• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

質量保存則について

高校?で質量保存則って習ったと思いますが 化学反応に適応される法則ですよね。 地球の急激な環境変化はここ150年程度だと思いますので、 地球と言う一つの物体の質量は外部からの隕石等を除くと 現在と150年前を比較すると増減はあるのでしょうか? もちろん質量保存則(化学反応)だけで考えられる問題ではなく 生物の重量も考慮に入れたほうがいいのかも知れませんが 実験室レベルでは成り立つものも 地球レベルだとエネルギーに変換されたりして減ってる気がするのですが・・・。 皆さんどう思います? 観念的なご意見でも良いので教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • g-space
  • ベストアンサー率44% (49/109)

 化学反応での「質量保存の法則」の質量は物理で言う「質量」とは異なるのですが、それを承知の上でのご質問と理解しました。  質量をエネルギー(力学的、熱的、電磁気的・・・)に変換するのはなかなかの大仕事です。しかも、仮に変換できたとしても、質量欠損は微々たるものです。現実には、核反応に関わる現象以外ではエネルギーへの変換は地球では起こっていません。  生物の質量は、No.1の方も回答されておられるように、ゴミ以下です。隕石等があると言っても、毎年小惑星が1個"落ちてきた"としても、10億年で地球の質量が2倍になる程度です。平均的な質量の小惑星が衝突する頻度は、現在では数100万年に1度程度ですから、現実には隕石や小惑星が"落ちてきても"やはりゴミです。  一方、地球大気は僅かずつ宇宙空間に散逸しています。でも、これもゴミ程度。  というわけで、何を考慮するにしても、地球の環境変化と考え得る質量の増減(地球全体から見ればゴミ以下)を結びつけるには、かなりの無理があると考えます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ゆっくりでよかったのに早い回答を頂いてありがとうございます。 ゴミ程度ですか。ハハ・・・。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
noname#160321
noname#160321

地球の質量に比して生物の質量は「ゴミ」以下。 大気圏の酸素が二酸化炭素を置き換えたのは生物の「仕事」で海から鉄分が失われたのもそのせいですが、質量に関する限り変化は無いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早々と回答いただきありがとうございました。 ヤハリ “ゴミ”ですか。 太陽系の約98%の質量が太陽、それから見れば地球なんてゴミ粒、 そのゴミ粒に住んでいるゴミ以下の存在の人間が 長い歴史の中のほんの一瞬のたった150年程度で 劇的に地球環境を変化させているのだけれど 質量的にはほとんど変化なしなのですね。

関連するQ&A

  • 質量保存の法則と反応熱の関係について

    化学を専攻する者です。熱はe=mc^2で質量が減少したときに熱エネルギーが発生すると思っています。でも質量保存の法則が厳密に正しいとすると熱エネルギーは発生しないのではないかと思い始めました。 核反応で質量増減によってエネルギーが発生するように普通の化学反応でも数値的に非常に小さな質量変化が起こっていて反応熱が発生しているのではないでしょうか。また、それが限りなく0に近いので質量保存の法則が成り立つのではと思っています。この考えについて矛盾点や役立つ情報がありましたらご指摘お願いします。

  • 質量保存の法則

    質量保存の法則って、つまり物質を燃やしたりして化合させたり分解させたりして化学変化を起こさせても、その「物質」自体の重さはかわらない、つまり、密閉された袋のなかで化学変化を起こさせ、その袋の重さをはかった時、化学変化の前後でも重さは変わらない、ということですよね? でも、それって当り前ですよね?そういうことではないんですか? それとも、質量保存の法則(やドルトンの原子説((中学二年レベル)))はそんなあたり前の事をいっているんですか?

  • 質量保存の法則 体積

    実用上広く用いられている「質量保存の法則」ですが、 体積(立方メートル)は、化学反応の前後で不変でしょうか? 質量と体積の関係について、ご教示いただきたいです。 よろしくお願いします。

  • 燃焼の後でも質量が保存されるのは何故?

     燃焼を伴う化学反応の後でも質量は保存されるそうですが 燃焼の時に使われたエネルギー分も全く減らないのは 何故でしょうか?

  • 質量保存の法則について

    学校(中学)で質量保存の法則についての実験を行なったのですが、それについての質問です。 炭酸カルシウムに塩酸を混合し((1))、さらに水酸化ナトリウム水溶液を反応させる((2))という実験です。 塩酸と水酸化ナトリウム水溶液は蓋付の容器に入れて、炭酸カルシウムはそのままで、三種類を密閉したビニール袋にいれ、反応させる実験だったのですが……。 (1)炭酸カルシウムに塩酸を反応させる、の後に質量を量ったところ、最初の質量から少し減ってしまいました。((2)の後は最初と同じ質量でした) その理由を考えて、レポートに書かなくてはならないのですが、理由がよくわかりません。 ネットで検索してみたところ、私が習ったような言い方、つまり「化学反応の前後で質量の総和は変わらない」という法則は間違っていると出たのですが、それは関係ないように思われます。先生も「正しく量れないのはなぜか」という言い方をしていた気がするので……間違ってたらすみません。 ともかく、なぜ質量が(1)の時点では変わってしまうのか、その理由を中学生レベルの理科に基づいて教えてください。(相対性理論だのそういう系はなしで……) お願いします。

  • 準高速で衝突する小物体

    隕石が落下すると大きな災害になりますね。隕石の質量が大きければ大きいほど衝突のエネルギーは大きくなりますね。 また、質量は小さくても速度が速ければ衝突のエネルギーは大きくなりますね。 では、小さな物体、仮に直径1mmほどの物体が光速の99%ほどで衝突すると、どのようなエネルギーになるでしょうか? また、地球にこのような極小で準光速の物体が落ちるという可能性は、 直径100mクラスの隕石よりも遥かに高い確率があるようにおもえますが、 どうなのでしょうか。

  • エネルギー保存の法則と質量保存の法則

    「エネルギー保存の法則」を「質量保存の法則」まで含めた形で表現するにはどうすればいいでしょうか? お返事待っています。

  • 【化学】質量保存の法則と質量不変の法則の違いを教え

    【化学】質量保存の法則と質量不変の法則の違いを教えてください。

  • 質量と重さが反比例したらどうなるでしょうか?

     こんにちは。  質問はタイトルの通りです。以下は補足として入れておきます。  「重さ」と「質量」は違うと知りました。「重さ」は「物体に働く重力の大きさ」で、「質量」は単に「物質の量」らしいです。万有引力によると「質量」が大きいほど「重さ」も大きくなります。つまり、量が多いほど重くなるらしいです。  そこで質問です。「質量と重さが反比例」したらどうなるかです。つまり、量が多いほど物体が軽くなったら一体どうなるのでしょうか。  例えば、月は重力が地球の約6分の1です。それは、月の「質量」が地球の約6分の1だからです。今回の仮定では「月では物体は地球の約6倍」です。そして、そのような物理法則が適用される宇宙はどうなるかと、いうことです。嫌らしい質問であることは重々承知しております。  皆様の力をお貸しください。

  • 質量保存則は成り立つか。E=mc^2

    化学反応で反応熱が出ると、E=mc^2に従って質量は減少するのでしょうか。 また、電池が化学変化で電気エネルギーを出した後、質量が減少しますか? いろんな質問を見たのですが、はっきりと分からないので教えてください。