• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

駐車場を貸しているが契約を解除したい

駐車場の貸主の都合で賃貸借契約を解除したいと思います。 (1)契約を結んだ初年に1年間の駐車場賃貸借契約書を取り交わしましたが、その後は自動的に継続し、契約書は作成していません。 契約書には「契約更新又は解約及び解除はお互いの話し合いを以って及びます。」という文言が入っています。 (2)解除したい理由は特になく、「管理・運営が面倒になった」ということです。 契約書には、「賃借人は、賃貸人が何らかの理由によりこの契約を続行不能と決めた時は賃貸人の指示に従うこと」とあります。 (3)貸主は借主に解除したい旨を通告した後、6ヶ月後までを退去期限とし、それまでの賃料は無料とする予定です。 (4)管理・運営などに業者等は介在していません。 上記のような状況ですが、この契約は解除できますでしょうか? 他に考慮すべき点などありましたらお教え願います。 よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数6076
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
noname#65504
noname#65504

>契約更新又は解約及び解除はお互いの話し合いを以って及びます 更新がどのようななったか微妙なので2ケースで考えます。 1年の契約期間を定めたのなら、その後の同じ条件で更新した(両者暗黙の了解で同じ条件で更新した)、と考えれば期間の定めのある契約の場合、民法により、特約がなければ途中解除は原則できないと考えられます。質問のケースではと仲介所特約は話し合いでとなっていますので、話し合いで決着がつかなければ、1年の期間が切れるまでは待たなければならないでしょう。その際更新するかどうかは合意が得られなければ、更新はできませんので、そのときなら契約を切ることができます。 6ヶ月の賃料無料が条件ならいい条件でしょうから、できるのではないでしょうか?ただし文書を残しておくことをおすすめします。 更新後は期間を定めない契約になったと考えるのなら、民法の規定では3ヶ月前に申し出れば契約をやめることができることになっていますので、理由などなくまた違約金などもなくて契約をやめることができます。 なお、駐車場の賃貸は建物を目的とした土地の賃貸ではないので、借地借家法が適用にはなりません。つまり、契約で定めた通りに契約が解除できます。 通常は1ヶ月前に申し出ればできるということになっているのですが、それがなかったのでややこしくなっています。 悪い方を考えると同条件で更新した場合ですが、この場合残存契約期間が6ヶ月より短ければ、質問者の希望通りにできると思いますし、長ければ法的にはできないので、相手が納得する条件を出す必要が出てきます。これは周辺で他の駐車場確保がしやすいかどうかによって状況は変わってしまいます。 >契約書には、「賃借人は、賃貸人が何らかの理由によりこの契約を続行不能と決めた時は賃貸人の指示に従うこと」とあります。 この条文については、相手が事業者か個人かによって対応が変わると思います。事業者なら有効に働きます。個人の場合はちょっと微妙ですね。残存契約期間の方が優先されるかもしれません。 また、理由が面倒となると続行不可能ということは難しいので、健康上の理由とか、収入面などのもっともらしい理由をつけた方がよいのではないでしょうか? そうすればできると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

詳細な回答をありがとうございます。大変参考になりました。 まず契約の期間は8月1日から7月31日としています。 また借主は個人で、貸主の知人です。 当たり前ですが穏便に済ませたいので、解除理由なども再考し、ご指摘いただいた点に注意して事を進めたいと思います。

関連するQ&A

  • 駐車場賃貸借契約について教えてください

    自宅の一部を駐車場に賃貸借契約を始めた貸主です.契約中途解約の方法を貸主と借主の場合の二通りとも教えてください.賃貸借契約は市販の駐車場賃貸借契約書を購入し行いました.双方とも途中で契約解除できることになっていますが,何か書類を書く必要があるのでしょうか?また,契約が解除された時点で最初の契約書はどのように処分したらよいでしょうか?

  • 駐車場の転貸

    駐車場を転貸することになりました。 賃貸人(駐車場のオーナー)とは転貸をすることを認める契約をしています。 私と転借人が結ぶ契約書の中身ですが、通常の駐車場の賃貸借契約フォーマットを使おうと思っています。このフォーマットだと転借人が賃借人、私(転貸人)が賃貸人になってしまいますが問題ないでしょうか。 また、特記事項にこの契約は転貸である旨記載すれば問題ないですか?

  • 駐車場の契約書の条文

    駐車場の管理会社(所有者の代理人)の変更に 伴い、賃貸借契約書の書替えを行うことになり、 新管理会社から契約書が届きました。(2年契約) 契約書の条文で疑問点が2点あります。以下その 部分を条文通りに転載します。 1 『・・・万一1ヶ月なりとも滞納した場合は、保証金 の有無にかかわらず、賃貸人は何等の催告を要し ないで本契約を解除し、賃借人は即時明渡すもの とする。』 2 『契約期間中と雖も、状況に応じて賃貸人は賃料 を改定することが出来る。』 1について、たかだか1万8千円の賃料を滞納する つもりはありませんが、何かの手違いで遅れること も考えられます。それでも条文通り『即時明渡す』 必要があるのでしょうか。ヤミ金でも「三日待ってやる からみみそろえて持ってこい」くらいの猶予を与えると 思いますが・・・。 2について、これを認めた場合、賃借人の私としては 2年契約の意味がないのですが・・・。 以上2点私の考えが正しいのか、間違っているのか ご意見をお願いします。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
noname#65504
noname#65504

#2です。 期間の定めがあれば、期間満了をもって契約を終了することができます。この際更新するかどうかは両者の合意があればできますが、どちらかが断れば更新は成立しません(建物の賃貸や建物を目的とした土地の賃貸は借地借家法が適用になり例外的に地主側からの更新拒絶は制限されていますが、駐車場は適用外です)。 >まず契約の期間は8月1日から7月31日としています。 7月31日をもって、契約終了です。法律上はそのような扱いができます。 でも、知人ということですし、相手も急な話だと困るでしょうから、相当の準備期間を与えてればよいの出はないかと思います。個人的には、3ヶ月程度前(つまり今の時期に)に更新しないことを告げておけば、十分だと思います。 さらに3ヶ月分の駐車場代を免除としてあげれば、かなりの優遇処理のような気もしますが、知人ということなので、慎重に話してみてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

再度丁寧にご教示いただきありがとうございます。 借主に申出るのに今がよい時期だということで、参考になりました。 借主の都合も考えつつ、貸主側の事情もわかってもらえるよう、ご指摘いただいたように慎重に話してみます。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • 63ma
  • ベストアンサー率20% (265/1321)

契約解除する理由は特に借主に言う必要は無いと思います。 それぞれ借主に連絡がつくのでしたら、何月何日をもって駐車場を閉鎖するので、宜しくお願いします。との宣告を6ヶ月前にすればいいかと思います。 ただ、駐車料金が年額か月額か分かりませんが、精算がある場合は必要かと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々に回答ありがとうございました。 清算について、参考になりました。

関連するQ&A

  • 駐車場の賃貸借契約書の内容

    駐車場の管理会社(所有者の代理人)の変更に 伴い、賃貸借契約書の書替えを行うことになり、 新管理会社から契約書が届きました。(2年契約) 契約書の条文で疑問点が2点あります。以下その 部分を条文通りに転載します。 1 『・・・万一1ヶ月なりとも滞納した場合は、保証金 の有無にかかわらず、賃貸人は何等の催告を要し ないで本契約を解除し、賃借人は即時明渡すもの とする。』 2 『契約期間中と雖も、状況に応じて賃貸人は賃料 を改定することが出来る。』 1について、たかだか1万8千円の賃料を滞納する つもりはありませんが、何かの手違いで遅れること も考えられます。それでも条文通り『即時明渡す』 必要があるのでしょうか。ヤミ金でも「三日待ってやる からみみそろえて持ってこい」くらいの猶予を与えると 思いますが・・・。 2について、これを認めた場合、賃借人の私としては 2年契約の意味がないのですが・・・。 以上2点私の考えが正しいのか、間違っているのか ご意見をお願いします。

  • 駐車場の契約について

    今度、車を買替えしようと思っている者(下記契約書中の賃借人)です。 現在の車の駐車場賃貸借契約書が「駐車する車両を変更する場合、賃借人は遅滞なく管理会社等に報告するものとする」という内容になっていたので、予め管理会社に連絡したところ、現在の車は小さいから契約できたが、購入しようとする車では駐車場利用は無理だと言われました。 この場合、契約の解約は、賃貸借人のどちらが申し出たことになるのか、一般的な扱いで結構ですので、教えてください。よろしくお願いします。

  • 賃貸借契約の解除についての質問です

    賃貸借契約の解除について分からないので教えて頂きたいと思います。 はじめに土地についての概要と売買に至る経緯を説明します。 5年前に前所有者から主人が主人の会社の隣地を購入しました。 将来的にそこへ自宅を建てるという計画がありました。 その土地は前所有者が第三者と駐車場として賃貸借契約をしていて、主人が購入した後も継続してその賃借人と駐車場として賃貸借契約を結んでいました。 今回その土地を隣接している病院から購入したいという話がありました。 病院が購入したいとする理由は、業務を拡大するために現在の敷地では基準に満たないため、敷地を買い増しする必要があるとの事でした。 (この辺の事情については病院側の事ですので私自身よく分かっていません、すみません) こちらとしては将来を見据えて色々な思いがありましたが、病院の話を聞いて、有効に使っていただけるものならと思い、諸々話がまとまり売却する方向で話を進めることにしました。 売買のスケジュールは9月頃に仮契約をし、12月末にて本契約という話になっています。 ここで少し整理をします。 1)主人は賃借人にまだ土地の売却について通知していません。 2)主人及びこちらの家族と賃借人とは賃貸関係のみの間柄で、それ以上の付き合いはありません。 3)病院は賃借人と今後賃貸借契約をする意志はありません。 4)主人と賃借人との賃貸借契約では契約期間を12月末日で満了後1年ごとの自動更新としています。 5)契約書で更新拒絶の通知は期間満了の2ヶ月前までにすることとしています。 6)契約書で契約解除の手続きは2ヶ月前までに予告することとしています。 7)契約書で賃借人は契約終了後に如何なる理由においても立退料などの請求は出来ないとしています。 8)土地は駐車場として使用しており、建物はありません。 以上が賃貸借契約の中身と土地の現況です。 ここで質問なのですが、賃借人にはどの時点で通知をしたらよいかという事です。 名義人が変更しても現状維持であれば、それほど問題ない事だと思うのですが、病院はその意志がないものですから。 9月の仮契約の時点で通知をすれば契約書にある通り「契約解除の2ヶ月前までに」を守ったことになり問題ないと考えたのですがいかがでしょうか。 また、借地借家法では賃貸人が解約の申し入れをする場合、6ヶ月間の猶予期間を置くとありますが、今回の場合もこれに該当するのでしょうか。 そうした場合、賃借人が留保したら、売買が成立したとしても賃貸人が解約の申し入れ後の1年間は現状を維持できるという事なのでしょうか。 また、そうしないために何か方策はありますでしょうか。 ちなみに、今回土地の売買にあたり病院から直接話があったため、仲介業者等はいませんし 病院側とも良好な関係で粛々と話を進めているため、今後も仲介者をたてる予定はありません。 ですから、駐車場についても何とか自身でやろうと考えています。 なるべくなら仲介業者への手数料分を掛けたくないという気持ちもあります。 賃借人の都合もあるでしょうから、なるべく早い段階で通知したいと思っていますが、 何分全くの素人ですので何から手を付けてよいのやら、いろいろ混同しているかもしれませんが、是非回答頂けたら幸いです。 宜しくお願いします。

  • 駐車場の管理

    駐車場の管理  いつも、回答ありがとうございます。  不動産業者です。  20台の駐車場を賃貸人から、預かって管理しています。  駐車料金は、一台8000円です。  駐車場の管理は、40年に及びます。  賃貸人は、雑貨商の自営業者です。  最近、賃貸人が、山岳滑落事故で、急逝しました。  相続人は、妻と、男の子二人、合計三人です。  仕事のことは、賃貸人が、一人で切り盛りして、決めて一人で、商売していました。  賃貸人は、急逝してしまい、相続人には、商売のことは、まるで、分かりません。子供は。二人とも、サラリーマンです。  駐車場の管理も、40年と長く、古くからの付き合いなので、 管理委任契約書など、作ってなく、お互いの口頭の打ち合わせで、決めて今日まで、やってきました。  しかし、当社が、管理している駐車場と言っても、賃貸人が、いるころは、  駐車場は、賃貸人のものであるといって、賃貸人で、駐車場管理業者、当社を無視して、賃借人を紹介して駐車場管理業者、当社を飛ばして直接、賃貸人と賃借人で、契約して、月々の駐車場料金を駐車場管理業者を飛ばして賃貸人が、受け取るようなことが、ありました。  賃借人は、直接契約することと駐車場料金を賃貸人に、直接支払うことを好み、駐車場管理業者を通すことを嫌がっています。  料金が、高くなるということです。  直接の契約者は、当社の管理している駐車場に昼間、勝手に止まっていることが、何度もあり、当社を経て契約する賃借人との間で、しばしば、トラブルを起こします。  賃貸人が、逝去して、相続人の子供たちと 管理委任契約書を  作って、お互いにそれを尊守しましょうところまでは、合意が、できたのですが、損害金のところで、相続人のわがままなところがでてきてまとまりません。  管理委任契約書を  破棄して、従前の契約書なしでも、良いのかしらと考えます。  こうした種類の管理契約は、代が、変わると従前のような認識や、信頼関係が、失われるので、相続人のきままで、管理が、はずされるのではないかと心配しています。  相続人は、従前の管理契約を破棄しないように破棄するなら、損害金を支払うようにと言う文面なのですが、賃貸人としての勝手気ままな行動を制約され損害金を払わされるのは、嫌だと抵抗しています。  我々としては、過去40年にわたって、維持していた、労務と管理収入が、突然閉ざされるので、無制限に管理を破棄するのは、やめて欲しいと言うのですが、相続人には、無視したままです。 ●Q01. この場合、突然の管理の解約に伴う、見込まれる収益を保持するように請求できるのでしょうか?  賃貸管理業者には、落ち度が、ありません。 ●Q02. また、一方的な管理の解約に対して、損害賠償を請求できるのでしょうか?  居住用の貸家や、店舗などは、急に賃貸人が、解約すると言っても、賃借権があるので、立ち退き料などを請求できます。 ●Q03. このような管理の破棄の場合、損害金を請求できるのでしょうか?  相続人を含めて賃貸人は、いつも、わがまま、勝手なものです。相手の迷惑など、眼中にありません。  別の例で、店舗つき貸家でも、今まで、長年貸していたのですが、妻が、病死して、再婚したいから、金が要る。賃借人は、ただで立ち退けなどと言っています。  閲覧者の経験や知識など、ありましたら、たとえ、ひとつでも、お知りのことがありましたらよろしく教授方お願いします。  敬具

  • 契約の解除権の行使について

    民法を勉強し始めたばかりです。判例で、「建物所有を目的とする土地賃貸借契約を合意解除しても、土地賃貸人は特別の事情がない限り右合意解除の効果を地上建物の賃借人に対抗できない(最判・昭和38・2.21)」とあるのですが、この、「建物所有を目的とする土地賃貸借」って、契約の名目上は、土地の貸し借りなのに、実際には、建物の賃貸を目的としているのでしょうか?そんなことができるのですか? 素人考えでは、民法では土地と建物とは、別個の不動産として扱われるので、最初から建物賃貸借契約なるものを、結べばいいのではないかと思うのですが。

  • 駐車場契約書(覚書)について。

    現行の駐車場の賃貸借契約書があります。 今年の7月1日付けで、契約更新予定です。 平成31年1月11日から一台追加分は、覚書で対応しようと思います。 以下の内容で問題ないでしょうか? 「駐車場利用覚書」 賃貸人○○株式会社(以下「甲」という。)と、賃借人○○株式会社(以下「乙」という。)とは次に表示の駐車場賃貸借について覚書を締結する。 なお、契約内容は元契約(平成25年1月11日作成)に従う。   駐車場の表示   所在 ○○県○○市○丁目○番 宅地○○○○○.○○m2   名称 ○○株式会社○○駐車場   駐車場位置番号 ○番(別紙図面で表示する) 平成  年  月  日 賃貸人(甲) 賃借人(乙)

  • 駐車場の賃貸借契約について

    基本的なことなのかも知れませんがどなたかご教示ください。 4月1日からつぎの条件で駐車場を新しく契約することになりました。 賃貸借契約書には、下記のとおり記載があります。 賃貸人  :Aさん(個人) 賃借人  :当社 仲介業者 :X社(法人) 毎月の賃料を仲介業者であるX社の口座に支払っていくのですが、この場合、支払調書を作成するときは (1) 賃貸人のAさんで作成して、Aさん宛に支払調書を送る (2) 支払先の仲介業者のX社で作成して、X社に支払調書を送る どちらで手続きするのでしょうか。 お手数ですがご教示をお願い致します。

  • 賃貸中の分譲マンションの駐車場契約について

    賃貸中の分譲マンションの駐車場契約について 中古マンションを購入しましたが、主人の転勤にともない賃貸に出しております。その賃借人の方が来月よりマンション地下の駐車場を借りたいらしく、先日管理会社より駐車場使用契約書2通とそれに署名・捺印を依頼する旨の手紙が同封され送られてきました。 突然のことでしたので管理会社に問合せしたところ、「当マンションの駐車場は区分所有者しか契約できないと決まっています。」「今回のように賃借人が使用したい場合は区分所有者と管理会社が契約書を交わし、保証金・月額使用料は管理費と一緒に区分所有者の口座から引き落とします。」との説明を受けました。 実際に駐車場を利用する賃貸人と管理会社との間で契約書・金銭のやりとりを行うのが一番手っ取り早いと思うのですが、決まっている以上は無理なのでしょうか? また、管理会社の説明通りに区分所有者である主人が管理会社との契約書に署名・捺印するとしても、うちと賃借人の方とも何らかの契約書を交わしておく方がいいですよね? その場合はどういった契約書にするべきでしょうか? それから、正しい言葉かどうかは分かりませんが、また貸し、になると言うことですよね?となると管理会社に支払う保証金とあわせて当方でも何らかの保証金のようなものを預る、または頂くことは可能でしょうか? どのようにしたら良いのか、誰に聞けば良いのかわからず悩んでいます。そして、駐車場の使用開始希望日も迫って来ているので早く解決したいと思っております。皆様のお知恵を拝借したく、何卒宜しくお願いいたします。

  • 賃貸人からの解除申し入れの性質について

     よくある不動産(建物を想定しています)の賃貸借契約を締結する際に,契約書に賃貸人の側から解約申し入れできる事項があると思うのですが,その中に,賃借人としての義務違反があった場合のほか,「賃貸人が解約の6ヶ月前までに賃借人に対して申し入れをしたこと。」と定めた場合,この賃貸人からの申し入れに基づく契約解除は民法上の合意解除になるのでしょうか??  前者の賃借人としての義務違反であれば,債務不履行解除と説明できると考えていますが,後者は契約書に定められていて,契約締結時にあらかじめ定めた解約事由なので合意解除になるのではないかと疑問があります。  この賃貸人からの申し入れに借地借家法第28条の「正当事由」があるか否かは別として,仮に賃借人が賃貸人からの解約申し入れに応じた場合,合意解除と考えてよいか,ご意見をいただければ幸いです。

  • 連帯保証人の離脱は契約解除要件になり得ますか?

    賃貸の管理会社の者です。 マンションの賃貸借契約において、連帯保証人が保証人から離脱することを希望し、借主が新しい連帯保証人をたてることが出来なかった場合において、それを理由に貸主側より賃貸借契約解除を言い渡すことは可能でしょうか? 借主はしばしば滞納をする上に素行不良で連帯保証人とも一切連絡を取らない人間で、新しく連帯保証人をつけることは多分出来ないだろうと思われます。 家主はどちらかというとこれを取っ掛かり(理由に)して借主に退去して貰いたいという希望をもっています。 しかし契約書には「連帯保証人をつけることが契約の条件」等という文面はありません。 (契約当時はそれが条件で申込み受けているのでしょうけれども) 流石に厳しいかなとは思いますが…。