• ベストアンサー
  • 困ってます

独身女性の保険の見直し 

25才女性 独身です。 生命保険の見直しを考えています。 結婚する予定もない、独身の現在、保険料をもう少し抑えたいと思っています。しかし、どこをどう削ればよいのか、また、別のものに入り直した方がよいのか、知識が乏しい為全くわかりません。 どなたかよいアドバイスを願いいたします。 (1)プルデンシャル生命  変額保険(終身型)65才払込済み    保険金額:500,000円 終身        特約:家族収入(定額型:月額100,000円(36年)     入院総合保障特約:入院給付日額5,000円(終身)     がん入院特約:がん入金給付日額10,000円(終身)  合計保険料(月額):11,200円   (2)プルデンシャル生命  米国ドル建年金支払型特殊養老保険  基本死亡保険金額:20,000ドル  年金月額(65才年金開始:200ドル  満期保険金額:39,046ドル  保険料(年額):555.2ドル   (一回目は日本円で65,330払い込みました。) (3)セコム損保  がん治療医療保険 メディコム  治療準備金保険金:500,000円  入院費用保険金:実費   がん手術費用保険金:実費  がん入金諸費用保険金:100,000円             日額10,000円  がん退院療養保険金:500,000円  合計保険料(月額)1,220円    (1)、(2)は加入して一年未満、(3)は2年経過しています。   長くなり申し訳ございませんが、どうかよろしくお願いいたします。 

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数271
  • ありがとう数6

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

こんにちは。 (1)の保険の家族収入特約ですが25歳のあなたが60歳になるまでに万一の場合が起きた場合、ご遺族に月々10万円の保険金が支払われる特約ですが、この保障が必要なのでしょうか?私も独身ですが必要ではないと思います。  医療特約についてですが、公的保険(健康保険、国民健康保険)に加入されている方は誰でも高額療養費制度が受けられます。この制度により、普通の所得の方は窓口の会計が月々10万円程度の自己負担になります。現在は入院の短期化になりつつあるようですから、長くても2ヶ月間くらいでしょう。つまり1回の入院で自己負担20万円もあれば十分だと考えられます。  25歳のあなたの生涯の中で、何度入院すると思いますか?多くて3回とします。つまり約2ヶ月間の入院が計3回、合計金額60万円の貯金あれば十分ですね。  例えば月々3500円の医療保険で60歳まで払い込むと、総額保険料は147万円となります。だから貯金の方が私は良いと思います。  私は自分のお客さんにはムリに「医療保険」は勧めておりません。ただし、緊急時費用としての60万円がない方は別ですが・・・。 (2)のドル建養老保険ですが、お金を貯める為だけと考えれば良いかと思います。が、65歳までしか死亡保障が無いのはどうかと考えます。人間誰でもいつか葬儀代が必要です。大半は65歳以降です。  そう考えますと終身保険の方が良いと思いますよ。 (3)のメディコムは良い保険だと思います。 がんの医療費手術代ですが、先ほどの高額療養費制度が利用出来ますので2ヶ月間入院で20万円~30万円の自己負担と思われます。 問題は退院後の投薬代と言われています。私の知り合いで乳がんの方がいるのですが、投薬代で自己負担が月々4万円にもなるそうです。長期の治療になる様ですから仮に5年間になりますと約4万円×12カ月間×5年間で240万円が必要と考えられます。だからもう少し保障があっても良いのかもしれませんね。 がんの医療制度はどんどん変化しつつありますので、40歳までには1度見直しをする事お勧めします。

参考URL:
http://www.sia.go.jp/seido/iryo/kyufu/kyufu06.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 丁寧な説明でとても解りやすかったです。 (1)の家族収入特約については、私も必要ないと思い、加入当初担当者にその旨を伝えたのですが、「この特約は必ずつけなければならない」と言われ、付けることになってしまいました・・もう一度よく確認してみます。 皆様のアドバイスを参考に自分に合った保険を検討したいと思います。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

極端に悪いようには見えませんが、やや死亡時の保障に払いすぎている気がします。 【案1】 (1)をシンプルな医療保険にする。死亡時の保障は(2)の$20,000があれば、そう困ることも無いと思います。入院給付日額5000円程度の終身医療保険であれば、(最大日数や他特約などで異なりますが、)月5000円以下であります。 【案2】 死亡、医療を(1)に任せ、(2)を辞める。 「(2)は保険だけでなく、将来の年金にもなるから」ということで契約されたかと思いますが、保険機能がついている分だけ、運用効率が悪くなっています。(年$555.2の積立で$39,046ということは年利2.7%程度でしょうか?) 将来の年金が欲しいということであれば、米ドルのゼロクーポン債などを買われるとよいかもしれません。 これだと、保険会社にマージンを取られずにすみますので、より少ない支払でより多くの年金を準備することができます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 (2)は運用効率が悪くなるとのことですが、そういう方面に疎く、 担当者の言われるがまま契約していましたので、とても参考になります。 (1)、(2)のバランスも考えながら、 もう少し検討してみたいと思います。

  • 回答No.4

akirakayasさんの情報が不足しているので、絶対ではありませんが、 ご加入の保険は悪くないと思います。 終身が必要なのか、という疑問をお持ちのようですが、 私は逆に余裕があれば終身保険を増やすべきだと考えます。 理由は、高度障害のリスクに備えが必要だからです。 ご存知のように生命保険は死亡時だけでなく、高度障害でも保険金を受け取ることができます。 例えば事故で下半身不随になったら、脳梗塞で半身不随になら、死ぬよりお金がかかりますね。 国から障害年金を受給できますが、充分ではありませんし、 家の改装や長期のリハビリ費用など一時金もかかります。 ですから、独身だから死亡保障は不必要などと言わず、ぜひ保障の大切さをご理解ください。 またプルデンシャルの終身保険は介護前払い特約がついています。 (変額終身も多分対象だと思いますが、確認してください) 重度の介護に対応した無料の特約です。 こちらも終身を増額すべきだと考える理由の一つです。 家族収入特約は、やはり高度障害のことを考えたら残すべきです。 ドル建養老は老後資金作りを若いうちから始めるという意味でよい保険だと思います。 現状では為替リスクを考慮しても、円建ての個人年金保険よりかなり有利です。 強いて難点を挙げるのでしたら(1)ですね。 担当者の意図もわからないではないのですが、 私でしたら 変額終身、家族収入保険、医療保険をそれぞれ別々の契約にします。 (変額終身は最低保険金額以下なので増額しないといけませんが)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 いろいろな見方があるのだなと、大変勉強になります。 加入時に、高度障害のリスクについて担当者からも説明がありました。その時はあまり実感がなかったのですが、もう少し考えてみる必要がありそうです。 多くの選択肢の中から、自分にあったものを選べるくらいに もう少し勉強した方がよさそうです・・(^^;)

  • 回答No.3

はじめまして。 ぱっとみ特に悪いというほどのことでもない保険ですが、 しいてあげれば、終身保険は必要なのか?ということ。 あなたが亡くなったときに誰のために残すのか? 現在独身ということですが、まだ25歳ですし以後結婚したとなっても 配偶者に終身保険をつけるのはそこそこ余裕がある人じゃないとと 私は思っています。 葬儀代等が必要だからといわれる人もいるかと思いますが、 それこそその程度ならば保険料分貯金しとけばいいだけの話ですし、 収入のある方が残るのであれば以後の生活も苦労するわけでもないのに 現在の生活を削るのはどうかと思っています。 そうなると、このまま終身保険に特約として医療保険をつけているのが ネックとなりそうです。 特約なので、終身保険を解約するとなくなります。 医療保険だけ継続は無理なので必要なくてもすべて継続に。 (2)(3)はそのままで、(1)を解約、新たに医療保険に 入るというのもありかと。 あえていいましたがこのまま入っていても無駄というわけでもありません。 払込満了までいけば解約しても払込保険料以上が返却されるわけですから。 (その場合でも医療部分が無くなるのではやはりネックかも・・・)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございます。 保険に関して全くの無知ですので、内容的にどうなのか心配でしたが、少し安心しました。 しかし、おっしゃる通り終身保険は必要なのか疑問に思えてきました。 アドバイスを参考にさせていただき、自分にあったものをよく検討してみたいと思います。

  • 回答No.1

元生保です。 保険は将来起こりうるリスクに対する備えです。リスクには「死亡リスク」「入院リスク」「介護リスク」「老後リスク」があります。前者2つは国や会社の保障もあります。足りない分だけ生命保険でカバーできればいいかと思います。 後者2つは介護状態になったときにお金って必要になるし、元気でいても定年がすぎたら収入が減るのでお金が必要ですよね。そういうことにそなえるということです。 さて、死亡リスクは、基本的には遺族保障です。残された遺族がどのくらいお金が必要かを考えて死亡保障を用意するものです。 入院については、いまの医療状況からして、短期入院が主です。だから初日から給付があるものが必要です。また手術だけでも給付があるものがいいですよね。また将来長生きすることを想定すると、終身医療保険でなおかつ入院日数が長くても保障してくれるもののほうがいいでしょう。できれば積み立てタイプだとなおいいと思います。将来保険料が払えなくなったときに、積立部分から自動的に振り替えてくれるからです(どこの保険でも積み立てタイプのものだとみんな同じです)。 失礼ですけど、私はそういう点からすると、あなたが現在加入されている保険は決して悪くないし、保険料もそのくらいはかかるんじゃないかな、と思います。もし見直すならば、(2)(3)をやめる、ということでしょうか。 あまりいい回答できなくてすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答ありがとうございました。 とても解りやすかったです。 無知の為、保険会社のいいように契約させられているのではないか、と不安だったのですが、安心しました。 これから、色々な選択肢の中から、私にあうものをよく検討していきたいと思います。

関連するQ&A

  • 保険の見直しをお願いします(ソニー生命)

    こんにちは。 生命保険の見直しをして頂きたいです。 主人年収…300万 私   …主婦(無職) 子供4歳 子供1歳 子供0歳 貯金  …900万   保険内容 ☆変額保険-終身 65歳まで払込 基本保険金額500万  保険料 年67,145円 ☆平準定期保険特約-65歳まで 65歳まで払込 死亡(高度障害)保険金額700万 保険料 年22,365円 ☆家族収入特約-60歳まで 60歳まで払込 基準年金月額150,000円 保険料 年44,925円 ☆災害死亡給付特約-80歳まで 65歳まで払込 災害死亡(高度障害)保険金額10,000,000円 保険料 年5390円 ☆総合医療保険-終身 65歳まで払込 入院給付日額10,000円 手術給付金額(手術の種類のより入院給付金) 日額の40倍、20倍、10倍 死亡給付金額1,000,000円 保険料 年59,190円 ☆入院初期給付特約-終身 65歳まで払込 入院初期給付金額10,000円 保険料 年5,390円 ☆成人医療特約-80歳まで 65歳まで払込 入院給付金日額5,000円 手術給付金額(手術の種類により入院給付金) 退院給付金額150,000円 年合計213,810円です。 よろしくお願いします。

  • 30才、妻あり子供なし。保険の見直。

    保険の見直しを考えてます。比較サイトやよい方法をぜひ教えてください。 現在の保険契約状況は以下のとおりです。 見てみるとガン保険が重複してる気がします。 あと契約している保険会社はどうなんでしょう。 最低限の保証を希望してます。 30才、妻あり、子供なし、厚生年金加入の会社員です。 よいアドバイスをお願致します。 1.プルデンシャル生命 被保険者 夫 ・利率変動型終身保険 3,000,000円。  入院総合型保証特約 日額 4,000円  ガン入院特約    日額 15,000円 ・家族収入保険家族年金月額 50,000円    上記月額保険料 12,835円 2.プルデンシャル生命 被保険者 妻 ・利率変動型終身保険 2,000,000円  入院総合型保証特約 日額 3,000円  ガン入院特約    日額 10,000円  上記月額保険料  5,397円 3.AFLAC 被保険者 夫 ・スーパーガン保険(2)型 日額 20,000円  ガンによる死亡保険金  2,000,000円  上記月額保険料  4,025円

  • 生命保険の見直し方法を・・・教えてください!

    主人の生命保険を見直そうと思ってるのですが迷っています。 どなたか、よいアドバイスをいただけたらと思います。 (1) *5年ごと利差配当付終身保険(主契約) 1.000.000円    *定期保険特約             9.000.000円    *収入保障特約、年金年額        2.000.000円    *傷害特約本人型            10.000.000円                         月額  8.686円 (2) *死亡保険金              500.000円   *医療保険入院日額            5.000円   *成人病給付特約             5.000円   *新がん特約B型             10.000円   *新通院特約               3.000円   *入院初期給付特約            30.000円   *特定損傷特約              50.000円   *高度先進医療特約          5.000.000円                         月額  3.362円   (3) *死亡保険金              500.000円    *医療保険入院日額            5.000円    *成人病給付特約             5.000円     *新がん特約A型             10.000円    *新通院特約               2.000円    *入院初期給付特約            30.000円                            月額  2.396円  よろしくお願いします。ちなみに、掛け捨てです。

  • 37歳独身女性の保険

    37歳女性です。 独身で、賃貸マンションに一人暮らしです。 最近、まわりで病気で入院したり、ケガで手術ししたりする知り合いが立て続けにいたりして、 保険について色々と考えるようになりました。(現在入っていません) 複数の保険を扱っているところに何箇所か行って、色々相談してみました。 ・結婚の予定はいまのところない ・仕事は正社員(年収はだいたい400万ほど) ・死亡時の保障は不要。 生きているときに大きな病気、ケガなどになった時が不安 ・ガンと女性疾病が不安(家系的に) などお話したところ、下記を勧められました。 三井住友海上あいおい生命 保険期間・終身 払込・65歳満了 新医療保険A(60日型) 日額10,000円 に 先進医療特約 3大疾病入院給付 女性疾病特約 がん診断給付特約 がん治療通院給付特約 がついて月額11,000円くらいです。 他の会社のものと比べて(損保ジャパンの新・健康のお守りでも試算してもらいましたが少し内容が狭くて、月額の保険料が健康のお守りのほうが若干ですが高かった)、3大疾病なども病気の範囲が広く、他の保障の内容も結構充実していると思うのですが、こんなに保障が必要なのか、よく分かりません。 貯金が500万ほどあります。 それで賄える病気ならいいのですが、 がんになったら、先進医療を受けることになったら、と思ったりすると不安な気持ちもあります。 この内容は37歳の独身女性が入る内容としては手厚すぎるでしょうか。 もう少し内容を削って月額の保険料を抑えたほうがいいのでしょうか。 それともベストな内容なのでしょうか。 他によいものがあったら教えていただきたいと想います。 補足: ちなみに、貯金の話をしたら、参考までにと 東京海上日動あんしん生命の終身保険も勧められました。 350万ほどの一時払いで5年で返戻率100%となるものです。 貯金は使わないようにしているので、 減ることはあまりないので、眠らせておくのももったいない気もしますが、終身保険というのも馴染みがなく…。

  • 41歳 独身女性 今回の保険の見直しは妥当でしょうか?

    10年前に下記の保険に入りました。 (1)東京海上日動のあんしん生命  *長割り終身(5年ごと利差配当付低解約返戻金型終身保険)(掛け金は月7500円)   死亡・高度障害保険金額600万円/保険期間終身/払込期間60歳  特約:保険期間80歳/払込60歳/*継続10年にて終身に変更可能との話   *災害入院特約 入院給付日額(120日型)5000円(掛け金は月430円)   *疾病入院特約 入院給付日額(120日型 他手術給付金有)5000円 (掛け金は月2500円) (2)アメリカンファミリー生命  *スーパーがん保険II /払込・保険期間は終身 (掛け金は月1860円)  *アフラック個人年金(5年ごと配当) /払込60歳/支払期間5年 (掛け金は月5000円) 全ての掛け金の合計は月17290円 あんしん生命の特約の部分の保障が入院即日から支払われるものではないため、思い切って終身医療保障かつ入院初日から給付が出る商品に変えようと思っています。あんしん生命で聞いたところ「メディカルミニ(医療保険無配当入院初期給付特則付加120日型)/入院給付金日額5000円/保険期間終身/払込期間60歳」で、月の保険料が7140円のものに変更しようと思っています。 そこで質問なのですが、最近の医療保険は掛け捨てが多いのでしょうか(現状の特約は解約すると多少戻り金が出るので・・・)。 また、アフラックのがん保険を解約するのはもったいないでしょうか。本当は毎月の保険料を2万円内に収めたいのですが、このがん保険は掛け金が安い(月¥1860)ので迷っています。 今回特約の部分を変更すると毎月21500円の払込になるのですが、同じような立場の女性もこんなものなのでしょうか。(私:41歳/女性/独身/会社員/賃貸住宅・独り暮らし/両親ともに健在・経済的支援は将来不要) 生命保険は、葬式+墓代のため。医療保険は、終身医療で60歳での払込み終了にしたい(定年にあわせて)と思っています。 もしアドバイスをいただければたいへん嬉しいです。よろしくお願いいたします。

  • 生命保険の見直し。年払いの支払い前に検討したい

    31歳未婚 女 会社員です。 結婚は考えていません。 24歳の時に付き合いで現在の終身保険に加入しました。 保険料を安くして、その分貯蓄に回したいと思い、 見直し・他会社の保険への乗り換えを考えています。 年払いの支払いがもうすぐなので、できればその前に決めたいと思っています。 アドバイスよろしくお願いします。 ----------------------------- プルデンシャル生命 年払い/113,998円 終身保険65歳/3,500,000円 無解約返戻金型入院総合保障特約終身65歳払込済/日額 5,000円 災害死亡給付特約80歳65歳払込済/5,000,000円 無解約返戻金型がん入院特約終身65歳払込済/日額 20,000円 無解約返戻金型女性疾病特約80歳65歳払込済/日額 5,000円

  • 生命保険の見直しをお願いしたいです。

    現在プル○○○○という生命保険会社に加入しております。(加入して5年) 主人35歳(会社員)、妻35歳(専業主婦)、子3歳 の3人の保険内容を見直して頂きたいです。保険料毎月3万円くらいです。 この保険で良いのかも解りませんし、どのくらいの保証があれば安心なのかも解りません。 出来るだけ保険料を安く抑えたいので、見直しとアドバイスをお願いしたいです。 主人の保険内容  終身保険65歳払込済   死亡保険金額 350万 入院給付金日額 5000円 がん入院給付金日額 10000円 家族収入保険(定額型) 保険期間40年 払込期間40年 家族年金月額 13万円 妻の保険内容 家族収入保険(定額型) 保険期間35年 払込期間35年 家族年金月額 5万円 入院給付金日額 3000円 がん入院給付金日額 10000円 成人病、女性疾病給付金日額 3000円 子供の保険内容 変額保険(終身型)65歳払込済 死亡保険金 500万 よろしくお願いします。

  • 保険の見直しで困っています

    42歳独身女性です。現在、日○生命の年金保険と、朝○生命の五年ごと利差配当付き・定額保険特約付き終身保険に入っています。月々合計2万円弱を支払っています。結婚の予定は今のところなく、両親も私が面倒を見る必要はありません。今の保険を見直したく、皆様のご教示をお願いいたします。 年金のほうは、29歳時に当時勤務していた会社の団体扱いで加入し、毎月9000円程を60歳まで払い続け、60歳から10年間で600万年金として受取れるというもので、病気、事故で入院の場合、5日目から日額5000円給付されます。 終身保険の詳細は以下の通りです。 主契約:5年ごと利差配当付普通終身保険 (終身) 保険金額 4,100,000円 五年ごと利差配当付特約: 定期保険特約(15年満了)特約保険金額 3,900,000円 特定疾病保障定期保険特約 (15年満了) 特約保険金額 2,000,000円 無配当特約:  平成26年3月31日まで 災害入院特約  入院給付金日額  5,000円 手術給付金付  入院給付金日額  5,000円 新女性医療特約 入院給付金日額  5,000円        形成治療給付金額  入院給付金日額に所定の給付倍率を乗じた額 重度疾病保障特約 重度疾病給付金額 300万円 死亡保険金  10,000,000円(実母が受取人) リビング・ニーズ特約あり また、私は一時期、職に恵まれず、その時に日○生命から70万程貸付してもらいました。普段の生活や、いざというときに備え、貯蓄を優先し、この貸付金はそのままになっています。これも、利子が膨らんでいくの非常に無駄ですので、返せないのならばいっそ解約をとも考えていますが、何とか無理をして返済したほうが長い目でみると得なのでしょうか?また、終身保険も、保険料がアップしていく方式のため、これよりももっと良いものがあるのではと考えます。 よろしくお願いいたします。

  • 生命保険の見直しについて悩んでいます。

    私と妻・子供(5歳と1歳)の4人家族です。年収は約500万円です。 保険についての知識が乏しく、適正かそうでないかがわからず困っています。 下記に保険の内容を記載しますので、アドバイスいただければ幸です。 <私(28歳)> (1)プルデンシャル(契約年齢24歳) 保険料=118,476円/年間 〈保険種目・種類〉積立利率変動型終身保険65歳払込済 〈保険の内容〉リビング・ニーズ特約付 介護前払特約付        死亡(高度障害)保険金額 3,000,000円 〈保険期間〉終身(払込期間)41年 〈特約〉 ・基準年金月額 100,000円(特約期間)30年 ・災害死亡(高度障害)保険金額 10,000,000円(特約期間)56年 ・入院給付日額 5,000円(特約期間)56年 ・疾病障害による保険料払込免除特約(特約期間)56年 (2)プルデンシャル(契約年齢24歳) 保険料=45,492円/年間 〈保険種目・種類〉積立利率変動型終身保険65歳払込済 〈保険の内容〉リビング・ニーズ特約付        死亡(高度障害)保険金額 2,000,000円 〈保険期間〉終身(払込期間)41年 〈特約〉 ・がん入院給付金日額 100,000円(特約期間)終身 ・疾病障害による保険料払込免除特約(特約期間)41年 【プルデンシャル合計:163,968円/年間】 <妻(36歳)> (3)JA共済(契約年齢27歳) 保険料=137,221円/年間 〈保険種目・種類〉終身型 〈保険期間〉終身〈払込期間〉33年 〈保険の内容〉 ・死亡保険金額(病気)30,000,000円 ・死亡保険金額(がん)30,000,000円 ・死亡保険金額(災害)60,000,000円 ・病気入院日額 10,000円 ・がん入院日額 20,000円 ・災害入院日額 10,000円 〈特約〉 ・生前給付特約 【JA共済合計:137,221円/年間】 <子供(5歳)> (4)日本郵政公社の学資保険(契約年齢0歳) 保険料=68,760円/年間 〈保険種目・種類〉生存保険金付学資保険(18歳満期) 〈保険期間〉18歳迄〈払込期間〉178年 〈保険の内容〉 ・生存保険金額 1,000,000円 〈特約〉 ・災害特約 ・疾病障害/入院特約 <子供(1歳)> (5)日本郵政公社の学資保険(契約年齢1歳) 保険料=82,836円/年間 〈保険種目・種類〉生存保険金付学資保険(18歳満期) 〈保険期間〉18歳迄〈払込期間〉17年 〈保険の内容〉 ・生存保険金額 1,300,000円 ・死亡保険金額 1,040,000~1,300,000円 ・満期保険金額 1,040,000円 〈特約〉 ・災害特約 ・疾病障害/入院特約 【日本郵政公社合計:151,596円/年間】 以上、家族全員で年間総額【452,785円/年間】も保険に掛けていることになります。 将来引越しも考えていますが、貯金どころか、日々の生活でいっぱいいっぱいです。 保険の知識が乏しい為、上記記載方法に間違いがあるかもしれませんが、アドバイスいただけないでしょうか。 宜しくお願い致します。

  • 保険の見直しについて(期限が迫っています)

    保険の見直しを考えています。私 32歳 地方公務員。妻 29歳 パート。子無し。公舎居住。 現在は、定期保険(39歳時更新 保険ファンド1000円が主契約で以下は全て特約) (1) 死亡・高度障害4050万円(~64歳)  (2) がん等一定の重病と診断されたとき600万円(~80歳)  (3) 医療特約(~80歳) 入院日額1万円(~180日)、ガン入院の場合は日額2万円(~720日)等  (4) ファミリー特約 妻が死亡等の場合500万円、妻入院日額6000円等  (5) その他 災害割増特約 災害による死亡等500万円、傷害損傷特約 骨折5万円 等 で、月額18500円支払っています。 見直し案は、 (1) 生活保障特則付家族収入保険(~65歳) 年金月額15万円 ※払込期間65歳  (2) 3大疾病時一時金300万円(終身) ※1払込期間60歳 ※2これ(保険料月額7,300円)については掛け捨てではない  (3) 医療保険(終身) 日額7,000円(~120日)※払込期間60歳  (4) 妻医療保険(終身) 日額5,000円 ※払込期間55歳  (5) 妻がん保険(終身) 日額1万円 ※1払込期間終身 ※2これに、私ががんの場合は日額6,000円出る特約付き で支払い月額が27700円になります。 ライフプランナーの方に生活計画表も作成していただき、  ○自分(家族)に必要な保険とは? ○一生涯に払い込む保険料を抑える! ○妻の保険も主契約に  等をポイントに作った見直し案ですが、もう少し月々の保険料を絞りたいと思っています。 誕生日が迫っており、早めにお知恵をお借りできれれば幸いです。 どうぞよろしくお願いします。