• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

英文法の質問が3つあります。教えてください!

(1)The two girls got lost hiking in the mountain. この文をSVCの文と考えました。hiking in the mountainはlostにかかる修飾語と考えました。hikingは動詞だと思うのですが、動名詞でもないし現在分詞でもないと思うのです。hikingはどういった用法なのですか? (2)The princess is making an official visit to the country. is makingはwill makeと同じと考えて良いのですか? (3)This story is about ordinary people achieving great things. about以下を名詞節と考えました。その場合achieving=to achieveと同じと考えて良いのでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数6
  • 閲覧数90
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。いつも速やかなお返事を有難うございます。 ご質問1: <hikingはどういった用法なのですか?> 分詞構文です。 1.この文はlostとhikingの間を区切るとわかり易いでしょう。 2.このhikingは現在分詞で、時を表す分詞構文となり、hiking以降は時を表す副詞句として、主文を修飾しています。 3.この分詞構文は以下のように書き換えることができます。 例: The two girls got lost as she hiked in the mountain. 「~している時に道に迷った」 4.分詞構文は「同時性」を強調しますから、ここでは「迷う」と「ハイキングする」という2つの動作が同時に行われるニュアンスを出すといいでしょう。 例: 「~していて道に迷った」 「~している途中で道に迷った」 ご質問2: <is makingはwill makeと同じと考えて良いのですか?> いいです。 1.この進行形is makingは近未来の用法になっています。 2.このmakeは目的語をとる他動詞として使われ、an official visitが目的語になっています。 3.通常近未来の進行形は、自動詞に使われるのが一般的ですが、このmaking an official visit「公的訪問をする」は=visit officiallyといった自動詞的な句動詞として使われているので、このような近未来の用法も可能になります。 4.ここではご想像の通り「~する予定だ」の訳で結構です。 ご質問3: <about以下を名詞節と考えました。> 節にはなりません。 1.節は「主語S+動詞V」を含む文のことです。about以下には動詞が見当たりません。 2.このaboutは前置詞ですが、about ordinary peopleという前置詞句が形容詞句的に使われている表現です。 3.直訳すると「この話は~についてです」となっていますが、ここは訳を補って「~について書かれたものです」ぐらいの訳になります。 4.するとachieving~はすぐ前の名詞ordinary peopleを修飾する現在分詞で、形容詞的に使われていることがわかります。 5.従ってこの部分の訳出は 「This storyはgreat thingsをachieveした ordinary peopleについて書かれたものです」 となります。 ご質問4: <その場合achieving=to achieveと同じと考えて良いのでしょうか?> 少し違います。 1.確かに、to不定詞も形容詞的用法では前の名詞にかかることができます。 2.ただし、この用法のto不定詞には「未来志向」と呼ばれる性質があり、「これからすべき」ことについて言及する傾向があります。 例: I remember to do that. 「それをすることを(忘れないで)覚えている」 3.一方現在分詞には、「過去」のことについて言及する性質があります。 I remember doint that. 「それをしたことを覚えている」 4.従って、ここでは現在分詞の用法より、「great thingsを既にachieveした人々」ですから、未来志向のto不定詞に書き換えると「(これから)するべき人々」となり、意味が異なってくるのです。 以上ご参考までに。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

いつも分かりやすい回答ありがとうございます! まだまだ、勉強が足りませんね…。 頑張ります!

その他の回答 (5)

  • 回答No.6

こんにちは。 (1)は、もともと、 The two girls got lost in hiking in the mountain. とするのが普通ですが、このin は、往々にして、省略されることが多いのです。だから、lost までで第二文型の完成で、以下は副詞句と捕らえると考えたほうが妥当です。 例 He waa busy in doing a lot of work. = He was busy doing a lot of work. 彼は、たくさんの仕事をするのに忙しかった。 上の doing は、in の後ろで動名詞。 したは、busy までで第二文型の完成で、doing 以下は修飾語。 (2) 進行形が未来をあらわすときは、基本的に未来をあらわす語句を明示する必要があります。それは、will ほどはっきりと未来をあらわす表現方法ではないからです。 だから、この文では、is making は、未来の意味を持ちません。「今訪問している最中」という訳しか出てきません。この文より前に、未来のことに触れているならば未来の意味がありますが、「公式訪問」といっているから、未来をあらわす進行形とは考えにくい。「公式行事は、未来のことでも現在形を用いる」という文法に反します。だから、たとえば、 The princess makes an official visit to the country next year. とするのが普通です。進行形が未来をあらわすときは、「個人的な計画」のときに使うのが普通です。 以上から、is making は、「今訪問している最中だ」という意味が一番適切です。 (3) about 以下の achieving は、「動名詞」です。分詞の形容詞的用法ではありません。 訳は このお話は、普通の人々が大きなことを成し遂げたことについてのお話です。 理由:動名詞は、「実際に行った経験・事実」を表現するので、「成し遂げた」と訳せますが、分詞の形容的用法では、「大きなことを成し遂げている普通の人々」で、この文は、全体的に「現在」ですから、分詞の部分も「現在~している」という意味になり、「まだ成し遂げていない」のニュアンスが生まれる恐れがあります。だから、「成し遂げた」と、事実を表現するには、「動名詞」と解釈するほうがすっきりします。 また、以上の関係から、不定詞と交換できません。 不定詞の名詞的用法と考えると、about の後ろに 不定詞が来るのは、 be about to 不定詞  の表現のみで、後は、動名詞がきます。 例 How about going to the party together? 一緒にパーティにいきませんか。 不定詞の形容詞的用法だと、「大きなことをする人々」で、文法的には可能ですが、原文とは大きく意味が違います。つまり、 動名詞は、実際行った経験や事実を表すことが多い 不定詞は、まだやっていないことを表現する場合が多い ただ、「これから大きなことをしょうとする人の本」はなんか怪しくは無いですか?口先だけの大ほら吹きの可能性もあり、本に出版されにくいと思います。やはり実際に「成し遂げた」ことを本にするほうが自然だと思います。 以上長文失礼しました。 ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

分かりやすく説明していただきありがとうございます! 助かりました!

  • 回答No.5
  • trgovec
  • ベストアンサー率52% (2538/4879)

(1) 分詞構文です。学校などでは分詞句が前にあるものばかり教える傾向がありますが後ろにも来ます。 この例は文意から考えて「~しているときに」と考えるのが一番しっくり来ます。「山でハイキングをしているときに道に迷った」 コンマを打ってくれると分かりやすいのですがコンマがないことも多々あります。 (2) 確かに現在進行形で未来を表すことがありますが(特に「行く」「来る」に関する動詞に多い)この文をあえて未来の意味にとる理由が分かりません。前後関係なしに一文だけ見ると現在進行形「その国に公式訪問をしている最中だ」と考えるのが普通です。 また同じ未来と言っても will と進行形ではニュアンスが違います。will は予定や想像、進行形はやはり進行形で、既に動き出しているニュアンスがあります。 (3) 分詞・不定詞・動名詞(準動詞)ではない動詞形(定動詞)がないので節ではなく句です。 これは解釈が分かれる文です。 <動名詞と考える場合=意味上の主語-動詞関係と見る場合> 「これは普通の人々が偉業を成し遂げることに関する物語である」 ordinary people は動名詞の意味上の主語です。所有格にするのが正則と言う人もいますが実際には名詞の場合はそのままであることが多いようです。代名詞なら their achieving となることも少なくありません。 意味上の主語-動詞関係とすればこれを不定詞で代置することはできません。 <現在分詞と見る場合=後ろから修飾すると見る場合> 「これは偉業を成し遂げる普通の人々に関する物語である」 うまく日本語訳に表すのは難しいのですが、現実に多くの名もない人たちが今この時点でもすごいことをどこかでしていますね。こういう今実際に「行われている」ことを描いた物語ということです。 修飾語としては不定詞も使えますが意味合いが違います。ordinary people (who are) to achieve のように補って考えればよく、これからの予定を表すことになり、「まだ偉業を達成していないが、今がんばっている最中の人たちの物語」という意味になります。 原文は2通りに解釈できるわけですが ・特に時代は区別しない ・現在 という違いがあり、それは話の内容次第ということになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます! 分かりやすくて助かりました!

  • 回答No.4

(1)はちょっと分かる方にお任せしてパスします。 (2)は同じではありません。 willで言うと未来の事に対する推量で「公式訪問するでしょう」って感じですかね。 一方、is makingだと文法的には現在進行形ですので、「今まさに訪問中」という解釈と、少し状況が変わってきますが確定的な予定として「(これから)公式訪問する事になっている」という感じにもなり得ます。 (3)まず、aboutはここでは前置詞ですので節を導いたりはせず、導くのなら"句"です。 前置詞句が名詞句になる事はかなり稀で普通は形容詞句か副詞句になります。 isというbe動詞が「~にある・いる」のように"物事の存在"を表している場合は完全自動詞ですので、その後の前置詞句は副詞句と捉えるのが自然なのでしょうが、ここでは不完全自動詞だと思いますのでaboutが導く句は形容詞句かと思われます。 更に、aboutの目的語はordinary peopleと捉えて尚かつ現在分詞としてのachieving以下が後置修飾しているという解釈もあるのかもしれませんが、僕としてはむしろ次のように解釈します。 aboutの目的語は"動名詞としての"achieving以下であり、尚かつ動名詞の意味上の主語として、aboutとの間にordinary people[←目的格としてですね]が割り込んで置かれている、と。 そう捉えた場合は、前置詞の後は極々一部を除いて通常はto不定詞は置かずに動名詞ですので、achievingをto不定詞にしてはいけません。 いずれにしても、同じではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます! とても勉強になりました!

  • 回答No.3
  • maru33
  • ベストアンサー率26% (4/15)

(1)のhikingは動詞ではないでしょうか…? 私はhikeの現在分詞で、分詞構文だと思ったのですが。。 質問者さんは分詞構文については習っていますか? The two girls got lost, hiking in the mountain. とコンマで区切ればわかりやすいでしょうか。 The two girls got lost when they were hiking in the mountain. と同じ意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます! 分詞構文についてまだまだ勉強不足でした…。

  • 回答No.1

1、hikingは名詞です。動詞ではありません。 2、is makingは現在進行形「主語+be動詞+動詞ing形」で「~しているところです」という意味です。 will makeでは、この場合のwillは未来の事をさします「~するつもりだ,~するでしょう」ということになるので、時間軸の違い全く意味の違う文章になります。 3、achievingは動名詞なので、5jidashさんの言う通り、不定詞の名詞形のto archiveと似ていると思われがちなのですが、achievingの動名詞は現在志向なのに対し、不定詞は未来志向です。 そして、この文章の場合、現在できあがっているstoryの事についていっているので、文章的に未来的に書くことができない、即ち不定詞を使う事ができないのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答いただきありがとうございます! とても助かりました!

関連するQ&A

  • 英文法の質問が3つあります。教えてください!

    (1)Simply because he is short doesn't mean he isn't strong. まず、he is shortをSVCと考えました。 次にdoesn't mean (that) he isn't strongと考えました。 doesn'tの前にbut itのようなものが隠れていると考えました。 文法でこのような方法があるのでしょうか? (2)I sincerely hope I have answered your concerns. 私はあなたの関心事を答えたことを心から望む。 私が答えたようになるといいですね。みたいな感じでいいのでしょうか? (3)They went underground to help the people lost in the mine. help the people lostをSVOCのVOCの部分と考えたのですが、helpはSVOCになりませんでした。 lostが動詞なのかと思ったのですが違うかなと。 なぜthe peopleの後に形容詞のlostなのですか?

  • 英文法の質問

    以下の英文の is what i think is のあたりの文法どうなってるのかわかりませんので教えて下さい Beyond that, however, is what I think is the realization that while we’re achieving dramatic, almost miraculous success in defeating Covid-19, once the pandemic subsides we’re likely to be in an environment of sustained low interest rates as a result of weak investment demand.  よろしくお願いいたします。

  • 英文法の質問があります。教えてください!

    (1)It's too bad that your team lost the game. your team lost the game が badにかかる副詞節と考えました。 調べたところ、強調構文か形式主語のitのようです。 見分け方が良く分かりません? (2)Contrary to what people think,Gary is very shy. what people thinkが間接疑問文でContrary to にかかると考えました。 Contrary to は前置詞で良いのでしょうか? (3)There is no danger of this factory building falling down. this factory building falling downを名詞句と考えました。 fallingは動名詞で良いのでしょうか?

  • 英文法に関して二つ質問があります。

    質問1:以下の英文を見てください。 for years the press overlooked the problem. but now,if anything,they are making too much of it nowとif anythingは、文全体を修飾する副詞だと思いますが、このように文頭に、文全体を修飾する副詞を2つ持ってきてもいいのでしょうか? 質問2: 以下の文を見て、質問に答えてください。 time to wind things up. let us take a vote (1)to wind things up は、何を修飾してるのですか? (2) time to wind things up の文型は何ですか? (3) time to wind things upは、it is が省略されていると思うのですが、省略されてない時はIT is time to wind things upです。 この時、このitは、timeを表す仮主語なのでしょうか?

  • 英文法について

    以下の文章を英文法をふまえて解説して頂けませんでしょうか。 日本語と私なりに書いた英文を記載します。 間違っている部分や英文法について解説お願いします。 彼は危険を冒して意図的な企てをする彼らの為に祈った。 He prays for them to take a risk and making deliberate attempt. 人工知能によって彼が家に残るかどうか予測することは難しい It is difficult to predict if he will remain at home. 彼を誉めたり非難しても無駄です。 It’s no use praising and blaming about him. 彼が現れたことによって我々はビジネスの機会を失った。 I lost business chance by he appear here. 私は妻と口論した後、必ずレストランを予約するようにしている。 I make sure that I resave the restaurant after arguing my wife. 私は彼の話が嘘か本当か疑っている。 I doubt his story true or false. 彼を罰しても無駄だ。彼は私のすることをすべて習得している。 It’s no use punishing. He has acquired that what I do. 私は荒れた海であやうく溺れるところだった。 I nearly drowned in the rough sea. 私は神話よりも童話を好む I like myth more than a fairy tale. 以上です。 宜しくお願い致します。

  • この英文法がわからないのですが。

    if i catch him in here again telling us about something he has not done ingの命令文はないと思いますが、副詞のあとにtelingがきているので分詞でもないですか? かといって、命令文でもないしtelingは教えてという意味だと思いますがどういう文法が使われて いるんでしょうか? また、would a part of her die once again,as it had seemed to do when Uncle Tom died? この文のasがどのような働きをしているのか、 doとwhenはどうなっていますか?全体的にわかりません。

  • 英文法チェックお願いします

    1 My favorite point about American education is more creative, in particular. 2 I completely felt dizzy with that sight that she had car accident on the street. 1 what you need do now is study and make an effort for your future. 2 It is always true that a hard worker achieve a goal. 3 It is not by kind words but by sincere attitudes that people are moved. 1 Whoever it was who support me when I was in trouble, I will return my favor to them. 2 Despite hard working, you were failed last exam. 3 No matter how far it is, I always think about you.

  • 英文法の問題を教えてください

    各分の( )内の指示に従って書き換えた場合、選択肢のどれになるか選びなさい。 1.I gave her what little money I had with me.(youを主語にして直接目的語をwhにした疑問文に) ア)Do you gave her what? イ)Did you gave her what little money I had with me? ウ)What little money I had with me did you give her? エ)What did you give her? 2.【Somebody】 hit Dr.Johnson in yhe head several times.(受動態にして【】を尋ねるwh疑問文に) ア)Did who hit Dr.Johnson in the head several times? イ)Who was hit Dr.Johnson in the head several times? ウ)Dr.Johnson was hit who in thw hwad several times? エ)By whom was Dr.Johnson hit in the head several times? 3.You must show your ID card to them.(命令文に) ア)Must you show your ID card to them. イ)Show your ID card to them. ウ)Do your ID card to them. エ)Must your ID card to them. 4.The problem and the anawer are very simple.(howを用いた感嘆文に) ア)How simple are the problem and the answer! イ)How simple the problem and the answer are! ウ)How are the problem and the answer simple! エ)How the problem and the answer are simple! 5.She is a dramatic actress.(whatを用いた感嘆文に) ア)What a dramatic actress she is! イ)What is she a dramatic actress! ウ)Is she what a dramatic actress! エ)She is what a dramatic actress! 以上です。よろしくおねがいします。

  • 英文法

    英文法の問題でわからないところがあります。よろしくお願いします。 39) Several people () of breaking the law. 1) have accused 2)have been accused 3)was accused 4)were accusing 答えは2なのですが、私は1でもいいのではないかと思います。 1ではどうしてだめなのでしょうか。完了形でないといけない理由がわかりません。 41) The secretary opened the mail, which () that morning. 1) Delivered 2)is delivered 3)had delivered 4)had been delivered 答えは4番なのですが、どうして3番ではだめなのでしょうか? 解説には 二つの過去の事柄があって、一方が他方より前にあったことを表す場合、大過去というが、形は過去完了と同じhad doneを用いる。 とあります。 でも、3番でもhad doneの形になっていると思います。どうして3番ではだめなのでしょうか。 77)She isn’t here yet. I am afraid she () her way. 1) May be lost 2) may have lost 3) may be having lost 4) may have been lost 答えは2ですが、1でも3でも4でもいいような気がします。どうしてだめなのでしょうか。 78) You () such a large house. Your wife would have been quit happy in a smaller house. 1) need not buy 2) needn’t have bought 3) will need to buy 4) needed to buy 答えは2です。文意から1か2だとは思うのですが、1と2の場合のニュアンスの違いがわかりません。どうして1ではだめなのでしょうか。 以上よろしくお願いいたします。

  • 英文法について

    英文法で分かりにくいところがあるのでお願いします。 1、「あなたは外国人と話をしたことがありますか」という文を英語にする時、Have you ever talked with~としたのですが、これはspoken with でもいいのでしょうか? 2、My mother went shopping, and she is not here now=My mother ___ ___ ___と言い換えたいのですが、ここにはhas gone toでいいのでしょうか。toでおわっていいのでしょうか?? 3、「けんは神戸にいたことがあります、を英作して、Ken has once ? in Kobeとしました。liveとstay(been)の使い分けで迷っているのですが、この場合どちらをつかったらいいのか教えて下さい。 4、I have been tired for these three days. 上の文には一ヶ所間違いがあるようなのですが、どこが間違っているのか分かりません。 以上4問、詳しく説明していただけるとうれしいです。