• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

同族会社の株式を妻に譲渡する場合の株価計算方法は?

小規模会社(従業員20名余り)を経営している者です。 あと2年くらいで代表取締役を退任する予定です。 後継者は、すでに決まっています。 私の知人です(相手は、私を友人だと思っているようですが) バトンタッチするに当たって、会社の株をいくらかその知人に譲渡する予定です。 譲渡する株は、私の母が所有している株の内いくらかを譲る予定です。 まったくの他人に会社の株を譲渡する場合の株価の計算方法は、配当還元方式で計算するそうです。 同族間での株の売買だと、純資産価額方式で計算するので、かなり高い株価になりますが、配当還元方式だと一株500円で譲渡できるそうです。 どうしてそんなに安い株価で譲渡しないといけないのか理解に苦しむところですが、そういう決まりになっているそうなので仕方がないかと思っています。 ところで、私が所有している会社の株を、私の妻に譲渡する場合はどのような株価計算方法をしなければならないのですか。 やはり、純資産価額方式になるんでしょうか。 もっと安くなる方式はないものでしょうか。 ご存知の方、教えて下さい。 お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数5977
  • ありがとう数10

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • monzou
  • ベストアンサー率61% (189/307)

個人間の株の譲渡は相対取引ですから、別にいくらで売買してもいいので、この計算方式で出た金額で譲渡しなければいけないという「きまり」は全くありません。 その知人の方にも奥様にも純資産法での価格で譲渡してもいいわけです。 それを、「この額で譲渡しなければいけないと決まっている」と聞かされているとしたら勘違いです。 (うろんな言い方を帰ると「騙されています」) だた、税務上の問題は別に発生します。 時価以外の取引、例えば時価1000円なのに10円で譲渡したりすれば、税務署から見ると「それは利益供与ですので、贈与税払ってください」となるわけです。 でも、非公開会社の場合はこの「時価」というのがはっきりしていませんので、純資産法とか配当還元とかDCFとかいろいろな方法で算出されます。 質問者さんの書かれるとおり、同族会社の株を同族以外に譲渡する場合は、普通は同族以外の人は配当を期待するという意味から配当還元で評価される場合が多く、同族同士の場合は、単純に資産の分け合いなので純資産法で評価されることが多いということです。 だた、必ずしも「これ」ということはありませんし、後継に渡すという意味ならばむしろ純資産法が適用されるのではないかと思います。 「この時価は正当な価格だ」という裏づけがあればよいので、よく第三者評価機関を使ったりする場合もあります。 結局は税務署次第の部分もありますので、まず税理士に相談してみるのがよいと思います。 しつこいようですが、実際の譲渡の額と税務上の時価は別に考えてください。 必ずしも税務上の時価で譲渡しなければならないということではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご回答有難うございます。 他人にも純資産価額方式で計算してよいとしても、実際問題としてかなりの高額になりますから、それだけのお金を用意できるかどうか疑問があります。 それに、その後継者もそんなにたくさんお金を払ってまで株を取得して内の会社を経営していくだけの気があるかどうか。要するに、損得勘定の問題になりますからね。その知人にとって旨みがあるかどうかだと思います。 多分、純資産価額方式で算定した株価だと不満に思うだろうと予想されます。 私にしても、その知人に後を継いでもらうしか方法はないので、こちらにも弱みがあるんです。 私の妻に私が所有している株を譲渡する場合も、別に純資産価額方式で算定する必要はないということでしょうか。 配当還元方式で算定した安い価額で譲渡できるということでしょうか。 もしご存知でしたら、インターネットで相談できる適当なサイトを教えていただけませんでしょうか。 勝手なお願いをしてすみません。

関連するQ&A

  • 株式譲渡制限

    非公開株を売りたいのですが、会社が譲渡先を示すのを拒否し、当方の希望先も認めません。 どうすればよいでしょうか。また譲渡価額の目安は純資産価額でよいでしょうか。

  • 譲渡制約のある同族会社の株式について

    譲渡制約のある同族会社の株式について 私は昨年退職したが勤務していた会社の株式を40%(1500万円程度)所有しています。父から私と兄が引き継いだ全くの同族会社です。株券は発行されておらず且つ株の譲渡には株主会議の承認を得る条件がついています。私は病気の為に退職したので私の所有する株式の買い取りを兄である現社長に要求していますが拒絶されています。この不景気のなかで会社の経営上の苦境も分かるのですが私が出資金の返却を要求できる法律上の権利はどの様になるか教えてほしいです。よろしくお願いします。

  • 同族会社の株式

    同族会社の株式について。 亡き父が80パーセント所有してました。 相続、公正証書遺言で私が引き続きました。 株主は他に親、兄弟がいます。大昔に無償でもらっています。 その後追加で孫に株を譲渡書面一枚であげていました。 親、兄弟の株式の買取を検討してます。 無償でもらった者に何故買い取らないといけないのかわかりません。 ご教示下さいませ。

その他の回答 (1)

  • 回答No.2
  • monzou
  • ベストアンサー率61% (189/307)

NO1です。 気軽に相談というわけではありませんが、事業譲渡については下のURLなど参考にして下さい。 また、奥様への譲渡は、勝手に配当還元の価格で売ったからお終いというわけにはいきません。 それができてしまえば、理屈上は課税なしで無制限に生前贈与ができてしまいますので、税務署も見逃してくれないでしょう。 恐らく純資産法以下の価額であれば、その差額は贈与とみなされるとは思います。 また、譲渡(売却)をすれば質問者さん自身も売却益などが発生することも忘れてはいけません。 いずれにせよ、これまでの取得価額とか会社の財務状況などによって、最も良い方法は変わってきますので、ここで断定的な回答は難しいです。 ネットなどでの匿名での抽象的な質問では、おそらく質問者が望むような最終的で正確な解答にはたどりつけないと思いますので、やっぱり税理士などに相談したほうがよいと思います。

参考URL:
http://www.jcbshp.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

有難うございます。 遅れてすみません。 専門家に相談します。

関連するQ&A

  • 同族会社の株式譲渡による親会社化

    A、B、C社の3社を同族経営しています。B,C社の個人名義の株式(100%所有)をA社に有償譲渡してA社が親会社B,Cを子会社とする予定です。そこで (1)株式は自由に譲渡できるので何等問題は無いと思うのですが注意点等があれば御教示ください。 (2)株式の譲渡によりAが親会社になる事は登記とは関係がないので何らかの登記申請をする必要は無いと思っていますがよいでしょうか。

  • 未上場会社の株価算定

    恐れ入りますが、なにとぞ教えてください。 未上場会社の株価で、 ■小会社 ■同族株主(50%超保有) の場合、原則的には純資産価額方式になりますが、 (L=0.5)の類似業種比準価額の併用を選択する場合の 類似業種比準価額の算定方法を教えてください。 要素は以下のとおりです。 ■直近の決算期で利益マイナス ■無配当 ■純資産あり 上記の場合、無配当であり、かつ利益もマイナス(=0)であれば、 要素は純資産価額のみの1要素となります。 この場合、類似業種比準価額は0となるのでしょうか? 0の場合、L=0.5で計算すると単純に純資産価額の2分の1になりますが、この考えでよいのでしょうか? 教えていただければ幸いです。 何卒、よろしくお願いします。

  • 自社株の時価について

    相続税対策のため自社株を第三者に譲渡しようと考えています。 その際、配当還元方式による価額となるのですが、 計算上ゼロ(無配当)となります。 この場合、いくらで譲渡したらいいのでしょうか。 どなたかぜひ教えてください。

  • 同族会社の株の譲渡について

    現在同族会社で代表取締役をしているものです。 会社組織は有限会社で、資本金は800万円株式総数は8000株です。 一昨年、私の祖母が亡くなり祖母が所有しておりました株式1000株が 特に株主総会などの行われないまま、前代表(現取締役)である父に 譲渡されました。 この場合通常の遺産相続としてみなされ、株主総会などが必要なかったか どうかが知りたいのでよろしくお願い致します。 また、株の譲渡が済んでからは2年ほど経っておりますが、特に議事録などがのこって おりませんことは確認しておりますので、この部分で法的に戦えるかどうか お知恵を拝借したいです。

  • 従業員が退職する時の株式の買い取り

    経営参加意識の向上目的で従業員に株式を持ってもらっていましたが、従業員の一人が退職することになり、会社が金庫株として買い取ることになりました。 (1)その従業員の持株比率は1%と極めて低く財産評価通達では「配当還元方式」が適用される。 (2) しかし従業員からは「配当還元方式の価額では低すぎる。純資産価額などを考慮してもっと高い価額で買ってくれ」と言われている。 このような場合、どうやって適正な価格を計算して従業員を説得すれば良いでしょうか?

  • 非上場株式の低額譲渡における課税関係について

    非上場会社の同族外の個人株主(同会社の役員・保有株式は7%)です。 今回、私の保有株式の内3%(1500株)を資本関係の全くない法人に譲渡することになりました。当然に会社からの譲渡承認は得られます。 税理士に算定してもらった評価額は、 純資産評価=20,000円/株 同業種比準価額=450円/株 配当還元評価=500円/株 としたときに、売却価格が1,000円/株の場合の売渡人(私・個人)と 譲受け人(法人)の税金関係はどのようになるでしょうか? 「低額譲渡」「みなし譲渡課税」等の取り扱い方が複雑で良く理解できないでいます。 ちなみに、私自身の取得価格は1,000円/株です。 また、純資産価格が高いのは土地の含み益(固定資産評価額)が最大の要因ですが、田舎であり、また土地が広大過ぎて売却することは不可能です。

  • 株式譲渡制限会社の株式譲渡

    当初60:40の比率で私が40%の持ち分で二人で代表取締役を担当しながら経営して参りました。ところが、経営方針に食い違いがあり、お互いの不信感から私が退任いたしました。現在私の持ち分株式を譲渡したいと思っていますが、以下のような疑問がございますので、どなたか教えていただければありがたく存じ上げます。 まず、基本的に自己資本は使い切ってしまい、融資を受けており、純資産がマイナスになってしまっている会社です。将来性もPRするような事業計画はなく、株価算定しようもないと思われます。 その状況下で、60%株主の社長の提案は、 ・まず私が「株式譲渡申請」を引受人を誰でもいいからとりあえず提出する(引き受け価格は未記入) ・取締役会にて却下 ・会社が株価試算を外注 ・会社から買取主を指定 ・外注結果により会社指定の買取主に譲渡 という流れになり、結局二束三文での譲渡になっていまうことが予想されます。 そこで教えていただきたいことは、 ・上記手続きで株価算定の結果を見てから譲渡する・しないを判断することは可能でしょうか? ・できるだけ高く譲渡するには「待つ」のが最善でしょうか?他に打つ手はあるでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 株式譲渡する際の株価計算

    非上場の中小企業です。現取締役の中での株譲渡する際の算出方法を教えてください。単純には(剰余金÷発行済株数+額面1枚の株価)×譲渡枚数=譲渡価格ですが、身内のみが保有しているような状態で外に流動性がないような場合、前記の計算式の7掛とか、そういったことはないのでしょうか?解る方のお返事をお待ちしています。

  • 同族会社の分割について

    同族会社は分割できると聞きました。これはどのような方法でしょうか。 下記のこの質問方と同じように、当方も離婚係争中です。この文章と回答で、離婚後でも分割できるとも受け取れます。 株は妻と私で50/50です。 下記はある質問箱に書かれていたものです。 「商法について詳しい方教えてください。同族会社を相続をすると、例えば兄弟で会社は分割できるようになりましたね?離婚によっても同族会社を分割できますか?夫婦二人で会社をたちあげました。持ち株は600株、 配分は旦那が40私が20です。株を持っている取締役は夫婦二人です。出資も二人です。設立から8年、経営は順調ですが、税理士さんのお世話にもなり、節税効果が良いため黒字は微々たるものです。私は離婚のため会社を分割して私の会社として経営を続けたいです。可能でしょうか? もしくは分割ではなく、株を譲渡するとしたら株価とはどのように判断すればいいのでしょうか?また、私の退職金はそのように算定すればいいでしょうか? 分割するか、旦那に譲渡するか悩んでいますが。そもそも分割ができるのかもわかりません。商法について詳しい方のお答えをお待ちしています。よろしくお願いします。」 それの回答が下記です。回答は一つだけです。 私は離婚のため会社を分割して私の会社として経営を続けたいです。可能でしょうか? 「「 可能です。 >株を譲渡するとしたら株価とはどのように判断すればいいのでしょうか? 会社の財産や利益から判断します。詳細は顧問税理士に相談してください。 >私の退職金はそのように算定すればいいでしょうか? 退職時の役員報酬月額×勤続年数×功績倍率。」」 株を譲渡とはこの方の株を夫に渡し、役員としての退職金をもらうということで、分割については何も触れていません。 分割とは何ぞやとなりますが、わかる方お願いします。

  • 同族会社の金庫株譲渡について

    A法人が保有しているB会社の株式をB会社に売却します。 この時、B会社にとっては自己株式の取得となるので、売却金額と額面金額の差額がA法人にみなし配当されるという認識でいいのでしょうか? A法人においては、みなし配当の益金不算入により所得の計算上、なんの配当も受けていないのに、益金不算入の分だけ欠損金が発生する形になりますが、この考え方がどうも納得いきません。 (例) 額面5万の株を100株1億円で売却するとき 1億 - (5万 × 100株) = 9500万 がみなし配当の金額であり、益金不算入の金額となる? 会計上9500万もの売却益がでていなくても別表で9500万も減算すると欠損金が増えるので不当に租税回避できてしまうのでは・・・ と不思議で仕方ありません。 考え方が間違っているのでしょうか?