• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

写像がわかりません。すぐに教えてください。

今、通信講座で勉強をしています。 テキストのみでの独学なのですが、テキストは要点のみの説明しかなく解き方が一切載っていなくて困っています。 そもそも写像の意味がよくわかりません。 教科書を読んでもなにか理解できません。 初歩的な問題だと思いますがどなたか私でもわかるように説明してください。 問題:次の式で定義されたRからRへの写像fi(1≦i≦5)について,全射,単射,全単射であるかどうかを調べよ。 f1(x)=x+1 f2(x)=x3(Xの3乗) f3(x)=x3-x(Xの3乗-X) f4(x)=2x(2のX乗) f5(x)=x2(Xの二乗)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数104
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • hinebot
  • ベストアンサー率37% (1123/2963)

写像というのは、判りやすく言えば関数みたいなものです。 集合X,Yがあってf:X→Y が写像であるということは、 Xの任意の要素に対して、fによって集合Yの要素が対応づけられていることです。 単射とは写像における要素の対応が1対1であることをいいます。 つまり、 集合Xの任意の要素a,bに対して 写像f:X→Yが f(a)=f(b) ⇒ a=b を満たせば、単射です。(結果が等しければ、元の要素も等しいということ) これの対偶をとって、a≠b ⇒ f(a)≠f(b) が言えてもOKです。 全射とは集合Yの要素すべてに対して、それに対応する集合Xの要素が存在するときをいいます。 つまり、任意のYの要素pに対して、p=f(q) となるXの要素q が存在すれば写像f:X→Yは全射です。 全単射は、単射かつ全射である写像です。 さて解き方ですが、 問題において、Rは実数です。 まず、a≠b ⇒ fi(a)≠fi(b)が言えれば、単射です。  写像fiについて、任意の実数yに対してy=fi(x)を満たす実数xが存在するかどうかを考えます。 その結果、その実数xが存在すれば全射です。 単射であり、全射であれば全単射です。   あとはご自分で考えてみましょう。 ※ところで、問題の解答はあるんですよね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

丁寧な回答ありがとうございます。 昨夜、どうしても解けなくて半泣きになりながら 悩んでいました。 皆さんの回答を元に今晩、もう一度考えてみます。 本当にありがとうございました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3

一般的な話は既にきちんとした解説がなされていますので, ちょっとだけアドバイス. 今の場合, 比較的簡単な関数なので, y=fi(x) のグラフをそれぞれ描いてみてください. f3(x)以外は簡単なはずです. y=f3(x)は微分法をやってないと正確には描けません. 計算による方法で結果を出した後, 電卓などで-1≦x≦1に特に注意して点をとって見ると雰囲気は分かるでしょう.(でもそれでは正式の解答にはなりませんのでご注意.) 定義域=xの変域 (今は実数全体) 値域=yの変域 として, 今の場合で言えば 全射:値域が実数全体になる(yが全ての実数を取りうる) 単射:xとyが1対1に対応しており, 1つのyから元のxがただ1つ決まる (y=x^2 などだと, 例えば y=1 に対し, x=±1となり, 単射でない.) 全単射:全射かつ単射 これを, グラフを見ながら考えると, 意味が理解しやすいでしょう. ただし,あくまで状況をつかむためのもので,正式の解答は,(例えば単射でないとか)見当をつけて,それを式で示すようにして下さい. >f2(1)=1ですよね。 この場合は全射になるのですか? グラフからもすぐに分かりますが,全射です.値域は-∞<y<∞で全ての実数をyは取ります.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
  • hinebot
  • ベストアンサー率37% (1123/2963)

#1です。 >まず、a≠b ⇒ fi(a)≠fi(b)が言えれば、単射です。 これですが、 fi(a)-fi(b)=0 になる場合があるかどうかを調べればOKです。 f1とf5を例にやってみましょう。 a,b∈R,a≠b として f1(a)-f1(b) = (a+1)-(b+1) = a-b ≠ 0 よって、単射です。 f5(a)-f5(b) = a^2-b^2 =(a+b)(a-b) となり、a=-b ならば0になるので、 単射ではありません。 (a^2は aの2乗のことです。通常、PCではこのように表記します。) f2~f4も同様に考えてみましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

f2(1)=1ですよね。 この場合は全射になるのですか?

関連するQ&A

  • 写像の問題なのですが…

    写像の問題なのですが… Rで実数全体の集合を表す。 f1,f2,f3,f4,f5,f6,f7をそれぞれ次の式で定義されたRからRへの写像とする。 f1(x)=x-2 f2(x)=x^2 f3(x)=x^3 -4 f4(x)=x^3 -4x f5(x)=e^x f6(x)=f2?f5 f7(x)=f2?f1?f5 これらの写像が、全単射、単射だが全射でない、全射だが単射でない、 のいずれであるかを判定しなさい。(証明は必要なし) という問題があるのですが、f4,f5,f6,f7の図がうまく描けず、 答えがないためあっているか不安です。 もしよろしければ、教えてほしいです。 お願いします。

  • 写像の問題なのですが、いまいち理解できません…

    写像の問題なのですが、いまいち理解できません… どなたか解説をお願いします。 1.f1~f5をそれぞれ次の式で定義された実数から実数への写像とする。これらの値域を答えなさい。  さらに全単射、単射、全射、単射でも全射でもどちらでもないのいずれであるか答えなさい。 またグラフも描きなさい。 f1(x)=x+1 f2(x)=x^3 f3(x)=x^3-x f4(x)=a^x (a≠1、a>0) f5(x)=x^2 2.f,g,hは実数から実数の写像でf(x)=x-2,g(x)=3x,h(x)=sinxとする。  このとき、f・g・f と h・g・f と g・h・f を求めなさい。 この2問です。解説お願いします。

  • どなたか教えてください。問題を解いていて詰まってしまいました…

    どなたか教えてください。問題を解いていて詰まってしまいました… 1.f1~f5をそれぞれ次の式で定義された実数から実数への写像とする。これらの値域を答えなさい。さらに全単射、単射、全射、単射でも全射でもどちらでもないのいずれであるか答えなさい。またグラフも描きなさい。 f1(x)=x+1 f2(x)=x^3 f3(x)=x^3-x f4(x)=a^x (a≠1、a>0) f5(x)=x^2 2.f,g,hは実数から実数の写像でf(x)=x-2,g(x)=3x,h(x)=sinxとする。  このとき、f・g・f と h・g・f と g・h・f を求めなさい。 この2問です。よろしくお願いします。

  • f:X→Y, g:Y→Xを集合Xと集合Yの間の写像

    f:X→Y, g:Y→Xを集合Xと集合Yの間の写像とし、g⚪︎f:X→X、f⚪︎g:Y→Yをそれらの写像の合成写像とする。次の記述1から5について、 1:gが全射ならば、g⚪︎fは全射である。 2:g⚪︎fが全射ならば、fは全射である。 3:g⚪︎fが単射ならば、gは単射である。 4:Yが有限集合で、g⚪︎fとf⚪︎gが全射ならば、fは全単射である。 5:f⚪︎gが全単射ならば、g⚪︎fは全単射である。 常に正しいのは4であるそうですが、その理由がわかりません。どなたか教えて下さいませんか。

  • 写像の問題です。よろしくお願いします。

    (1)2つの写像f:X→Y、g:Y→Zがある。g・fが全射ならばgは全射であるとする。ここでさらにgが単射であると仮定すればfも全射となることを証明せよ。 (2)自然数Nと零を合わせた集合N∪{0}から整数の集合Zへの写像で、全単射となるものを構成し、その理由を説明せよ。

  • 写像について

    写像について (1)(-1,1)を(-∞,∞)に全単射する写像の例を一つ挙げよ。あげた写像が全単射といえる理由も述べよ。 (2)f:R^2→R^2,f(x,y)=(x+y,xy)とするときf(D)を求め図示せよ。 D={(x,y)|x^2+y^2<1,x>0,y≦0} の二問の解答への方向性が見えません。 全射、単射についての定義はわっかていますが・・・。 よろしくお願いいたします。

  • 写像の問題をお教え下さい。

    いくら考えても全くわかりません。 お教えいただければ大変嬉しいです。お願いします。 問題 Aをm×n行列とし、行列とベクトルの積で与えられる線形写像A:R^n →R^m:x ↦ Axを考える。 以下の問いに答えよ。 (1) 写像Aが単射であるならば、n ≤ mであることを示せ。 (2) n ≤ mであって、写像Aが単射でない例をあげよ。 (3) 写像Aが単射であるならば、rankA = nであることが必要十分であることを示せ。 (4) 写像Aが全射であるならば、n ≥ mであることを示せ。 (5) n ≥ mであって、写像Aが全射でない例をあげよ。 (6) 写像Aが全射であるならば、rankA = mであることが必要十分であることを示せ。 (7) もしn = mならば、写像Aが全単射であることとAが正則であることが必要十分であることを示せ。

  • 写像の証明問題です。よろしくお願いします。

    写像の問題です。よろしくお願いします。 (1)2つの写像f:X→Y、f:Y→Zがある。g・fが全射ならばgは全射であるとする。ここでさらにgが単射であると仮定すればfも全射となることを証明せよ。 (2)自然数Nと零を合わせた集合N∪{0}から整数の集合Zへの写像で、全単射となるものを構成し、その理由を説明せよ。

  • 写像についての問題

    写像についての質問です。 解答できるものだけでよいのでお願いします。 次の集合X,Yについて指定された性質を持つ写像f:X→Yの例を一つ挙げよ。ただし、Rは実数全体の集合、Zは整数全体の集合。 1、X=R、Y={x∈Z│x≧-1}, fは単射でないが、全射である 2、X=R, Y={x∈R| x >0} fは単射であるが、全射ではない。 3、X={x∈R | 1≦x≦3}, Y={x∈R | 2≦x≦5} fは全単射である。

  • 余因子行列を求める写像について分かりません

    宜しくお願い致します。 f:C^{n×n}→C^{n×n}をf(A)はAの余因子行列とする写像とする時, fは全射ですか? 全射でないなら像f(C^{n×n})はどんな集合になりますか? H:={A∈C^{n×n};Aは正値エルミート}とし, fをHからHへの写像と制限するとこのfは全単射になりますが, fが全単射となるような制限は正値エルミートだけでしょうか? 他にあればご紹介下さい。