• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

英語・canの用法を教えてください

  • 質問No.3922674
  • 閲覧数78
  • ありがとう数6
  • 回答数5

お礼率 83% (225/268)

Most of the other minerals your body needs are found in so many foods that a little variety in making your choice at the market can easily take care of them.

上記の英文の後ろから6語目のcanの意味がわからないので教えていただけないでしょうか?ちなみに前の文は次の通りです。

Calcium and iron are not the only mineral you need. Most of the other minerals your body needs are found in so many foods that a little variety in making your choice at the market can easily take care of them.

自分なりに訳した日本語は以下の通りです。

私たちの体に必要な他の(カルシウムと鉄以外の)ミネラルは、(that以下の)とても多くの食べ物の中に含まれている。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.5
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 65% (2757/4212)

No.2です。お返事を有難うございます。補足質問にお答えします。

ご質問:
<ご回答を参考に自分なりに訳したのが以下の文です。~that以下の訳が意味不明ですが、こんな感じでしょうか?>

だいたいできています。少し訂正を要します。

なお、全文訳をしていたら、回答の説明に間違いがあったことに気づきましたので、この場を借りて訂正致します。

説明5でご説明した
a little variety in making your choice
はこの部分だけ見て訳してしまい、少し的外れな訳になりましたので訂正致します。

a little varietyはここでは「少しの変化」でa little variety inで「~に少し変化をつけること」ということを言っています。勘違いから的外れな回答になり失礼致しました。

また、take care ofはここでは「摂取する」という意味が適切です。

以上を踏まえて訳の訂正例は、
「私たちの体に必要な他の(カルシウムと鉄以外の)ミネラルのほとんどは、多くの食品の中に含まれているので、市場での買い物の選択肢の幅を少し広げるだけで、簡単にそれらの栄養を摂取することができる」

となります。
以上ご参考までに。
お礼コメント
surimuji

お礼率 83% (225/268)

ご回答ありがとうございます。

また返事が遅くなってしまいすみません。

>a little varietyはここでは「少しの変化」でa little variety inで「~に少し変化をつけること」ということ

変化のほうでしたか。意味がたくさんあるので、何が合ってるのかがよく考えないとわかりませんよね。

>また、take care ofはここでは「摂取する」という意味が適切です。

間違ってましたね。辞書に、「摂取する」なんてあったかな?と言う感じです。takeだけでも数え切れないほど意味がありますからね。
投稿日時:2008/04/13 00:41

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.4

ベストアンサー率 63% (4601/7273)

アメリカに住んで40年目になりました。 私なりに書いてみますね。

#3までのお礼を見させてもらいました。 文章を誤解する、解釈を間違える、文法の使い方を間違える、文法の知識を深める必要がある、と言う状況にいると、どうしても文章の解釈を間違えそれが結局文章に身を取り違える、役を見てもまだお菓子文章だと感じてしまう事になってしまうのです。

canは普通どおり「出来る」と言うフィーリングを持っていると言うことさえ知っておけばいいです。 用法名が解釈を「手伝う」と言うことでは決してないと言うことを知っておいてください。

so~that構文は一応いいですね。 ですので、誤解の根本に移ります。

a little variety in making your choiceと言う表現は「選択肢」といっているわけではありませんよ。 この表現を好理解するから問題が起こってくる事になり、この文章が何を言いたいのか「むずびつかなくなる」のです。

中学の時に単語の理解からの役で始めますのでちょっとぎこちない文章になりますが、言いたい事が分かると思います。

variety in making your choiceと言っているわけですね。 variety in your choiceと言う表現はしていないですね。 あくまでもin making your choiceと言う表現をしているのです。 この違いを感じないと、英語使う人たちは感じることが出来るし、正しい解釈を教える事が出来るのですね。 感じなければ教えられない、しゃべれなければしゃべるように教える事は出来ない、と言うのと同じレベルなわけです。

このvarietyを種類(選択肢の肢)としてしまうところに問題があると言う事なのです。 つまり、選択肢としても、その中から選ぶと言うフィーリングを感じるのではなく、「選択肢がある」と言うことを感じて欲しいのです。 これに、making your choiceと言う、選択すると言う行為、と言う表現とつなげるために、inを使って、選択する行為の中のいろいろなバラエティー、と言う表現が出来るわけですね。

これを日本語的に直すと、選び方を変える、と言うフィーリングになるわけですが、ここにたどり着くまでに、making your choiceと言う表現が「あなたの選ぶ事」から「あなた個人の選ぶ事」から「あなた個人の選び方」と言う表現に変えることは出来ると言う事はお分かりですね。

あなたの「選び」は私の「選び」とは違う、と言う事は選ぶ選択方法が違う、選ぶ基準が違うと言う事ですね。 つまり選び方が違う、と言う事ですね。

ここで、variety in your choiceがあなたが選ぶ時の選び方の違い、と言う風に表現を変えることになるわけです。

ここが分からないと「話にならない」ので、もし分かりにくい部分があったり、「説明・解釈の変化へのつながり」が判りにくいところがありましたら突っ込んでください。 直訳から意訳に変えるときにとんでもない変化を「こじつけ」からしてしまう参考書も私は見ています勝手な解釈と見ずに「鵜呑みにしてしまう」ことをしてもらいたくないのですね。

vriety in making your choiceと言う表現は実は、verying in making your choice選択に変化をもたせる、違った(いろいろな、と言う意味です)選択をする、と言う事になり、making variety in your choiceとなるわけなのです。 これを、動名詞を使った表現を名詞を使って書き換えることができると言う文法例なのですね。

この文応を理解し、そして、使う事で文法を学ぶと言うことに意味が出てくるわけです。 一つの文法の事に関して詳しく説明できても、それを使う事が出来なかったり、応用しようとしないのでは、その文法知識は能書きとなってしまうと言う人たちに私は100%同意するわけです。

と言うことで、このa little variety in making your choiceとは、選択肢が少ない、と言うことではなく、ちょっとした選択方法を変えることが、選ぶ時にちょっと変えることが、と言う意味合いの主語になりわけです。

ここが説明に抜けていると言う事は文章を理解していないと言うことなり、鵜呑みには出来ない説明となってしまうわけです。

ですから、今回の場合は、前から、耳にする順序のとおりに、読む順序のとおりに

Most of the other minerals your body needs 体が必要とするほかのミネラルの多くは、

are found in so many foods 多くの食べ物の中に見つかる、

that a little variety in making your choice at the market だから、マーケットで(買い物をするときに、食材買い物をするときに、と言う意味です)ちょっと選択に変化をもたせることが、ちょっと買うものを変えることが、

can easily take care of them. それらの問題を簡単に解決する事が出来る、つまり、難しい事ではないのです、と言う風にフィーリングを感じていく事が出来るわけです。

この一つの文章(Most of the other minerals your body needs are found in so many foods that a little variety in making your choice at the market can easily take care of them.)を一つの日本語的に訳せば、

体が必要とするほかのミネラルの多くはいろんな食べ物に含んでいるのでスーパーに行ったときにちょっと買い物に変化をもたせることで(それらのミネラルを得る)のはそんなに難しい事ではないのです。

と言う訳と意味合いになるわけです。

どうですか? ちょっとしたところに注意を向けて知っている文法を使う事で「正しい解釈と理解」が出来るようになるわけです。 能書きではいつまでも間違った解釈をしてしまうと言うことになり、その能楽気を鵜呑みにする事がどれだけ「危険である」事がわかっていただいたと思います。 文法は覚えるものではなく、英語を使えるようになるための道具に過ぎないし、その正しく覚えた文法を正しく応用できる力と認識を持つようにする事で、正しく文章を理解できるようになるわけですし、また、自分が言いたい事を表現できるようになるわけです。

外国語は簡単な事ではありません。私は来週の終わりから3週間ほど日本と中国に行くので中国語をゼロから始めているわけですが、簡単な事ではない事は十分分かっているつもりです。 しかし、能書きを持って外国語を使えるようになるとは決して思いませんし、能書きだけで実際に作る英文がおかしかったり意味が通らなかった日本語が言おうとしている事を十分に表現できていないかったり、英文の意味合いが十分に把握できていない参考書の説明を見ると「ちょっと頭でっかちになっているのと違いますか?」とネイティブが感じるのは100%理解できます。

上にも書いたように、もし分からない部分がありましたら、解説のつながりが飛びすぎていると感じるようなところがありましたら、どんどん突っ込んでください。 

参考になりましたでしょうか。 分かりにくいところがありましたら締め切る前にまた書いてくださいね。
お礼コメント
surimuji

お礼率 83% (225/268)

ご回答ありがとうございます。

また返事が遅くなってしまいすみません。

ここらへんのニュアンスの違いは正直難しいです。それにtake care ofの意味も間違えてしまってますね。仰ることはわかるにはわかります。だけれども自分で考えるとなんでも当てはまってしまうので、混乱してしまうのです。

詳細な回答に感謝いたします。
投稿日時:2008/04/13 00:36
  • 回答No.3

ベストアンサー率 28% (230/795)

「canの用法」ではなく本当は「take care of 」の意味が解らないのではないでしょうか。そうでなかったらごめんなさいね。でもそうなら、すなおにそう書いたほうがいいですよ。
閑話休題。余計なお世話ですね。(LOL)
お礼コメント
surimuji

お礼率 83% (225/268)

ご回答ありがとうございます。

take care of は熟語として知っていたのですが、that節における主語が「選択肢」なので「選択肢が~できる」というのも意味がわからないので結局ごちゃごちゃになってしまったのです。おそらく私の日本語力が足りないからだと思いますが。
投稿日時:2008/04/06 18:31
  • 回答No.2

ベストアンサー率 65% (2757/4212)

こんにちは。

1.このcanは程度を表す接続詞の中で使われる助動詞です。

2.ここでは接続詞so~thatが用いられています。ここでは「目的」「結果」どちらの訳も可能ですが、語感的には結果の訳の方がピンときます。

3.so~that+S+can+Vで「非常に~なので、SはVできる」という意味になり、前から訳し下げます。

4.that節内を分解すると
主語はa little variety in making your choice at the market、
動詞句はcan easily take care of them.
になりますから、訳は

「a little variety in making your choice at the market」が「easily take care of them.」できるように、

となります。

5.a little variety in making your choiceは「選択肢が少ない」ということを言っています。このlittleにはevenの意味が含まれています。
例:
「少ない選択でも」

6.themはMost of the other mineralsを指しています。

7.この従属節を主節に結びつければいいのです。主節の和訳の訂正箇所は以下の通りです。

(1)「私たちの体に必要な他の(カルシウムと鉄以外の)ミネラルは」
→「私たちの体に必要な他の(カルシウムと鉄以外の)ミネラルのほとんどは」

(2)「(that以下の)とても多くの食べ物の中に含まれている」
→「とても多くの食べ物の中に含まれているので(that以下)~することができる」


以上ご参考までに。
お礼コメント
surimuji

お礼率 83% (225/268)

ご回答ありがとうございます。

>2.ここでは接続詞so~thatが用いられています。ここでは「目的」「結果」どちらの訳も可能ですが、語感的には結果の訳の方がピンときます。

あのso~that構文でしたか。訳しても全くわからなかったので、全く違う考え方をしていました。

ご回答を参考に自分なりに訳したのが以下の文です。

私たちの体に必要な他の(カルシウムと鉄以外の)ミネラルのほとんどは、とても多くの食べ物の中に含まれているので、市場における少ない選択は他のミネラルのほとんどを大事にすることができる。

that以下の訳が意味不明ですが、こんな感じでしょうか?
投稿日時:2008/04/06 18:24
  • 回答No.1

ベストアンサー率 43% (14/32)

soを見たらthatを探しましょう。
so - that...
辞書を引こう!canは中学校以来の普通の意味!
お礼コメント
surimuji

お礼率 83% (225/268)

ご回答ありがとうございます。

so~that~canの形は知っているのですが、that節の中にある主語が

a little variety in making your choice at the market

なので、あれ?と思ったわけです。
投稿日時:2008/04/06 17:52
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ピックアップ

ページ先頭へ