• ベストアンサー
  • 困ってます

antでコンパイルするとき

sjisの下記のリテラル '(1)','(2)','(3)','(4)','(5)','(6)','(7)','(8)','(9)','(10)','(11)','(12)','(13)','(14)','(15)','(16)','(17)','(18)','(19)','(20)', 'I','II','III','IV','V','VI','VII','VIII','IX','X', 'ⅰ','ⅱ','ⅲ','ⅳ','ⅴ','ⅵ','ⅶ','ⅷ','ⅸ','ⅹ' (勝手に変換されて表示できませんが(*)は○の中に*が入っているものです。) が入ったjavaファイルをsjisエンコーディングオプションでコンパイルすると この文字は、エンコーディング shift-jis にマップできません。 というエラーがでます。 jdk-1.5.0とjdk-1.6.0でやりました。 どうすればよいでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • Java
  • 回答数1
  • 閲覧数1042
  • ありがとう数1

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • yuji
  • ベストアンサー率37% (64/169)

エンコーディングに Windows-31J を指定するといいのではないでしょうか。

参考URL:
http://www.atmarkit.co.jp/fjava/rensai2/eclipse03/eclipse03.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 できました。

関連するQ&A

  • ローマ数字の制作者は?

    ローマ数字の制作者は? ローマ数字の制作者は誰なのでしょうか? I→II→III→IV→V→VI→VII→VIII→IX→X・・・という流れが面白いなぁ~、と思っています。 I→II→III→IIII→V→VI→VII→VIII→VIIII→X・・・とか、 I→II→III→IIII→IIIII→IIIIII→IIIIIII→IIIIIIII→IIIIIIIII→X・・・とかでも良いと思うのですが。 宜しくお願いします!

  • ローマ数字の記号の割当て順番について

    とても下らないかもしれない質問ですが、宜しくお願いします。 ローマ数字の順番は、アラビア数字に対して 1 2 3 4 5 6 7 8 910 11 12 I II III IV V VI VII VIII IX X IX IIX となっております。 この中で、 4 5 6 IV V VI 9  10 11 IX  X  IX これらは「5 V」「10 X」を中心として左から右に棒線が移動しているのがわかります。 しかし、 3 4 5 6 7 III IV V VI VII 8 9 10 11 12 VIII IX X  IX IIX この部分を見てみると、明らかに「3 III」、「8 VIII」が相対でないことがわかります。 法則からすると、それぞれV・Xの左に棒線2本が妥当だと思うのですが… 相対美的感覚を持っているであろう古代ローマ人が、数字を作るにあたって左右対象をしなかったのは、理由があるとしか思えません。 古代ローマ人には0の概念がなかったはずですので、 -1、0、+1、+2、+3という意味で置いたのではないと思います。 V、Xという記号をとりあえず置いて、それに合うように周りの記号を当てはめていったならば、相対になるはずなので、まずI 、II、IIIを作った後に、V、X を作り出し、残りを当てはめたのでしょうか?

  • 次の作品の国内知名度は?

    「サザエさん=100」として考えてください。 Ⅰ:名探偵コナン Ⅱ:落第忍者乱太郎(忍たま乱太郎) Ⅲ:刀剣乱舞 Ⅳ:Re:ゼロから始める異世界生活 Ⅴ:ウマ娘 プリティーダービー Ⅵ:進撃の巨人 Ⅶ:新幹線変形ロボ シンカリオン Ⅷ:グランブルーファンタジー Ⅸ:僕のヒーローアカデミア Ⅹ:Fate/Grand Order Ⅺ:アイドルマスター シャイニーカラーズ Ⅻ:にじさんじ

  • 代理コードの考え方

    ナチュラルマイナーダイアトニックコードのみで考えると、基本は メジャーダイアトニックコードと同じ I=VI、III IV=II、VI V=VII、III という考えでよいのでしょうか?

  • 雨水についてです。

    Iとてもこまっております。 II新築の家を購入しました。 IIIゲリラ雨が降りました。 IV玄関に大洪水でした。 V膝くらいでした。 VIどうしたらいいでしょうか? VII近所に政治家がおります。その方は、市役所に連絡すれば土をくれるからそれで対処してと言われました。実費で直す以外にないとのことです。 VIIIどなたかお詳しい方がいらしたら是非お声をお聞かせ下さい。宜しくお願いします。

  • ZF公理系に「積集合の公理」がないのは何故ですか?

    (I)外延公理   ∀z(z∈x <-> z∈y)-> x=y (II)対公理    ∃z∀u(u∈z <-> u=x ∨u=y) (III)和集合公理  ∃y∀z(z∈y <-> ∃u(u∈x∧z∈u)) (IV)ベキ集合公理 ∃y∀z(z∈y <-> z⊆x) (V)空集合公理  ∃x∀y¬(y∈x) (VI)無限公理   ∃x(Φ∈z∧∀y(y∈x ー> y∪{y}∈x)) (VII)置換公理   ∀x∀y∀z(φ(x,y)∧φ(x,z)->y=z) -> ∃v∀y(y∈v <-> ∃x(x∈u∧φ(x,y))) (VIII)正則性公理  x≠Φ ー> ∃y(y∈x ∧ y∩x=Φ) このように和集合の公理はあるのに何故積集合の公理はないのでしょうか? 他から導けるのでしょうか?

  • キーとコード進行

    オリジナルを作る機会が多くなってきました。 今まで大まかな事をバンドメンバーに任せていたため、知識が余りありません。 今疑問に思っていることがあるので、教えてください。 キーってのはどういう意味なんですか? よくキーをAにするとか聞くのですが、Aから始まりAで終わるというわけではないんですよね? コード進行について少し勉強したところ、ルートからI・II・III・IV・V・VI・VIIと書いてあります。 トニックがI・III・VIでサブドミナントがIIとIVでドミナントがVとVIIとなっています。 これはキーが違えばそれぞれ、IIやIVに用いるコードが違うということでしょうか? 例えばキーがCだとGがドミナントだけれど、キーがEだとGはトニックになるという意味でしょうか? また、適当に単音リフを作っているのですが、リフからコード進行に持っていくのには、どのような発想でコード進行を考えれば良いですか?ちなみにリフを作るときもキーとかを意識していません。 皆さんはどういった手順で曲を作っていますか? 参考にしたいのでアドバイスください。

  • 代理和音の禁則進行について

    代理和音から本来の和音に行ってはいけないのが禁則進行だと思うのですが、 ―C長調の禁則進行― II(Dm) → IV(F) VI(Am) → I(C) III(Em) → V(G)と元の和音の3度下の他に VI(Am) → IV(F) III(Em) → I(C) VII(Bm-5)→ V(G) のように3度上の和音も原則として禁止されているのでしょうか?  

  • コードのメジャーマイナーの求め方

    最近音楽理論を学び始めたものです。 調号やキーはわかったのですがそれによってでてきたコードのメジャーかマイナーかを求めたいです。 調号なしの場合、キーはCとAmで、 C D E F G A B I II III IV V VI VII となるのはわかります。 ここからコードのメジャーかマイナーかその他?の見分け方を教えてください。

  • CSV形式にすると。。。

    ファイルを読み込みCSVカンマ区切りのデータにするプログラムを作ったのですが、 ダブルクォーテーションを取得行の行末に付加した場合に文字化けを起こすケースがあり、「150」が「"15"」等のようになってしまいます。  どなたか、分かる方がいましたらよろしくお願いします。 # ファイルのオープン open ( FILEIN , "$FName") || die "ファイルを開けません :$!\n"; @line = <FILEIN>; close (FILEIN); foreach $line (@line){ ##### 文字化け対策 ##### $line =~ s/ⅰ|ⅱ|ⅲ|ⅳ|ⅴ|ⅵ|ⅶ|ⅷ|ⅸ|ⅹ//g; $line =~ s/\"/\"\"/g; $line =~ s/\,\"\?/\"\,\"/g; $line =~ s/\"\,\?/\"\,\"/g; $line =~ s/\ |\ /\"\,\"/g; # sjis --> euc コードへ変換 &jcode::sjis2euc(\$line,"z"); if (length $line > 1){ $cd_22 = chr(0x0022); $line = "$cd_22$line"; $line =~ s/[^$1\n]$/\"/g; } } open (FILEOUT, ">./log/$file") or die; print FILEOUT @line; close (FILEOUT); }

    • ベストアンサー
    • Perl