• ベストアンサー
  • 困ってます

排煙設備の防火区画について。

はじめまして。排煙設備の設置免除の条件である防火区画についてお聞きします。 告示1436 4項ハの3で防火設備で区画されれば免除になるとの記載がありますが、その防火設備とはどういったものでしょうか? 壁が軽量鉄骨+不燃石膏ボード(仕上げは準不燃)では防火設備にならないのでしょうか? よろしくご教授の程、お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数7826
  • ありがとう数7

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

告示1436号4項ハ(3)は100m2以下の居室の排煙設備設置免除の条件ですが、その条件とは 1.100m2以下の居室 2.準耐火構造の床と壁で区画された居室 3.防火設備及び室内の仕上げが準不燃以上 です。1は必須ですが、2と3はどちらかを満たしていればOKです。 本題の3で言われる防火設備についてですが、この防火設備は出入口のドアなどの建具のことをさしています。お尋ねの壁が軽鉄+不燃PB+準不燃仕上げについては壁の準不燃以上の仕上げについての条件のみ満たしています。 防火設備については告示1360号を見てもらえればわかるかと思いますが、スチールドア(鉄板0.8mm以上、ガラスが入っている場合は網入りガラス)であれば防火設備になると思います。また、アルミドアなどでも個別認定の取れているドアがあります。 要は、出入口のドア(間仕切壁についている窓なども該当します)などは鉄扉にして、その他の床・壁・天井は準不燃以上で仕上げれば排煙設備の設置免除となります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり大変申し訳ありません。 ご回答ありがとうございます。 告示の受け取り方ですが、「・・・防火設備で区画・・・」とあるので防火区画しなければならないのか。と私は受け取ってしまっていたのですがそうではないのですね。 防火区画ですと、躯体まで下地のボードがあがってなければならないし、ボードの厚さの規定もあります。それで迷っていたのです。 とりあえず方向性は決まりました。大変助かりました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 排煙設備免除

    建築基準法により排煙設備が必要な建築物の居室において、 告示1436-4-ハ(4)により内装下地仕上とも不燃とすることによって排煙設備の設置が免除されますが、 その際に床から1.2m以下の部分に設置する厨房の固定式の常設カウンター(木下地、仕上げ材木製)も内装下地仕上とも不燃としなければならないのででょうか。 また、消防法上で内装不燃として設計をしている場合に問題は生じるでしょうか。

  • 自然排煙と告示1436適用部分の区画について

    700m2 2階建 診療所(患者収容施設無)の計画です。 上記タイトルの質問です。 自然排煙の居室(有効排煙高さ700確保)に隣接する居室を告示1436四ハ四で考えています。 告示1436四ハ四を簡単に言うと、室内に面する下地仕上げを不燃で作るという内容です。 ここで、その開口部(出入口)の扱いなのですが、条文を素直に読むと、不燃戸にする必要があると思います。 また、この内容は「建築設備設計・施工上の運用指針」でも示されています。 しかし、上記の内容をふまえた私の考えは、 1.この条文については、排煙設備設置義務となる建築物について適用されるものである 2.今回の建築物は排煙設備が必要とならず、自然排煙の居室は1/50の検討のみで行われる(つまり区画は700の垂れ壁で行う) 3.告示の部屋への開口上部は700確保されている 4.上記より、その開口部は不燃としなくても良い と考えるのですが、みなさんのお考えはいかがですか?

  • 主要な間仕切りの防火区画

    保育所の主要な間仕切りについて教えてください。 防火区画をする主要な間仕切の出入り口は、防火設備としなければいけないのでしょうか?認定のとれている防火設備ですとデザインが限られていて・・・。木製建具もしくは、一般の不燃建具でもいいのでしょうか?

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
noname#79085

4項ハの2か4は使えませんか?防火区画に掛かっているのですか。 仕上げ(クロス?)を不燃にするだけです、無理が無い。 使えれば防火設備(扉とか)は不要になりますけどね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなり大変申し訳ありません。 ご回答ありがとうございます。 質問の室は居室なので4項ハの2は使えません。4は検討中です。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 排煙設備免除の居室に設置する扉の構造について

    はじめまして、居室の排煙設備設置免除の条件でお聞きします。 告示1436-4-ハ(4)を使い排煙の免除を受ける場合、出入り口の扉上に垂れ壁が500以上あれば不燃の扉(自閉式)ではなく木建ての扉で良いのでしょうか。

  • 防火区画の壁について

    仕事上でいろんな建物の建築図や平面詳細図を目にしているのですが、 防火区画の壁(石膏ボードの厚さ)の事でちょっと疑問に思ったことがあります。 防火区画で1時間耐火の壁が大抵の建物には存在しますが、 使用している石膏ボードが21mm×2枚の片面貼り、15mm×2枚の両面貼り、9.5mm+12.5mmの両面貼り と各現場で(同じ現場の中で使い分けている場合も)まちまちです。 これらの使い分けがよくわかりません。 平米あたりの重量?コスト?もしくは他にも条件はあるのでしょうか?

  • 内装制限と排煙

    わかっていたつもりがわからなくなってきました。 私はおもに特殊建築物(集会場)を手がけているゼネコンにて 内装設計をしています。 窓のない部屋の仕上げですが、 令128条3-2 内装制限 床面積が50m2を超える居室で窓その他の開口部の開放できる部分面積の合計がその居室の1/50以下・・・壁・天井の仕上げ 準不燃以上 令126-2 排煙上有効な窓、その他開口部のない居室の面積の合計がその居室の1/50以下・・・ 排煙設備が必要 告示1436四ハ(4) 床面積100m2以下・・・天井・壁下地とも不燃で排煙設備不要 窓の無い居室で内装仕上げが準不燃クロスですむ場合ってあるのでしょうか? 上記を整理すると 令126-2 1/50以上の有効窓が無い→排煙設備必要→その免除に下地仕上げ不燃 令128条3-2のみをみると 1/50以上の有効窓が無い→仕上げ準不燃以上?でいいのですか? それとも『居室で窓その他の開口部の開放できる部分』とは あくまで外気に直接ふれる開口であっ、排煙を自然排煙ではない場合は(排煙設備利用)仕上げは準不燃以上(難燃ではダメ)ということですか?

  • 無窓居室の排煙設備

    建築基準法施工令126条の2で、同令116条の2第1項二号に該当する「排煙上の無窓居室」には排煙設備を設置しなければならないと書かれています。 H12告示1436号4号では、建物の31m以下の部分で、面積が100m2以下の下地仕上げとも不燃材料で作られた居室については、排煙設備の設置が免除されると書いてあります。 これは、居室の用途が事務所の場合、この居室がたとえ「排煙上の無窓居室」であっても、31m以下の部分にあって、面積が100m2以下で下地仕上げとも不燃材料で作られていれば、排煙設備を設置しなくても良いということでしょうか。

  • 「防火区画等」とは外壁を含みますか?

    よろしくお願いします。 法第64条の延焼のおそれのある部分の外壁に排水管が貫通する場合、 建築基準法施行令 第129条の2の5第七号「防火区画等」にあたるのでしょうか? 開口部なのに防火設備にできず、防火区画でもなく、 かと言って何も制限が無いというのもおかしな話で、 それっぽい条文といったらこのくらいしか見つかりません。 あれこれ調べましたが煮詰まってしまいました。 見落としや勘違いあるかと思います。なにとぞご教示ください。

  • 排煙緩和内装制限の壁下地について

    施行令126条の2に該当するため排煙設備が必要な建物のWCですが、 告示1436号四-ハ-(2)(100m2以内、防煙壁により区画された非居室) を利用し、排煙緩和としています。下地・仕上共に不燃としていますが、手摺やジェットタオルの補強下地に合板を使用したい考えです。防煙壁という目的を考えると、壁の上部のみが不燃下地ではだめなんでしょうか…。

  • 排煙口の設備でわからないことがあります。

    排煙口の設備でわからないことがあります。 建築図で電気室を告示1436号4-ニ-2と書いてありました。 告示1436号4-ニ-2とは、排煙口免除の意味するのでしょうか 排煙口設備はよくわかりません。 建築図拡大したpdf確認お願いします 詳しい方アドバイスお願いします

  • 防火区画について

    鉄骨2階建、述床面積1000m2、耐火建築物、物販店舗で吹抜け、PS、EVシャフトがある場合に竪穴区画は必要になってくるのでしょうか。 自分の解釈では3階建以上に居室がある場合に必要になると思っているのですが。 それと、その他の防火区画も必要ないと思うのですがいかがでしょうか。

  • 配管の防火区画貫通部の処理方法

    配管工事で、防火区画壁に穴を開け、径1インチ程度のSUSのガス配管を貫通させました。 この区画壁は、軽量鉄骨を挟んで両側に2枚重ねの石膏ボードを貼り付けたもので、 石膏ボードの間には100mm程度の隙間が空いています。 教科書を見ると、配管の防火区画貫通部の仕舞いは、隙間にロックウールを充填し、 両側をケイ酸カルシウム板か鋼板の貫通プレートで塞ぐとされています。 石膏ボードの両側から塞ぐなら、その施工で問題ないのですが、今回のケースでは、 石膏ボードに開けた穴と配管の隙間にロックウールを詰め込むと、 ボードの向こう側の隙間に落ちていってしまいます。 このような場合、区画貫通部の仕舞いはどのようにすれば良いのでしょうか? 貫通プレートの厚さが1.6mm以上あればロックウール充填は不要、と現場で耳にしましたが、 その裏付けが取れないので、困っています。 鋼板の割り板で塞いで、配管との隙間(と、壁とプレートの隙間)を耐熱コーキング処理すれば、 区画間の延焼はなくなると思われますが、ロックウール充填なしでも構わないのでしょうか?

  • 114条区画、防火区画の設備貫通処理

    114条区画、防火区画の設備配線の貫通口の処理なんですが 両サイドに鉄管1m以上ずつの貫通口処理の他に何か鉄管を使わない方法はありますか??