• ベストアンサー
  • 困ってます

公証人による確認書の添付

公証人による確認書の添付  ■皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。  保証書制度の廃止について、以下のホームページで、記載があります。 http://nifty20050416.cocolog-nifty.com/daiuchuu/2007/11/post_ee3e.html  所有権移転などの権利証書を必要にする登記申請を行う場合、  司法書士による「本人確認情報」が多く用いられるようになりました。  しかし、本人申請する場合や、申請人本人が、署名押印する場合には、「本人確認情報」を用いることができません。  このような場合の方策として、「公証人による確認書の添付」が、用いられます。  しかし、(*4)には、以下のように書かれています。  「これは、公証役場で公証人に面談して本人確認をしてもらい司法書士に対する登記委任状等に面前で署名押印(記名押印)をしたことの認証文を付してもらう方法です。(*4)」 と書かれてあります。  これは、(*1)(*2)(*3) (●Q01) と矛盾するように感じるのですが、どうなのでしょうか? (●Q02)(*2)(*3)の場合も、司法書士の申請が必要になると述べているのでしょうか? (●Q03)あるいは、「公証人による確認書の添付」は、司法書士の申請に代わるもの、同等の効果を得るものとして考えられるのでしょうか?  たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、   よろしく教授方お願いします。 敬具

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数5555
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

Q01  確かに文章が不明瞭である嫌いがありますが、委任状「等」となっていますから、申請書も含む意味と捉えれば、矛盾はしていないと思います。 Q02  司法書士等の資格者代理人が作成する本人確認情報を添付する必要はなくなりますので、司法書士の関与は不要です。ただし、司法書士でない者が業として登記の代理申請を行うことは司法書士法違反になります。(もちろん、本人申請ならば問題ありません。) Q03 Q02で回答したとおり、司法書士等の資格者代理人が作成する本人確認情報が添付されたのと同等の効果を有するものです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 ■buttonholeさん、そして、皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。  解説ありがとうございます。解説の本の記載が、舌足らずで、理解に苦労しますが、回答の通りですと理解できます。  公証人による認証の制度は、私の地方法務局では、まだ、経験が無いこと。公証人にも経験がありません。  公証人は、本人を証明する責任がある経験が無いと言うので、逡巡しているように見えます。公証人の言うのは、認証書を書いてもらう依頼書を書けと言うのです。依頼書に認証書を添付すると言うのです。 (●Q01)公証人が、持つ書類には、当事者の名前、不動産の表示、権利書が、無い理由などを書いた書類に認証すると書かれてあるので、これを書けと言っているのです。これが、(*1)(*2)(*3)だと説明しているのですが、了解せず、これは、法務局に提出する書類だから、別の書類を提出せよと言うのです。いかがでしょうか?  法務局に尋ねると公証人のやることに関与しない。依頼書など必要ない。と言っています。私は、わざわざ、認証書を書いてもらう依頼書を書かなくとも、すでに用意している 登記申請書                 (*1) 登記義務者から、登記権利者への委任状    (*2) 登記原因証明情報              (*3) を認証すればよいと説明しています。公証人は、登記原因証明情報には、売主、買主両者の名前が記載されていて、売主、買主の両者を認証することになるのだから、認証できないと主張しているのです。 (●Q02)認証書には、登記義務者だけを認証すると書いてあるのだから、両者の署名があるからといって、登記権利者まで認証することにならないと考えるのですがいかがでしょうか?  公証人の言うことに従って書けば、不服でも、法務局で受理されれば、異議無いと言えます。しかし、法務局では、認証書が依頼書への認証書で、(*1)(*2)(*3)の書類に認証していないから受理できないと言われると困ります。実際の書類を見て、不備を指摘されるのではないかと心配です。  たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、  よろしく教授方お願いします。               敬具

関連するQ&A

  • 先日、司法書士より本人確認が必要だから会いたいといわれ、

    先日、司法書士より本人確認が必要だから会いたいといわれ、 どこでも行くとおっしゃるので、家まで来て貰ったところ、 登記、抵当権のお金とは別に 『立会・法務局出張』を1万円請求されました。 1万円いるなら私から出向きますし、 司法書士から来る場合1万円いるなら、あらかじめ言っておくべきではないでしょうか。 みなさんのご意見を教えてください。

  • 公証人の犯罪2

    wakkyさん、800字以内完結のため情報不足すみません。 >売買証書の売主の筆跡及び印影はどうなっているのでしょうか? >領収書についても同じ点が問題です。 売買証書/領収証共筆跡は伯母のものでなく、印章は市販三文判です。 >公正証書は本人確認についてどのようにしたとの記載になっているのですか? 公正証書上では、伯母が公証役場に出向いて署名捺印した、と記述してありますが、筆跡は公証人の筆跡・印鑑はゴム印です。 >土地明け渡しの裁判と言うことは、所有権移転登記手続きは完了していたのですか 登記は伯母の名義のままです。正確にいうと移転登記をさせろ、という訴えの裁判です。 >この間固定資産税は誰が納めていましたか? 土地の名義人である伯母が納めていました。 >公正証書は作成後に本人へ謄本が送付されるのですが、伯母さんはこのことについて どうおっしゃっているのでしょうか? 犯人は知人なので詐欺とは知らず、中身も確認しなかったとの事です。 宜しくお願いします。

  • 公証人役場での遺言書作成

    遺言書を公証人役場でお願いしようと思います。 背景にいろいろ複雑なことがあります。 1、その際、事前に弁護士、司法書士等に相談してから公証人役場に出向いたほうがいいのでしょうか? 2、相談をするのなら 弁護士、司法書士 どちらに相談したほうがいいのでしょうか?

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

>この意味は、委任状を使用する場合委任状と認証書をホッチキスで止めて両者の間に契印することになりますか?  御相談者がそのようにするということではなく、公証人が委任状に認証文言の書かれた紙を合綴して(ホッチキスで留めて)、公証人が契印をします。  もっとも公証人によっては、委任状の余白に直接、認証文言を書くのかもしれませんが、それはその公証人の流儀の問題であって、法的効力に影響を与えるものではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

 詳しく回答いただき、ありがとうございます。  合綴の件は、公証人にお任せいたします。まったく、霧のように分からなかったのに、すっかり、霧が晴れたようです。  これから、実際の例がありましたら、一度、使ってみたいとぞんじます。  敬具

  • 回答No.4

>認証書の雛型は、一般に公開されているのでしょうか?  登記官が相当と認める場合の認証文言については通達に記載されています。具体的な文言は、参考URLのQ017を見てください。一般の人が通達を見るには、登記六法(たいがい付録に通達が載っている)を入手した方が手っ取り早いでしょう。  通常は、委任状等に直接、認証文言を書くのではなく、認証文言が書かれている紙(それを認証書と言っているのでしょうか。)を委任状などに合綴する形になります。 >そして、公証人に認証書を書いていただく費用は、どの程度かかるのでしょうか?  推測ですが、5500円だと思います。(それとも委任状に対する認証だから3500円かも知れません。) 「日本公証人連合会のサイトより抜粋」 私署証書等の認証  契約書などの私署証書の認証は1万1000円ですが、その内容を公正証書にした場合の手数料の半額が1万1000円を下回るときは、その下回る額になります(手数料令34条1項)。したがって、身元・財政保証書のように、金額の記載がないため算定不能となる書面の場合は、5500円が手数料になります。また、委任状の認証は、委任状公正証書の手数料の半額である3500円が手数料となります。

参考URL:
http://www.geocities.co.jp/WallStreet/2418/qa.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

> 通常は、委任状等に直接、認証文言を書くのではなく、認証文言が書かれている紙(それを認証書と言っているのでしょうか。)を委任状などに合綴する形になります。  と書かれていますが、この意味は、委任状を使用する場合  委任状と認証書をホッチキスで止めて両者の間に契印することになりますか?  あるいは、委任状、登記申請書、認証書をまとめてホッチキスで止めて各ページに契印することになりますか?  貴方の記載を公証人に見ていただき、貴方の方法で、できることの確認をいただきました。  ありがとうございます。 敬具

質問者からの補足

 親切なレスありがとうございます。  最初、公証人に11000円程度かなと言われていたのですが、この回答を示すと3500円ですよ。と説明してくれました。  はっきり分かって、助かりました。ありがとうございます。  敬具

  • 回答No.3

 訂正と補足です。 誤 ご質問者も混しているようですので、ブログの記載は忘れてください。 正 ご質問者も混乱しているようですので、ブログの記載は忘れてください。 >公証人の言うのは、認証書を書いてもらう依頼書を書けと言うのです。依頼書に認証書を添付すると言うのです。  依頼書を書けというのは分かりますが、依頼書に認証書を添付するのは無意味です。御相談者の例で言えば、登記義務者から登記権利者への委任状(これが不動産登記法に言う、代理権を証する情報「不動産登記法は、オンライン申請を原則としているで情報となっていますが」)に認証書を合綴してもらって下さい。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2

 ご質問者も混しているようですので、ブログの記載は忘れてください。 1.登記申請書               2.登記義務者から、登記権利者への委任状 3.登記原因証明情報  御相談者が示された上記の例では、公証人に認証してもらうのは2.です。1.に認証してもらうのは、2.がない場合です。上記の例では登記権利者は本人申請ですが、登記義務者は代理人(登記権利者は登記義務者の代理人も兼ねている)による申請になるからです。  3.は認証してもらう必要はありません。そもそも登記原因証明情報は、少なくても登記義務者が作成する必要がありますが(登記権利者と登記義務者が共同で作成することは、もちろん、かまいません。)、それに登記義務者の実印を押すことは要求されていないのですから、まして、登記義務者が作成したことを公証人に認証してもらう必要もありません。 不動産登記法 (事前通知等) 第二十三条  登記官は、申請人が前条に規定する申請をする場合において、同条ただし書の規定により登記識別情報を提供することができないときは、法務省令で定める方法により、同条に規定する登記義務者に対し、当該申請があった旨及び当該申請の内容が真実であると思料するときは法務省令で定める期間内に法務省令で定めるところによりその旨の申出をすべき旨を通知しなければならない。この場合において、登記官は、当該期間内にあっては、当該申出がない限り、当該申請に係る登記をすることができない。 2  登記官は、前項の登記の申請が所有権に関するものである場合において、同項の登記義務者の住所について変更の登記がされているときは、法務省令で定める場合を除き、同項の申請に基づいて登記をする前に、法務省令で定める方法により、同項の規定による通知のほか、当該登記義務者の登記記録上の前の住所にあてて、当該申請があった旨を通知しなければならない。 3  前二項の規定は、登記官が第二十五条(第十号を除く。)の規定により申請を却下すべき場合には、適用しない。 4  第一項の規定は、同項に規定する場合において、次の各号のいずれかに掲げるときは、適用しない。 一  当該申請が登記の申請の代理を業とすることができる代理人によってされた場合であって、登記官が当該代理人から法務省令で定めるところにより当該申請人が第一項の登記義務者であることを確認するために必要な情報の提供を受け、かつ、その内容を相当と認めるとき。 二  当該申請に係る申請情報(委任による代理人によって申請する場合にあっては、その権限を証する情報)を記載し、又は記録した書面又は電磁的記録について、公証人(公証人法 (明治四十一年法律第五十三号)第八条 の規定により公証人の職務を行う法務事務官を含む。)から当該申請人が第一項の登記義務者であることを確認するために必要な認証がされ、かつ、登記官がその内容を相当と認めるとき。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

buttonhole  ■buttonholeさん、そして、皆さん、こんにちは。いつも回答頂きありがとうございます。  親切なレスと訂正と補足ありがとうございます。  これで、ようやく手続きが見えてきました。  公証人に示して、認証書を得られるようにしてみます。  法律では、概念的なことは、書かれてありますが、実際の運用の手引きや、書式集が記載されていないので、お互いが混乱してしまいます。  実際の運用の手引きも、利用者に公開されるとお互いが無駄な労力を経ないでよいかと存じます。  本人確認情報の雛型は、ホームページに記載の通りですが、認証書の雛型は、一般に公開されているのでしょうか?  そして、公証人に認証書を書いていただく費用は、どの程度かかるのでしょうか?  たとえ、一つだけでも、お知りのことが有りましたら、  よろしく教授方お願いします。               敬具

関連するQ&A

  • 不動産の登記の無効を訴えられ困っています。

    私は法人の代表です。地主がその土地を私の法人に売却しそれを妻と子供に譲渡するという法人代表私宛の委任状(全文自筆 署名実印よる押印 日付入り)と実印・印鑑証明を持参した妻に土地の代金を支払い 司法書士事務所で司法書士の手続き(実印・印鑑証明・電話による本人への確認)をふみ 土地を所有し登記しました。その際 司法書士は地主の携帯へ電話し生年月日干支を聞き本人確認をし売却する意思を確認しその手続きを妻に委任しますね。と尋ね はいお願いしますと地主は答えました。しかし5ヶ月たった今 もと地主から委任状は書いてない 司法書士からの電話も受けていない と登記移転手続きの抹消をせよとの訴状が突然届きました。地主は私の叔父の為 その妻の領収書はありますが売買契約書がありません その妻とは現在協議離婚。司法書士は電話を録音していません。私は善意の第三者ではないのでしょうか  

  • 司法書士

    司法書士資格を取得してもなかなか食えないらしいですね? 今や司法書士も簡裁代理権を取得したり、成年後見の分野に積極的に進出してはいますが、メインは今も昔も登記手続き代理ですよね。 これが司法書士のアイデンティティと呼ぶに相応しいと思います。 しかし、登記業務も激減という量的な問題も深刻ですが、簡単な登記手続きなら、司法書士を介さず本人申請している人も増えているようですね。 以前に比べて法務局の職員も親切に、申請方法を教えてくれるようです。 また、司法書士に依頼するとしても、登記手続きなんてどの司法書士がやっても大差ない。つまり差別化が難しいですよね。 価格競争くらいでしょうか。 司法書士資格なんて取るだけ無駄でしょうか?

  • 社員総会議事録について

    中間法人で理事を選任するため、社員総会を開催した。 登記の為、議事録を作成し、出席理事に署名押印を求めたところ、1名だけ署名押印を拒否している。 法務局に確認したところ、署名押印を拒否した者を除いてはダメだと回答を受けた。 司法書士に相談しても、同様の回答が得られた。 署名押印を拒否している者も総会に出席した訳だから、出席理事から除いて議事録を作成してしまう訳にもいかない。 何か、議事録を有効にさせ、登記をする方法はございますでしょうか? もし、法的な根拠がわかれば、よろしくお願い致します。

  • 司法書士

    司法書士のメインとなる業務は今でも登記申請の代理ですよね? よく司法書士資格を持っていても営業力がないと食えないよ!と聞きます。 ところでその登記申請代理を主たる業務にしている司法書士の営業力とはなんぞやと思うわけです。 登記申請なんてどの司法書士がやっても同じだと思うのです。 A司法書士とB司法書士とで申請のやり方が異なるなんて事はないですよね。 となると、司法書士が仕事の依頼を受注する先、銀行や不動産会社はわざわざ他の司法書士が営業に来たからといって変えますかね? つまり、差別化を図り仕事を得ようとすれば価格勝負しかないと思うのですが、どうでしょうか?

  • 司法書士とは 住宅ローン契約

    住宅ローンの借り換えの契約で私の会社まで銀行員と司法書士が来てくれて、契約をしました。 契約書やら色んな書類に署名し終えたら、司法書士から「実印と銀行の届出印貸してください」と言われて渡すと、バシバシと押印し始めました。それから「他の説明していてください」と銀行員に言って、私は銀行員から話を聞くことになったので、司法書士の様子を確認できずにいました。 ここで、司法書士だから安心していたのですが、後になってから、私が見ていない隙に見覚えのない契約書や保証人などに押印してないかなど…不安な気持ちになりました。 そもそも司法書士は私にとって味方である立場と考えてよいのですか?私が感じたような悪行をすることはありませんか? 回答お願いします。

  • 借地への家の建築

    親戚(登記所有者の家族)より土地を売買にて分けてもらい、家を建てようと考えていたところ、司法書士ところで、その土地の登記者の叔父が痴ほう症で、土地売買について、所有者本人の意思確認が出来ないとのことから話が挫折してしまい (後見人制度は手続きおよびその後の家裁報告が面倒で利用しない) そこで、その土地を借りて、家を建築しようと思っています。家を建てた後 家の登記で司法書士の厄介になった場合、土地の借地契約にも所有者の本人確認が必要といわれるのでしょうか? それとも借地の場合は建物だけの登記で済むのでしょうか? 要するに、登記上の土地所有者本人の意思確認が取れない土地への家の建築って出来るのでしょうか?  二人の司法書士へ相談したところ、一人はできる。 他方はできないと回答されました。 誰に(建築士?)相談したらいいか迷っています。

  • 家の名義変更について

    離婚に伴い、昨日公証役場に行って来ました。 そこで、私が7/10 妻が3/10名義になっています。 私が抜け妻名義にするようにしたいのですが、どのような方法がありますか 教えて頂けないでしょうか? 公証人の方に、ただ名義変更するだけでは贈与とか売買とかになってしまい、後で困ると言われました。 財産分与としてすればとか、 名義変更は離婚後するつもりで妻が変更手続きをすることになっています。 私としては司法書士にお願いしたらと思っていますが、 妻から司法書士とかじゃないと出来ないのですかと質問を受けました。 どなたか教えて頂けないでしょうか?

  • 本人確認(他のカテゴリーから)

    この度、親名義の土地を売却する運びになりました。  ここで問題になっているのは、親の体の具合が悪く契約場所(不動産屋さんや銀行)に行くことが不可能だということです。  手続きはわたし(息子)が代理で行うことができても、司法書士による本人確認(親の意志)が必要になるだろうと言うことです。親自身、意思を表示するのが困難な状況になることがしばしばあるので何か問題になったとき心配です。  何故、司法書士によるこのような手続きが必要なのでしょうか。

  • 司法書士による本人確認

     この度、親名義の土地を売却する運びになりました。  ここで問題になっているのは、親の体の具合が悪く契約場所(不動産屋さんや銀行)に行くことが不可能だということです。  手続きはわたし(息子)が代理で行うことができても、司法書士による本人確認(親の意志)が必要になるだろうと言うことです。親自身、意思を表示するのが困難な状況になることがしばしばあるので何か問題になったとき心配です。  何故、司法書士によるこのような手続きが必要なのでしょうか。

  • 司法書士への依頼を途中でキャンセルした場合の報酬料は?

    家を新築する為、ある司法書士(Aさん)に建物の登記を依頼しているのですが、 住宅メーカーから指定の司法書士(Bさん)に登記を依頼するように言われてしまいました。 現在の進捗状況は、 ・司法書士(Aさん)が現場へ出向き建物の測量を済ませて申請書類が出来ています。 ・申請書類への我々の押印は済ませていません。 ・費用総額は13万程度になるだろうと言われていました。 このような状況で登記申請の依頼をキャンセルした場合、Aさんに支払うべき報酬料はいくら位になるのでしょうか?全額(13万)を支払わなければいけないのでしょうか? またAさんに作成していただいた書類を下さいと言うことは失礼にあたりますか?  可能であればAさんが作成した書類をBさんが使うことで手間が省ける部分が多いと思うのですが、違う事務所だとまた1から作成し直さなければいけないのでしょうか? どなたかご存知の方、回答宜しくお願いいたします。