• ベストアンサー
  • 困ってます

中古住宅購入における重要事項説明書について

先週、中古住宅を購入することになり重要事項説明書で説明を受け手付金を支払いました。 昨日その重要事項説明書を読んでいて、少し気になったのでおわかりになられる方に教えて頂きたいのですが、どうかよろしくお願いいたします。 「契約の解除に関する事項(契約書(案)添付の上説明)」という項目があるのですが、 解除の項目の説明書きすべてに、「別添 売買契約書(案)第〇条のとおりです」書かれています。説明は家族が聞きに行ったもので、親曰く「説明は受けたと思うけど、その書類を受け取った覚えはないかなあ、見た気はするけど」と、なんともあやふやで…、少々恥ずかしいのですが。 そこで質問なのですが、添付とありますが見せて説明してしまえばそれで成立してしまうものなのでしょうか。添付は受け取ったところで添付かと思っていたもので…。 ここと、違約金に関する事項には内容が全く書かれていないので、これでいいものなのか心配です。 すみません。ホントに馬鹿でうまく伝わる文章が書けていないかもしれません。 どうぞ、よろしくお願いいたします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数345
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • lock_on
  • ベストアンサー率54% (63/116)

お礼をいつも「補足欄」に書いているので質問者はお礼率が低いままです。「お礼欄」に書きましょう。 決済が終わり住むことになったらすぐに「住宅診断士」に依頼して家を調べてもらいましょう。見えなかった瑕疵が見つかれば売主は2年間の瑕疵担保責任を負担していますので遠慮なく修繕の要求をすればいいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

あっ、そうなんですね。こっちですね。すみません、まだシステムがよく分かっていなくて。ありがとうございます。 そうですね、専門の方に見てもらうのが一番安心な方法かもしれませんね。 そういう方向で前向きに住むことを考えていこうと思います。 本当に助かりました。 うだうだした悩みに辛抱強く付き合ってくださって、本当にありがとうどざいました。

関連するQ&A

  • 重要事項説明書説明後の一方的な内容変更

    4カ月間の仮住いのため、最低契約期間の無い新築マンションの賃貸を進めています。 仲介業者(A社とします)からもメールにて「最低契約期間はありません」との返事をもらっており、重要事項説明書による説明を受け、内容を確認して手付金を支払いました。 しかし、A社とオーナーの間に、もう1社、仲介業者(B社とします)が入っており、一昨日にB社とオーナーの間で、「6ヶ月以内に退去の場合は違約金として家賃の2ヶ月分を支払う」という取り決めが為された、との報告がA社の担当者よりありました。 A社の担当者は「2ヶ月分の違約金は変更できません。無理なのであれば手付金を全額お返しします」と言ってきていますが、重要事項説明書にも記載の無いことが後から加わり、また、手付金の返還だけで、当方の損失(重要事項説明書を受ける際の旅費、転居先通知の葉書代など)は何も補填されません。 このようなことが不動産業界ではまかり通るのでしょうか?

  • 不動産売買契約の違約金について(長文です)

    不動産売買契約書及び重要事項説明書にある違約金について教えてください。 不動産売買契約書には「契約違反による解除」ということで、相手方がこの契約に違反したときは、相当の期間を定めて催告をした上で、この契約を解除することができる。この場合契約に違反した相手方に対し契約の解除に伴う違約金を請求することができると書いてあります。 重要事項説明書には「違約金(損害賠償額の予定)」ということで、相手方の義務違反に基づき売買契約を解除したときは、その相手方に対し違約金として売買代金の20%相当額を請求することができる。ただし規約解除に伴い違約金を超える損害が発生したときでも違約金を超える金額を請求することはできないと書いてあります。 ここに記載されている「この契約に違反」というのは不動産売買契約書に書かれている条項についてのみ適用されるのでしょうか? といいますのも、今回重要事項説明書に書かれていない事が土地の購入後発覚。 重要事項説明義務違反で解約しようと思っているのですが、重要事項説明義務違反についての記載は契約書には一切書かれておらず、この場合、この違約金について適用されるのかされないのかが知りたいのです。 どうぞよろしくお願いいたします。

  • 重要事項説明書について

    土地や建物の賃貸契約や売買契約の際に重要事項説明書というのが取り交わされると思うんですが、 宅地建物取引主任者の名前・印があれば、口頭での説明を省略して文書だけを送付したとしても 構わないのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.4
  • lock_on
  • ベストアンサー率54% (63/116)

泣いててもロクなことにはならないので冷静になって考えてください。 今でも売主は営業中と思います。担当に電話で「手付解除の期限」を聞くくらいはできます。担当がいなくても「通常の場合の」期限は聞けるでしょう。 その期限以内とすると手付金を放棄してでも解除したいのか? その期限を過ぎたとすると違約金を払ってでも解除したいのか? 非常に重要な判断をしないといけません。 でも私は質問者が不動産購入を目前にして不必要に不安がっているように感じます。 リフォーム前と言うのならば物件に入らせてもらって、気づいたことをドンドン希望すればよいでしょう。瑕疵担保とは「見えない部分」についてを差します。逆に言うと見える部分は「最初からこの状態だった・・」と責任を負わなくなります。よって見える部分は徹底的に改善を主張するべきです。できれば家に詳しい人と一緒に行くべきですね。 それができないというのでしたら、手付金を放棄して契約解除もやむを得ません。授業料と割り切れるのなら長い人生、それも選択です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すみません。家事してて返答が遅れました。 そうですね、考え込むより聞いたほうが早いですよね…。 違約金まで発生してしまうともうあきらめるしかないと思います。 固定資産税が今の倍くらいするのにもびっくりしていて不安を煽っています。 ここ数年諸事情で、収入が劇的に減ってしまいました。そのせいで金銭的に慎重になりすぎる帰来はあると自分でも思います。 最初、この家ちょっとどうかなという思いが少しあったのですが、焦っていたせいもあって親がここしかないというような気持になってるようです。 もうリフォームには入っているのですが、目視で気づけばやるが基本床はめくらないようです。 言いたいのですが、うちの親は相手に迎合してしまうようなところがあり、討論になりそうだと思うとすべて相手にゆだねてしまい、口を挟むと私が怒られてしまって…。 きっと、もう勝手にしろよと思われても仕方ない面倒くさい家族ですね。 後、重要事項説明書には「売り主の仕様にてリフォームを終え、それを買い主は了承する」という記載もあります。 家に詳しい知人がいればよかったのにとつくづく思います。 もうあきらめて住むしかないのかもしれませんね。違約金は怖いです。

  • 回答No.3
  • lock_on
  • ベストアンサー率54% (63/116)

なるほど。重説にはあらかじめ売主が記名押印しておき、契約書だけは後から売主が記名押印するわけですね。この場合間違いなく売主は記名押印した契約書を買主に渡しますから契約は成立します。 ところで質問者は「契約書が無くて、内容を確認できないこと」に不安があるわけであって、「物件自体」に不安があるわけでないですよね?そうであるならば売主に契約書のコピー(または雛形)を見せてもらえばよいだけと思います。 今回は売主が不動産業者ですから物件に「最低2年の瑕疵担保責任」を負担します。無かったら違法ですから必ず確認してください。 契約解除の条項にはローン特約条項と引き渡し前の滅失条項が最低あると思います。それと手付解除条項もあるかな。 手付解除とは契約日から??日以内ならば買主は手付金を放棄して契約を解除できる内容です。手付金が無駄になりますが、そこまでして解除したいですか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ちょっと遅くなってしまいました。ありがとうございます。 物件に不安がないわけではなのです。リフォーム後渡しなのですが、黴の生えた床下があるのですが、注文書にはそれを直すといった項目はないのでどうなのかなと。 すべて会社側の指示でリフォームされるのですが、契約前に担当者がフォームが終わる前に決めてしまえたら、多少融通が利ける利点があると思う。 というようなことを言われてたので、それなら…と。 壁の色ひとつでも選べる範囲でいいのでえらべたらなと思っていたのですが、落ち着いた色探します。ということで終わってしまいました。融通が利ける利点なんて言ってない、言ったの話になるのでそこをつつこうなんて思ってないのですが、しっくりこなくて…。 他は、家周りの細かい不便さに改めて気付き、ちょっと生活しづらいなと至りました。我慢すればいいのでしょうが、10年20年それだとどうにもやりきれないんじゃないかと。冷静に考えれなかったと反省しています。 瑕疵担保はあります。結構古い家なので躯体を直さないリフォームではあんまり当てにはしてないです。表面はそれなりに綺麗になるそうです。 ローンの方は大丈夫だと思います。滅失条項も検索して今読みました。 契約日から??日以内 それがどうなってるんだろうと思うと怖いです。 あと、リフォームにこうできないか?と言ったことに対して知らぬ間にやって、言われたからやったのに…とかなったらどうしようと…。 そこまでして解除したいですか? 一度立ち止まってよく確認せず判子を押したのはこちらの落ち度だと思うので(本音は返金してもらいたいですが)、それ自体はしょうがないのかなと思っています。 間取りの割に安いこの家に惹かれたのですが、子のない家なのでこれから一人減り二人減りとなった時、この家を維持できるのか不安になりました。 そうしていずれこの土地を売るとなった時、壊すのにお金がかかりそうな家の乗った土地を、今この値段で買うとすると結果としてものすごい損失ではないかという考えに至りました。 足りない頭で考えたことですので間違っているかもしれません。 不慣れなことはしないようにはしてるのですが、こればかりは住む所がなくなってしまうので避けて通るわけにはいかず…。 考えても考えてもわからないことばかりで今ももう泣きながらキーボード打ってます。もうバカみたいですね。すみません。

  • 回答No.2
  • lock_on
  • ベストアンサー率54% (63/116)

ところで取引の形態について補足してください。 質問1 下記のどちらですか? 1.売主(不動産業者)と買主(個人) 2.売主(法人または個人)と仲介業者(不動産業者)と買主(個人) 取引の場所では売主が不在だったようです。よって契約書の原本2部は判を押すため売主に渡った(後日1部が買主に返るでしょう)。しかし重要事項説明書は買主の元にある・・。本来ならば重要事項説明書も売主の方に行きそうなものなのです。それとも重要事項だけは売主が押印済だった? 質問2 重要事項には売主の署名・押印がありますか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

すみません、ありがとうございます。 質問1  1.売主(不動産業者)と買主(個人)です。 質問2  そうです。重要事項のほうは代表取締役の名前と社印が押されています。 契約書の方は、その日に家族が署名捺印をすませたらしいです。それを本社に送って判子を押してもらって郵送するとのことだったようです。 契約解除に関して何が書かれているのかわからなくて不安です。 素人なので説明を受けてもその場で理解できるものでなくて…。 もし解除したいと思ったとき、手付金の他にも請求されるのではと思い悩んでます。 ほかにもこの家ほしいと思ってる人がいると言われてあせってしまったんですよね。ホントにもう…そういうものだとわかってはいたんですけど。なんか…ごめんなさい。

  • 回答No.1
  • lock_on
  • ベストアンサー率54% (63/116)

質問の内容からは矛盾点が読み取れます。 不動産の売買契約の流れは、重要事項の説明→売買契約(手付金交付)が通常です。 つまり手付金を払った時点で手元には売買契約書と重要事項説明書の2点が残るハズです。 不動産業者によっては物件を確保するために手付金ではなく「購入申込金」を預かる場合があります。今回はどうなのでしょう。領収書(または預り証)に何と書いてありますか? いずれにしても手元に契約書がないのですから売買契約はまだ成立していないと考える以外ないのです。これ以上は業者に説明を求めてください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 契約書については、本社に送ってハンコを押してもらってから郵送する。と言っていたようです。 説明を受けたその日に手付金を支払ったのですが、その場で預かり証(但し書きに手付金としてと書かれています)をうけとり、後日に領収書が郵送されてきました。それも手付金と書かれています。 昨日から、わからないながらネットで調べているのですが、「手付金を払った時点で契約成立」のようなことが書かれていて、契約書の意味ってないのかな…と。もうなにがなんだかわからなくて困惑しています。

関連するQ&A

  • 中古住宅の売買によるトラブル

    先日、不動産業仲介のもと、中古住宅(土地建物)の売買契約(個人売主さんと)をして、手付金200万を支払いました。 ところが決済の時に、その物件が倒産した会社からの代物弁財でもらった物件(倒産1週間前の登記)だった為、現在その倒産した会社は、破産宣告の書類を提出している最中で、まだ破産宣告が通っておらず、破産管財人が出てきた時に、その物件は取り上げられてしまう可能性がある・・・との事で、司法書士、銀行側からストップがかかり、決済はできませんでした。 (登記簿上の所有権は売主さんになっているし、抵当にもはいっていなかった) とりあえず、手付金の200万は返金してもらいました。 売主さんは、少しでも物件が取り上げられない可能性があるなら、取引したいといっているのですが、こちら(買主)としては、そんな危ない橋は渡れないと考えております。 その物件の建物はとても気に入っているのですが、はっきりしてからでないと購入は考えられません。 そうなった場合、重要事項説明書にあるように、売主側に手付金の倍返しは請求できるのでしょうか? または契約違反による違約金の請求ができるのでしょうか? 手付金は返してもらえたのだから、建物はあきらめるべきなのでしょうか? 引越しの準備もしていたので、引くに引けません。 良きアドバイスを宜しくお願い致します。

  • 重要事項説明書

    以前、土地売買の契約の時の重要事項説明書が複写式だったような気がしたのですが、ふと見たサイトで、重要事項説明書の書式のダウンロードが出来るようなサイトでした。 ただ、ここで書式をダウンロードしたものを使用する場合、もちろん複写にはなりませんよね? 重要事項説明書の書式とか、用紙とか、規定はないのですか? そもそも契約にあたって、何通重要事項説明書は作成されるのでしょうか?

  • 怪しさ満載?重要事項説明書

    この度、土地を購入しようと計画をしています。 初めに説明を受けた土地が立地、日当たり等がよくて気に入ったのですが、こちらで調査をしていくと排水や水道、道路の問題等、たくさん出てくる土地でした。しかし、とても気に入った土地なので、何とかトラブルが無いように契約したいと思っています。 不動産業者は言っていることがころころと変わる方で、(個人経営の不動産業者です。)重要事項説明書がほしいと話したところ、まだ書いていないから近日中に渡します。でも、売買契約書と重なるところが多いからね。と。FAXで送るそうですが、全部で4枚程度だそうです。大丈夫でしょうか。 そこで、みなさんにお聞きしたいことは、 もし、この重要事項説明書に不備がある場合は、こちらから様式を出してもかまわないか。 です。 どんな重要事項説明書が来るか・・・。この土地についての口頭でのやりとりは、すでに3カ月しております。

  • 先日解約しました。

    売主の度重なる不信な対応に信頼して入居する事が出来ないと思い、手付金放棄で解約しました。 昨日売主から売買解除の書類が届きましたが、その他にも4種類返送して欲しいとの事でした。 ・売買契約書 ・重要事項説明書 ・手付金領収書 ・手付金等保証証書 署名捺印する書類は ・土地付区分建物売買契約解除通知書 です。 他4種類はどうして返すのか理由も分かりません。 違約金は発生せず、手付金放棄で解約なのに。 今までの不信感があるので、すんなり返送していいものか悩んでいます。

  • 中古物件購入の契約解除について

    両親の住宅購入に関する質問なのですがアドバイス宜しくお願いします。 私の両親が住宅購入を検討しており、去る10/23に不動産契約を交わしました。 名義は父親であり、1200万円の物件です。 父親は教員をしておりローンは全額、学校の共済を利用する契約をしました。しかし、学校から1080万円しか融資が受けれず残りの額を支払う余裕がない為、今回は契約を解除させていただこうということで、11/26日に解除の旨を不動産屋にお話したら、「もう解約は出来ない。違約金が必要だ」といわれました。 今回は融資が全額下りるか不安もあり契約前に手付金をわたしていました。 その事を話したら、手付金でどうにかなる時期ではないと言われました。 確かに契約書に記入・捺印はしてありますが契約書の特記事項に書かれているのは「買主の自主ローンの融資承認日が確定した日を於って残金支払い日を確約し、同日を決済日とする。」としか記載されていません。その他にはいつまでを手付金の有効日とするなど一切なにも書かれてはいません。 よく聞くのは契約の履行に着手するまでは手付金の支払いだけでよいというものですが、上記してある決済日は11/30にしてあり、まだ決済日・引渡し日には至っていません。 このような場合、不動産屋の言うとおり手付金でどうにかなる時期ではなく、違約金を支払わなければならないのでしょうか? ちなみに、重要事項説明書には違約金は10%と書かれているのに契約書には20%と書かれています。 重要事項説明書は流し読み説明で、急がされた為、同日に契約書にも印鑑を押しましたが重要事項説明書と契約書の相違の説明はありませんでした。 当方も至らない点がたくさんあるのですが、「手付金ではどうにもならない時期」というのが具体的に明記も説明もされていないのでどうも腑に落ちません。業者様もしくは詳しい方からのアドバイス宜しくお願い致します。

  • 重要事項説明書

    中古住宅を購入する予定で、明日、不動産屋さんが重要事項の説明と契約の手続きに来られます。 重要事項説明書を事前に読んでおくほうがいいとは思うんですが、その場合、不動産屋まで遠いので、FAXで送ってもらうしか方法がありません。 説明書の量(?)がよく分からないのですが、FAXというのは可能な方法なのでしょうか。

  • 【至急】水道管撤去について重要事項説明書に無かった場合、工事金は誰が払う?

    先日土地を購入し、売買契約を交わしました。その後まだ銀行と金銭消費貸借契約書を交わす前でローンの実行は行われていない状態です。(土地の決済も未済です。) その後注文住宅で一戸建てを建築するために住宅メーカーと話をしている中で、該当の土地に水道管の引き込みが二つ入っており、一方を撤去する必要があるのではないか?という話がありました。その場合撤去にはアスファルトの掘り返し等で40万程度の費用がかかりそうとも言われました。 土地の売買契約を行った際の重要事項説明書には引き込みが二つ入っている旨の説明はありましたが、その撤去の必要性や費用負担に関しての説明はまったくなく、もちろん口頭での説明もありませんでした。かつ仲介業者もそのような可能性についてはまったく把握していなかった状態です。 もし実際に撤去が必要になった場合、売主、仲介業者、買主の誰が撤去費用を負担するのでしょうか? またもしこれが原因で土地の売買契約を解除した場合、違約金は売主、買主のどちらに発生してくるのでしょうか? 全然知識がなくどのように対応してよいのか困っています。また銀行との金消契約も迫っていることから至急の対応を迫られています。 どうぞよろしくお願い致します。

  • 手附金と違約金とのことなんですが・・・

    早急に知りたい項目です。 重要事項説明書で 手附金を売買価格の10%とし 違約金を売買価格の10%としている場合で 売主側も買主側も履行に着手するまでであれば 売主は手附金の倍額を支払い 買主は手附金の放棄によって売買契約を解除できるものというのは、わかるのですが どちらかが履行に着手している場合、どうなるのでしょうか? 売主側から解除する場合 1:手附金x2(20%)+違約金(10%)=30% 2:違約金(10%)だけ 買主側から解除する場合 1:手附金(10%)+違約金(10%)=20% 2:違約金(10%)だけ 売主・買主とも、上の1・2のどちらのパターンに なるのか教えてください。 お願いします。

  • 不動産の契約解除

    こんにちは、よろしくお願いいたします。 約2ヶ月前に新築物件の重要事項の説明後、契約(建築工事請負契約、土地売買契約)をしたのですが都合により契約を解除しようと 思っております。 売主側に支払ったのは土地売買契約手付金と建築工事請負契約契約金です。 手付金放棄で済むのか、それとも違約金(売買代金の20%)を支払わなければならないのでしょうか? もし違約金を支払わなければならない場合 前記の手付金と建築工事請負契約契約金を合計した金額の差額を支払うことになるのでしょうか?

  • 不動産重要事項説明書・不動産売買契約書について

    わからない点があります。 物件資料の記載に誤りが一部あり、営業マンが物件案内時に訂正し口頭で、説明しました。 無事に、宅地建物取引主任者が重要事項説明を終え、売買契約になり、特約の約款で、中古住宅なので、現状渡しとなっており、物件資料の誤りを、重要事項説明書に訂正して説明しております。 その後、無事に、売り主・買い主の署名・捺印(実印)を終え、完了したが、物件資料の誤りの一部について、仲介業者が責任を持って、(仮)に工事を行えと要求がエスカレート。今も強く要求。 この場合、売り主・買い主の売買契約・重要事項説明書の効力はどうなのでしょうか? 仲介業者としてどう対応するべきなのでしょうか?