• 締切済み
  • 困ってます

中古住宅購入後の不具合について

こんにちは。 当方8年程前に戸建て中古住宅を不動産業者より購入した者です。 購入後早い段階でいろいろと建物に不具合があり対応してもらいました。 一番の不具合は重要事項説明書には第3者の敷地に下水道の埋設は無いとあったのに、 実際には他人の敷地に埋設されていた事です。 これは配管をし直ししてもらいました。 今、困っている事があります。 トイレ配管のコンクリート製のマス内部に補修跡があり、その補修跡が欠損しトイレが詰まってしまう状態になります。 (マス内の配管がポッキリ折れている様な感じを補修していたみたいで、汚水が地面に浸透しているようなのです) 購入時は知らされていませんでしたが、入居後に近隣から聞いたのですが以前から良くトイレが 詰まっていた様で以前の住人が 詰まりを取っている事が結構あった様でした。 これはかなり重要な事だと思いますが、重要事項説明にはあたらないものでしょうか? そうだとしても購入後時間経過があるので、何ともならないとも思うのですが・・・。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数146
  • ありがとう数1

みんなの回答

  • 回答No.1
noname#65504
noname#65504

かなり難しいですね。 >当方8年程前に戸建て中古住宅を不動産業者より購入した者です。 売り主が宅建業者ということですね。 売り主が宅建業者の場合、瑕疵担保期間は2年になっていることがほとんどですので、一般的にいって、瑕疵担保期間は切れていますので、請求することはできません。 ただし、知っていたのに隠していたことについては、契約は無効ですので、知っていたことを隠していたことが証明できれば、請求は可能です。 でも、 >トイレ配管のコンクリート製のマス内部に補修跡があり、その補修跡が欠損しトイレが詰まってしまう状態になります。 >居後に近隣から聞いたのですが以前から良くトイレが詰まっていた様で以前の住人が詰まりを取っている事が結構あった様でした。 トイレが詰まっていた時期と、補修をした時期が不明なので、難しいですね。 トイレが詰まっていたので、補修をした。ということなら、補修によりつまりがなくなったなら、瑕疵ではないので、説明する必要はありません。引き渡し後に補修した部分が劣化により詰まりだしたのなら、それは引き渡し時に存在しなかった瑕疵ですので、これまた請求することはできません。 つまり、補修後もトイレが詰まっていたことが証明されなければなりません。 また、瑕疵担保請求権は発見から1年以内にしないといけないことになっていますので、引き渡し時点でトイレが詰まっているようなら、当然引き渡し後にすぐ気づくようなものですから、8年も経過していては請求することはできません。 補修部分が詰まっているという構造的な欠陥についてのみが請求対象となりますので、補修部分の欠損が引き渡し時点に既に起こっていたことが証明される必要があります。 というわけれ、可能性は0ではないですが、引き渡し時点で既に補修が不完全な状態になっていたことが証明できなければ、請求権はないので、限りなく0に近い状態にあると思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 中古住宅購入予定、赤水が気になります

    初めての住宅購入です。 キッチンセット、風呂、壁、トイレ等、リフォーム済みの築24年の中古住宅の購入を検討中です。 現地に見に行って気に入ったので、申し込みをしたのですが、再度、行ったときに、キッチンの水を出してみたのですが、赤水が出たのです。 現地にいた、担当営業マンは、「キッチンの配管を新しくしたので、配管の中のサビがでています。流していれば出なくなります、大丈夫ですよ。」と言うのですが、不安です。 前もって、重要事項説明書、(仮の)契約書をもらったのですが、瑕疵担保責任の負担が無いので、気になります。 余談ですが、重要事項説明書をもらうときに、担当営業マンが、「特別に(重要事項説明書を)作りましたよ。」と、妻に言ったみたいで、気になりました。 契約時に初めて、重要事項説明書を見る買主の方って、多いようですね。(妻の兄弟もそうみたいでした) 私みたいなのが特別なのかも……。

  • 中古住宅購入 物件が違法建築だった場合

    お世話になります。 6年前に築10年の中古住宅を購入しました。 先日ローンの借り換えをしようと思って申請したところ却下。 理由を聞くと建ぺい率が超えているとのこと。 役所に行き、「建築計画概要書」を見ると、建築面積を実際の 面積より少なく申請し、実際はそれより広く作ったようでした。 建築後の審査は受けなかったようです。 (登記簿・重要事項説明書では建ぺい率オーバ、 建築計画概要書では、建ぺい率内でOK。 建ぺい率は5%ほどのオーバです) しかもわかりやすいことに、建築計画概要書には、 もともと建ぺい率をオーバする面積で記載しており、 その後、二重線で修正し、建ぺい率内で収まる面積に 書き換えられておりました。 不動産屋へ説明を求めたところ、通常違法建築にあたる場合 その旨重要事項説明に記載して納得の上購入いただいているとのこと。 ただうちの重要事項説明には、記載がないことを確認してもらいました。 当時私は担当者から違法建築である説明はもちろん受けたことはありません。 このような場合、落としどころをどこにもっていけばよいのかわからず困っています。 不動産屋を訴えた場合、どのような結果が望めそうでしょうか。 また、このような物件を将来売る場合には、問題なく販売できるのでしょうか。 恐らく相場よりだいぶ安くなるのではと懸念しております。 どなたかこのようなお話に詳しい方、対処方法についてアドバイスいただけると 幸いです。

  • 中古住宅のトラブルについて

    どなたか教えてください。先日中古住宅(土地と中古住宅)を契約しました。土地は公簿で90坪と表記されていました。売買契約をしたとのことで、境界石のない場所があったので、新たに石を入れるために売り主で測量しました。その結果実測面積は83坪しかありませんと報告がありました。不動産会社に言ったところ中古住宅の場合、公簿と実測に差異があっても清算は行わない旨重要事項説明書に書いてある。と言われました。しかし、納得できないのは、平成6年にその家を建てた時の文書(確認通知書)に敷地面積が83坪とかかれています。これは建築主事から建築主あての文書で、当然公簿より少ないのを知っていたと思うのですが・・・また、当時家を建てたときの建築図面の面積も83坪になっています。また、契約前に不動産屋がとってきた書類があります。建築指導事務所で出す「証明書」ですが、この書類の敷地面積も83坪になっています。不動産会社に説明責任はないのでしょうか?このような場合でも、買い主は重要事項説明書にある以上不服は言えないのでしょうか?このあたりは安くみても坪単価30万はします。200万以上損した気分なのですが泣くしかないのでしょうか?本当に困っています。どなたかよきアドバイスをお願いします。(*実際には坪ではなくm2で記載されているものもありますが、この文章では統一するために坪で表記しました)

  • 中古住宅購入における重要事項説明書について

    先週、中古住宅を購入することになり重要事項説明書で説明を受け手付金を支払いました。 昨日その重要事項説明書を読んでいて、少し気になったのでおわかりになられる方に教えて頂きたいのですが、どうかよろしくお願いいたします。 「契約の解除に関する事項(契約書(案)添付の上説明)」という項目があるのですが、 解除の項目の説明書きすべてに、「別添 売買契約書(案)第〇条のとおりです」書かれています。説明は家族が聞きに行ったもので、親曰く「説明は受けたと思うけど、その書類を受け取った覚えはないかなあ、見た気はするけど」と、なんともあやふやで…、少々恥ずかしいのですが。 そこで質問なのですが、添付とありますが見せて説明してしまえばそれで成立してしまうものなのでしょうか。添付は受け取ったところで添付かと思っていたもので…。 ここと、違約金に関する事項には内容が全く書かれていないので、これでいいものなのか心配です。 すみません。ホントに馬鹿でうまく伝わる文章が書けていないかもしれません。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

  • 中古住宅購入時の事務取扱費について

    中古住宅の購入に際して、仲介手数料はわかりますが、それ以外に事務取扱費(108,000円)が計上されています。不動産屋に聞くと、ローンの融資代行手続きと説明がありました。たしかに、重要事項説明時の書類にも記載がありました。しかしながら金額が金額なだけに納得がいきません。根拠もわかりません。この費用は、仲介手数料とは別になるのでしょうか。

  • 土地購入における重要事項説明書との内容相違

    今年9月に住宅建築用に、古家付の土地を購入する売買契約を不動産介して結びました。 (土地決済は今週末で、まだ未決済です) 当然、その際には重要事項説明書記載の重要事項説明がなされました。 重要事項説明は購入意思表示から約1週間後で9月中旬頃でした。 それから、約2ヶ月たちいよいよ引渡しが近くなったこの時期になって、こちら側の不動産より 連絡があり、重要事項説明書記載内容と異なる点があったと売主側不動産会社より連絡があり 決済前の立会い事前確認で説明したいとことで、連絡をもらいました。 内容ですが、 下水道配管についてです。 重要事項説明書では現宅地より前面道路本管に対して下水管が接続されている旨が略図入りで 記載されているのですが(市の上下水道局に確認の記載有)、連絡では実際にはそうではないらしく、隣地に配管が延長され、隣地の下水管に接続されて前面道路に入っているらしいとの事なのです(売主がそのような事をこの時点で不動産に連絡してきたそうなのです)。 配管引きなおしする場合には相応の費用が発生しますとも連絡してきました。 今回購入する土地の売主と隣地住民は親戚同士で現在の住居建設当時に理由は定かでは ありませんが、お互いに了解の上、そのようにしたのかもしれません。 市の上下水道局に改めて確認してみないとわかりませんので、なんとも言えないのですが、もし 今回の連絡があったように重要事項説明書記載と異なるとなれば、買主であるこちらとしては 何か問題が発生した際には隣地住民との面倒なことになる可能性があり、事前にわかっていれば 土地契約時の条項に配管引きなおしの条項をいれてもらう事は当然のように考えておりましたので 、今の時点で費用が発生しますと言われてもそうですかといって、契約を履行するつもりは正直、 問題が解決しない限り考えておりません。 上記の場合について、重要事項説明と明らかに異なり、そのことが土地契約の判断材料における 重要な要素と考えられる場合に、売主側に対して下水道配管引きなおしを要求することは可能なのでしょうか? また、決済が近いのですが、この点が解消されない限り銀行での決済についても延期してもらう 事を考えておりますが、その点は銀行側は問題ないのでしょうか? もちろん、銀行側には事情説明はいたします。 長くなりましたが、皆様のご意見をお聞かせください。 宜しくお願いします。

  • アスベストが使われている中古住宅

    購入を考えている中古物件の重要事項説明書に アスベストの欄がありました。 建築した会社が倒産のためどこに使われいるか一切不明です。 建築は平成1年です。図面もないです。 瓦はセメントです。見た感じアスベストを混ぜているようです。 外壁もサイディングです。 リフォームの時に飛散する可能性大です。 契約までもう一歩のところでまた問題が出てきました。 ご意見よろしくお願いします。

  • 重要事項説明の「私設管の有無」について

    重要事項説明における「私設管の有無」について質問です。 購入予定の土地の重要事項説明書の「私設管の有無」の項にチェックが入っていませんでしたが、最近になって、面している道路に埋設している水道管が私設管だということが分かりました。 現状分かっていることは以下の通りです。 ・購入予定の土地に引き込んでいる本管(口径100mm、近隣数名で使用)が私設管だった(公道に埋設している公設管から分岐)。 ・本管(私設管)からすでに購入予定の土地には配管(水道メーター13mm)が分岐されている。 ・重要事項説明時に私設管に関する説明は無かった(重要事項説明書に記載無し)。 ・私設管の所有者は現状不明(使用している人たち共同で持っている可能性が高い)。 ・本管が埋設している道路(購入予定の土地の接道)は私道で、共有持ち分として売買契約の一部に含まれている。 ・二世帯住宅建築予定なので、水道の口径を20mmに変更する予定。 そこで質問なのですが、 1.購入予定の土地に引き込んでいる本管(近隣数名で使用)が私設管だったことを、不動産は重要事項接目路に説明する必要があったのでしょうか。 2.説明する必要があったとして、重要事項説明不足による過失が不動産にあるとまで言えるのでしょうか。 3.分岐している配管が私設管の場合に発生しうるデメリットはどんなことがあるのでしょうか。(個人所有の場合、口径変更の許可が下りなかったり、使用料等を請求される場合があったりすることは別の質問で読みました) よろしくお願いします。

  • 公設管と言われて購入したのに私設管でした

    私の自宅は開発道路の分譲地で合計12棟の物件です。 購入時に開発道路の水道管は公設管ですからと説明されて購入したのですが、実際には私設管でした。  私の実家では昔老朽のため私設管の引き直しに費用が発生した経緯から自分が購入するときはライフラインには一番に気をつけていたポイントでした。 購入前、物件(現在の自宅)を見に来たときも「前面道路は市に譲地され公道で、本管が引き込まれ公営管より個々(12棟)引き込んでいますから、なんら問題はありません」と説明を受け、契約に望みました。  契約時に道路は登記簿謄本にて市道確認をいたしましたが、埋設間については後日資料を届けてくれるとの事で契約をしましたが、届きはしませんでした。(持って来れなかったです) 購入から5年目に偶然役所に行く用があり、そこで水道を調べられる事をしり、ついでに調べてみると水道課より出てきた書類は私設管でした。  大手の分譲会社で安心はしていたのですが、一度だけ連絡があり「開発の場合は開発道路の下に公営管を引く所など全国どこを探してもありませんし、公営管ならお客様の開発道路より先の公道に埋設されてますのでなんら問題はありません。もし重要事項説明書が間違っていれば訂正いたします。道路は市に譲地しておりますので、公営管を再度引き込むことは絶対に不可能です」と言われ、後は「当時の担当者は辞めており詳細はわかりません。」と言われ相談はできない状況です。 言った言わないの話になってしまったのですが、重要事項説明には公営管となっており、突き出してはみましたが対応してくれません。どうしたらよいのでしょうか?助けてください!!お願いいたします! 現在の状況 ・当時の担当者は辞めており詳細はわかりませんとの事でした ※重要事項説明には売主の社盤はあるのに・・・・。 ・開発道路下の埋設管は12棟にて使用(私設管) ※管事態は分譲会社名義のままです。  名義は私ども(分譲主)なのでなにかあれば補修しますよといってお りましたが、なにかあったときは売主さんに直してくれるとは思えま せんし、使用している当事者ではありませんから個々に引き直さなけ ればなりません。 ・重要事項説明書には前面道路は公営管50mmとなっている。 ※公営管は開発道路の先約30m先の別の公道にありますが私の家に接道しているのは開発道路です。私設管も20mmです。 ・開発道路は行政に譲地されている。 ※譲地されているので、なにかあったときは私設管等の全てのライフラ インを行政直してくれるとのこと。 ・ガスと下水道に関しましても本管ではないといっております。 こちらも重要事項説明書本管より直引きになっております。 大げさかもしれませんが、詐欺にあった感じです。 なにか良い方法はありませんでしょうか? 宜しくお願いいたします。

  • 中古住宅の購入を検討中の者です。

    中古住宅の購入を検討中の者です。 先日不動産屋から売買契約書と重要事項説明書を貰いました。その際に土地、建物の権利部のところに 原因:差押 平成◯◯年 債権者:◯◯市 抵当権設定 平成◯◯年←恐らく家を建てた日付 債権額:◯000万円←売値より1000万程高い(例.売値が3500万なら債券額は4500万円) 債務者:売主 抵当権者:地銀クレジットサービス 共同担保:目録(カ) と書いてあります。不動産屋には「引き渡しの際に抵当権抹消をして綺麗にして渡します」と言われました。 手付金は100万円で、まだ申し込み段階の状態でまだ支払ってません。不動産屋は◯◯のリハウスで比較的大手なので大丈夫なのかな?と思ってはいますが、不動産購入が初めてのため「差押」の文字に驚いています。 購入の際気をつけたい点、不動産屋に確認すべき点、なんでも結構ですのでアドバイスお願いします。