• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

ウィンブルドンを見ていて

  • 質問No.4125772
  • 閲覧数921
  • ありがとう数6
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 82% (229/277)

テニスには全く無知なのですが、昨日の深夜ウィンブルドンの
大会をテレビで見ていましたが、実況で「うまく抜いてきました」とか
ツーゲームブレークアップとかダウンとかパッシングとか言ってましたがどういう意味でしょうか。自分で調べろという回答にならない回答はやめてくださいね。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.3
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 33% (41/124)

#2です。

> 「ダウンズライン(ライトかな?)」というのも昨夜よく言ってまして

ダウンザライン(Down the Line)ですね。
自陣コートのサイドから、相手コートのサイドラインに沿ってストレートのパッシング・ショット等を打つことです。

自陣コートのサイドに追いやられた時に、決定打を放とうとする場合は、対角線方向に打つ「クロス」か、サイドラインに沿って打つ「ストレート(ダウンザライン)」のいずれかが多いです。
センターに返すと相手がネットまで詰めていることがありますので。
お礼コメント
kyouko1011

お礼率 82% (229/277)

再度の回答いただきありがとうございます。
とてもよく分かりました。
意味が分かって見るのと、分からずに見るのとでは
ずいぶん違いますね。
助かりました♪
投稿日時:2008/06/25 11:24

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 33% (41/124)

言葉の意味は#1さんの回答にある通りなので、意味的なことを少し。。

テニスにおいてサービス側が有利なのはご存知かと思います。
サービス側は最初に強力なボールを打ち込めるわけですから、当然といえば当然です(特に男子はパワーがあるので)。

となると、重要なのは自分のサービスを確実に取ることであり、
相手がサービス側のときにそれを打ち破る(ブレーク)ことです。

相手のサービスを破ることができれば、そのセットをとれる可能性が高くなります。

そういう意味で、自分と相手とでどれくらサービスゲームを打ち破ったかがわかれば、
現時点でどれくらいの差が出ているのかが一目瞭然、、、ということです。
お礼コメント
kyouko1011

お礼率 82% (229/277)

回答ありがとうございます。
確かに、昨夜見た杉山さんやシャラポワも、キープした時よりも
ブレークした時のほうがはるかに嬉しそうでしたね。
「ダウンズライン(ライトかな?)」というのも昨夜よく言ってまして
わからなかったです^^;
投稿日時:2008/06/25 09:58
  • 回答No.1

ベストアンサー率 20% (1/5)

ツーゲームブレークアアップは相手のサービスゲームを取る(勝つ)ことツーだから2ゲーム多くブレークしている
ダウンはその反対
パッシングはベースラインのラリーまたはサーブ&ボレーで
相手がネットにつめてきたときにその横を打ち抜くことです。
うまく抜くはパッシングと同様の意味もしくは相手の予想をうまくはずしたショットという含みもあるかもしれません。
間違ってったらすみません
お礼コメント
kyouko1011

お礼率 82% (229/277)

早速の回答ありがとうございます。
フェデラーの試合と、錦織さんの試合を見ましたが、
どちらの試合でも言ってたので、とても印象に残りました。
今夜も見ますが、おかげさまで少し理解しながら見れそうです^^;
投稿日時:2008/06/24 16:45
結果を報告する
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,600万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A

ピックアップ

ページ先頭へ