• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

不動産(賃貸分譲マンション)の登記簿について

ある賃貸分譲マンションを購入しようと思っています。 法務局に行ってその物件の現状を不動産登記簿で確認しようと思っていますが、不動産登記簿をあげるのは初めてです。(株式会社登記簿ならみたことあるんですが) 賃貸分譲マンションの不動産登記簿には、現在の所有者が記録されているとは思いますが、その所有者が誰かに貸していた場合、借主の情報は載っているのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数433
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#65452

>ある賃貸分譲マンションを購入しようと思っています 賃貸に出している分譲マンションを購入しても、賃貸中なら自分で住むことはできませんが・・・・・ >賃貸分譲マンションの不動産登記簿には、現在の所有者が記録されているとは思いますが、その所有者が誰かに貸していた場合、借主の情報は載っているのでしょうか? 登記簿には甲区・乙区があります。甲区には所有権者に関することが記載されております。乙区には一般的に抵当権が記載されています。 借主に関する記載は、通常記載されておりません。売買仲介不動産会社から借主がどこに勤めているのか、男性か女性か、保証人はどういう職に就いているのか、等々いちいち聞くしかありません

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 立ち退き 不動産登記簿

    ビルの1室を借り、店舗を開いている者です。 ある日突然に、ビルを管理する不動産屋から、「ビルの所有者がA(個人)からB(不動産屋)に変更になりました。所有者変更に伴い、本物件の管理業務は終了となります。今後の家賃の振込先は、新所有者Bから連絡があります。」と通達がありました。 数日後、新所有者Bと名乗る者が突然現れ、「ビルを解体するため、賃貸借契約を解除したい。そのための立ち退きの話合い中は、家賃を受け取らず保留します。」と言ってきました。 しかし、不動産登記簿や、前所有者との間に交わした引き継ぎ書的なもの等、新所有者であることを証明するものを何も持っていないので、「まず何をもって新所有者であることを信じればよいのですか?」と質問しても、それにははぐらかすばかりで、「とりあえず、家賃は保留で良いですから。後日また話をしましょう。」としか言いません。 不信に思った僕は、法務局に行き建物の不動産登記簿を確認すると、所有者はAのままでした。 法務局の方に相談もし、家賃は供託金で納めることにしました。 新所有者Bを名乗る者は、違法行為をしているのでしょうか? また、この先、立ち退き交渉となると、この場合どのようなステップをふんでいけばよいのでしょうか?

  • 登記簿について

    昔の知人がしばらく連絡をとらないうちに引っ越してしまい、居場所がわからなくなりました。持ち家だったのですが、今現在、他人が住んでいるのか、知人が今も所有者なのかわかりません。もし今も知人が所有者である場合、法務局で登記簿をとると、今の居場所がわかると聞いたのですが、登記簿は知人の身内でなくても取得できるんでしょうか? また、全国どこの法務局でもかまわないのでしょうか? また、他人に売却されていた場合は、知人の今の居場所を知ることは無理なんでしょうか?

  • 不動産登記簿の閲覧の履歴

    法務局で不動産登記簿を請求する際、請求者の住所氏名等を提出しますが、この請求者は過去の履歴として記録に残るものなのでしょうか? また、だとした場合、不動産の所有者が過去の閲覧履歴を自由に調べることは可能でしょうか? 教えて下さい。お願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

賃貸分譲マンション? いわゆる投資用の区分所有マンションということでしょうか? 通常、賃貸借契約で賃借権等を登記することはありません。 借主の情報は記載されていません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 不動産の登記簿謄本について

    現在賃貸マンションに住んでいます(総戸数50戸、5階建ての4階部分)何年か前から不審な事がありその建物、所有者についてこの度調べたいのですが、この建物は地番まではわかるのですがその後の部屋番号が特定できない建物の様で困っています。(例えば301号室でも26とまでしか登記されてないようです。)26が部屋番号のようです。法務局の職員も困り所有者の氏名で検索してもらい謄本はとれ3通程全部事項を取得しましたが〔権利者その他の事項〕にはきちんとした号室(301と)所有者で登記されています。特定できないので総戸数全部あげて単数の号室の規則性を自分なりに推測するしかないと思っています。法務局の方も「この管轄ではレアなケースだ」とおっしゃってました。 私はできれば明らかに不審な部屋の所有者と近隣の登記簿がほしいのですが、201号室は32で301号室は18といった形でしか閲覧できないので例え401号室がほしくても14という不規則な数字であるため部屋番号を逆算できません。特に分譲賃貸がほぼの様で入居者が所有者じゃない部屋も多々あるので対処の仕方が複雑だなーと感じています。 何かいい方法ありませんでしょうか?ちなみにこの建物は206号室(2棟目の6号室)をB-6号室等と住居表示していてそれぞれABCDEF棟分けしています。面倒なのは204や304等4のつく部屋はつくっていません。とばして205,305にしています。 ご指導お願いいたします。

  • 他人の土地の登記簿の閲覧について

     近所にちょうど手頃な空地を見つけたので、その土地の所有者を調べ、売ってもらえないか交渉しようと思っております。(近隣の不動産屋にも色々聞いたのですが、まだ市場には出ていない土地のようです。)  土地の所有者を調べるためには、管轄の法務局(登記所)に行き、土地の登記簿を見れば良いという点までは理解したのですが、肝心の土地の地番が分かりません。地図上での場所さえ判っておれば、土地の地番は法務局で教えてもらう事ができるのでしょうか? もし法務局で教えてくれない場合は、どのようにして地番を調べるのですか? ご存知の方がおられましたら、是非、お教え下さい。  また、他人の土地の登記簿を、全くの第三者(私)に対しても、法務局は簡単に閲覧させてくれるのでしょうか? その点も併せてお教え下さい。 よろしくお願いいたします。

  • 登記簿に載っていない建物の所有者の探し方

    テナントととして借り受けたいと思っている物件なのですが、所有者が わかりません。登記簿を見てみたのですが、そこの住所での登記はありませんでした。 こういう場合、所有者を見つけるためには一体どうしたらいいでしょうか?

  • 登記簿について

    登記簿について 不動産登記簿に持ち主の住所を載せないように 出来るのでしょうか? 今度引越しを考えているのですが 新しい住所を知られたくない人がいるのですが 登記からばれてしまうのを 回避する方法はないですか?

  • 不動産登記について

    不動産についてあまり詳しくないので、どなたか教えて下さい。 不動産の所有者を確認する場合「不動産登記」にて確認するかと思いますが、 所有者が引っ越しや所有者変更で「所有権移転登記」にて情報を更新していない場合、 確実に現在の所有者を確認するにはどうすればいいのでしょうか?

  • 未登記

    不動産登記がされていない物件の 所有者が確認できる公的なものがあれば、 教えてください。

  • 個人の不動産の登記簿、赤の他人が勝手に

    あるネット掲示板を見ていたら、 社会的に騒がれて叩かれている渦中の人物が所有してる 不動産(一戸建て物件)の登記簿謄本が晒されていました。 (叩かれてる件は不動産のことなど関係ありません) それにしても、 個人の不動産の登記簿を、赤の他人が勝手に閲覧できたり、簡単に取れるものなのですか? だとしたら、なんだか薄気味悪いのですが‥

  • マンションの不動産登記簿

    債務者のマンションを担保にとり根抵当権設定登記をする予定です。 債務者に不動産登記簿を要求しますと建物だけの登記簿が送付されてきました。 マンションの不動産登記簿は、土地と建物は別々に法務局に請求しないともらえないのでしょうか。

  • 賃貸不動産の登記簿上の所有者と貸主が別人

    数年前から賃貸アパートに入居している者ですが、最近、家主が変わったとの通知が新しい家主から入りました。 理由は相続に伴う所有権の移転だそうです。 最近になって知ったのですが、私が前の家主と賃貸借契約を結んだとき、この家主は登記簿上の所有権者ではありませんでした。 登記簿上の所有者は別人(=前の家主の父親)で、このことは重要事項説明書にも明記されていました。 登記簿上の所有者(=前の家主の父親)が亡くなったので、相続により、新しい家主が所有権を相続して、移転登記も完了しています。(登記簿確認済み) 新しい家主と私との間で、新たな賃貸借契約を結んではおらず、前の家主との契約をそのまま継続するような格好が続いていますが、実は疑問というか不安な点があります。 (1)登記簿上の所有者と親子とはいえ、所有者でもない者が、「貸主」として賃貸借契約を結んだ場合、その契約は有効と言えるのか? (2)このアパートは、大手の仲介業者に斡旋してもらったので安心していたのですが、不動産の賃貸借契約においては、登記簿上の所有権者と「貸主」が別人というのは、よくあるケースなのか? シロウト考えでは、所有権者でもない者が「貸主」と称して賃貸借契約を締結することには違和感が残りますが、大手の仲介業者が介在しているのに、単なる「見落とし」とも考えられず悩んでいます。 今後、賃貸借契約をめぐって、新しい家主との間で係争に発展した場合に、そもそもの前の家主との賃貸借契約自体が無効だなどと指摘されるおそれはないのでしょうか? 専門的な問題かと思いますが、お知恵を拝借できましたら幸いです。

  • 不動産登記について教えてください。

    根抵当権の債務者の商号の変更登記について教えてください。 根抵当権の債務者兼設定者●株式会社は、3年前に◆株式会社に商号変更しました。今年になって、根抵当権者から債務者の商号の変更登記をするよう言われました。根抵当権のついた土地について不動産登記を見ると、債務者の表記は本店が「▲市○町××番地×」商号が「●株式会社」になっています。▲市は昨年周辺の市町と合併して今は■市になっています。◆株式会社の商業登記を見ると本店が▲市から■市に変更されており、合併の日付で「変更」となっています。本店は移転していませんので市の名称以外に町名や番地に変更はありません。 1.根抵当権の債務者の変更登記では、債務者が会社であれば、登記申請書には変更後の事項として必ず債務者の本店と商号を記載しますが、本件の場合、本店も合併により▲市から■市に変更されています。当然、変更後の事項には、商業登記の表記のとおりに本店を「■市○町××番地の×」商号を「◆株式会社」と記載しますが、登記原因は商号変更だけでいいでしょうか。 2.設定者(所有者)の不動産登記上の名義は●株式会社から◆株式会社に商号変更の登記済みですが、本店は合併前の▲市のままです。また、◆株式会社の商業登記の本店の表記は「■市○町××番地の×」ですが、不動産登記では、「▲市○町××番地×」と、所有者、根抵当権の債務者の表記ともに「の」が省略されています。登記所にきくと、申請によって登記名義人になる場合には、住所に「××番地の×」と「の」が付いている場合、個人も法人も、これを省略する扱いとのことでした。では、登記名義人ではなく、登記事項である債務者の住所についてはどうかときくと、原則として申請書に記載されたとおりに登記するとのこと。実際のところ、この「の」は申請書に書かないほうがよいのでしょうか。この「の」が登記された場合、不都合が生じることはあるでしょうか。 実務的な質問ですので、できれば、司法書士か専門家の方に教えていただければ幸いです。金曜の夜になってしまって、直接専門家の方にたずねる機会を逸してしまいました。急いでいます。よろしくお願いします。