• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

分光光度計

可視紫外分光光度計や赤外分光光度計といった分光光度計はよく名前を目にするのですが、 紫外線から遠赤外線までの広い測定範囲を一手にカバーできるような、そんな万能な分光光度計は可能なのしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数649
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • paddler
  • ベストアンサー率53% (176/330)

> 紫外線から遠赤外線までの広い測定範囲を一手にカバーできるような、そんな万能な分光光度計は はい、可能です。私の記憶が定かなら、実際に販売もされていました。 分光器にはザクっと分けて、回折格子やプリスムなどを用いた波長分散 方式のものと、干渉計を用いた干渉方式のものの2方式が主流です。 私の記憶にある上記の分光光度計は干渉方式のもの(いわゆるFT-IRの ようなタイプ)でした。1台の装置でUVからIRまでカバーしますが、 同一構成で一気に全波長域を測定できる訳ではなく、ある程度区切った 波長域毎に検知器とマイケルソン干渉計のビームスプリッタを交換する ものであったと思います。 ただし、もちろん価格も相当なものだったと思います。 なお、波長分散方式のものでこのように広い波長範囲をカバーさせよう とすると、1式の分光器のマウントで回折格子だけ本数の違うものを 順次切り替えて、というのはほとんど不可能に近いと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど…波長分散だとほぼ不可能、ということですか。干渉方式でも、広域な波長を一気に測定するということは、検知器およびスプリッタの交換が必要なのですね。詳しいご説明、ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 赤外分光光度計(FT-IR)について。

    ・赤外分光光度計(FT-IR)について教えてください。  FT-IRで干渉図形(インターフェログラム)って  ありますよね。FT-IRは干渉図形をフーリエ変換すること によって赤外吸収(透過)スペクトルに  なるわけですよね。  でも、単なる分光光度計(紫外・可視分光光度計)では、  干渉図形なるものはないですよね?。  なぜFT-IRだけ干渉図形なるものがあるのですか?  (なぜ紫外可視分光光度計ではそれがないのか?)  そもそも、FT-IRにはなぜ干渉系なる部分が存在するの  ですか? ・2つ目の質問として、FT-IRの  インターフェログラムは  生データといえるのでしょうか??? 教えください、お願い致します。

  • 分光光度計

    分光光度計を用いてヘモグロビンの吸光度を測定する実験を行ったのですがこの時溶媒にリン酸バッファーを使用したのですが可視領域で測定する場合これ以外にも使用できる溶媒があったら教えてください。

  • 分光光度計の試料取り付けについて

    紫外可視分光光度計でガラス基板(縦100、横150、厚さ10mm)上に製膜したZnO薄膜の吸光度を測定しています。 現在はセルホルダの中央付近に両面テープで固定して測定しているのですが、結果にバラつきが出てしまって困っています。 セルホルダへ、どうのように基板をセットしたらイィか、 分光光度計で基板の測定を行ったている方教えて頂けますでしょうか。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • paddler
  • ベストアンサー率53% (176/330)

No.2の回答者です。情報が見つかりました。 BOMEMのDA8というFT-Spectrometerでした。金に糸目は付けないぞと 言わんばかりの縦型のバケモノのような分光器です。 http://www.physics.ucf.edu/~rep/SumSemPeale03.pdf やはりもう現在は、availableではないそうです。 http://www.abb.com/global/abbzh/abbzh251.nsf!OpenDatabase&db=/global/seitp/seitp330.nsf&v=9AAC910019&e=us&m=9F2&c=C1256DDE004B6B1D85256E24004AE0ED

参考URL:
http://www.physics.ucf.edu/~rep/SumSemPeale03.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

わざわざサイトのURLを見つけてくださって、本当にありがとうございます!これは想像以上のブツでしたよ…。やはりコンパクトなものを作るのは厳しいということですね。 本当にありがとうございました!とても参考になりました!!

  • 回答No.3
  • toboke
  • ベストアンサー率47% (41/87)

手元に赤外可視紫外分光計がありますが、遠赤外までは測定できず、200~3300nmです。 この分光計では、光源として350nm以下の重水素ランプとそれ以上の波長の普通のランプがついており、検出計は850nm以下と以上で分かれています。 残念ながら、赤外部のこの切り替え波長のところでいつも何故か測定値に不連続な段ができてしまいます。検出計へのわずかな光路の違いによるものだと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

実際にあるのですね!それでも遠赤までは測定できない…と。なるほど、切り替え時に不都合が出てくるわけですね。ありがとうございました!

  • 回答No.1
  • ginlime
  • ベストアンサー率27% (280/1031)

光源と、対応波長の分光プリズムがセットできれば可能ですが、相当高価なものになると思います。よって、波長を切ってそれぞれの専用機にしていると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど。光源がどうにかなれば、可能なのは可能なわけなのですね。 ありがとうございました!

関連するQ&A

  • 分光光度計に関して!

    分光光度計で色素の吸光度を測定するときに、最大の吸光度を示す波長で測定するのはなぜですか??

  • 紫外可視分光光度計用セルについて

    教えてください。 紫外可視分光光度計を用いて吸光度と透過率を測定するために使用する「紫外吸収スペクトル測定用セル」ですが、 材質:UV石英ガラス 光路長:10mm 光路幅:10mm タイプ:蛍光前面透明 で問題ないでしょうか?

  • 分光光度計

    分光光度計について質問です。 分光光度計にて、川の水を測定して横軸に波長、縦軸に吸光度として波形を得たところ、特定の波長の部分で、吸光度が山のようになっていました。 これは何を表しているのでしょうか?この部分は水が綺麗ということなのでしょうか?

  • 分光光度計に付きまして

    こんにちは 某鉄鋼メーカーに勤めております 40代 男です 鉄鋼の酸洗に使用しております硫酸に入れる添加剤の濃度測定に、某薬品メーカーより分光光度計の使用を紹介されました。  具体的には、硫酸に、ある薬液を滴下していき、630nmのフィルターを使用して吸光光度計で測定し、吸光度60%となった滴下量を終点とします  そしてその滴下量を検量線に当てはめて硫酸に添加した薬液の濃度を出してやるのですが、その際、検量線作成に使用した、分光光度計と測定に使用する分光光度計が違っても問題ないでしょうか?  それとも測定に使用する吸光光度計で検量線を作成しないとダメでしょうか?  こういう機器の付いては素人でしてよく分かっておりません 何方か教えていただけませんか?

  • 濁度は分光光度計?吸光度計?

    ご存知の方、教えてください!! よろしくお願いします! 濁度は、分光光度計または吸光度計、どちらでも測定できるようですが、 どちらで行うのが正しいというのはあるのでしょうか? また、何か別のフィルターが必要などということはあるのでしょうか? 測りたい試料は培養液中の菌体の濁度です。 菌体の場合、分光光度計でも吸光度計でも波長は600nm前後を使用するのが一般的のようですが、 なぜ600nm前後の波長なのでしょうか? どんな理由があるのでしょうか? 調べてみたのですが、基本的な事過ぎるのか、もう周知の事実なのか、 理由までは探せませんでした。 実際に培養液の吸光度を(誤って…)405nmで測定して、菌数をセルカウントで測定、 その結果をもって検量線を引いてみたのですが、R^2も0.94ぐらいで、まあまあよさそうなのですが、 やはり600nm前後の方が良いのでしょうか? 測定は620nmでやり直すつもりですが、なぜ600nm前後がいいのか理由が知りたく、こちらで質問させていただきました。 よろしくお願いします!

  • 可視紫外分光光度計での溶解量測定法について

    濃度が分からない薬物の溶解度測定を、可視紫外分光光度計を用いて行ないたいです。 測りたいサンプルは以下の通りです。 水:t-ブチルアルコール=10:0,9:1,8:2,7:3の溶媒に過剰量の薬物を入れます。 それらを25,30,40,50,70℃の温度で振とうさせた溶液をUV-Visで吸光度を測定します。 測定結果からどうやって溶解度を測定すればいいのでしょうか? 回答をお願いします。。

  • 分光光度計

    分光光度計で測定可能かどうか教えてください。 見たい特定の物質があるわけではなく、ある液体が時間が経つにつれて色が濃くなっていくのでそれを数値化したいのですが可能でしょうか。

  • 分光光度計・吸光度とは?

    ある液体の濃度測定をお願いしたところ、「分光光度計にて595nmにおける吸光度を測定する」と言われました。僕にはさっぱり意味が分からず、結果の数値を見ても人に説明できません。で、分光光度計とは?吸光度とは何でしょうか?何を測定したのでしょうか?まったくの無知なもので、よろしくお願いします。

  • 分光光度計と滴定で・・・

    分光光度計とH2SO4滴定で測定値が違うのはどうしてでしょう?

  • 分光光度計と蛍光分光光度計

    「蛍光」の方で、励起光で、励起状態にした後の蛍光強度の測定というのは、分光光度計で同じ波長のODを測るのと同じ理屈でしょうか? 質問が、的を得ないですみません。 例えば、ある蛍光試薬の、蛍光波長が547nmだとして、励起 後の蛍光強度は、分光光度計で測定したODと同じはずなんでしょうか? 質問の内容が不明な部分は、補足いただくと助かります。 どうぞよろしくお願いします。