• 締切済み
  • すぐに回答を!

排煙設備免除

建築基準法により排煙設備が必要な建築物の居室において、 告示1436-4-ハ(4)により内装下地仕上とも不燃とすることによって排煙設備の設置が免除されますが、 その際に床から1.2m以下の部分に設置する厨房の固定式の常設カウンター(木下地、仕上げ材木製)も内装下地仕上とも不燃としなければならないのででょうか。 また、消防法上で内装不燃として設計をしている場合に問題は生じるでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5811
  • ありがとう数3

みんなの回答

  • 回答No.2
noname#102385

今晩は cyoi-obakaです。 告示1436-4-ハー(四)は、壁と天井の規定ですから、常設カウンターが壁の中に固定されてなければ問題ないでしょうね~! 要するに、自立していればOKでしょう! 尚、この規定は内装制限ではなく、排煙の緩和規定ですから床からの高さは無関係ですヨ! 消防も同じ扱いだと解釈します。 だた、#1さんの判断も有りかな~と思います。  

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 無窓居室の排煙設備

    建築基準法施工令126条の2で、同令116条の2第1項二号に該当する「排煙上の無窓居室」には排煙設備を設置しなければならないと書かれています。 H12告示1436号4号では、建物の31m以下の部分で、面積が100m2以下の下地仕上げとも不燃材料で作られた居室については、排煙設備の設置が免除されると書いてあります。 これは、居室の用途が事務所の場合、この居室がたとえ「排煙上の無窓居室」であっても、31m以下の部分にあって、面積が100m2以下で下地仕上げとも不燃材料で作られていれば、排煙設備を設置しなくても良いということでしょうか。

  • 内装制限と排煙

    わかっていたつもりがわからなくなってきました。 私はおもに特殊建築物(集会場)を手がけているゼネコンにて 内装設計をしています。 窓のない部屋の仕上げですが、 令128条3-2 内装制限 床面積が50m2を超える居室で窓その他の開口部の開放できる部分面積の合計がその居室の1/50以下・・・壁・天井の仕上げ 準不燃以上 令126-2 排煙上有効な窓、その他開口部のない居室の面積の合計がその居室の1/50以下・・・ 排煙設備が必要 告示1436四ハ(4) 床面積100m2以下・・・天井・壁下地とも不燃で排煙設備不要 窓の無い居室で内装仕上げが準不燃クロスですむ場合ってあるのでしょうか? 上記を整理すると 令126-2 1/50以上の有効窓が無い→排煙設備必要→その免除に下地仕上げ不燃 令128条3-2のみをみると 1/50以上の有効窓が無い→仕上げ準不燃以上?でいいのですか? それとも『居室で窓その他の開口部の開放できる部分』とは あくまで外気に直接ふれる開口であっ、排煙を自然排煙ではない場合は(排煙設備利用)仕上げは準不燃以上(難燃ではダメ)ということですか?

  • 自然排煙と告示1436適用部分の区画について

    700m2 2階建 診療所(患者収容施設無)の計画です。 上記タイトルの質問です。 自然排煙の居室(有効排煙高さ700確保)に隣接する居室を告示1436四ハ四で考えています。 告示1436四ハ四を簡単に言うと、室内に面する下地仕上げを不燃で作るという内容です。 ここで、その開口部(出入口)の扱いなのですが、条文を素直に読むと、不燃戸にする必要があると思います。 また、この内容は「建築設備設計・施工上の運用指針」でも示されています。 しかし、上記の内容をふまえた私の考えは、 1.この条文については、排煙設備設置義務となる建築物について適用されるものである 2.今回の建築物は排煙設備が必要とならず、自然排煙の居室は1/50の検討のみで行われる(つまり区画は700の垂れ壁で行う) 3.告示の部屋への開口上部は700確保されている 4.上記より、その開口部は不燃としなくても良い と考えるのですが、みなさんのお考えはいかがですか?

  • 回答No.1
noname#82142

大きさによるのでは。? 馬鹿でかければ・・・この基準は個々の審査機関で変わるのでしょうが何らかの措置を命ぜられるかもしれません。 2m程度のカウンターが不燃下地+不燃仕上の壁に作りつけられていれば柔軟に処理、つまり「ま、いいか」、となりそうですがねえ。? ちなみに最悪壁下地が不燃(LGSなど)であればカウンターに不燃のシートを貼っちゃえば下地仕上げ不燃、と解釈してもらえないでもらえないでしょうかねえ。 1436の場合下地と仕上の間のボード類などの制限はありませんから。 消防も同様。 最近内装制限要の物件で間接照明を設ける為のふかし飾り壁の仕上げを準不燃認定無しのメラミンでやりましてね(見付け4平米位)、指摘されたら交換止む無しと考えておったのですがスルーされましたよ。 原則不可、しかし実況に応じて可、そんな部類のお話では?。 参考意見、まるで自信なし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 過去の設計物件で内装制限ありの場合でも 気にせずに木製下地のカウンターを設置していたのですが、 厳密にはどのような扱いになるのか気になっていました。 参考にさせていただきます。

関連するQ&A

  • 排煙設備免除の居室に設置する扉の構造について

    はじめまして、居室の排煙設備設置免除の条件でお聞きします。 告示1436-4-ハ(4)を使い排煙の免除を受ける場合、出入り口の扉上に垂れ壁が500以上あれば不燃の扉(自閉式)ではなく木建ての扉で良いのでしょうか。

  • 排煙設備について教えてください

    はじめまして、かけだしです。よろしくお願いします。 建物は、3階以上、500m2以上の特殊建築物(風俗系)であります。 排煙設備で困惑しています。 1、令(第126条の2) の免除についてですが、免除についての文言には、居室 とあるのですが、これは居室以外(廊下、ホール、洗面室トイレ、屋内倉庫など)は防煙区画しても免除の対象でないということですか。(逆にいえば、居室以外はどうころんでも排煙要求されるということでしょうか) 2、また、上記により免除された居室でも無窓居室である場合はやはり、免除対象外(排煙設備が必要)となるのでしょうか。 (過去のQ&Aには)たとえ「排煙上の無窓居室」であっても、免除要件を満たせば、排煙設備を設置しなくても良いという趣旨の回答がありました。 そうしますと、同一建物であっても、居室部分には排煙設備が全くなくて、それ以外の屋内倉庫(物置)やトイレには、排煙設備を設けるということもあるようで、ちょっと釈然としないのです。

  • 排煙設備の設置ついて

    500m2を超える木造建物には排煙設備の設置が必要になってくるようですが居室以外の廊下や便所、収納、押入などはどのように対処したらよろしいですか? 自分なりに調べたのですが防煙壁で区画し100m2以下にし準不燃で内装をするという告示1436号もありますが、それだと便所、収納、押入等の壁も防煙壁にしないといけないということなのですか?意味がわかりません。分かる方お願いします。ちなみに用途はグループホーム平屋建で、延べ面積600m2です。

  • 排煙口の設備でわからないことがあります。

    排煙口の設備でわからないことがあります。 建築図で電気室を告示1436号4-ニ-2と書いてありました。 告示1436号4-ニ-2とは、排煙口免除の意味するのでしょうか 排煙口設備はよくわかりません。 建築図拡大したpdf確認お願いします 詳しい方アドバイスお願いします

  • 排煙免除

    事務所の改装なんですが 現在500m2以内で有効排煙窓が設置されてあれば その範囲内であればパーティション(非難燃ペーパーコア)で 打合せ室や会議室等の小間仕切りスペースを作っても問題ないですか? それとも室で区切ると室単位で適用させなければならなくなるのでしょうか? 又、現在天井がジプトーン9.5mm(準不燃)なのですが、 もし室単位で適用となる場合、居室で告示1436-4-ハ(四)の下地仕上不燃で逃げる場合は壁を不燃パーティションにしても天井が一般的な天井ジプトーン9.5mmはアウトなのでしょうか? そうなると前面張替になるT_T

  • 自然排煙について

    はじめまして。今 建築について勉強中ます。基本だと思うのですがどうしても分からず質問します。 別表1(い)(1)~(4)の特殊建築物で延べ面積500m2以上なんですが排煙設備が必要になり、 機械排煙設備、自然排煙設備、もしくは告示緩和になると思うのですが、この自然排煙設備には、 116条の2第1項2号の開口部でもいいのでしょうか? 後、病室の窓に患者が転落しないように10cmほどしか開かないようにロックがある場合(竣工後に付けたものだと思います)、換気上有効な窓がその居室の面積の1/20未満のとき換気上無窓居室でいいでしょうか? 基本なことだと思いますがよろしくお願いします。

  • 排煙緩和内装制限の壁下地について

    施行令126条の2に該当するため排煙設備が必要な建物のWCですが、 告示1436号四-ハ-(2)(100m2以内、防煙壁により区画された非居室) を利用し、排煙緩和としています。下地・仕上共に不燃としていますが、手摺やジェットタオルの補強下地に合板を使用したい考えです。防煙壁という目的を考えると、壁の上部のみが不燃下地ではだめなんでしょうか…。

  • 機械式排煙設備について

    400m2の事務所に、天井付け(スイング式)の排煙口が設置されており、既設天井は、スリット付のシステム天井になっています。 間仕切りを作った場合(内装仕上げは準不燃)、100m2区画の緩和は成立するのでしょうか? 又、各居室天井面にガラリやスリットがある場合、排煙区画は成立するのでしょうか? 教えて下さい。

  • 排煙計算

    排煙を検討中なのですが、令126の2の排煙上の無窓居室に該当し、自然排煙設備を取付ける事にしました。 居室の天井高は3m以上なので、告示1436-3-ロ(床から2.1m以上・・・)の排煙口(居室の1/50以上)を計画しました。 そこで質問なのですが、 (1)告示1436-3-ロを使う場合、排煙口は排煙計画する床面積の1/50以上でよいのでしょうか? (2)告示1436-3-ロを使う場合、階段以外の便所、玄関、脱衣・浴室(玄関以外無窓です)の排煙は検討すべきなのでしょうか??

  • 排煙設備の防火区画について。

    はじめまして。排煙設備の設置免除の条件である防火区画についてお聞きします。 告示1436 4項ハの3で防火設備で区画されれば免除になるとの記載がありますが、その防火設備とはどういったものでしょうか? 壁が軽量鉄骨+不燃石膏ボード(仕上げは準不燃)では防火設備にならないのでしょうか? よろしくご教授の程、お願いします。