• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

中古住宅購入予定、赤水が気になります

初めての住宅購入です。 キッチンセット、風呂、壁、トイレ等、リフォーム済みの築24年の中古住宅の購入を検討中です。 現地に見に行って気に入ったので、申し込みをしたのですが、再度、行ったときに、キッチンの水を出してみたのですが、赤水が出たのです。 現地にいた、担当営業マンは、「キッチンの配管を新しくしたので、配管の中のサビがでています。流していれば出なくなります、大丈夫ですよ。」と言うのですが、不安です。 前もって、重要事項説明書、(仮の)契約書をもらったのですが、瑕疵担保責任の負担が無いので、気になります。 余談ですが、重要事項説明書をもらうときに、担当営業マンが、「特別に(重要事項説明書を)作りましたよ。」と、妻に言ったみたいで、気になりました。 契約時に初めて、重要事項説明書を見る買主の方って、多いようですね。(妻の兄弟もそうみたいでした) 私みたいなのが特別なのかも……。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数530
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • kenchin
  • ベストアンサー率56% (398/700)

まず以下の点です。 >「キッチンの配管を新しくしたので、配管の中のサビが >でています。流していれば出なくなります、大丈夫で >すよ。」 これは、正確に言うと  ○キッチン工事の範囲で可能な配管については交換し   ています。 ただ、主給水管(道路に埋まっている   本管ですが)から家までとか、壁の中を這っている   ような、「壁や床を壊したりしないと交換できない   部分は更新していない」ので、この部分については   錆びた配管のままです。   そして、新しい配管を付けた事による振動などで、   その錆が剥がれて一時的に赤水が出ていますが、し   ばらく流していれば、その程度の流水で剥がれる   錆は全部流れ出しちゃって、赤水は止まります。 ってことですね。 現実的には、しばらく使っていれば赤水は止まると 思います。 ただし、注意が必要なのは(滅多にないで すけども)「1週間程度とか、しばらく水を止めたら また出てくる場合」ですね。 これは交換していない配管に相当のダメージ(錆)が 来ている可能性ですから、契約を進める上で余裕がある なら、ここらも確認されたらよろしいかと。  ※:例えば赤水が止まる状態に(営業員)にして    もらって、一週間後にもう一度見に行くとか。 で、こういう場合なら、早晩(10年以内程度ですかね) に、メインの配管の手入れが必要になる可能性(飽くまで 可能性ね)もありますから、一応の覚悟は決めておいた 方がいいかもしれません。  ※:ちなみに、私の家は既に一世紀を経過した家で    して、一週間使わない水道だと、赤水を通り越    して赤いドロドロの液体が出ますが、貧乏であ    る事と、壁を壊して配管自体を直しても、もう    元の壁にできる職人さんが殆どいないことから    我慢してつかってます。    でも、まぁ恐ろしい不便は感じませんし、家族    は至って健康ですけどもね。 また、先の方が言われたような浄水器はお勧め。 家って「安心できるべき場所」ですから、こういう対策 で安心感を増すってのは、賢い使い方法だと思います。 □ 次にリフォームの現状。 大抵のリフォームでは、このようなパターンです。 家の場合、普通の使い方なら給水配管は結構ダメージを 喰らってまして、ある種の人に言わせると 「家で最も早く寿命が来るのは給水配管で、20年程度 で一度は大きなメンテナンスをすべき」って意見もある ほどなんですね。  ※:屋根の方が早いんじゃない?とか、現実的に    メンテナンスは不可能って事はさておいて    材料や腐食で飯を食ってきた人間から見ても    納得できる話です。    この考えに従って、ハウスメーカーでは配管の    メンテナンスが容易な設計も出している程。 でも、実際に全部の配管を交換すると相当の費用がかかり ますし、そうなると売れない(購買者が選ばない)って 事になりますから、交換せずに販売している例が多かっ たりします。   ※:知っていて悪意から隠すって場合も、そら     存在します。 で、この様な会社については     損害賠償を求める段階では、倒産していて     責任が追求できないってことも多い実例。     でもね、片方では、そこまでメンテしてくれる     家は、それ相応のコスト(価格等)が必要と     なるって事ですね。 □ で、結局はその部分まで気にして購入したいかどうかが ポイントになるんですが  ○どこまで交換したかを確認する。    営業員を通じて施工図面のコピー見せて貰えば    いいんじゃないですかね。  ○その部分の交換もしてくれるか確認する。    どの程度のコストでやってくれるのか。    別に、他の会社に見積を出しても良いんですが    未契約の家にホイホイ見積を出すような業者は    依頼者の知り合いでもない限りはアテにならな    い可能性も懸念されますしね。  ○契約する段階では書類化    現状の確認を販売者と購入者の双方が立ち会い    で行い、それを文章にして双方が持つって方法    ですね。 勿論、相手側の書類には会社印(公    印)が必要。    勿論、上に書いた図面等もこの段階では契約書    の添付書類として貰っておきましょう。 なんて事と、yohsshiさんが書いてくれた内容で裁判に なった場合に有利になることは事実でしょう。 ただし、先にも書いたように、法律で争うっていうことも 相手が存在してこその事でして、現在のように建築業界が 恐ろしい不況で、契約に従って補修を求める段階(例えば 10年後ですが)になったら倒産していたとか、倒産まで はしていないが、経営的に無理な状態で、法的に勝利した は良いけど、実際はできないって事も、相当高い可能性が あるんですね。 ですから、法は最低限の安心と捉えて、まずは最初の段階 で良く確認し、最悪は「自分でやること」まで視野に入れ て購入することをお勧めします。  追伸   >私みたいなのが特別なのかも……。 いえいえ、そういうお客様は結構多いですよ。   それに、営業員の中には、そういう説明をしたいとか   納得行くまで訊いて貰って、満足して買ってもらいた   いって考える営業員は多いです。   (少なくとも私の回りでは大半を占めますね。)   どうか、良い家が手に入りますように。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり、たいへん申し訳ございませんでした。 結局購入を決断し、3月はじめに引っ越ししました。 赤水もすこしづつ減ってきているようではあります。 まぁ、なにぶん古い家なので割り切りが必要かもしれませんね。 不動産屋さんも、その後けっこう対応がよく、リフォームした部分の保証書を契約時に要求したら、書いてくれて気持ち良く契約ができました。 それにしても、1世紀を経過している家ですか!すごいですね! 基本的に私の家とも造りが違うでしょうが、私もこの家を大事にして、長く住みたいと思います。 いろいろとご心配いただき、本当にありがとうございました。

関連するQ&A

  • 中古住宅購入後1年ちょっとで水が臭いのですが

    1年2ヶ月前に宅建業者から中古住宅を購入しましたが、洗面台の水の出始めが臭いんです。台所や風呂場など他の部分の水は臭くないのに洗面台の水の出初めだけが臭いんです。(水の色は透明です) ・これって瑕疵担保責任で業者に直してもらえるものでしょうか? ・それとも自分でがんばれば直せるのでしょうか? ・業者に頼めば費用はいくらぐらいかかるのでしょうか? (ちなみに洗面台自体は新しくその部分の不都合はないと思います。多分給水管が悪いんだと思いますが・・・。あと重要事項説明書には、本物件の給水管は、経年変化により劣化している可能性があり、給水管を交換する場合は費用が必要となる場合がありますのであらかじめご承知おきくださいと書いております・・・。)

  • 中古住宅購入後の不具合について

    こんにちは。 当方8年程前に戸建て中古住宅を不動産業者より購入した者です。 購入後早い段階でいろいろと建物に不具合があり対応してもらいました。 一番の不具合は重要事項説明書には第3者の敷地に下水道の埋設は無いとあったのに、 実際には他人の敷地に埋設されていた事です。 これは配管をし直ししてもらいました。 今、困っている事があります。 トイレ配管のコンクリート製のマス内部に補修跡があり、その補修跡が欠損しトイレが詰まってしまう状態になります。 (マス内の配管がポッキリ折れている様な感じを補修していたみたいで、汚水が地面に浸透しているようなのです) 購入時は知らされていませんでしたが、入居後に近隣から聞いたのですが以前から良くトイレが 詰まっていた様で以前の住人が 詰まりを取っている事が結構あった様でした。 これはかなり重要な事だと思いますが、重要事項説明にはあたらないものでしょうか? そうだとしても購入後時間経過があるので、何ともならないとも思うのですが・・・。

  • 中古住宅購入における重要事項説明書について

    先週、中古住宅を購入することになり重要事項説明書で説明を受け手付金を支払いました。 昨日その重要事項説明書を読んでいて、少し気になったのでおわかりになられる方に教えて頂きたいのですが、どうかよろしくお願いいたします。 「契約の解除に関する事項(契約書(案)添付の上説明)」という項目があるのですが、 解除の項目の説明書きすべてに、「別添 売買契約書(案)第〇条のとおりです」書かれています。説明は家族が聞きに行ったもので、親曰く「説明は受けたと思うけど、その書類を受け取った覚えはないかなあ、見た気はするけど」と、なんともあやふやで…、少々恥ずかしいのですが。 そこで質問なのですが、添付とありますが見せて説明してしまえばそれで成立してしまうものなのでしょうか。添付は受け取ったところで添付かと思っていたもので…。 ここと、違約金に関する事項には内容が全く書かれていないので、これでいいものなのか心配です。 すみません。ホントに馬鹿でうまく伝わる文章が書けていないかもしれません。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.3
  • yohsshi
  • ベストアンサー率55% (369/665)

>担当営業マンは、「キッチンの配管を新しくしたので、配管の中のサビがでています。流していれば出なくなります、大丈夫ですよ。」と言うのですが、不安です 口頭ではなく、この説明を文書で提出してもらいましょう。 (瑕疵担保責任の負担が無い)という記述がどのようになっているかを知る必要がありますが、虚偽の説明により物品を購入し、その事実が発覚した場合には瑕疵責任を負うということが商法に規定されています。 居住された後に問題が発生した場合には、その文書で責任を負うという方向性が望ましいと思います。 尚、(瑕疵担保責任の負担が無い)という文面は、「第○条 買主立会いの上引渡しを完了した場合は、売主は本物件に関する瑕疵その他の故障につき一切その責を負わない」というものだと思います。この条文の削除もしくは、「尚、売主が虚偽の説明を行ったなどの不正行為があった場合はこの限りではない」というような条文を入れておけば、裁判になった時に少なくともこの部分で争うことを排除できます。 契約書の取り交わしは対等な立場ですから、担当営業マンに要求してみることで信頼できるかどうかの判断ができる場合があります。

参考URL:
http://www.so-dan.net/public/p_faq.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり、たいへん申し訳ございませんでした。 その後、結局契約して、3月から入居しています。 心配していた赤水も多少まだでるようですが、すこしづつ減ってはいるようです。 赤水については、書面でどうこうという事はあきらめたのですが、yohsshiさんのご回答を参考にして、その他のリフォーム部分についての保証を契約時に要求して、1年間のリフォームの保証書をもらうことができました。 ありがとうございました。

  • 回答No.2
  • rakki
  • ベストアンサー率47% (662/1392)

>キッチンの配管を新しくしたので、配管の中のサビがでています 新しい配管に錆びがあるわけではないので、工事に伴う振動で既設配管内に付着していた錆びが剥離したということを説明したのだと思います。 流していれば今回の赤水はなくなるでしょうが、錆びた配管は元には戻りませんから赤水の原因はなくなりません。 水廻りのリフォームは露出配管部分の工事がほとんどのようですから、隠蔽配管(壁の中)や埋設配管(土の中)などは手付かずだと思います。 勘ぐってしまえばキリがありませんが、改修するためには多額の出費を強いられるこれらの配管の事を業者は知っているのではないでしょうか。 契約上の疑問点もそのあたりに原因があるように思います。 本契約する前に近所のお宅の給水管の現状を確認した方がよいでしょう。 水質によっては、給水管の寿命が大変に短くなることがあります。 その地域の行政の水道課でも概要はわかりますので訊ねていって問い合わせてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼がたいへん遅れてしまい申し訳ございませんでした。 その後購入を決断し3月初めに引っ越しいたしました。 不動産屋さんから、rakkiさんのおっしゃられている通りの説明もききました。 現状は少しづつ赤水も減ってきているようです。 ありがとうございました。

  • 回答No.1
  • marc1
  • ベストアンサー率19% (8/41)

配管を交換したといっても、新しいキッチンにあわせるために切り回しをしたと考えた方が良いでしょう。基本的に内部の配管を変えたわけではないので、築年数なりに劣化状況でしょう。問題なのは、交換のために空気が入ってしまったことでしょう。このことにより劣化スピードが早まることもあります。あとは、住まわれる地域の水質によると思います。それでも、浄水器は、つけたほうが良いでしょう。気持ち的にも安心できますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼がたいへん遅くなり申し訳ございませんでした。 その後、結局購入を決断し3月はじめに引っ越しいたしました。 まだ、赤水は少しでるようで、浄水器の購入も考慮しています。 最近は浄水器もかなり安くなっていますね。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • エアコンの隠蔽配管と瑕疵担保責任(中古住宅)

    エアコンの隠蔽配管と瑕疵担保責任(中古住宅) お世話になります。 おととしの12月末に、築15年の中古住宅を不動産屋で購入しました。 エアコンが全ての部屋についていて(1階2個、2階2個ついています)隠蔽配管です。 昨日、玄関から出たら隅の方が濡れていました。(雨なども吹き込まない場所です) 場所的に、エアコンの配管から漏れている可能性が高いかなぁと思います。 でも、隠蔽配管なので、はっきりとは分かりません。 この場合ですが、瑕疵担保責任で、保証してくれるのでしょうか? 契約書には 「買主は、本物件に隠れた瑕疵があり、この契約を締結した目的が達せられない場合は契約の解除を、その他の場合は損害賠償の請求を売主に対してすることができる。」 「建物については、付帯設備を除き買主は、売主に対して、本条第1項の損害賠償に代え又はこれとともに修補の請求をすることができる」 「本条による解除又は請求は、本物件の引き渡し後2年を経過したときはできないものとする」 と書かれています。 もしも、瑕疵担保責任で、保証してくれない場合は、どこに言えば修理(壁を剥がしたりするとものすごくお金がかかるみたいなので、隠蔽配管を止めて、エアコンの配管を外に出す工事?)してもらえるのでしょうか? 壁を剥がして、隠蔽配管を調べるのと、隠蔽配管を止めて、エアコンの配管を外に出す工事をするのと、どちらが安く出来るのでしょうか? だいたいどれくらいの費用がかかるのでしょうか? お教えください。お願いします。 家がつぶれる夢をみて、ものすごく不安になってしまいました。

  • 中古住宅のトラブルについて

    どなたか教えてください。先日中古住宅(土地と中古住宅)を契約しました。土地は公簿で90坪と表記されていました。売買契約をしたとのことで、境界石のない場所があったので、新たに石を入れるために売り主で測量しました。その結果実測面積は83坪しかありませんと報告がありました。不動産会社に言ったところ中古住宅の場合、公簿と実測に差異があっても清算は行わない旨重要事項説明書に書いてある。と言われました。しかし、納得できないのは、平成6年にその家を建てた時の文書(確認通知書)に敷地面積が83坪とかかれています。これは建築主事から建築主あての文書で、当然公簿より少ないのを知っていたと思うのですが・・・また、当時家を建てたときの建築図面の面積も83坪になっています。また、契約前に不動産屋がとってきた書類があります。建築指導事務所で出す「証明書」ですが、この書類の敷地面積も83坪になっています。不動産会社に説明責任はないのでしょうか?このような場合でも、買い主は重要事項説明書にある以上不服は言えないのでしょうか?このあたりは安くみても坪単価30万はします。200万以上損した気分なのですが泣くしかないのでしょうか?本当に困っています。どなたかよきアドバイスをお願いします。(*実際には坪ではなくm2で記載されているものもありますが、この文章では統一するために坪で表記しました)

  • 中古住宅トラブル

    築49年(平成10年2Fフロアーリフォーム)、土地面積約50坪、鉄筋2F建、2世帯対応、同地区土地料金約32万/坪の中古住宅を、2575万で購入しました。 築年数もいっており、塩害(古いのでセメントに海砂を使用している可能性大)も考えられるが、子供の学校区で転校もなく、2世帯対応であり、とりあえず見に行ったところ、見た目は、傷みも修繕可能に見え、不動産も600万ほどかければ充分すめるのではないかとの話でした。借り入れ3500万し、1200万リフォームに充てる計画で、契約しました。 契約前に、素人目で判断し、売主の了解をえて、リフォーム業者に見積り依頼をしました。その際にも、多少の雨漏りのあとを指摘されましたが、修繕できるということで、決断しました。 売買契約締結後、支払い完了し、鍵を受け取り、改めて業者に見積り依頼したところ(先の見積りは銀行融資用のため、何回も図面変更し、ようやくキッチンや配置等をきめ、着工前の本見積もり)、雨漏りと屋根(2F天井点検口5箇所より確認)の欠損が発覚しました。 深刻な傷みのようで、1F部はリフォーム時に柱等を確認予定ですが、鉄筋コンクリートが、腐食して、点検口を開けると崩れた5センチほどの石ころが落ちてきたり、天井裏にすでに落ちた重さ7キロ程度のコンクリート片もいくつか確認でき、1F部も腐食している可能性もあり、お金をかけても到底安心してすめる家ではなく、住宅購入の目的が達せられない可能性が出てきました。 解約したくても、料金支払い後約1ヶ月経過し、登記も完了しており、契約書の特約事項(いろいろな定めがあるが、本事項が最優先で適用)には、「築年数49年を経過しており、経年劣化による瑕疵は、隠れた瑕疵に該当しない」と明記されており、こちらにサインをしていますよね、ということで、応じてもらえません。 こちらの言い分は、重要事項説明書作成について、前日でなく契約当日、売買契約書作成前に、主任宅建者が「手続きは素人である売主」に、水漏れがないか等の点検事項にチェックを入れさせ、不動産事務所のためこちらが住宅をチェックできない状態でありましたが、不動産と売主との信頼関係の元、特約事項も含め、古い家なので、修繕が前提での購入で計画していたので、素直にサインしました。このような事態になり、いろいろ調べましたが、わからないのが、 1、重要事項説明書の記入については、虚偽の報告は当然あってはならないようですが、付帯 設備欄にクーラー無しとなっていても、実際には撤去してないしです。大事な書類なのに、 一つ一つを以前住んでいた想像を浮かべながらのその場の記入で、買主は確認もできない状 態での付帯設備や雨漏りの欄に、同意の印鑑を押しました。自分も甘かったかもしれません が、不動産と売主とは信頼関係ができているものとし、自分も2回家を見ていて想定内の劣 化しか見当たらなかったので、てサインしたのですが、いざ盾に取られると後悔していま  す。これは、売主と不動産と主任宅建者は調べ(確認)もしないで記入しているということ で、虚偽になるの でしょうか? 2、契約書は、不動産・主任宅建士・売主・買主の4名の割印がされているのですが、主任は 当日初めての方で、実際に住宅を見たことも、売買主と面識もなし、不動産は5個もある点 検口も見ていないし、建物外壁も確認していない、売主は40代後半の奥さん所有者(3分 の1所有権)で、重要事項等の項目も確認せずに申告、買主(わたし)は、手続きがはじめ てのため、当然のように不動産と主任者の進行どおりに、押印作業・・、押印は何よりもの 証拠書類ですが、このような状態で作成されたことが明らかである(前述のとおり、そして なにより、修繕が必要であることを隠していたとはいえないので、不動産業者は点検もせ  ず、買主に物件説明していたと本人が認めるしかない状態である。)→「重要説明事項で虚 偽の申告はできないため、今回の雨漏りと天井裏の件は知らなかったと言っている」という ことは・・→点検は行って無い、または気づきませんでしたと言わざる得ない場合も1番優 先な強制力があるのでしょうか? 3売主・不動産業者・買主も気づかなかった、瑕疵が、今後の建物の維持上重要な役割をしめ 、買主の予算と、修繕しても残る不安による、精神的苦痛は、不慮の事態により当初の目的 がたっせられないため、契約解除の理由になりうると思うのですが、それよりも、特約事項 が優先になるのでしょうか? 4そもそも、仲介不動産業者も主任宅建の資格をもっての仲介であるのに、公平な立場でなけ ればならなく、その人が2F点検口を確認せず、外壁も確認せずで、重要事項説明書に特約 事項を組み込み、売主にかなり有利な契約書でサインさせ、それを盾に取るのは、一般的に 通用することなのでしょうか? 5特約事項に「・・・購入後の経年劣化に よる瑕疵は隠れた瑕疵ではない」とありますが、 コケの生え具合や、雨漏り部分にのみ植物が生息、修繕しても不安が残る重大な修繕を要す る箇所の発覚は、瑕疵ではなく、完全に契約をもとにもどす理由になりえるのではないで  しょうか? 以上、<(_ _)>よろしくお願いします

  • 中古住宅の瑕疵担保責任について

    築5年の木造住宅を購入予定で、もう少しで売買契約予定なのですが、 契約予定の売買契約書には瑕疵担保期間は「引渡しから2ヶ月間に限り”私に”対して責任を負う」と書いてあります。そこで以下3つ質問です。 1 中古住宅の瑕疵担保責任は法律ではどのくらいなのでしょう? 販売元の不動産屋は民法で2年というのがあると言っていたが、この売買契約書にうたわないと無効になりそうだと思うし、また、調べたが2年という期間があるかわかりませんでした。  2 この契約通りに契約して瑕疵があった場合、期限の扱いはどうなると考えたらいいのでしょうか? 2ヶ月目以内に瑕疵がある旨を売主に知らせた時点でOKなものなのでしょうか? 3 また売主がご近所になる為、トラブルは避けたいのですが、瑕疵があった場合、売主から施工業者に負担の依頼をするものでしょうか? それとも私が直に元の施工業者に言ってもいいものでしょうか??

  • 中古住宅の瑕疵担保責任について

    昨年、中古住宅(木質パネル構造に在来工法の増築あり)を契約し、現在その住宅に居住しています。 今年1月に風呂のリフォームを行う前に一度自分で床下を確認しておこうと思い床下に潜ってみました。(住宅購入時には畳に首を突っ込んで床下を覗いた程度) すると、過去の増改築の際にダイニング6畳分程のスペースの床パネルを解体・撤去し、更に、その周辺の基礎を上から20~30センチ程崩し、その上に大引を乗せ(基礎がデコボコな為、端木で隙間を埋めてあります。)、新しい床が構成されていることが分かりました。 これは構造上著しい欠陥だと思いました。 しかし、住宅購入の際、契約書に「瑕疵担保責任」の項目は抹消された状態で契約していたので、文句を言ってもしょうがない・・と思いあきらめていました。 しかし、最近いろいろ調べてみると、その瑕疵が購入前の一般的なチェックでは分からないようなもので、売主がその瑕疵に気付いていたにもかかわらず、告知していなかった場合は、瑕疵担保責任抹消は無効になる可能性もあるということが分かりました。 ちなみに、購入時の基礎のチェックは建物外周からチェックしました。 今回の基礎破損部分は増築部に覆われて見えない部分と、外壁が被さって見えない部分とで、外周からは全く問題なく見えました。 今回のケースのような場合、瑕疵担保責任の抹消は無効となり、売主に契約の解除もしくは賠償請求できる可能性があるのでしょうか? また、可能性があるとすればどの程度の補償が受けらそうですか?

  • 中古住宅を買う前の注意点

    このたび中古住宅を購入することになりました。 といっても明日申し込みをするのですが。 物件は築15年の積水ハウス 延床32坪で 2500万です。 (土地は1600万~1800万程度の場所です。) 明日申し込み金として250万渡します。 現在、申し込み前に重要項目の説明をしていただいたのですが、 瑕疵補償は無しと言われています。 買う方としては見えない部分が不安であり、本契約前までに業者に頼んでシロアリ検査と耐震を調べてもらうという考えをづつけてみたいと思うのですが、失礼な話になってしまうのでしょうか? ちなみに買う物件は、主人の小学校時代の同級生の家であることが、途中でわかり、不動産屋さんの娘さんも主人の同級生でした。 昔からの付き合いがある親同士ということで、不動産屋さんからは、 もし何かあっても売主が逃げるとも考えられないし、契約書では書かずに口頭で言っておくけど。。。といわれました。 今後の付き合いもありますが、買う方としては逆にスッキリとした気持ちで書いたいので、本契約までに検査をお願いし(当方負担でも構いません)たいと考えています。 瑕疵補償がないというのは不安です。 瑕疵補償なしという場合の注意事項、事前検査でこれはしておいた方がいいというものがあればぜひ教えて下さい!! 本契約までは2週間以上ありますのでぜひお願いします。 物件的にはかなり気に入っています。

  • 中古住宅 契約後に不具合が見つかった場合の対応

    初めまして。 僕の妹の事なのですが、中古住宅(築21年、個人名義)を仲介業者を入れて9月に購入・契約しましたが、リフォーム中に (1)リビング床の傾き(修理に400万近くかかるらしい) (2)リビングサッシの開閉不良 (3)基礎立ち上がり部のクラック (4)雨漏り跡 を発見し、仲介業者に連絡しました。 すると、担当者より JIO日本住宅保証機構の点検報告書(17年7月点検)のコピーを渡され、「契約後すぐに渡しませんでしたか?」と言われました。ですが・・・そんな報告書は見せてもらった事が無く、その旨を伝えると「ポストに入れたはずです」との事でした。 一応、仲介業者の担当者を呼び協議したとの事ですが、担当者の発言に曖昧な点が多く、2点3点します。 「重要事項説明書」には、住宅については現状渡しとなっており、売り主の瑕疵は免責と書いています。瑕疵担保期間もありません。 (売買契約書には、売り主がその事を隠していた場合は責任を負える様には書いています。) また、売買契約書?には、売り主がチェックする住宅の状況項目がありますが、そこには「住宅の傾きはありません」「雨漏りはありません」などにチェックがしてあり、不具合は一切無いようになっています。 こちらとしては、契約時に聞かされていなかった事が判明し、「だまされた感じ」と、担当者の対応に怒りを感じているようです。 ただ、引っ越し等の準備も整っており、契約解除等はしたくない様で、損害賠償の請求等を考えているようです。 こういう場合、どういう対応方法がありますか?。 また、損害賠償等を請求するなら「だれに、どの程度」できるのでしょうか?。 よろしくおねがいします。

  • 瑕疵担保責任及び瑕疵による解除について

    今回賃貸アパートの売買をするのですが、売主が個人、買い手が業者、仲介業者が入っている状況です。 その中で瑕疵担保責任による解除が重要事項説明書で 無し になっていますが契約書の条項には瑕疵担保責任の内容がかかれています。どちらが書類が正しいのか、まずそもそも瑕疵担保責任による解除が無しってのは成り立つのでしょうか? おしえてください。

  • 中古住宅売買契約で困っています!!

     実は今日は、司法書士を交えての中古住宅(築22年)引渡しの日でした。当方は、売主です。  そこで今日突然、司法書士が「売り渡し証書」という用紙を出してきて、売主に署名押印を求めてきたのでそのとおりにしました。ところが、後になってその内容に不安を覚えたので、どなたか教えてください!!  その内容の一部に、「上記不動産について万一他から故障を申し出るものがあった場合には、私において一切を引き受け、貴殿には決してご迷惑をおかけ致しません。よって、後日のためこの売渡証書を差し入れます。」という一節があったのです。  実は、売買契約書においては、中古住宅瑕疵担保責任は免除になっているのですが、どうも両者の内容に矛盾があるように思えます。  この場合、この「売渡証書」なるものは、契約書より効力があるのでしょうか?教えてください!!

  • 中古住宅購入 物件が違法建築だった場合

    お世話になります。 6年前に築10年の中古住宅を購入しました。 先日ローンの借り換えをしようと思って申請したところ却下。 理由を聞くと建ぺい率が超えているとのこと。 役所に行き、「建築計画概要書」を見ると、建築面積を実際の 面積より少なく申請し、実際はそれより広く作ったようでした。 建築後の審査は受けなかったようです。 (登記簿・重要事項説明書では建ぺい率オーバ、 建築計画概要書では、建ぺい率内でOK。 建ぺい率は5%ほどのオーバです) しかもわかりやすいことに、建築計画概要書には、 もともと建ぺい率をオーバする面積で記載しており、 その後、二重線で修正し、建ぺい率内で収まる面積に 書き換えられておりました。 不動産屋へ説明を求めたところ、通常違法建築にあたる場合 その旨重要事項説明に記載して納得の上購入いただいているとのこと。 ただうちの重要事項説明には、記載がないことを確認してもらいました。 当時私は担当者から違法建築である説明はもちろん受けたことはありません。 このような場合、落としどころをどこにもっていけばよいのかわからず困っています。 不動産屋を訴えた場合、どのような結果が望めそうでしょうか。 また、このような物件を将来売る場合には、問題なく販売できるのでしょうか。 恐らく相場よりだいぶ安くなるのではと懸念しております。 どなたかこのようなお話に詳しい方、対処方法についてアドバイスいただけると 幸いです。