• ベストアンサー
  • 困ってます

キリスト教について

キリスト教も、右派と左派があるんでしょうけど意味が掴めません! 自分はどちらかと言えば右寄り・・ プロテスタントでも日本基督教団や聖公会は左寄りだとHPで見ました カトリックが左でプロテスタントが右だと思ってたけど、政治家よりも 構造が複雑でしょうか?

noname#52909
noname#52909

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数81
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

えーと色々と質問なさっておられるようですが、教団の右派とか左派とかは牧師に聞けばよろしいと思います。 大抵の教会の牧師は真面目に答えてくれますよ。 (と、いうか答えられない牧師の方が?です) 今までのあなたの質問、ここでされるよりも所属教会の牧師に質問される方が迅速に答えが返ってきます。 というかクリスチャンなら疑問があれば普通は所属教会の牧師に質問するものなんです。 そのための牧師でもあるのですよ。 ノンクリでもあるまいし。 なにかちょっとクリスチャンとして勘違いをされているような感じがします。 どうしても質問されたいのなら、カテゴリーは「哲学」の方が良いかもしれません。 ここの回答者様よりも詳しい方がいっぱいいらっしゃいますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かにそうですね!!牧師に聞いてみます!! でも、まだ初心者のクリなので、牧師以外のクリスチャンの 考えも面白いから聞いてます!! すみません!!

関連するQ&A

  • キリスト教(宗派?の決め方)

    キリスト教の本を読んでいると、カトリックやプロテスタント、聖公会などの違いが書かれていますよね。 カトリック側から書かれたもの、プロテスタント側から書かれたものなどあるので、読めば読むほど難しいです。 やはり、カトリックやプロテスタントなどの宗派?を決めるのはとても重要な事でしょうか? 自分の考えが複数の宗派にまたがるような事は無いのでしょうか? 教えてください。

  • 日本のキリスト教組織についていろいろ質問です。

    以前ある人から、プロテスタントの団結組織が崩壊した、と聞きました。 これは以前に日本でもっとも多いキリスト教派と言われた「日本基督教団」のことでしょうか。 プロテスタントを一まとめにしてカウントしてたと理解してましたが、今はプロテスタント諸宗派は分裂してるのでしょうか。 そうしますと、今、日本でもっとも信徒数の多いキリスト教派はどこですか?カトリックですか?モルモン教ですか?エホバの証人ですか? またプロテスタントでもっとも多い派はなんですか?バプテスト派?ルーテル協会? またいわゆる正教会はプロテスタントと言って間違いですか。 どれかわかる質問だけでも回答お願いします。

  • プロテスタントのキリスト者がカトリック私学に就職

    私はプロテスタント(日本基督教団)のクリスチャンです。 私は中学校・高等学校の教員免許を持っており、中高一貫校の私学への就職を検討中です。特に、専任教諭(いわゆる終身雇用)での採用を希望しています。 質問の概要は、「プロテスタントのクリスチャンがカトリックの私学に就職することが可能か、またその妥当性」についてです。 キリスト教主義教育の私学の専任教諭の求人(専任教諭)を見ると、「キリスト教に理解のある者が望ましい」との文言が入っている場合があります。 そのとき、応募先の私学が日本基督教団に属する学校であれば、私にとって問題はありません。同じ日本基督教団なので、採用に関しては有利に働くと思います。 しかし、応募先の私学がカトリックの学校の場合、私のようなプロテスタントのクリスチャンは、敬遠されるでしょうか?プロテスタントとカトリックでは、同じ聖書を使っている点では共通しています。しかし、マリアの解釈や、神父・牧師の権威、その他いろいろな点に関して、大きな違いがあります。 私自身としては、もちろん、日本基督教団に属する私学に就職できれば一番よいのです。ただ、限られた数の私学の中で就職難の中、そのようなぜいたくを言っていられない現実もあります。 そのことを、私の通う教会の教会員に相談しました。すると、聖書を使うという点では同じだから、私がカトリックの私学に就職することは可能だろうと言われました。むしろ、キリスト教の基礎知識を知っているという点では、たとえカトリックの私学であっても、無宗教の人が応募したときより私のほうが優遇されるだろうと言われました。 そこで、お聞きしたい点が2つあります。 1点目は、プロテスタント(日本基督教団)のクリスチャンが、カトリックの学校に就職したとき、次第にカトリックの教義を受け入れられるものでしょうか?私自身は、正直申し上げて、今の時点では、カトリックの教会のミサに出席したときには、やはり違和感を感じてしまいます。マリアの像に向かって礼をするところや、カトリックのミサの形式主義的な点には、違和感を覚えます。そのような私ですから、やはりカトリックの学校は避けたほうがよいでしょうか?または、聖書を使っている点では同じだから、カトリックの学校も応募したほうがよいでしょうか? 2点目は、採用する私学側のスタンスについてです。もしカトリックの私学が求人をしたとき、応募した人間が、私のようなプロテスタントのクリスチャンであれば、どのような印象をもちますか?同じ聖書をもとにして、キリスト教の基礎知識を理解している点で、私を優遇しようとするのでしょうか?または、カトリックとプロテスタントの違いを重視して、私のような人間の採用を避けようとするものなのでしょうか? この質問は、キリスト教主義教育の学校にお詳しい方や、キリスト教に理解のある方にぜひご回答いただきたいと思います。 ぜひ率直なご回答を頂きたいと思います。よろしくお願いします。

  • プロテスタントの方に質問 <エキュメニズムについて

    私は成人洗礼のカトリック信者です。受洗して7年、カトリック教会とその歴史について自分なりに勉強を重ねているのですが、常に引っかかってくるのが、プロテスタント教会との関わりです。 毎年1月に「キリスト教一致週間」という期間を設けて、ミサにプロテスタントの牧師さんに来ていただいて講演をしていただいたり、ミサ典礼で使われる聖書も新共同訳を推奨され、伝統的な「主の祈り」も聖公会との共通口語訳に切り替えられました。 カトリック側としてはプロテスタントの教会への歩み寄りを一生懸命模索しているというのが、信者としての私の印象です。 けれども、プロテスタントの教会に通っている人を実際に知らないので、そういうカトリックの動きがどのように捉えられているのかが掴めません。 本当に今でもプロテスタント信者はカトリックを「悪の温床」「偶像礼拝者」だと思っているのでしょうか。 また、キリスト教徒でない方のカトリック観も教えていただけると嬉しく思います。

  • キリスト教プロテスタント各派や聖公会の男性聖職者の呼び方

    プロテスタントの男性聖職者は通常「牧師さん」と呼ぶのは承知していますが、その他に「チャプレン」とか「執事」とか色んな言い方があるようですね。又、職名と呼び方が違うこともあるかもしれません。 例えばカトリックでは、文書などでの職名は「司祭」(代表者の場合は「主任司祭」)ですが、面と向かって呼ぶ場合は通常「神父様」(代表者の場合は「主任神父様」)となると思います。 そこで、確認のために、プロテスタント各派や聖公会の男性聖職者の「職名」と「呼び方」について、又代表聖職者の場合のそれぞれについて、教派別に教えて頂ければ有り難いです。 ・・・それにしても、このサイトに「宗教」カテがないのは不便ですね。

  • キリスト教系の大学・短大について

    キリスト教に関して、日本の大学などの教育機関は、カトリック系、聖公会系、超教派、プロテスタント系にわかれていますが、実は、私はこれらの大学に友人が多くいながらその実態についてほとんど知りませんでした。最近ネットで調べてびっくりしています。中には、キリスト教系の大学であることすら知らない大学もありました。 それでいろいろ調べてみたのですが、 カトリック系の大学はキリスト教色を比較的表に出しているのですが、プロテスタント系などの大学は、キリスト教を前面に出していないようです。 歴史的に考察すると、バチカンは戦前、日本のキリスト教徒の神道・靖国神社参拝を認めており、日独伊三国軍事同盟の経緯からも、日本社会とは密接な結びつきがありました。それに比べると、プロテスタント系の大学は、第二次世界大戦の戦勝国に属しており、布教活動どころか、日常の活動も遠慮してきた、あるいは今でも遠慮しているように見えます。 こういった私の私見は、ある意味、的を得ているのでしょうか。それとも的外れでしょうか。 その他の説明・意見がありましたらお願いします。 私は、仏教徒で、キリスト教の知識はわずかしかありません。ただ仕事の関係で、現状を性格に把握する必要が生じました。 よろしくお願いします。

  • カトリック教会に行ってみたい。

    カトリック教会に行ってみたい。 私はプロテスタント信者です。今から書く質問は所々カトリックの方々に 不快な思いをさせてしまう事もあるかと思いますが、どうぞお許し下さいませ。 私は小学生の頃に母親に連れられて、あるプロテスタント教会で洗礼を受けました。 それ以来放蕩して(笑)キリスト教を離れていたのですが1年前戻って参りました。 それから色々教会を探して、いい友人にも恵まれてきたのですが、 少々プロテスタント教会に疲れてしまったんです。 今自宅で毎日聖書を読んでいますし、信仰心は強まっていると思います。 けれど、教会でのイザコザに傷を追い、所属教会はまだ決まっていない状況です。 そんな時、カトリックの信徒さんと出会う機会があり、話を聞いて頂きました。 そして今、カトリック教会に誘われています。(遊びに来て、といった感じですが) 自分は今までプロテスタントの方としか付き合ってこなかったのですが、 宗派によって全く教えが異なり、教会ごとに考えが違うような感じを受けました。 例えば聖霊派の友人は聖公会などをやや批判的な目で見ていますし、 聖公会の友人は韓国系の教会をやや危惧しています。 そして、私が以前いた教会は教会に疑問を呈したり、リーダーに逆らったりすると 即「要注意人物」と言われ、教会を離れた人間とは付き合うなという方針の所でした。 現在は「変な教会だったな」と鼻で笑っているのですが、親友もそれで失いましたし、 プロテスタント教会に疑問を呈する事が多くなってきました。 カトリックの信徒さん曰く「いい意味でも悪い意味でもカトリックはドライ。 でも、教えはひとつに統一されてるからあまり争いはないよ。」とおっしゃっていました。 自分の中ではカトリック=お上品で、少し近寄りがたい感じに思えるのですがどうでしょうか? また、今までの影響かもしれませんが、マリア様に対して全くと言って良いほど信仰心はありません。 カトリックの方はイエス様と同等にマリア様を信仰している気がするのですが、どうなのでしょうか。 長くなってしまい、申し訳ありません。 お答えをお待ちしております。

  • 教会について悩んでいます・・・

    最近まで「宗教=恐い」という考えをもっていました。しかし、ふとしたことで少し前から教会へ通い始めました。 感想は・・・「意外と嫌じゃないかも!?」って感じでした(笑) 間違ってカルト教団などに通うことが無いようにカトリックと日本基督教団で教会を選びました。(他の方の質問への回答を参考にしました) しかし、なぜかカトリック教会と縁がないのか1度もミサに参加できないままになっています。 神父様との連絡は取れるのですがタイミングが悪く、なかなか会うことができないまま何ヶ月か過ぎましたーー; これも神様が選んだことなのでしょうか? 1) カトリックの良さ・悪さを知らないまま、プロテスタントでの求道を進めて良いのか悩んでいます。 2) 自宅近くの教会(プロテスタント)がイマイチ自分に合わないように感じ、このまま通うのに少し悩んでいます。 実家近くの教会(プロテスタント)は雰囲気も良く、卒園した幼稚園でもあり通いたいと思っているのですが結婚して実家を離れたので通える距離ではありません。(約140km離れています) みなさんは、どういったことで教会を選びましたか? 現在、洗礼などは考えていませんが、このままキリスト教を信仰していければ良いと感じ始めたところです。

  • 右寄り~左寄り…

    どこのカテゴリーで質問して良いのか迷いましたが、政治に詳しい方なら と思いまして質問させてください。 政治の世界でも使われる言葉だと思うのですが、TV討論や雑誌など見ると 「あの人は右寄りだからな~」とか「あの人は左寄りだからな~」という 言葉を耳にしますが、右とか左、右派とか左派というのが分かりません。 素人にも簡単にわかりやすくご説明いただけると嬉しいです。 よろしくお願いいたします。m(__)m

  • クリスチャンの皆様にお聞きします。

    以下の文章は、 聖書をよく読んで来られているという有名ブロガーの『RAPT』様の、 あくまでも個人的な御見解ですが、御参考にはして頂けると思います。 日本のプロテスタントにつきまして、何かお感じになられている事がございましたら、 お聞かせ願えませんでしょうか? ○キリスト教は悪魔崇拝者によって内部から破壊された。その歴史の詳細について。 要するに現在の私は、一般的にはクリスチャンと言えるような人間ではないけれども、 それでもクリスチャン以上に聖書を読み、聖書のことを優れた書物であると認識している、という少し複雑な立場にあるわけです。 恐らく私のような人間は、この世の一般的なクリスチャンから見れば異端の部類に入るのでしょう。しかし、私からすれば、この世の一般的なクリスチャンこそ本当に信仰心があるのだろうかと疑ってしまいます。 だからこそ、私はキリスト教がどうしてここまで破壊されてしまったのかを 自分なりに調べてきたわけですが、その結果、カトリックの総本山である バチカンが悪魔崇拝者に完全に乗っ取られていることが分かりました。それで、 「やはりそうか」と思わず納得したわけですが、それではプロテスタントはどうなのか。 それについても色々と調べてはみたのですが、プロテスタントというのは、 カトリックと違って世界的な中央組織があるわけでもない。 カトリックにはバチカンという世界的な中央組織がありますが、 プロテスタントはただ小さな教会が世界のあちこちに幾つも点在しているばかりです。 そのため、その実態を掴むのは不可能ではないかと考えていたのですが、よくよく調べてみると、この日本の中には「日本基督教団」という中央組織らしきものがありました。 これは幾つものプロテスタントの教会が集まって作られたクリスチャン連合のような組織で、この「日本基督教団」によって日本全国にある幾つものプロテスタント教会が異端なのかどうか判別されているようです。 正直、これは怪しいと思いました。どうしてこの「日本基督教団」にそんな大きな権限が与えられているのか。この「日本基督教団」の主張するキリスト教の教理がそんなにずば抜けて優れているとも思えませんし、彼らの主張する教理が絶対に正しいという保障もありません。 というか、彼らの主張する教理こそ、私の考える「骨抜きにされ、ねじ曲げられた教理」 に他なりません。もはや聖書が伝えていることの100分の1も伝えていない 気の抜けたような教理なのです。 で、色々と調べてみたところ、なんとこの「日本基督教団」、 何やら怪しげな在日組織であることが分かってきました。 この「日本基督教団」は、東京は早稲田にある「日本キリスト教会館」と 「アバコビル」いう建物の中にあるのですが、なんとこの二つの建物の中に、 これだけの組織が入り混じっているのです。 ・日本キリスト教協議会(NCC)、NCC教育部、NCC女性委員会 ・日本基督教団、日本基督教団・出版局、日本基督教団・東京教区事務所、 日本基督教団・全国教会婦人会連合 ・日本バプテスト同盟、日本バプテスト同盟・東京平和教会 ・在日大韓基督教会(KCCJ) ・在日韓国人問題研究所(RAIK) ・日本キリスト者医科連盟(JCMA) ・社団法人 日本キリスト教海外医療協力会(JOCS東京事務局) ・日本盲人キリスト教伝道協議会(盲伝) ・キリスト教学校教育同盟 ・社団法人 キリスト教保育連盟、キリスト教保育連盟関東部会 ・特定非営利活動法人 アジアキリスト教教育基金(ACEF) ・日本クリスチャンアカデミー ・在日本インターボード宣教師社団 ・基督教新生社団 ・アバコ(AVACO) さらにこの「アバコビル」ですが、この建物の住所が「東京都新宿区西早稲田2-3-18」となっていて、実はこの住所をいくつもの在日団体らしきものが使い回しているのです。 ・河本を守る市民の会・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・片山やめろネットワーク・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・ホンダを許さない!吉本緊急集会事務局・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・在日外国人の人権委員会・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・在日韓国人問題研究所・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・在日本大韓基督教会・・・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・在日韓国基督総会 全国青年協議会(全協)・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・外登法問題と取り組む全国キリスト教連・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・外国人学校・民族学校の制度的保障を実現するネットワーク・新宿区西早稲田2-3-18 ・女たちの戦争と平和資料館・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・戦時性暴力問題連絡協議会・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・難民・移住労働者問題キリスト教連絡会 <難キ連> ・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・石原やめろネットワーク・・・・・・・・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・歴史歪曲を許さない!アジア連帯緊急集会事務局・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 ・移住労働者と連帯する全国ネットワーク・・・・・・・・・新宿区西早稲田2-3-18 要するに、誰かが何か新しい組織を作る度に、いつも同じ住所をそのホームページや パンフレットなどに掲載しているわけです。 ご存知の方も多いかも知れませんが、韓国には沢山のキリスト教の教会があります。 それこそコンビニの数よりも沢山の教会があちこちにひしめいています。 一般的に韓国は儒教の国と思われていますが、実際のところ、 現在の韓国にはクリスチャンがとても数多くいます。 そのため、韓国人の牧師たちもたくさん日本に宣教に来ていますし、 韓国系の教会がこの日本には数多く建てられています。 ですから、この「日本基督教団」に多くの在日クリスチャンが出入りしていたとしても 何ら不思議ではないのですが、彼らの出入りする場所が、 このように政治目的で利用されているとなると、話は別です。 しかも、単なる政治目的というより、かなり偏った反日的な目的で利用されていますし、 一つの目的だけではなく、幾つもの目的で使い回しされています。 これはどう考えても尋常ではありません。異常です。 やはり「日本基督教団」の中枢には、裏社会の人間たちがウヨウヨしているのではないか、 と考えざるを得ません。金融ユダヤとつるんだ何者がその中枢に居座っているのでは ないでしょうか。 言うまでもないことですが、宗教は政治とは何の関係もありません。 宗教は宗教。政治は政治です。文学と科学が別物であるのと同じことです。 もちろん根っこの部分では何かしらつながりはあるでしょうが、だからといって、 文学の専門家が科学の専門家に何か口出しできる立場にはありません。 しかし、創価教会にしろ統一教会にしろ幸福の科学にしろ、金融ユダヤに乗っ取られたカルトはいつも組織ぐるみで政治に口を出し、政治を動かそうとしてきました。 それと同じく、日本のプロテスタントの総本山である「日本基督教団」がこの有様なのです。 どうやらプロテスタントも金融ユダヤに完全に乗っ取られていると考えて間違いなさそうです。もちろん、彼らの多くは直接、金融ユダヤとは何の関わりもない人たちなのかも知れませんが、知らず知らずのうちに金融ユダヤに利用され、踊らされている可能性が高いです。 (要するに、創価や統一の内情と同じというわけです。) これではキリスト教が破壊されて当然です。その教理が骨抜きにされて当然です。 金融ユダヤがわざとその教理を骨抜きにしてしまったのでしょうし、 そうすることで信者の数を減らそうとしてきたのでしょう。 しかし、異端かどうかを見分けるはずの「日本基督教団」こそが本物の異端だった…… ということになれば、クリスチャンにとって、これは大きな問題です。 もはや人生そのものを揺るがすような一大事でしょう。 もっとも、最近のクリスチャンは既にそのことに薄々感づいているのではないかという 気がしないでもありません。だからこそ、信者の数も年々減っているのだと思います。