• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

「ダイレクト出版」について教えてください

カードで申し込みした記憶が無い(無料のCDをチェクしたかも)お金がおちる。停止方法教えて・ダイレクト出版からの請求でカードから落ちる。   助けて

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数8997
  • ありがとう数79

みんなが選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4

assault852さん ダイレクト出版は、都合が悪くなると回答してきません。 taniken2005さん 最悪の場合、カード会社に止めるように交渉した方が早いかもしれません。 私の場合は、途中で止める事は出来ましたが、 その後何度言っても、DMを嫌がらせで送って来ています。 訴えるぞ!と書いたら、返事して来ません。 マーケティングも「すばらしい方法」で、売り上げが止まらない程だ。 と言っていますが、知れ渡った「今なら○○円で買える!」とか、 「今申し込むと、DVD限定○枚、プレゼント!」など 陳腐な方法です。 しかも、アフターフォロー一切なしで、どんどん売り込みだけしてくる。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • ダイレクト出版

    投資に興味があるんですけど、今はたくさん勉強する方法があると思うんですけど、 どんな方法だと、効果があるんでしょうか?  なるべくお金をかけないで覚えられたらいいんですけど、 最初はやっぱり設備投資というんでしょうか、 勉強するときはそれなりにお金と時間をかけないと、 ダメでしょうかね?  ひと昔前だったら、そんなムシのいい方法は全然なかったでしょうけど、 でも、投資に関する無料のメールマガジンもあるって聞いたんです。 たとえば、ダイレクト出版という会社だと、株式投資やFX投資について わかりやすいメールマガジンを発行してるって聞いたんですけど、 探せば、お金がかからなくて、しかもちゃんとした知識を身につけることができる 投資の勉強方法は見つかるでしょうか? 

  • ダイレクト出版について

    ダイレクト出版の年間登録に申し込みました。 質問等があってもメールでしか問い合わせが出来ず、そのメールに対しても返答が返って来ないなど、対応の悪さに途中解約メールを送りました。 次のCDは来なかったので手続きになったと思い安心していたら、カード会社から届いてない分の請求が来ました。 ダイレクト出版が、社員の個人情報流出事件後に知らせてきた問い合わせ先電話番号に問い合わせをしたら、担当から折り返しお電話をしますと言われ待っていましたが、ほんの2~3回なってこちらが電話に出る前に切れてしまいました。 どなかた、私のような経験をお持ちの方がいましたが、対応策を教えてください。 あまりのダイレクト出版の対応の悪さに驚いています。 よろしくお願い致します。

  • 本の出版のコンクールについて

    本を出版したいなぁって思っているのですが、お金がナイので、コンクールにでも出品して、入賞して、無料で出版したぃのですが、何方かコンクール情報など知っていたら教えてください!! お願いします★☆

その他の回答 (5)

  • 回答No.6
  • ooi-2
  • ベストアンサー率0% (0/0)

ビデオレンタルのdmm.comで利用していないのに毎月定額の引き落としが、一年後にカード利用が無いいので気が付き、dmm.comやクレジット会社と連絡を、dmm.comに連絡つかず、クレジット会社に連絡、結果、クレジット会社のお客様は、カード所有者の自分では無く、dmm.comの味方?でした、国民消費者センターに電話し、引き落とし拒否の内容証明郵便の書き方等の指導を受け、引き落としは無くなりましたが、金は戻りませんでした、カード会社の対応に怒りを感じ、即解約し、痛い勉強でインターネットでのカード登録は一切していません、公的機関は悪徳業者の名前、悪行が皆無になるまで、国民に流布してほしいです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5

解約やご請求に関するお問い合わせは 下記にお問い合わせください。 TEL:06-6268-0850 FAX:06-6268-0851 お問い合わせフォーム:http://www.d-publishing.jp/contact/ ご不明な点がございましたら、お調べ致しますので まずはお問い合わせください。 なお、電話が混み合っている場合は お問い合わせフォームにご入力いただければ 2営業日以内にご回答いたします。 ダイレクト出版カスタマーサポート

参考URL:
http://www.d-publishing.jp/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

ダイレクト出版からの無断課金の騒ぎの後、結局自分が自動継続の解約手続きをしなかったのが悪いのだと2か月分の引き落としを我慢しなくてはいけないとなった。 しかし連絡先も直通電話は公開せず、メルアドもフリーのものを使っている会社で、一番最初の郵送物をよく見ておかないと、それ以降、解約の仕方もわかりにくい仕組みになっている点は要注意。 しかし、2ヶ月ですんだのはしつこく連絡を取ったためそれですんだとも思っていた。 しかし、これで最後の引き落としだと思ってクレジットカードの明細を見ると、更なる請求が上がっていた。 2チャンネルなどで自分と同じようなパターンの人がいて、その人は、引き落としがとまった数ヵ月後に数万円の架空請求が上がっていたという。 自分もクレジットの架空請求はカードを使い始めて10年以上になるがはじめてであった。 いろいろ調べて会社概要のページに電話番号が見つかったのでそこに電話して、返金してもらうことが出来た。 架空請求に対する返金には比較的すんなり応じてくれる。 状況証拠的には確信犯と思われるが、返金に応じたし、証拠はないのでこれ以上なんとも言えないが、おそらく、請求書を見逃す人は一定割合で必ず居ると予想できる。 なので、ダイレクト出版にクレジットカード情報を取られた人は毎月の明細は必ずチェックするようにお勧めする。 ちなみにクレジットカードを解約しても、請求を上げられると通ってしまうらしい。 カード会社に電話して聞いた。 ダイレクト出版からの架空請求があった方は、返金の要求をダイレクト出版にするのと同時に、必ず地域の消費者センターに電話して、どのように対策をするのがよいかアドバイスしてもらうことをお勧めする。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難う御座いました。はじめに良く気をつけて申し込みする必要有るですね。

  • 回答No.2

ここはサポートが悪いです。 自分も引っかかりました。 970円のみで情報商材を送ってくれて、気に入ったら有料会員になるト認識していましたが、それに申し込むとカード情報を取られるリスクが発生します。 さらに気に入ったら申し込むのではなく、気に入らなければ解約の手続きをしないと自動的に会員になってしまうということだったようです。 ここまでは、こちらが確認しなかったのが悪いのかとも思いますが、つまらない内容だったので、もう書類は捨ててしまい、わざと誤解させるような内容だったとしても、証明は出来ません。 自分は、解約手続きをしないでいたら、「会員申し込みありがとうメール」が来て、申し込んでいないので、問い合わせの返信メールに加え、ウェブの問い合わせフォームから覚えがないがどういうことかと問い合わせるも連絡なし。 こういうところがやばい会社だと思いますが、そうして郵送物が届きおかしいと思うも、もしかしてDMか?と思ったりしたのがまちがいで、その翌月も届いて、ファックスで問い合わせしたが、これも連絡なし。 ファックス番号と、メールアドレスしか連絡が取れないようになっています。 そしてカード会社の明細を確認するとダイレクト出版の引き落としが始まっているのが確認され、ネットで検索すると似たような事例、に加え、勘違い以外の無断引き落としもあるとの書込もあります。 自分はカードの引き落としが確認されたところで、カード会社に確認し、さらにカード会社に確認中ということを書き添えたメール、引き落としをやめるようにファックスを複数の経路で返事がくるまでで送り続けたところ返事があり解約しましたが、今までの分は返金には応じられないとのメールが来て今後のクレジットカードの引き落としは多分とまると思われます。 しかし、ネット上を検索したところ、他の事例には忘れた頃に今度は本当に無断引き落としが行われたという書込みもありますので、毎月の明細は確認が必要だと警戒しています。 自分は返事が来るまで連絡をすることで返事がやっと来ましたので、以下連絡先です。 FAX 0120-553-999 06-6265-1066 ウェブ上からの問い合わせ先 http://www.123marketing.jp/support/ サポートメルアドなど support@123marketing.jp reply.ogawa@gmail.com 以上わかりうる5つの問合せ先全部にファックスとメールを送ってやっと返事が来ました。 消費者センターにも問い合わせて、とにかく返事が来るまで連絡を取ら無いといけません。 その際自分の名前、住所が書いてあると少なくとも解約にはおうじてくれると期待できます。 今までの分は泣き寝入りでしょうか。 これについては消費者センターに相談してください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

http://www.d-publishing.jp/inquiry/ お問い合わせください。 それ以外に解決方法はありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 手帳の出版について。

    いつもお世話になっております。 手帳の出版についてなんでも知りたいので教えてください。 ・手帳にも印税というものはありますか? ・本を出版するよりもお金はかからないように思えますが、  自費出版するといくらくらいかかるものなのでしょうか? ・出版社と連携した場合、著者への分配金はおいくらぐらいになるのでしょうか? ・具体的な出版方法について教えて頂けますでしょうか? お手数ですが、よろしくお願いします。

  • カードの引き落とし

    e-bookの無料ダウンロードで義務づけられたメールの中で、小川忠洋のCD無料、送料こちら負担というのに乗りました。その後、又、頼みもしないCDを送りつけて、カード会社にCD費用を請求し、カード会社 から引き落とし通知を受けました。小川忠洋(ダイレクト出版)はアフリの世界では名があると思っておりましたが、こんな商法をするとは? 今後、CDの送付の拒否とカードの引き落としの拒絶の方法を教えて下さい。一応、ダイレクト出版にメールでクレームを入れましたが、早期に 回答があるか気にかかっています。

  • 本のスリップ(売上カード)を送る必要のない出版社は?

     今、本屋でバイトをしているのですが、そのバイト先の本屋には、スリップ(売上カード)を送る必要のない出版社のリストがありません。そこは、以前はビデオやCDのレンタルだけの店で、少し前から本も置くようになったという事だからでしょうか。なぜだかリストがありません。    私が以前に別の本屋で3年程働いていて、そこでスリップを出版社に送る必要の有る無しを、ある程度リストを見ないでも分けれる程覚えていたことから、今のバイト先では、僕の記憶だけを頼りにスリップを分けている状態です。  ですが、要るのか要らないか、いまいち自信の無いものも多く、やはりスリップを送る必要のない出版社のリストはどうしても必要だなと痛感しています。  そこで、リストを手に入れたいと考えて、インターネット等々、いろいろ探してみたのですが、どうも見つかりません。  どこかで手に入れることはできるのでしょうか?

  • 投資について学びたい。ダイレクト出版なんてどうでし

    投資について全くの素人が勉強したいと思うのですが、どういった方法がおすすめでしょうか。 証券会社などのセミナーや会員制の情報サイトなど様々な方法で学ぶ事が出来ると思います。会社によっては投資スクールといった数カ月通うような学校のようなサービスを提供しているところもあるらしいですね。 もちろん出来る事なら、そんなにお金のかからない方法が良いと自分でも探していたところ、ダイレクト出版という会社が無料メルマガを提供している様でした。 このような無料の情報でも役に立つでしょうか? 皆さんは投資を、最初どのようにして始めたのでしょうか? また株やFXなどいろんな投資があると思いますが素人でも比較的安全に始められる投資はありますでしょうか?

  • 小説を出版するには…

    自分で書いた小説を大手の出版社から出版する方法を教えてください。 自費出版はお金が大量に必要だと聞きましたので自費出版はできません。 書いている小説はライトノベルだと思うのでメディアワークス(電撃文庫)さんから出していただけたら…と思っています。 そもそも小説作家になるための条件は有るのでしょうか?

  • ある出版社の漫画が勝手にアップロードされていた場合

    ある出版社がアップした過去の漫画が誰かに勝手にアップロードされた場合について 違法ダウンロード、著作権などどのような法律にかかわるかわかりませんが、以下の ような質問をさせていただきます。 仮にある出版社が過去に販売していた漫画の単行本を自社のネット配信システムを 使って、販売していたとします。 当然、その本のデータにはある程度のコピーガードのような処置が施されています。 このような状況の中、ある購入者が、コピーガードをクラックし、自分のサイトで、 無料ダウンロードできるようなことをしていたとします。 そこで質問です。 出版元(作者と出版社)は、この購入者に対してどのような処置・対応が可能なので しょうか? 違法ダウンロード法では無理だとは思いますが、別の法律によって刑事告発などはで きるのでしょうか? また、相手の身元が判明した場合、損害賠償請求は可能なのでしょうか? 刑事告発、民事告発など、原理原則として、どのようなことが可能なのか。 また、どのようなことが一般的なのか教えてください。 最近のニュースを読む限りでは、大手出版社が無料ダウンロードサイトやP2Pなどを 告発したような記事はあまり見受けられない印象を持っています。 大手出版社はこのような勝手にアップロードしてしまう者に対して、告発や損害賠償 請求などは行っていないのでしょうか? 行っていないとすれば、何か理由があるのでしょうか? いろいろとわからないことだらけです。 お手数ですがご回答をお願いいたします。

  • 本を書いたのですが出版する方法を教えて下さい。

    本を書いたのですが出版する方法を教えて下さい。 ある事件を題材にノンフィクション風に2万字程度の本を書きました。ある出版社に問い合わせをしたら原稿も読まずにいきなり自己出版を勧められました。自分は年金生活者でお金の余裕は全くないと答えたらあとは、なしのつぶてです。 読むだけでも読んでもらって、価値がないと判断されればいたし方ないと諦めますが「それでは、読んでやるから原稿を送りなさい」というところはまだありません。出版社も私のような売り込みが多くていちいち読んでいる時間はないので、小説の内容だけを聞いて判断せざるを得ないのでしょう。自己出版なら出版社サイドにはほとんど損はかからないのでこれを勧めるのも分かります。 そんな中で、私のように自己出版する余裕がないけれど、せめて自分の原稿を読んでもらって判断してもらいたいと望んでいるものは、どのような売り込みをしたら効果的なのか教えて下さい。

  • 電子出版の検索率を上げる方法は?

    今月に入り二冊電子出版スタートいたしました。沢山の人々に知ってもらうにはどのような方法がありますか教えてください。一つは名簿CDを購入して不特定多数の人々に流すですがこの方法にもどんな問題がありますか?

  • 自費出版CDの処分方法。

    10数年ほど前、昔のアマチュアバンド仲間の友人と一緒に作った自費出版CDが200枚ほど 押入れに眠っています。(CD-RではないプレスCD) しかし、、廃棄物として捨てるわけにもいかず処分方法に困っています。 何かいい方法はないものでしょうか?

  • 出版社・編集プロダクションで働くとして

    ライター・カルチャーセンター講師・大学教員などの仕事をしたいと思っています(ジャンルは歴史・地理系)。まずはその道の専門家になることが先決と考え、知識の蓄積などに努めています。 そういう方面に進む方法として a.編集者経由(編集プロダクションや出版社にもぐりこむ) b.専門家として知識(学識)に自信がついた時点で、出版社に企画を持ち込む c.その道の専門家に弟子入りする を考えています。現時点では、「手っ取り早そう」ということでaが現実的かと思っています。 それで、もしaの方法を採るとして、実際にどうしたらよいかがわかりません。 具体的には「出版社とのコネを作ること」と「編集の仕事を経験すること」のどちらを優先すべきかがわからないのです。例えば、 ・私が希望するジャンルの出版物を扱う出版社でのデータ入力・校正・資料整理の仕事(期間限定) ・希望とは異なるジャンルの出版物を扱う出版社・編集プロダクションでの編集アシスタント業務 と2つの働き口があったとして、どちらに進むべきかがわかりません。 実際にはaだけでなくbやcの方法も考えています(入口が違っていても最終的にはゴールに辿り着けばよいので)。 ちなみに私は ・現在32歳。三十路突入の直前までは病院の事務員でした。 ・ソフトウェア会社で翻訳のアルバイトをしています(時給900円)。 ・編集の仕事は未経験です(ただし、通信教育で雑誌編集の勉強をしたことはあります)。・編集者になるつもりは全くありません。あくまでライターになるための一手段(通過地点)として考えています。 ・院進学希望で、実際そうする必要もあると思っています。ただし今の貯金では少々心もとないので、より多くのお金を稼ぐ必要もあると思っています(そうなると収入を優先して仕事を選ぶ必要があります)。 皆さんのご意見をお聞かせください。よろしくお願いいたします。

専門家に質問してみよう