• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

タイムマシンで質量保存の法則は成り立ちますか?

タイムマシンで質量保存の法則は成り立ちますか? タイムトラベラーからすれば、A地点(現代)からB地点(過去)へ移動しただけなので 質量保存の法則は成立していると思います。 しかしA地点の人から見れば、突如タイムトラベラーが出現したように見え、 そのぶん地球の質量は重くなっているのではないでしょうか? またタイムトラベラーがB地点の土を1キロ、A地点へ持ち帰った場合、 A地点の地球の質量はそのぶん重くなっているのではないでしょうか? あるいは質量保存の法則に時間の概念を加えた「新質量保存の法則」として成立しているのでしょうか? よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1909
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
noname#74145
noname#74145

(どうせ結論は出ないのだから思いつくままに) 難しいですねえ、でも質量が時間軸を移動する件は今こうしている間にも宇宙中でその現象が起こっていると言えなくもないですね。 一時間前の物体が今この時間に存在するのだから連続的とは言え質量を持つ物体が時間軸を移動するのは普通だと思います。 でもまあ質量保存の法則と言うのはこういう意味では有りませんよね。単純に化学変化後の左右の質量に差は無いという話です。本当は極微量有りますが。 でも質問者さんの仰りたい事はある閉鎖空間で質量が突然増える事は「新質量保存の法則」に反していないかという事なんでしょうけれどその法則がどんな物なのか誰にも分からない以上判断は出来ません。 ただ宇宙中が連続的に時間軸を移動しているのだからその中で部分的に移動の方向と速さが異なっている箇所が有っても良いのでは有りませんか。 だとすればその現象は「新質量保存の法則」にも反せずちょっとしたきっかけで起こせるのかも知れません。 強引に結論! タイムマシンで質量保存の法則は成り立ちます。成り立たないと仮定すると1時間後には存在しない物体が1時間経てばそこに存在するのは矛盾しています。 土の件ですが宇宙全体がタイムトラベルする事さえ神は許したのだから土の一掴み位何でもありません。 以上物理学に詭弁を加えて結論を強引に出してみました(^!^)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 「光速より速い→タイムマシンも可能!?」はなぜ??

    ニュートリノのことで大騒ぎですが、私の分かっている限り、今回のことは以下のような事実の判明ですよね。 素粒子の一種であるニュートリノが、光よりも速く移動することが分かった。 そしてこれが事実なら、アインシュタインの「特殊相対性理論」という、「質量を持つものは光よりも速く移動できない」という、これまでの常識を覆すものである。 でも、だからって、どうして過去へ行ける、つまりタイムマシンも可能になるっていう話になるんですか? よく、ドラえもんなんかで、のび太が過去の自分に会いに行く、なんてシーンを見ましたが、ああいうのも可能になるんですか? そこが分からないのです。私という人間は一人しかいません。もし、前述のドラえもん内のようなことが可能になるとするなら、私がいっぱい存在するいうことになりませんか?過去にもいる、未来にもいる・・・ってことに。1秒前の自分、3秒前の自分・・・なんて言い出したら、数兆人の自分がいるってことに・・・。 私という人物は、現在にしか存在しないはずなのに・・・。 あと、光より速く移動できるとして、どこを移動するんですか? たとえば、地球を光よりも速く一周したって、別に時間は戻らないですよね。「超はやい世界一周をしただけ」になりますよね。 過去に戻れるということは、どこかに「過去」がなくちゃいけない。 無い場所には行けないのですから。ってことは、どこかにあるんですか?「2年前の日本」とか「40年前のアメリカ」とかが・・・。 でも思うに、世界のどこを探しても、たとえば1999年の日本はありませんよね。ない場所にどんなに速いスピードで向うにしても、無理なんじゃないですか? なんか滅茶苦茶なこと言ってますが、解読できる部分だけでもいいので、馬鹿でもわかるよう教えてください。ぼく、超バカなのです。

  • 人間は無から有を作ったことは無いのですか

    物理学には階層性というものがあると聞きました。 E=MCCが成立するのも「とじられた系」の中と記憶しています。「とじられた系」とは具体的に、地球とか太陽系の中が当てはまるのか、抽象的な概念としての領域で実際にはありえない領域のことですか。 もし、地球上の質量とエネルギーの総和が変わっていないとしたら、人間は何も生産していないことになってしまいます、この仮説は間違っていますか。

  • 光速で移動する物体

    <光速で宇宙を駆けめぐり、何年か後、出発地点に戻ってきたような場合、出発地点にいた人は年を取り、宇宙船にいた人は年を取らないと言う現象が生じる> これについての疑問なのですが、移動している宇宙船から見れば逆に地球など、天体にある物体が移動しているように見えますね。 「移動」とは何を基準に言うのでしょうか? 自分を中心に考える、つまり対照になる物体が移動していると考えると、宇宙船から地球人を見ると同じように歳を取っていないように見えるのではないでしょうか? 船内の人間、そして地球人はお互いに相手が歳を取らないことを羨ましいと思うだけ? という疑問が生まれましたので、宜しくお願いいたします。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
noname#58790
noname#58790

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

個別の時間に着目すると、増減していますが、全時間軸の範囲では、軸上を移動しただけで、大局的には増減していないと思います。 ある時間軸上の座標に質量が偏るほどの質量の移動があれば、宇宙がひっくり返るような大変化で、不安定ですから、恐ろしく思いますが、今のところは安定しているようなので、タイムトラベルの質量移動は極小規模か無いかだと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 「故にタイムトラベルは実現不能」と結論づけることも、できますよね。(^_^)  でもまぁ、そんなに堅く考えずに、思考実験としては面白いと思いますよ。  結局、タイムトラベルの方法論がどんな物なのか? にもよると思います。(質量保存則は関係ないような気がしますが・・・)  SF作家は、そのへんの矛盾点が生じないように、緻密に書いているはずですから、そのへんを楽しむというのが、現実的ではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • Evreux
  • ベストアンサー率29% (225/774)

質量保存の法則は化学反応の話をしているだけです。 あなたの仰るタイムとラベルがどういう理論を仮定しているのかはわかりませんが、関係のない話です。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E8%B3%AA%E9%87%8F%E4%BF%9D%E5%AD%98%E3%81%AE%E6%B3%95%E5%89%87 様々な法則を、それを適用できる対象が何であるかという前提を無視して、まったく関係のない話に無理やりこじつけてちんぷんかんぷんな理論を展開する似非科学が世の中には色々あります。娯楽的に楽しむ分にはかまいませんが、どうか科学を見失わないように。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございます。 参考URLに「特殊相対性理論では質量とエネルギーの等価性」 とありました。 タイムトラベルに必要なエネルギーを計算すると質量保存の原則は成立するのかが疑問です。 ロナルド・マレット(Ronald Mallett)のタイムマシン理論ではどうでしょうか? 実際にTime machine projectを手がけています。 http://www.abc.net.au/science/slab/wormholes/default.htm http://en.wikipedia.org/wiki/Ronald_Mallett

関連するQ&A

  • 最近話題のニュートリノについて質問ですが

    なんかニュースで変に盛っているので、タイムマシンができるとかなんとか言ってる人が周りにちらほらいます。 物理の先生もCERNが発表したのはこれは我々では理解できないので一緒に考えて欲しい。 と言ったのを日本の無知な記者が勝手な解釈で報道して情報がおかしくなっていると怒っています。 そこで僕の考えに対しての回答をしていただきたいです。 まだ高校生なので難しい公式等を理解していないので、できるだけ詳しく回答していただけるとたすかります。 まず例えニュートリノが光速を超えられてもタイムマシンは出来ないと思います。 ニュートリノ自体が光速を超えても人間や他の部品等は質量が十分に小さいわけではないので、加速させれば質量が増加し光速を超えられないと思います。 その問題を解決するにはニュートリノで超えられる速さで他の物質の足りない部分をカバーするしか無いと思います。 しかしそのためには相当の大きさになってしまうと思います。 電荷を持たないニュートリノでは機械類は出来ないと思うのでかなり重くなるはずです。 それか行きだけに重点を置き、宇宙でニュートリノと人を加速させたら人の質量をカバーするだけなのでまだ可能かと思います。 しかしそれだと過去にいけても未来には帰れません。また宇宙からなので大気圏で燃え死ぬと思います。 ここまでがタイムマシンが可能ならの話です。 ですが僕は正直タイムマシンは不可能だと思っています。 タイムマシンとは光速で移動する物質の時間を0として物質を光速に近づけるにつれてその物質の時間が遅くなり、高速を超えると時間が逆に進み過去にいけるとゆう解釈であっているでしょうか。 しかしそれでは宇宙が生まれた際に宇宙は光速の何倍もの速さで広がっていったとゆう事が理解できません。 光速より早く広がる(移動した)ならその物質(ダークマター、ダークエネルギー)の時間は逆に進み過去の世界(前宇宙)に行くはずです。 宇宙の原始時代(誕生から10億年)の頃はブラックホールが3000万個程あったと聞いています。 もしかしたらその際のダークエネルギー等が瞬間的に移動したことにより大量のエネルギーが収縮されブラックホールになったと考えられるのでしょうか。 詳しい方がいたらその際にエキゾチック物質があったら等の解説もいただきたいですが、話がずれると思うので大学に進んでから聞きたいと思います。 宇宙が光より速く広がったのに過去に行っていないとゆうことは物質は光速を超えても過去には行かないとゆうことになるのではないでしょうか。 また過去にいくとゆうことは体感的に自分の時間ではなく周りの時間が過去に進むとゆうことになると思います。それではたとえ原子1つ1つが過去に進んでも結局は過去の原子に戻るだけで時間をさかのぼることはできないのではないでしょうか。 つまりタイムマシンではなく若返りマシンができるのではないでしょうか。 しかしその場合細胞が過去のとてつもない情報の全てを記録してあるとは思えません。 つまり若返ると同時に脳の記憶は消えることになると思います。 更に細胞が若返るといっても消えるわけでは無いので今の大きさで若返ることになると思います。 そもそもが、ニュートリノが現代にある事が謎です。現代にあるとゆうことは過去にいっていない。 もしくは光速を0としてそれより速い分の時間過去に戻ったと考えるのでしょうか。 物理にいったり途中で生物的なことを挟んだりして回答しにくいとは思いますがよろしくお願いします。 前提の知識が間違っている等の指摘大歓迎です。

  • 時間の相対性について教えてください(当方素人です)

    物理学など正式に学んだことがないにもかかわらず、素人が首をつっこむほど単純ではないのかもしれないとは思いつつ、長年考えて、どうしてもわからない疑問があるので、教えてください。 よく、相対性理論などの説明で、とある地点からロケットで地球一周したAという人と、そこにずっと立っていたBという人では時間の進み方が違う。というたとえ話があると思うのですが、これって、Aからみたら、自分が一周したように見えるが、Bからみたら、Aが一周したというようにも見える。といっておかしくないような気がするのです。そうすると、これ、どっちが動いたのかっていう話になりませんか? いつもここが一番わからないのです。こういう物理学の「うごく、うごかない」という概念を用いるときには、どっちが動いているのか。という絶対的な座標が宇宙に存在すると仮定して議論されているのかどうかを教えていただきたいのです。 もし、こういう事が素人にもわかる(つまり数式抜きでわかる)書籍やウェブサイトなどあれば、お教えくださいませ。

  • 時間の正体について、どう思いますか??

    過去とは何だ?? 現代とは何だ?? さて、さて、 以前、ある、ブログに、私が書き込みした事も、あるのですが。。?? 常人の理論では、時間を語るのに、過去、現代、未来、等と、区別しているようですね。。 しかし、私の理論では、このような時間の区別は、成立しないのですよ。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 時間の正体を、世界で初めて、数式で、証明しました。。 何回も、書いていますが?? 時間の正体、宇宙時間方程式です。。(時間T)=(物質M±)±(エネルギーE) 時間の正体、を知れば、過去も未来も、極めると、逆転する、のですよ。。 。。。。 。。。。 (時間T)とは、(物質M)と(エネルギーE)の、変化進行形の性質によって、錯覚発生する、錯覚発生現象である。。つまり、物質が、変化する、様子によって、錯覚発生するのですね。 つまり、(物質M±) による、(進化変更形の性質)によって、景色が変わる様子に、よって、錯覚発生しているのですね。 ちなみに、時間とは、計測地点に、距離さえあれば、(1)地点と、(2)地点と、(3)地点と、すべての地点で、同一時間は、存在しないのですよ。 つまり、例え、一mでも、(1)地点と、(2)地点と、(3)地点と、互いに、計測地点に、距離が、あれば、それを伝える、光や、電波、音波、その他の、移動速度と、移動距離によって、それぞれに、時間の誤差が、生じてくるのですね。。 ですから、天空の、はるか、遠くの、数十億光年の、天体の光は、数十億年過去の光なのですね。 前回、書き込みしたように、私達は、このように、過去の光と、同居している。事になりますね。 つまり、現在とは、過去の集合体なのですね。。 時間を、解りやすく、説明すると、時間とは、球体のように、思考すると、理解しやすいでしょうね。。 つまり、球体の中身が、過去であり、球体の表面が、現代なのですね。。 理解できましたか? 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 ちなみに、太陽と、地球では、時間の誤差は、約8分30秒です。 地球と月では、約、1.3秒間と言われていますね。 それは、時間とは、(1)物質M と (2)物質M の距離。。。空間では無い。。あくまで距離。。 この、距離を、光や、電波、音、その他の、方法で、伝えることで、錯覚発生している。現象である事を、理解する必要が、あるのです。。 先程、書き込みした、数十億光年先の、天体の光は、数十年遅れの、誤差時間である訳ですね。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 さて、この誤差時間、って奴が、曲者なのですね。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 数十億光年、過去の天体の光を、私達は、見ている。。この事は、数十億年、過去の光を見ている。 そして、太陽や、月の光等の、過去の光も見ている。。 この過去の、光と、現代の私達が、同居している。。のです。。 この事で、現代とは、過去の積み重ねの、集合体である事は、立証可能ですね。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 言って置きますが、このような発表を、ネイチャー誌に、発表すれば、ノーベル賞級の、大発見なのですよ。(笑い) 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。 私は、過去に、時間の正体を、ネイチャー誌の、投稿しましたが、その時に、紙上掲載されませんでした。 つまり、ネイチャー誌の、掲載するか?否か?の、査読者が、アインシュタイン博士のような、天才でない、常人には、理解不能である、と判断しました ですから、このように、私のブログを、縁あって、読まれる、読者の方に、無料で、発表しているのです。。(笑い) 。。。。。。。 。。。。。。。 さて、現代が、過去の集合体である。として。。 未来とは?? これは、数十億光年の、過去の、消滅している天体から、思考すれば、私達の現代とは、自分が消滅した後の、数十億年先の、未来なのですね。。 つまり、遠く離れた、過去の、天体からは、未来であるのです。 つまり、距離によって、過去と未来は、逆転する。のですね。。 ここまで、理解できますか??(笑い) 。。。。。。 。。。。。。 つまり、距離が、離れる事で、離れた、遠くに、現代の自分を伝える、未来が存在するのですね。 しかし、その、未来を、自分では、確認する事は出来ないのです。。 その理由こそが、時間とは、(物質M±)の変化進行形の性質による、錯覚発生現象であり、その様子を、私達は、光や電波などの、電磁波や、音波などで、確認しているだけである、からです。。 。。 。。 前に、書き込みしましたが、道路のトンネルの穴が、本当は無い。。中身が無いだけ。。と同じなのです。 人物の、影もまた、同じように、有るのでは、無いのですね。。 人物の、影もまた、物質によって、光がさえぎられる事による、錯覚発生現象なのですね。 ですから、道路の穴、食品の竹輪の穴、人物の影、そして、時間もまた、物質の存在のよる、錯覚発生現象なのですよ。。 つまり、時間とは、有っても、無いのです。。 理解できましたか??(笑い) 。。。。。。 さて、読者の皆様は、時間の正体について、どう?思われますか?? 逆転地蔵

  • 質量保存の法則について

    学校(中学)で質量保存の法則についての実験を行なったのですが、それについての質問です。 炭酸カルシウムに塩酸を混合し((1))、さらに水酸化ナトリウム水溶液を反応させる((2))という実験です。 塩酸と水酸化ナトリウム水溶液は蓋付の容器に入れて、炭酸カルシウムはそのままで、三種類を密閉したビニール袋にいれ、反応させる実験だったのですが……。 (1)炭酸カルシウムに塩酸を反応させる、の後に質量を量ったところ、最初の質量から少し減ってしまいました。((2)の後は最初と同じ質量でした) その理由を考えて、レポートに書かなくてはならないのですが、理由がよくわかりません。 ネットで検索してみたところ、私が習ったような言い方、つまり「化学反応の前後で質量の総和は変わらない」という法則は間違っていると出たのですが、それは関係ないように思われます。先生も「正しく量れないのはなぜか」という言い方をしていた気がするので……間違ってたらすみません。 ともかく、なぜ質量が(1)の時点では変わってしまうのか、その理由を中学生レベルの理科に基づいて教えてください。(相対性理論だのそういう系はなしで……) お願いします。

  • ガリレイの主張について

    お世話になっております。 ガリレイの「地球は非常に速く西から東へ回転している」説に、アリストテレスからの太陽中心説を信じる人々が、「それが本当なら、地上から垂直に打ち上げた大砲の玉は地球の動きに取り残されて、大きく西にずれた地点に落下するだろう。」と反論。 これに対して更にガリレイは、「発射された玉が大砲の筒の中を上昇する間に大砲の筒自体が東へ移動するとすれば、玉は垂直方向と、筒が移動する向きを合成した斜めの向きに移動するから、西側に取り残されることはない。」と反論したという。 この話は、高校数学Bのコラムにあったものです。このコラムでの主旨は、ベクトルの定式化がなされていない当時に、ガリレイがベクトルの加法の概念を示唆する考えを既に持っていた、ということで、そのことは十分わかります。 それ以上にガリレイの反論の内容が理解しにくいです。 実際彼の反論した内容は現代の科学では事実として認知されているのでしょうか。 地上に置いてある大砲も、地上を移動しているのですか?

  • ビッグバンと聞いて腹が立ちます。

      いささか唐突ですが、どうしてもビッグバンと聞くとむかついてきます。  よく考えてくださいな、無限大の質量が爆発するんですよ、ブラックホールどころのさわぎじゃない宇宙全体が次元の裂け目になるほどの無限爆発なんですよ。ブラックホールは単なる分子か原子一個くらいの代物ですよ。    そのブラックホールですら信じられないくらいの大きさの恒星が爆発して生まれるぐらいなのにですよ。    質量の限界をどんだけ超えていると思ってんの。いろんな学者や研究者がいうビッグバンって計算してだしたのでしょうか? 出したでしょうね暗号の様な計算式を。本人にしか分からないものですから。一般の人にはちんぷんかんぷんですな。    仮定の構図、光のスピードから来る理屈でしかないようで。あたかも見たんだよ見たいに聞こえてしまいます。  物理の計算して出してください、ありますか? ないでしょ! じゃあ嘘としか言いようが無いじゃないですか。嘘を言う人はきらいです。それも真顔でですよ。誰かが言ったことを誰も否定しないでテレビや動画や関係書、いろいろですが、だーれも否定してないんですから。なんか宗教的な感じで信じてしまっているように見えますね。  人類の知識は地球の周回している月までしか行ったことがなく、探査機の映像や画像などで太陽系くらいまでしかなく、ハッブル宇宙望遠鏡でせいぜい宇宙の光が届く範囲しか確認していないのにですよ。  中世の宇宙概念図みたいに、宇宙が地球を中心に回ってて地球が丸いとは考えてないのと一緒なくらいの情報しかないわけでしょう。ビッグバンについていい加減な事を言うなといつも思ってしまいます。    そんなあなたはその信者でしょうか? 見たことも無いのに見てない人の言い分を信じている宗教と大して変わらないんですね。  そして言うんです、あなたも信じなさいと。ありえないくらいの爆発があったんですと。有り得ない位って無いことと同義語じゃないですか。    いっぱいいるんですよ信者が、マスコミにも学者にも一般の人にも、よーく考えましたか?   本当の事は考えられないので降参している状態なんでしょうね。信じるものは救われるー、だから、私は救われないのですかね?    タイムマシンで何億年さかのぼれば見えるんでしょうか?絶対に見れないでしょう大宇宙が誕生したと言ってるんですから、存在すらできないでしょう。いた時点で消滅するでしょうね。 信じられないくらいのばーくーはーつーなんだから。 ビッグバンの無限の爆発の威力は塵も残らないほどのばくはつなんじゃないのかなー?  そこで質問ですがビッグバンに挑戦状です、光のそくどで何十億年もの旅をして届きました光が、時間の経過といろいろな恒星や重力レンズの屈折や障害物の屈折などをへて地球に来たとします、遠ければ遠いほどだんだん時間と光の進む距離がずれてきます。    よく言ってますね学者が、宇宙はどんどん大きくなっていると、はて? なんか違うでしょう。  時間と光の進む距離がずれていくほどの距離を何十億年も離れた星の光で計算してるんでしょう観測しているんでしょう。離れていくように見えませんか? ということです。   最後に時間があり余って考えている人ほど陥りやすいトラップかもしれないですがね!

  • 質量保存の法則

    質量保存の法則って、つまり物質を燃やしたりして化合させたり分解させたりして化学変化を起こさせても、その「物質」自体の重さはかわらない、つまり、密閉された袋のなかで化学変化を起こさせ、その袋の重さをはかった時、化学変化の前後でも重さは変わらない、ということですよね? でも、それって当り前ですよね?そういうことではないんですか? それとも、質量保存の法則(やドルトンの原子説((中学二年レベル)))はそんなあたり前の事をいっているんですか?

  • 質量保存の法則について

    質量保存の法則は、どんなときに使われるのですか? 教えて下さい。

  • 質量保存の法則

    定常流れだと、入口と出口の質量流量は一定で同じです。 しかし、非定常流れで△S後の質量流量は何故にマイナス値なのでしょうか? 圧損や気体等による密度変化などがマイナスですか? また、上の(A+△A)…の式の理解があっているか分からないのですが、これは、入口の質量流量と出口側の変化量分を単にAupで表しているだけですか? そして、下の偏微分の式はまったく分かりません。どうかご教示下さい。

  • 質量保存の法則 体積

    実用上広く用いられている「質量保存の法則」ですが、 体積(立方メートル)は、化学反応の前後で不変でしょうか? 質量と体積の関係について、ご教示いただきたいです。 よろしくお願いします。