• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

未成年と724条の時効

民法第724条によると、消滅時効という事で、損害および加害者を知ったときから3年で時効となると書かれています。 となると、被害者が未成年であった場合、たとえば、学校で体罰を受けた場合などはどうなるのでしょうか?親に通告することすらなければおそらくほとんどが時効になります。 民法の724条は何度か読み直しましたが、どうも被害者が未成年であった場合のことまで考えられていないように思います。 被害者が未成年であった場合この条文をどのように解釈するのが正しいのでしょうか? 724条が不法行為の項目にあることを考えると、「損害を知った」と言うのは単に「ひどい目にあった、つらかった」と言うレベルのものでは足りず、「損害賠償可能であるような不法な行為をうけた」と解釈すべきなのではないのでしょうか? 民法724条は被害者が未成年であったときのことまで考えているのでしょうか? 参考になる過去の判例等がありましたら教えてください。 よろしくおねがいします。

noname#2813

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数460
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5

補足です.既にお気づきのようですが,「損害を知った」と言うのは損害や不利益をこうむったということを知っただけでは足りず,その加害行為が不法であることを知るまでは時効は進行を始めないとされています. 未成年者が「体罰は不法だ」と知るのは何歳ぐらいかは個別の判断となるのでしょう. なお,民法158条は「法定代理人がいない場合」の規定です.未成年者の権利は法定代理人が守るという考えが基本にあります.両親などの親権者が居らず,後見人もいない,保護施設にも入っていないという例外的な場合の規定であることに注意してください.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 被害者が未成年であった場合の時効。

    民法第724条関連の質問です。 例えば、加害者が担任の教師の良夫で、 被害者英治(10歳)がそのクラスメイトだとします。 良夫が英治に暴力的な体罰を加えた場合、 その不法行為の民法上の時効というのは、 体罰があった時点から発生するのでしょうか? 20年の時効の方はともかくとして、損害および加害者を知ったときから3年とありますが英治はおそらく、民法の規定など知るわけもない年齢ですから、10歳からカウントして時効3年というのはあまりだと思いますがいかがでしょう? もし仮に、英治が23歳のときに担任の行為の違法性に気づいた場合はここから起算して時効3年とは出来ないのでしょうか? 真に損害及び加害者を知ったときというのは23の方だと思いますがいかがでしょう? よろしくお願いします。

  • 消滅時効援用前の更なる不法行為に対して教えてください

    不法行為で消滅時効にかかっている状態で相手方が時効の援用をする前に更に不法行為を働いた場合不法行為の追認という形で(消滅時効にかからない状態で)損害賠償は請求出来ないでしょうか? 若しくはその場合新たな不法行為として提訴しなければならないのか教えて下さい

  • 除斥期間と時効の違いを教えてください。

    除斥期間と時効の違いを教えてください。 ・民法724条 「不法行為による損害賠償の請求権は、被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から3年間行使しないときは、時効によって消滅する。不法行為の時から20年を経過したときも、同様とする」 3年間行使しないときは、時効によって消滅するのであれば、この20年という数字はどういう意味なのでしょうか? 不法行為の時から、20年経過していた場合は、たとえ損害及び加害者を知った時から3年以内であっても損害賠償の請求権がないということですか?そうだとして、 これっていわゆる時効と同じような気がしますが…。 法律に関してはまったく無知なので、質問文がおかしいかもしれませんが、調べたのですが良くわからないので教えて頂けるとありがたいです。

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
noname#35690

すいません親がいる場合(法定代理人)の原則を忘れていました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
noname#35690

no.3のものですが、ほそくします。未成年者の時効については、民法158条をみてください。あなたが未成年でいる間は、時効の完成は猶予されますが、あくまで完成しないだけであり、時効期間は、進行します。例えば、あなたが15才の時に損害を受けて、それを知ったなら3年の時効期間は進行し、3年後の18才の時に未成年なので完成は猶予されますが、その後20才になれば、6ヶ月後に完成します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#35690

前の方が言っておられたように、民事損害賠償請求は可能です。 724条は,被害者が未成年であると成年であるとを問いません。 そして、あなたが言うように、損害は法的に保護に値するものをいい、「損害を知った」というのは、保護に値する(結局,裁判所の判断)損害を知ったときです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ありがとうございました。 今日調べてみました。 多数の判例によると、被害者が不法行為を受けたと言う認識が必要だそうで、未成年が被害者であった場合についてはほとんど何も書いてありませんでしたが、 多分、被害を受けてすぐに時効が進行すると言うわけではなさそうです。

  • 回答No.2
  • akr8696
  • ベストアンサー率37% (87/234)

>学校で体罰を受けたのなら、単純に刑法犯です。  ある行為に対する刑事的評価と民事的な評価は択一的なものではありません。  また,刑事の部分についても公訴時効は暴行罪3年,傷害罪であっても5年です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

学校で体罰を受けたのなら、単純に刑法犯です。 3年という短い時効ではないと思います。 さらに未成年かどうかも問題ありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 憲法29条3項損失補償の時効・除斥期間

    お忙しい所申し訳ありません。 国家賠償請求なら民法の不法行為の条文により、時効は、損害及び加害者を知った時から3年、除斥期間は、不法行為時から20年です。 それでは、憲法29条3項の損失補償の時効・除斥期間は、いつから、何年なのでしょうか?また、根拠条文もお教えください。 上記質問につき、何卒、お教えください。お願い申し上げます。

  • 民法724条> 不法行為の消滅時効と除斥期間

    不法行為による損害賠償請求権の期間の制限が724条に定められています。              不法行為の時から3年消滅時効が設けられ、それに連動するように、「20年を経過したときは請求権が消滅する」―とあり消滅時効が二段構造に見えますが。 この20年は、加害者も被害も知らないままに過ぎ去れば、請求権が自然崩壊する。完全に消え去るということでしょうか。 質問は、その「除斥期間」の意味、あらましを教えてください。

  • 民法724条の時効の解釈

    民法724条の時効の解釈 不法行為による損害賠償の請求権の時効は、 A.被害者又はその法定代理人が損害及び加害者を知った時から三年間行使しないとき B.不法行為の時から二十年を経過したとき の2つが掲げられていますが、どちらが優先されるのでしょうか。 色々と調べてみたのですが、どうしてもわかりません。 今、困っているのは家族が 交通事故での予期せぬ後遺症が除斥期間(20年)直前に判明し 加害者側の保険会社へ弁護士を通じて通達したのですが、 後遺症の症状固定日、また自賠責に後遺症認定を請求時には除斥期間(20年)が過ぎていました。 ※事故との因果関係は医師が診断書に記載済です。 この場合、 ・Aが優先であれば損害を知ったとき=医師から事故が起因した怪我(損害=予期せぬ後遺症)だと診断されたときという解釈?で時効前となり、 ・Bが優先であれば無条件で20年の時効成立により、予期せぬ後遺症による損害は(医療費・就労不可分など)すべて被害者が負担となるのでしょうか。 この予期せぬ後遺症の症状が出た数年前より職も失い、医療費・装具等も自己負担しているため、 貯金も底をつき生活が圧迫され大変困窮しております・・・ おわかりになる方がいらっしゃいましたら、どうか回答を宜しくお願いいたします。

  • 民法720条1項の解釈(正当防衛)

    民法720条1項(正当防衛)の「ただし書き」の解釈について、 ただし書きでは、 ただし、被害者から不法行為をした者に対する損害賠償の請求を妨げない。 とありますが、これは、以下のような解釈で良いのでしょうか。 【ケース】 AがBに殴りかかった。Bはやむを得ず、すぐ後ろにいた通行人Cを突き飛ばして逃げた。Cは足首を捻挫した。 このケースにおいては、ただし書きで言う「被害者」とは「C」のことで、「不法行為をした者」は「A」である。従って、CはBに対して治療費等の損害賠償を求めることはできないが、Aに対しては損害賠償を求めることはできる。

  • 未成年の犯罪

    小学生の男の子をもつ母親です 毎日テレビから未成年の犯罪のニュースが毎日のようにホ放送されます もし未成年の子が万が一人にケガをさせたり人を殺したりした場合 その子の両親は被害者に対して損害賠償のお金をはらわなければならばいのでしょうか? 子どもには財産やお金はないので加害者の両親が家などを売却して被害者にお金を払わなければならないのでしょうか? 両親が離婚をしている場合 親権を持っている方の親が払うのでしょうか? または 監護権を持っている方が払うのでしょうか? テレビのは事件のことは報道されますが どうやって 被害者の家族にたいして払ったかは報道されないので・・・

  • 交通事故の時効について教えて下さい。

    交通事故の時効について教えて下さい。ある本に「不法行為による損害賠償の請求権は被害者またはその法定代理人が損害及び加害者を知りたる時より3年間これを行わざるときは時効によりて消滅す。不法行為の時より20年を経過したるときはまた同じ」とありました。 Q1事故の被害を受けてから3年以内に一度でも請求の意思を見せれば少なくとも20年間は時効にかかることはないのでしょうか?※例えば追突してきた相手方がなかなかお金を払ってくれないとき等・・大げさかもしれませんが時効が心配です。Q2また、その請求意思表示は「内容証明郵便」で行うのが適当でしょうか?Q3 「事故のときより20年経過したら時効が成立」とありますが、大きな怪我をした場合などは何十年も治療が必要になる場合もあると思いますが、この場合でも20年で時効をむかえてしまうのでしょうか? 教えて下さい。

  • 不法行為(自動車事故とか)のときの損害賠償の期間がよくわかりません。。

    不法行為があると損害賠償が起こせると知ったのですが 被害者またはその法定代理人が、損害の事実および被害者が誰かを知ったときから3年、あるいは不法行為のときから20年で時効は消滅します。 となっています。 それで被害者を知ってから3年というのは、絶対なんでしょうか? 例えば、業務上過失致死なら5年とか10年とかではなくて、3年なんでしょうか? また、被害者が分かったのが21年後のときは、もう不法行為での損害賠償は起こせないんでしょうか? 逆に、被害者がすぐに分かったら、被害者はすぐに損害賠償を起こさないといけないんでしょうか?2年9ヵ月後とか、19年後とかじゃダメなんでしょうか? また、被害者が亡くなってしまった場合は、もう不法行為から20年という期間しか適用されず、被害者が誰かが分かって3年というのは適用されないんでしょうか? 長々と質問すみません。 よろしくお願いします。

  • 未成年を代理人にした場合

    民法上、未成年でも代理人となれますが(102)、 未成年の法定代理人が本人と未成年の間の授権行為(委任契約など)を取り消した場合、 本人と相手方の法律行為に何か影響はありますか? <例> Xが未成年Aを代理人としてYと売買契約を結んだ。 その後、未成年Aの法定代理人Bが、XA間の委任契約を取り消した場合、 XY間の売買契約は影響を受けるか。

  • 消滅時効にならないの?

    ある行事での不法行為で一緒に参加していた未成年の子が死亡しました。 事故の八ヶ月後に両親は当事者ではなく行政側を損害賠償請求で訴えましたが敗訴しました。事故から四年六ヶ月が過ぎましたが当事者には1つも請求は無く、 時効を中断する用件もありません。何で当事者を訴えなかったかは判りませんが 裁判中は時効の中断になるのですか、また起算日は何時と考えるのが良いのでしょうか?ぜひ教えてください!!!

  • 消滅時効について

    民法ではある一定期間を過ぎると支払い義務が時効になる「消滅時効」があるという。 法律の条文を読んで見たが、イマイチよくわからない。 何年で時効になるのだろうか? ご存知の方、教えてください。 (例) *NHK・スカパー受信料 *新聞定期購読料