• 締切済み
  • すぐに回答を!

EP特許出願の中間データを閲覧するにはどうしたらよいのでしょうか?

新米特許翻訳者です。 先日ヨーロッパ特許出願の中間処理に関する 外国代理人のコメントレターの翻訳依頼が来ました。 参考にCommunication(拒絶理由)を見たいので、 EPOのHPで閲覧しようとしましたが、 中間履歴だけで、拒絶理由の本文を見ることができません。 そもそも、EPの場合も米国特許庁のHPのように拒絶理由通知の 内容を閲覧することできるのでしょうか? 教えてください!

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数1
  • 閲覧数646
  • ありがとう数14

みんなの回答

  • 回答No.1

試してみてください。 1.ヨーロッパ特許庁HP内の"epoline"をクリック 2."Register Plus"をクリック 3.公報番号(例EP1234567)を入力して"search"をクリック 4."All Documents"をクリック 5.見たい書類をクリック

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速試しました。公報を取寄せることができました。 ありがとうございます!助かりました。 hirobo718さんは専門の方ですね。 私は特許事務所に勤めながら 中間処理の翻訳を外注でもらっています。 早く明細書の翻訳ができるようになりたいのですが、 文系だし、英語もそんなにできるわけではないので 技術の勉強と英語の勉強と精進して頑張ります。 また、なにかありましたらアドバイスよろしくお願いします。

関連するQ&A

  • 外国への特許出願

    アメリカとヨーロッパに特許を出願したいと思っていますが 以下の認識は正しいでしょうか? ・アメリカは英語で直接出願しやりとりも当局と郵便でやりとりできる ・ヨーロッパはヨーロッパ特許庁に現地の代理人を介して英訳を提出すれば当局管理下の国すべてに効力が及ぶ(代理人は取り次ぎだけで実際のやりとりは代理人に郵送で行う) 以上 また、取り次ぎだけの代理人にどの程度費用がかかるのでしょうか? また、中国と韓国と台湾に特許を出すときに翻訳や費用はどうなるのでしょうか? この場合出願だけしてまねされないように「つば」を付けるだけでいいのですが できるだけやすく仕上げる方法を教えてください 中国などは所得水準からして安くできないとおかしいのですが まさか1/30で済むと言うことはないでしょうね

  • 共同特許出願について

    先日、法律のカテで質問したのですが誰からもご回答いただけなかったので、こちらのカテに投稿してみました。 ご存知の方、ご教授ください。どうぞよろしくお願いいたします。 (前提知識) 複数人が共同である発明をした際に特許出願する場合は、創作者全員が出願人にならなければならないので、たとえば5名の真の創作者がいて、出願人の欄に4名記載して出願をした場合には、拒絶・無効になると思います。 (質問1)たとえば、5名の真の創作者がいて6名で出願をした場合にはどうなるのでしょうか。余計な人が創作者に含まれていたことは拒絶・無効理由になりますでしょうか? (質問2)真の発明者が5名いた場合に、4名だけで特許を受ける権利をAさんに譲渡し、Aさんが出願人になって出願した場合はどうなるのでしょうか。 登録になる前に、特許を受ける権利の譲渡契約に問題があることが分かったら特許出願は拒絶されるのでしょうか? 登録になった後に、特許を受ける権利の譲渡契約に問題があることがわかったら特許権は無効でしょうか?

  • 米国特許出願のIDSについて

    A社の米国特許出願で審査中の案件があります。 拒絶理由通知に対する応答もしており、そろそろ特許査定が 出てしまいそうな段階です。しかし、内容があまりに陳腐で 仮に特許になってしまうとかなり権利範囲が広くなってしまいます。 なんとか食い止められないかと思案しております。 その特許出願にかかる発明とほぼ同一の内容が記載され、その出願日より 3年前くらいに出された刊行物をもっております。 時期的に情報提供はできませんが、その刊行物をA社に内容証明つきで 送れば、A社は無視できないのでIDSとして出さざるを得ない状況にもちこめる のではないかと思います。 このような手法は通常取られるのでしょうか? 弁理士に聞いてもあまり聞いたことがないと言うことですが、 理論上は有効な手段ではないかと思うのですが・・・。 詳しい方、ご回答頂けると幸いです。

  • 特許出願中ですが外国特許出願を無料か安価に翻訳してもらうには

    現在特許庁に特許出願中で発案した装置の試作を終了し生産モデル製作の段階です。記者発表し商品をマーケットに出す前段階まで漸く漕ぎ着けました。 アメリカや諸外国に対する国際条約の洗願権は 確保されていると言いますが 出願をしておく方が有利かと考えます。 特に日本は 一般に保守的かつ革新技術を尊重しない強い傾向の社会で、深刻な不景気など 外国に活路を求めた方が安全・効率的なので、外国出願を考えています。 しかし各国に対する出願の翻訳料は 私のような資本力の無い弱小ベンチャーには 大変高価で困っています。 出来るだけ自分でやれる事はやって経費を軽減したいのです。 出来るだけ安価に翻訳と出願をやる方法ご存じの方、お教え下さい。

  • アメリカ特許出願の審判請求について

    最後の拒絶理由への応答として、意見書提出すると同時に審判請求(Appeal)をしていました。 現地代理人レターには、審判請求が必要な手続と書いてありましたが、この時点で何故必要なのでしょうか? 何度か意見書提出の期間延長をしていましたが、 審判請求の期限は、最後の拒絶理由への応答後、拒絶の決定がでてからではないのでしょうか? 私の立場上、国内代理人には問い合わせることができませんので、よろしく御願いします。

  • 至急 特許出願書類翻訳料の相場は?(中→日)

    今、弊社で、出願書類の原案が中国語で、日本での特許出願に向け、原案の内容を日本語に翻訳しなければならない件があります。 日本語を母国語とし、且つ多少経験のある日本人に依頼した方がいいと思いまして、翻訳料の相場がわからなくて困っています。 ちなみに、発明の技術分野は通信です。 企業から仕事を受けた後、特許出願書類の翻訳(請求の範囲+明細書+要約書など)、個人翻訳者或いは翻訳会社に、中国語を日本語への翻訳を頼む場合、料金の相場を教えていただきたいです。たとえば、中国語一千文字あたり=何円か。 もし、技術分野ごとに相場が違うのであれば、その辺の大体な状況もご紹介いただければ幸いです。よろしくお願いいたします。

  • 職務発明の発明者が特許出願できるか?

    特許法35条2項の規定を受けて、たいていの会社は、社員がした職務発明の特許を受ける権利を会社に承継させる規定を勤務規則で定めていますね(予約承継)。 その場合でも、会社が特許出願する前に、発明者が独自に特許出願することは合法でしょうか? 会社の知材の係りにも質問したんですが、うちの会社は小さくて、本当に係りという程度の担当者なので、『わからん!!』と言われてしまいました。 そこで、ここで質問することにしました。 私は、合法であると考えているのですが、調べたところ、違法とする見解もあるようです。 合法と考える理由は次の通りです。 『産業上利用できる発明をした者は、・・特許を受けることができる。』(特許法29条1項柱書き)ので、原始的に特許を受ける権利は発明者にあり、『特許を受ける権利は移転することができる』(特許法33条1項)が、『特許出願前における特許を受ける権利の承継は、その承継人が特許出願しなければ、第三者に対抗することができない』(特許法34条1項)から、会社が出願する前に発明者が特許出願しても文句は言えない。 『発明者・・でない者であって特許を受ける権利・・を承継しない者がした特許出願・・は特許出願・・でないものとみなす』(特許法39条6項)の反対解釈で、発明者であればたとえ特許を受ける権利を承継させていても、特許出願とみなされるので、合法な特許出願であるという結論です。 ただし、勤務規則で予約承継していれば、その特許出願をぶん取ることはできます。(特許法35条2項) また、得失を考えると、会社がもたもたして特許出願の時期が遅れると、他者に先に出願されて39条1項(先願)により拒絶され、職務発明の発明者には、権利である『・・相当の対価を受ける権利・・』(35条3項)を失う恐れがあるという、重大な損失があります。 自由発明であればなおさらです。 一方、会社にとっては、発明者が勝手に出願したとしても、出願後に特許を受ける権利を承継すればすみます。 仮に特許請求の範囲や、明細書を拡充したければ、承継した後、国内優先権主張(特許法41条)すれば足ります。 従って、会社側には損失はありません。 よって、勤務規則に予約承継の規定があっても、発明者は自ら特許出願できると考えています。 一方、違法であるという見解は、単に予約承継の契約をしたのだからという程度の理由で、得失の評価もされていないようです。 (特許法35条も改正されてますから、現在の解釈は異なっているかもしれませんが。。) P.S. さらに調べたところ、うちの会社には規定はないんですが、自由発明であっても、会社に届け出て職務発明に当たるかどうか判定してもらう規定なんかもするらしいですね。

  • 請求項が2つある特許出願について、一つの

    請求項が2つある特許出願について、一つの 方に新規性違反があるとして拒絶理由通知を受けたと きの分割方法について教えてください。 例えば、 A,Bを請求の範囲に記載した発明で、 Aについて新規性なしの理由で拒絶理由通知がなされた場合、 どちらをA,Bどちらを分割するべきなのでしょうか。 2つの説明を受けた事があるのですが、どちらが正しい のでしょうか。。。 (1)新規性が無い方(この場合A)を分割して、残りの方B については迅速に特許を受ける。Aについては 出願時の利益を保持しつつ拒絶理由の有無を争う。 (2)新規性がある方(この場合B)を分割して、特許査定を 受ける。新規性が無い方(A)は意見書等で反論する。 Aを分割出願すると50条の2を受ける為。また、 原出願をBとするとシフト補正となり(17条の2第4項) 拒絶されるから。 自分としては(2)が正しいような気がするのですが、(1)の説明 も聞きます。また、拒絶理由が新規性なしと進歩性無しで 結果が異なってくるのでしょうか。ちょっと混乱しています。 弁理士の方、特許法に詳しいかた、ご教示お願いします。

  • 特許出願の審査請求の手続をしました

    特許出願の審査請求の手続をしました・・・ 今後起こり得るの実務の事で情報の提供をお願いいたします。 当然補正命令や拒絶理由の通知などがあると思います、 そのようなときは、意見書の提出が必要となりますが、この場合、意見書の様式や注意点と、 手続補正書の様式や作成要領および注意点などを、 開示してあるサイト・・や・・書籍等の 情報提供をお願いいたします。 また経験者のアドバイス等がありましたらご指導をよろしくお願いいたします。

  • 特許法上の「発明」とは 

    特許出願時の「発明」は、拒絶された後も「発明」と言うのでしょうか。 特許になったものは「発明」とわかります。 特許になるだろうとの思いで特許庁に出願し、拒絶されました。 拒絶理由は「過去の領布された刊行物に記載された発明から容易に想到することができたものであり特許を受けることができない」とありました。 特許法上 このような場合、出願時の「発明」は、拒絶後は「創作」と言うのではないかと思います。 どうか教えて下さい。