と蛍光分光光度計

    「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか? 質問が、的を得ないですみません。 例えば、ある蛍光試薬の、蛍光波長が547nmだとして、励起 後の蛍光強度は、分光光度計で測定したODと同じはずなんでしょうか? 質問の内容が不明な部分は、補足いただくと助かります。 どうぞよろしくお願いします。