• 締切済み
  • 困ってます

この土地、どう思いますか?

検討中の土地があるのですが、みなさんの御意見をお聞かせください。 場所…都内で人気のある住宅街です。 状況…半年程前、古家があった土地が更地になり、今は更地になっています。 ・管理地という看板に不動産業者の電話番号がかかれている ・土地に建築確認の看板が捨てられている ・看板によると、売主は上記管理会社の関連会社  建築主は、建売をメインとする中堅ビルダー ・相場より、若干安めの価格設定 ・公開物件として流通している 売主さんの不動産会社に電話で確認をしたところ、 「一度個人のお客がつき、建築確認までおりたが、ローンが通らず、また売りに出したんですよ。 だから相場より少し安いんです。」 とのことでした。 この土地は問題ないと思っていいのでしょうか? みなさんなら、この土地を購入しますか? 建築確認までおりて、また売りに出すということは、 地盤に何か問題があったのかとも考えてしまいます。 そのような場合、率直に聞いて答えてくれるものでしょうか。 空論としてでも構いませんので、他にどのような可能性があるのか ご意見をお願いいたします。

noname#231309

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数11
  • 閲覧数200
  • ありがとう数17

みんなの回答

  • 回答No.11
noname#63054

見えてきました。そういえば、恵比寿南3丁目のあたりとか、中目黒界隈でも 敷地が狭いながらも古家が建っている場所がありますね。 土地の譲渡は売る側で二度、買う側では土地ではなく結局マンションに しましたが、とにかく不動産仲介を使った経験は実家の売買、今の妻の 不動産の売却、過去の不動産の取得と売却、相続不動産の売却 現在の自宅の購入、投資用不動産の購入3軒とあわせたら10回と サラリーマンにしたら多いほうです。 この土地が、よいものかどうかは、好き好きだと思います。三階建ての 戸建てを嫌うのは年配の夫婦に多いです。 フラットで都心に住めるということで戸建てからマンションへの住替えが 多く、都心部の住宅地で戸建てを探すというひとが極めて減ってきています。 とはいえ、好きな場所で好きな間取りで自分のライフスタイルにあった住い となれば、戸建てが有利という側面もあります。 ここは、建築士の先生(私も一応一級建築士で宅建主任資格者ですが) と土地を見て話あってみたらいかがでしょう。 建築家とまでいわずとも普通の工務店の建築士でも、土地の条件の 良し悪しは見抜く力はあります。 あとは近隣の聞き込み。ここの土地の購入を検討しているものですが・・ といってざっくばらんに聞いてみることです。 二の足踏んでいるうちに売れてしまうということも往々にしてあります。 その場合、何がいけないかというと代替案との比較がないことです。 値切るにしても代替物件との比較で迫ったほうがいいです。 今は、土地自体の出物が極めて少ない時期ではないですか? 少しでも土地があれば地主は売らないで賃貸マンションやアパートに しますから。 ここが、出回っているのは、敷地の区画が25坪とやや狭いこと おそらく道路斜線等で建てられる面積に制約があるのかもしれません。 はっきりいって今ミニ戸市場死んでますから、こういう土地にとびつく業者は 命知らずですね。 悪いという意味でなく上モノ付では価格が中途半端だという意味です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >とにかく不動産仲介を使った経験は実家の売買、今の妻の 不動産の売却、過去の不動産の取得と売却、相続不動産の売却 現在の自宅の購入、投資用不動産の購入3軒とあわせたら10回と サラリーマンにしたら多いほうです。 多い方…というか、専門家ですね。 いろいろと勉強もされ、目も肥えてらっしゃるのだと思います。 初心者にとっては、未知の世界でやはり決断はつきません。 アドバイス通り、建築士さんと一緒に現地に行き、 まわりに聞き込みなども行ってみようと思います。 (その日にお礼を送信したと思っていたのですが、  投稿するというボタンを押していなかったようです。  気づくのが遅くなり、申し訳ございませんでした)  

関連するQ&A

  • 土地の購入を考えておりますが、この土地は問題ないのでしょうか?

    購入予定の土地は数年前に売主が資材置場として造成(最大高さ6mの擁壁を建築)した場所で、その一部を切り売りしてもらう予定です。 仲介する不動産会社から擁壁は建築確認を取った法的にも問題ないと言っておりますが資材置場の擁壁と住宅建築の擁壁は同じものなのでしょうか? 擁壁自体はかなり大きな土地(約1200m2)利用の為なのですが、当初の建築確認の際は開発行為に当たらない状況で築造されています。 開発行為では無く建築確認はあると矛盾しているように思えるのですがこの土地を購入し住宅は問題なく建築できるのか不安です。

  • 建築条件付土地の間取りはすぐに決めなければいけないの?

    建築条件付土地分譲の土地の契約をしたところ、すぐに間取りを決定してもらわないと困ると言われているのです。私としては、納得した間取りで家を建てたいと思っているのですが、なぜ売主さんは急かすのでしょうか?聞くと建築確認を年内に建築確認をとらなければいけない。とか... いまいち、わからないのです。おわかりになる方、教えてもらえないでしょうか?

  • 気に入った土地を購入したい

    マイホームを建てるため、土地探しをしております。 以前から気になっていた土地が、この度売りに出されました。 現在そこは更地になっており、不動産会社の看板が建てられています。 なんとかこの土地を購入したいのですが、 価格がかなり高く手が届きません。 どのように交渉すればよろしいでしょうか。 専門分野の方がおられましたら、お力添えいただけないでしょうか。 建て物を建てる予定の工務店を通じてその不動産会社に問い合わせをしてもらって分かったことは次の通りです。 ・価格がかなり高く、相場の4割増に設定されている。そのためそのうちに価格が下がるだろう。ただし、この価格でも誰かが買う可能性もある。 ・不動産会社屋も高いことは分かっているが、売主が地方に住んでおり、相場がわかっていない上、高く売りたいという人のようで、止められない。 ・土地は200平米あり、私達は半分だけ売ってほしいと思っているが、他にも2分割希望の人がいるので、可能である。ただし、隣地との境界について、売主と隣人がもめているため、それが解決しないとできない。 現状、工務店を通じて話をしていますが、私たちが直接販売先の不動産会社に連絡をした方が良いのでしょうか。 仲介手数料が発生するので、他にも購入したいという人がいたら、工務店を通じている私たちより、直接やり取りしている人の方が優先されるのではないかと懸念しています。

  • 回答No.10
noname#63054

お疲れさまです。 >坪数が少ないので、サラリーマンでも条件さえクリアできれば >購入は可能な価格なのです。 だんだんわかってきました。もとの古家は50坪くらいの敷地で その敷地を二筆にわけてミ二戸を2軒建てるという話ですか? そもそも25坪の敷地の古家なんて考えにくいですね。 もしそうだとしたら、話は全然違っていて庭先に建てた借家を 壊して売るという話が考えられますね。 あるいは、借地権を売ってでていったのかもしれませんが しかし、いくら坪単価300万前後の土地とはいえ狭すぎますよ。 今時ミニ戸は不人気なのです。 そりゃ狭小住宅マニアはいて、建物探訪みたいな都心に建つ 狭いけど工夫された天に開かれた住宅みたいなものを建てたがる 人は少数派でいますけど。 >良い土地は市場に流れない…というのも気になっています。 こんなに狭くちゃ誰もほしがらない・・・すこしも良い土地ではないですよ。 ただ、逆にそういう物件でも好きな人は買う。これが不動産市場の 面白いところ。 一つ聞いていいですか?何が気になるのか。具体的に「○○が ××ではないか。」とかおっしゃって下さい。 なんとなく不安・・・それでもいいです。第六感をあなどってはいけないです。 でも、買いたいのかそうでないのかはっきりさせないとダメですよ。 紙に、気に入ってるところ、よくないところ、わからないところ を書きだしてみたらいかがでしょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >もとの古家は50坪くらいの敷地で  その敷地を二筆にわけてミ二戸を2軒建てるという話ですか? いえいえ、元は25坪の敷地に目いっぱい古家がたっていて、 それを更地にしたところです。 このあたりは、15坪くらいに建っていた古家を壊して 土地を売りだすことが、結構普通にあります。 なので、ご近所も古い家がつめよっている場所に、 新しい家が混在しているような感じです。 (20坪もあれば、結構広いほうです…おかしなエリアですか?) 建築条件なんて、なかった時代?なのでしょうか。 >何が気になるのか。具体的に「○○が××ではないか。」とかおっしゃって下さい。 ご指摘、ありがとうございます。 気になっていた、問題がある土地かという疑念は払拭されつつあります。 あとは、本当にいい土地は、本当に表に出ないのか?という点が気になります。 言われてみると、良い物件なら、業者がとびつくだろうし、 1か月たっても売れずに値を下げたということは…と考えてしまいます。 いいものが出てきたときに、即決できるくらいの知識と情報を持ちたいと思います。

  • 回答No.9
noname#63054

もう一度申し上げますと、直前の売買の契約はローンキャンセルによるものだという業者の説明に対して、補足します。 宅建業法関連の指導で、業者売主の場合、「ローン条項」つまり契約者の指定した金融機関で指定日数内にローンが承認されないと、手付けは戻ってくるという形式の契約(いわゆる停止条件つき契約)が義務付けられています。 これは、業者に対する消費者保護のためです。 昨今のような厳しい金融情勢では、高額な借り入れは審査も厳しく、購入者自身多少無理でもだめもとで契約してローンキャンセルならあきらめるという流れはあります。 建売青田売りの場合、建物利益も乗るので、物件価格は大きくなりローンも通りにくい。しかし、敷地だけを売るなら担保掛目も大きいからローンという観点からは融資がつきやすいという考えで、早期換金を目指した売主が土地だけ単独で売ることにしたのでしょう。 (現地も登記簿みずにあくまで憶測だけですが、不動産に詳しい人は大抵そういうふうに推量すると思いますがいかがでしょう) 問題はそういう経緯は抜きにして、物件の大きさ、立地、方位、どんな建物が建ちうるかということではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 分譲物件を購入した経験はあるのですが、土地は初めてで、 勉強しているつもりでも、知らないことが多く、ひとつひとつが参考になります…。 みなさん土地を購入経験がおありで、こんなに詳しいのでしょうか。 それとも土地を買うということは、そのくらい勉強しないといけないということなのでしょうか…? >昨今のような厳しい金融情勢では、高額な借り入れは審査も厳しく、購入者自身多少無理でもだめもとで契約してローンキャンセルならあきらめるという流れはあります。 そうなのですね…そうなると、めいっぱいローンを組むということですよね、危険! 下にも書きましたが、それまで高額ではないと思います。 ローンキャンセルとしても、設計図まで起こしておいて、 中断するなら、建売にすればいいのに何故?とも思いましたが、 (建てはじめたら、あっという間に建つビルダーさんなのです) そのような理由なのですね…納得しました。 >物件の大きさ、立地、方位、どんな建物が建ちうるかということではないでしょうか。 このあたりはクリアしているのですが、まだまだ決断はつかなそうです。

  • 回答No.8
  • Fiorina
  • ベストアンサー率38% (24/63)

>みなさんなら、この土地を購入しますか? 購入しません。  よい物件の多くは公開物件として流通する前に買い手が決まります。明らかなマイナス点があってそれが納得済みなら別ですが、そうでないなら、なんらかの隠れた問題がある可能性が高いでしょう。隣人などは大丈夫ですか?前の購入検討者もいざ建てようとして思いとどまったのかもしれません。  また、ここ1-2年上昇傾向にあった相場が下降しはじめているので今は買い時とは思えません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 きっぱり言っていただくことも、参考になります。 >よい物件の多くは公開物件として流通する前に買い手が決まる この部分は、とても気になっていました。 売主が不動産業者なので、いくらでもつながりはあると思うのです。 それを、公開として流している。 そして、1カ月以上たっても買い手がなく、値を下げた。 流通している土地は、問題があり残ったものと考えたほうがいいでしょうか? だとしたら、まず信頼できる仲介業者の選定ということですね。 大・中・小不動産会社が数多く混在するエリアなのですが、 みなさんは、どのように探されましたか? >ここ1-2年上昇傾向にあった相場が下降しはじめているので今は買い時とは思えません。 確かに2年前より、2割は上がっています。 それが、ここにきて1割程度下がったようです。 あと少し待てば、残りの1割も下がる…という見解でしょうか? (今回は買い替えなので、売る物件も下がるなら…という気持ちもあります)

  • 回答No.7

追加回答します。契約される時には手付けをとられると思います。貴方の自己理由で解約される場合には,その手付けは返ってきません。よって,契約される前に調査をされておかれるようにお勧めします。参考ですが,よく耐震設計とか木造でいわれていますが,あれは家が倒壊しないという意味で,大きな地震があれば当然家は歪んだり傾いたりする可能性は大です。ですから家のローンにまたローンを重ねるという結果になります。少し古い統計ですが,セキスイハウスのプレハブ住宅は阪神淡路大震災の時にほとんど損害がなかったということを知っておいていただきたいと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます、再考してみます。

  • 回答No.6
noname#63054

>一度個人のお客さんがついたのなら、建築確認書の建築主が○○と 個人名になってはいないでしょうか? そんなことはないでしょう。土地を買った業者は、更地で売っても利幅が少ない と考えれば、自ら(建売をメインとする中堅ビルダー?)が建て主で申請して 図面のまま戸建ての青田売りをかけます。 しかし、お客がついてローン審査が一ヶ月、ローン条項以内の期間に ローンが通らなかったので、青田売りをやめて更地売りに切り替えたと いうケースでしょう。 確認申請が下りているのなら、その図面を承継して同じものが建つわけで ある意味安心ですよね。 >土地購入の前に確認書が下り、ローンの審査が通らずに断念… ということも、よくある話で心配ないでしょうか? そんなこと昨今の株安外貨資産の目減りの中では頭金が不足すれば 簡単に起りえます。 仮にも、都内の人気宅地、土地が40坪でも8000万は下らないでしょう。 買える人は限られていますよ。 上屋がつけば1億はゆうにこす物件でしょう。銀行も融資には慎重になりますよ。 とはいえ、業者売主ですから、ローン条項(ローンが通らなかったら白紙解除) は必須。無理めな買い手がくれば、基本図面だけで申請通して、着工は 少し待つという流れではないでしょうか。 >その土地の所有経緯(買い取ったか否か)も登記簿でわかりますか? 正しい登記をしていればね。 もとの地主さんの引越し先でもわかれば、そこのマンションの売主の 系列不動産が買い取り会社に買い取らせているというようなおおざっぱな 流れは見えます。半年前まで既存住戸があったなら、そうそう転売はないと 思われます。中間抹消登記は土地ころがしの常套手段で今は禁止されています。 ただ、業者間が親子とか信用があれば、登記せずに手形のやりとりで 最後にエンドの部分だけ移転登記するというケースも昔はありましたね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 登記もインターネットで、まず取り寄せてみようと思います。 >仮にも、都内の人気宅地、土地が40坪でも8000万は下らないでしょう。 買える人は限られていますよ。 >上屋がつけば1億はゆうにこす物件でしょう。銀行も融資には慎重になりますよ。 坪単価は@300前後の場所です。 坪数が少ないので、サラリーマンでも条件さえクリアできれば 購入は可能な価格なのです。 ローンが通らず…というのも、よくありそうでキレイな理由なので、 ちょっと疑っているところもあるのが正直なところです。 良い土地は市場に流れない…というのも気になっています。

  • 回答No.5

現地を拝見したわけではありませんので推測になりますが 特に問題はないように思いますよ。 先の回答者様も仰るとおり 最終的にローンが通らなかった。 契約前後に他に良い土地が見つかってキャンセルした等 実際にある話です。 これが、もし個人売買で不動産屋等を介さずに購入されますと 後になって「過去にその場所で殺人事件が・・」等が判明した際 困ったことになるかもしれませんが、正規の不動産業者が売主または 仲介する以上は、重要事項説明書等で物件の詳細を説明する義務がありますし 購入後万が一上のような事実が判明した場合でもきちんと責任を取ってもらうことが できるでしょう。 地盤や地質の面で不安をお持ちであればその旨を売主業者さんに 直接お聞きになるなどご確認になり不明であれば売買契約書等に 「調査の結果が悪ければ契約を解消し手付金等を戻してもらう」とか 「地盤完了が必要な際は工事費用の一部を売主が負担する」等と 特約条件を入れてもらえば良いかと思います。 この場合、地盤調査費用は購入者(貴方)の負担となりますが 売主業者さんが「安くでも売りたい」とお考えなのであれば そのような条件の契約でも応じてくれるのではないでしょうか。 なお、もともと古屋が建っていたとのことなので 該当はしないかもしれませんが、水道や下水の引き込みの有無や 負担金の有無なども明確にされておくこともお忘れ無く。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。とても参考になります。 特に問題がなさそうということで安心しました。 今日改めて土地を見てこようと思います。

  • 回答No.4

いいんじゃないですか? >「一度個人のお客がつき、建築確認までおりたが、ローンが通らず、また売りに出したんですよ。 >だから相場より少し安いんです。」 ということですよね。 であれば、地盤の問題ではないでしょう。 地盤の話だけすれば、新規で造成された宅地よりは古家があってしばらく人が住んでいた土地の方がよほど安定しています。 周りの道路や既に建っている家の壁などを見て、亀裂や陥没跡などがなければ、十分安心材料になります。 不動産屋の話を信じるなら、前の購入予定者が建築設計の話をしていて、設計が固まって建築申請を出したところで、銀行にローン申請をした。でも、購入予定者の年収かローンの履歴かに問題があって、銀行からローンを拒否されたか、予定額より減額された。それで買えなくなったので、もう一度売りに出された。ということでしょう。 あと、質問の中に建築ビルダーの事が書かれていますが、もしかして建築条件付の売地なのでしょうか? だとすると、前の購入予定者が一旦はそのビルダーに建ててもらうつもりで購入した。しかし、購入者の希望する工法をそのビルダーができないとか、ビルダーの建築能力に不安があったとか、土地は安いけど建物が相場より異常に高いとか、そんな理由で契約を解除した、という可能性も考えられなくはないですね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 よくあるケースのようで、安心しました。 全くの初心者なので、不安要素ばかりが出てしまいます。 古くからの住宅街ですし、近くの物件をみても、地盤はよさそうです。 建築条件は付いていない土地です。 建築確認に書かれていたビルダーさんは、通常建築条件付か建売物件が95%という業者さんです。 やはり、前の購入予定者が  一度購入→建築確認申請→ローン申請却下→売却 という構図でしょうか。 いったん買った土地を短期間に売ったということでしょうか? 登記を調べるとわかりますか?

  • 回答No.3

建築確認が下りたのに建築できなかったのは、建築に必要な金額が借りられなかったからでしょう。「ローンが通らなかった」というのはそういう意味です。 建築+土地費用に必要な金額>ローンが通る金額 であれば、建築物をもっと安くすればいいと思いますが、そもそもお金を貸してもらえない人であったならどうしようもないので、売りに出したのでしょう。 地盤に関しては、建てる際に調査をしているはずです。 ごまかしても購入後に調べればわかるので、嘘はつかないんじゃないかと思いますが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ということは、建築予定をしていた方は、土地購入には至って いなかったということでしょうか…? 手付けなどを払えば、土地の代金を支払うまえに 建築確認書の申請ができるのでしょうか…? それとも、一度購入→建築確認申請→ローン申請却下→売却 という構図ですかね…これも登記でわかりますか?

  • 回答No.2

不動産家は売るために不利になるようなことは言いません。貴方が直接調べなければなりません。 (1)その地域が防災上安全な地域であるかどうか?…都の防災課が危険地域の地図を公表していますから確認してください。 (2)その地域が防犯上安全な地域であるか?…警察及び貴方が深夜に行ってその眼で確かめてください。昼間とはガラリと環境は変化しますから (3)その地域半径二キロ四方に工場や家畜業等を営んでいるところがないかどうか?…騒音・異臭等があります。 (4)その土地に以前住んでいた人の状況を調べること…変死や火災等がなかったかどうか (5)その土地を販売等関連している業者が信頼できるかどうか?…建物を建てる時には関連業者を入れるはずですから,手抜きは当たり前ですよ。  以上の最低事項がクリアーできているなら,もう一度再考して購入されればいいとは思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 自分で調べられることは、がんばってみます。 購入前に土地調査すべきでしょうか? やはり、5の部分に対して不安はあります。 売主さんは、中規模ですが賃貸がメインのようです。

関連するQ&A

  • 土地付建物の売買契約への一本化

    建築条件付土地を購入し、自宅を建築中です。 不動産売買(土地)の契約と同時に建設請負契約を結んでおり、 不動産売買契約書(土地)に「建築確認許認可後、改めて土地付建物の 売買契約を締結する」となっています。 ここで質問です。 (1)これは必要なことのなのでしょうか? (2)どういう目的で改めての契約をするのでしょうか? ちなみに他の方の質問・回答を見ていると、 建売の場合にこれをやると「青田売り」となり違法のようですが、 我が家の場合は契約後、希望を伝えて間取りなどを決定し、 確認申請を出したので、建売ではないと思います。 また、不動産会社が直接売主となっており、仲介手数料も発生しない (見積もりにも0円となっています)ため、総額を大きくして 手数料を大きくすることにもならないと思います。 また、 (3)1月中に建築確認申請が認められ、着工しましたが、いまだに 「改めての契約」は行われていません。不動産会社に確認すると、 「2月末にでもしましょうか」って感じでした。そんなものなの でしょうか? 質問が3つもありますが、どなたか詳しい方、教えてください。

  • 土地を買わないといったら慰謝料か裁判と脅されました

    【質問事項】 契約書を交わしていない段階ですが、 土地の購入をしないと言ったら、土地を購入しないのであれば 慰謝料か裁判かを選ぶように脅しとも取れる連絡をうけていますが 慰謝料は払う必要があるのでしょうか? 弁護士か、消費者センターに相談しようと思ってはいますが 皆様からも、事前にご意見を伺えれば幸いに思い書かせていただきました。 【背景】 (1)不動産屋を介した取引  ある土地を購入しようと思い、不動産屋経由で買い付けを出していました。 その後、土地自体はそこまで悪くないと思い、契約をしようと考えましたが 契約書の読み合わせの日に、売主から不動産屋にFAXが入り、売主はその場に来ませんでした。  どうやら瑕疵担保責任等の条項に不服だったようなのですが、不動産屋からは、 「この売主との取引はリスクが高いのでやめたほうがよい」 との提言を受けていました。どうしようか考えていましたが、 建築予定の建築会社の担当者が売主に別途連絡してみると言い、担当者から売主に連絡したところ 売主いわく「不動産屋と折り合いがつかないから、まず不動産屋の買い付けをいったん撤回して、直接取引するよう」 求めてきました。 (2)売主との直接の取引 当初からやめればよかったのですが、仲介手数料がなくなるという文句につられ 不動産屋には買い付けを撤回し、建築会社担当者経由で状況を確認することにしました。 ちなみに売主は宅建業者ではありますが個人として売ることになるとのことでした。 その後、建築会社担当者と売主にて何度か確認等してもらっていましたが、 不動産屋を飛ばして直接取引することは仁義にも反するし、 何より信用できない売主とのことで、家族から強く反対されこの時点で購入しない意思を文書で伝えました。 そうしたところ、売主からは建築会社担当者に連絡があり 「他の買い付けは断ってきているのだから、下記の3点から選ぶ」ように脅しとも取れる連絡がありました。 1.土地を購入する 2.慰謝料を払う。 3.裁判で争う。 上記はまだ直接聞いているわけではありません。 1を選択する気はまったく消えうせていますが、 2として慰謝料を支払う必要はあるのでしょうか? なお、(2)売主との直接の取引では、契約条件の確認まではいたっていません。 ご意見等よろしくお願いいたします。

  • 建築条件付き土地の設定及び売買について

    建築条件付きの土地の設定及び売買にて お詳しい方、ご指導ください。 (1) 不動産仲介会社の紹介で気にいった土地があり 相場より少し高めでしたが、 不動産会社が200万円を売主に値引き交渉してくれる とのことなので購入することにしました。 (2) 実際価格は当初より、200万円安くなりました。 そして建物は、不動産仲介会社の知り合いのところに頼むと 建物の価格も安くなりますよとの説明でした。 なので、参考までに建物の概算見積をもらいました。 (見積りの差し出し人は不動産仲介会社でした) (3) その後先に、土地購入契約申込書を書いてほしいとの 不動産会社の依頼があったので 記入しようとしたら、特記事項に 建築条件付き書かれていただので、 いままでの話が違うと不動産仲介会社に尋ねました。 (4) それまでの流れでは一切この土地は 建築条件付きとは不動産会社は私達に言わなかったので なぜ建築条件付きになったのか不信に思いました。 (5) 売主は、個人の方で(土地の謄本を取って調べました) もっと広い土地を購入するために 買替えをするようです。 なので建築条件付きにすることは売主さまには 何のメリットもないように思われます。 上記のことから、素人考えですが  不動産仲介会社が、土地の仲介手数料とは別に 建物の請負契約を自社で結ぶことにより 建物からの自社の利益を出すつもりで 土地の値段を売主様にさげさせ、 自社請負契約の建物の利益を出す 魂胆なのでは??と考えました。 ここで、質問です。 建築条件付きの土地の設定を売主さまの許可なく 仲介の不動産会社が勝手に設定することはできるの でしょうか? また上記の件は、違法になるのでしょうか? どなたかお詳しい方どうぞご回答宜しくお願い致します。

  • 売出し中の土地について

    売主の不動産屋と数件の媒介不動産屋から売り出されてる土地があります。   同じ価格なのですが、建築条件付きで売っている不動産屋と建築条件なしで売っている不動産屋とがあります。これはどういう事なのでしょうか? 建築条件付きで売っている不動産屋が売主含め数件ありますが、建物はそれぞれの不動産屋で建てるという事ですか? 回答お願い致します。

  • 古家有りの土地が気になっているのですが・・

    マイホームを建てようと土地を探しており気になっている所があるのですが、不動産屋に確認してもあいまいな部分が多くどうしようか迷っています。 古家有りという事で現地には大正初期に建てられた家が建っており隣家との間は50cmほど。 その中間に幅5cmほどの溝が作られており両家の雨どいから雨水が側溝へ流れるようになっています。 不動産屋が言うには大昔からちゃんと測量されていないので正確な境界が分からない、契約したら売主がやってくれる、公図から定規でおおまかな広さを測って売り出したが正しいものではないという事です。 メジャーで道路の端から隣家との間の溝まで測ると不動産屋の図より50cmほど広いのですが何とも言えないそうです。 よく分からないのが公図にある面積は42坪という事で42坪で売り出されているのに不動産屋に作られた土地の図の広さを計算すると39坪ほどしかありません。 これについても公図にある面積をそのまま載せただけなので何とも・・という返事です。 現地をメジャーで図った幅だと約42坪になります。 両家の間を見上げると古家側の軒が少し隣へ張り出しているようで重なり合ったようになっています。 一応更地で渡してもらえるという事なんですが、気になるのはもし溝の中央が境界だったらどうしようという事です。 古家側の基礎を壊してしまうと溝まで壊れてしまい隣家の雨水がこちらにそのまま流れてきてしまうのでどうなるんだろうと。 こういう場合はこちらが直さないといけないんでしょうか・・

  • かつて有限会社が設立できました。

    かつて有限会社が設立できました。 資本金は300万以上。 なのに1000万円で設立登記された会社があります。 株式会社にするのとどう違ったのでしょう。 当初は個人での不動産賃貸で建築確認申請をとり、 その後、法人になりました。 土地の持ち主と建築確認の主は違いましたが、 法人になって統一されましたが、 法人の役員には土地の持ち主は入っていません。 (おそらく土地の持ち主と建築確認の主は親子) 土地の抵当も個人から法人に変わりました。抵当から根抵当です。 建物は調べていません。 地方公共団体の優良賃貸物件という看板があがっています。

  • 建築確認について教えてください。

    建築確認について教えてください。 市街化調整区域のA番地(以下A)とB番地(以下B)、二筆の隣接した土地で、 Aには古家があり43条申請で建替えが可能で、Bは建てられない土地です。 土地代AB合わせた金額で売却に出されていて、その土地代+建築費についてローン申請をしていたところ 窓口銀行よりフラット35で 借りられるとの事で仮承認が降りたので建替えを進めていました。 これまでの経緯 (1)ローンはA+Bの土地代金及び、Aの土地に建てる新築住宅の建築費からなっています。 (2)Aの土地について包括継承手続きにより、43条の申請をして認可が下りました。 (3)認可が下りたので、Aの既存宅地は解体して、更地となりました。 (4)建築確認申請をAの土地及び建物で行って承認されました。 (5)地鎮祭を行いました。 (6)Aの土地の地盤改良工事が終わりました。 (7)さて、いよいよ基礎工事 ここでローンの手続きを進めていたフラットから待ったがかかりました。 建築確認はAの土地で行っているため、Aの土地とAの新築住宅のみが対象でBの土地に対応する購入金額は出せないとの事。 (建築確認がA+Bで認可されれば問題はないとの事) 建築確認の申請はAのみである事は 最初からわかっていたはずなので、 ローンが通らないのであれば そもそも契約自体が無効な気もしますが、 専門知識がないのでわかりません。 また、この二筆について合筆は可能だと法務局では確認できたのですが、 例えば、合筆して建築確認を修正認可していただく事は可能なのでしょうか。 何をどうすれば良いのか、 何処に相談すれば良いのか 途方にくれています。 どなたか教えてください。 お分かりの方教えてください。

  • 建築確認通知書について

    5年半くらい前に建売住宅を両親が購入しましたが、 今頃になって、不動産屋から委託された不動産屋の2階にある会社が、建築確認通知書を処分するので、必要なら2万円持って来て下さいとのことでした。 よくわからないのですが、建築確認通知書は不動産屋が、管理するものですか? それは、必要なものなのでしょうか? それをもらうのに2万円を払う必要があるのでしょうか? 詳しい方教えて下さい。

  • 土地売却の媒介契約で土地管理まで依頼していいのか

    土地の売却を検討中の者です。 近々、不動産仲介会社と媒介契約を結ぼうと思ってるのですが、懸案事項があり、対応に迷っております。 懸案事項というのは、売却が決まるまでの土地の管理についてです。 このご時勢ですから、簡単には買主が見つからないと思うのですが、そうなると問題になってくるのが、更地になってる土地の管理をどうするかです。 通常、売却を仲介不動産会社に依頼して媒介契約を結ぶ場合、土地の管理は契約に含めてもいいのでしょうか? それとも、土地管理は売主が個人的に対応すべきなのでしょうか。 管理を仲介不動産会社に依頼する場合は、別途料金支払って対応するのが普通で、媒介契約に含めて無料で対応して貰うのは非常識でしょうか。 個人で定期的に見回りして、草刈とか、不法投棄防止などの対応するのは、仕事上や時間的に無理なので、どう対応すべきか迷っております。 あと、不動産会社に依頼しなくても、草刈や囲いの設置程度なら、シルバー人材センターなどに依頼した方が安い、との話も聞きますがどうでしょうか。

  • 今年は土地が高い?

    教えてください。 今年は土地や不動産の値段は高いのでしょうか? 建築資材の値上がりや建築確認の規制が厳しくなって 戸建住宅の売れ行きが良くないとか聞いた覚えがあります。 マンションの売れ残りもあるようなので、 これから正直どうなっていくのでしょうか? 先々を考えれば高齢化になって土地や中古住宅があまる世の中に なるような気がするのですが・・・ 私の住む地方でも毎年坪単価が2万円くらい上がっています。 物価と土地の値段は比例するのでしょうか? それから今の土地価格はバブルの頃と比較してどれくらいの 値段なのかも教えてください。 よろしくお願いします。