• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

日本の銀行とアメリカの住宅融資

景気にかげりが見えるのはアメリカのサブプライムローン問題が原因だそうです。 1.低所得者への住宅融資が回収不能になったと私は理解しております。正しいでしょうか。 2.日本の大手銀行も損害を受け、株価が下がっております。邦銀は誰にお金を貸したのですか。アメリカの低所得者に直接貸したのではありませんね。 3.アメリカの銀行に貸したのであれば、銀行が破産しなければ、取り立て可能ですね。どのような形で貸したのでしょう。 4.数年前までは、住専問題が大きく報じられておりました。邦銀は何故同じ失敗をしたのですか。 経済、銀行業務に詳しい方どうぞ教えて下さい。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数118
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1

1.おおむね正しいです。 2.邦銀がサブプライムローンの貸し手に融資したのではなく、サブプライムローンを証券化した金融商品を買ったのです。つまり投資したのです。 3.2で回答済み。 4.同じという認識がなかったのでしょう。住専に貸したのではなく市場で流通している有価証券投資の感覚だったと思います。 サブプライムの貸し手はローン債権を自ら保有せず、一定のまとまった単位で、金融商品として販売したのです。これは高金利でしたし、多数のローンの集積ということで危険度も低くなったと判断した格付け会社による商品の格付けもそんなに低くなかったから邦銀も飛びついたのです。今後、格付け会社に対する訴訟が多発すると思われます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

merlionXXさん 要を得たお答えありがtぽうございます。しかも早い。細かいことは省略して考えさせて下さい。 a.家を建てる人がいます。 b.お金を貸す人がいます。この人が、債権を金融商品にして売ります。 c.金融商品を買う人がいます。例えば邦銀 この金融商品は期限が来れば、換金されるますね。元利保証ですね。 金融商品を発行した人(b)が破産していなければよいのですね。 (b)はアメリカの銀行などではありませんか。破産したのでしょうか。あるいは貸した一件一件のお金が戻らなければ、(b)が破産しなくても一枚一枚の金融商品は価値が落ちるのでしょうか。 a-bの利率 b-cの利率(素人ですから、利率と書きましたが、利回りとか別の言葉が正しいのかも知れません。) はどのくらいですか。 大手銀行ともあろう会社が、何故分からないのですか。先の見とおしなく投資するなら、経営者失格ですね。経済学部出身ではないのでしょうか。工学部出身の私から見ても幼稚な失敗ですが。

関連するQ&A

  • 今日本の景気が悪い理由をサブプライム問題と関連付けて知りたい

    日本の景気が悪い理由は何でしょう? サブプライムローン問題で、アメリカの銀行がお金を回収できなくて つぶれていっている?そして、日本の会社がアメリカの銀行から融資を 受けられないので資金繰りに困って、日本の中小企業から回収を 強く迫っていたり、貸し渋りをするので消費が落ち込み・・・ という説明であっていますか? もっと、詳しく説明できたらいいなと思います。 説明の方をお願いいたします・

  • 今さらサブプライムローン問題について

    今回の大不況、大不景気が、 アメリカのサブプライムローンというローンの組み方?が 問題であったのは分かったのですが、 それが、どうして、このような大不況、大不景気につながったのかが、 いまいち分かりません。 サブプライムローンとは、 低所得者に高い金利で、お金を貸すというローンであるのは 分かるのですが、 ま、それが、結局返せない状況になれば、ローン会社が困るというのも 分かります。 極端な例でいえば、みんな返せませんとなったら、 ローン会社がつぶれてしまうことも分かります。 けど、そこからが、よく分かりません。 投資家が、金融商品にサブプライムローンを組み込んだ?とか。。。 投資家の方も、投資をしたいために、 サブプライムローン会社からお金を借りたということなのでしょうか? 正直、ちんぷんかんぷんです。 このサブプライムローン問題をもう少し、 素人にでも分かるように説明して下さると、 大変助かります。 どうぞよろしくお願いします。

  • サブプライムローン問題って何が問題なんですか?

    最近、サブプライムローン問題とよく耳にしますが、何が問題なのですか? 低所得者に対して高金利の住宅ローンを提供し、債務者が返せないということだと理解しています。 住宅ローンが返せない債務者が経済的に困るだけで、この反響はよく分かりません。もちろん、貸した側(債権者)も困る訳ですが。 日本の銀行の不良債権と似たイメージを持ちますが、あくまで海外の話の上、サブプライムローンに関わった一部の関係者の話だと思います。 日本にまで飛び火してくるのは何故でしょうか? よく分からないので、教えて下さい。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
  • hskwpan
  • ベストアンサー率20% (25/124)

>例を挙げます。非連結の特別会社と書いておられます。 >1.何故非連結なのでしょう。持ち株比率が小さいからですか。 >2.残りの株を誰が持っているのですか。 >3.何故このような形を取っているのですか。 >4.証券を買った日本の大手銀行は特別会社の形態は知っていたのですね。 >5.知って買ったのであれば、危険率も想定していたのでしょうね。 私も詳しくありませんが、 1.持ち株比率が小さいからだと思います。 2.ファンド等の投資家ではないでしょうか。 3.銀行本体の資産に入れると、リスクに応じて資本金を積まないといけないからだと思います。 4、5. ・特別会社であっても、本体の融資が受けられる。 ・サブプライムローンと他のモーゲージローン(住宅ローン)、他の債権が組み合わされていて、危険性が薄められていた。 ・格付け会社の格付けがあった。 ・債権の保険会社があって保険が掛かっていた。 ・サブプライムローンが含まれているのが、分からなかった? ・金利が高い 等の理由で、買ったのだと思います。 僕は、情けない経営者だとは思いませんが・・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お休みの日に時間を使っていただき有り難うございました。 かなりの点がハッキリして参りました。もう少し自分で勉強いたします。

  • 回答No.3
  • hskwpan
  • ベストアンサー率20% (25/124)

まず、景気後退かそれに近いところまで、落ちそうなのは、住宅バブルが起きたから、必然的にバブルが崩壊して、その結果、サブプライム問題が起きたと思います。なるべくしてなったということでしょう。 バブルの原因は、FRBと日銀だと思います。原油高騰も?中国も? サブプライムローンは私の理解では、 住宅ローン会社が顧客に貸付→銀行の特別会社(非連結)や証券会社が証券化(債務担保証券(CDO))して売り出し。 →S&P等の格付け会社がAAA等の格付け→投資家(ヘッジファンド、銀行、投資信託等)が購入 銀行の特別会社(非連結)には、本体の銀行が融資をすることになっていますが、元本保障ではありません。特別会社は、本体の銀行の財務諸表には、出てきません。 住宅価格の下落→サブプライムローン返せない(現在の延滞率は15%位だと思います)→住宅ローン会社業績悪化、倒産→債務担保証券の価格下落→銀行、証券は含み損の計上、売って損失確定 これに格付け会社の債務担保証券の格下げが加わって含み損の計上も追加(7,10月位) サブプライムローン会社は、沢山倒産。最王手も倒産。 プライムローン会社大手もいくつか倒産、最王手も倒産のうわさ多し。 ところで、サブプライムローン会社(大手の1社しか見てなかったですが)の株価は、2006年初めから下がり始め、2007年3月?,4月?に倒産。 住宅会社は2006年7月頃から下落しだしました。 株式市場では、2006年初めから住宅バブル崩壊を見込んでいたことになります。 サブプライムローンは、これから金利の高くなるローンが増えます。まだ、道半ばというところでしょうか。 ただ、債務担保証券は、評価損を3割程度計上済?で、そろそろ? 住宅価格の下落は、個人消費にかなりのマイナスになると思われます。 住宅錬金術が行き詰ったというところでしょうか。 以上、素人の解説です。間違っているかも。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

hskwpan さん 有り難うございました。 但し、貴兄の解説は私には難しすぎて、全てを理解した訳ではありません。勿論大筋は分かりましたが。 例を挙げます。非連結の特別会社と書いておられます。 1.何故非連結なのでしょう。持ち株比率が小さいからですか。 2.残りの株を誰が持っているのですか。 3.何故このような形を取っているのですか。 4.証券を買った日本の大手銀行は特別会社の形態は知っていたのですね。 5.知って買ったのであれば、危険率も想定していたのでしょうね。 情けない経営者だと思われませんか。

  • 回答No.2

> この金融商品は期限が来れば、換金されるますね。元利保証ですね。 元利保証ではありませんが、当初の予定利率の何割かが回収できなくなれば買い取る特約になっていたと記憶します。 > (b)はアメリカの銀行などではありませんか。破産したのでしょうか。 銀行ではありません、サブプライムローン専門会社です。まさにアメリカ版の住専です。しかも過去の日本の住専のように銀行系列ではなく、中小ですから買い取れずにバタバタ倒産しています。 最大手も今年3月に上場廃止になっています。 > あるいは貸した一件一件のお金が戻らなければ、(b)が破産しなくても一枚一枚の金融商品は価値が落ちるのでしょうか。 はい、もちろん。 価値が落ちるどころか、市場で流通しなくなってしまいました。 > a-bの利率 aは平均10数パーセントでしょう。 bは証券化されたものの利回りですか?それはわかりません。なぜならば、単純にサブプライムローンだけを証券化したわけではないからです。 他のいろいろなローンを取り混ぜて証券会社が販売しましたから。 > b-cの利率(素人ですから、利率と書きましたが、利回りとか別の言葉が正しいのかも知れません。) > はどのくらいですか。 わかりません。 > 大手銀行ともあろう会社が、何故分からないのですか。先の見とおしなく投資するなら、経営者失格ですね。経済学部出身ではないのでしょうか。工学部出身の私から見ても幼稚な失敗ですが。 格付け機関の評価を盲信したからでしょう。 おまけですが、このような商品を開発するのは理科系出身者です。金融工学と呼ばれるものです。 大手銀行の運用担当者も理科系出身者が多いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

merlionXX さん 分かりやすい解説に感謝いたします。 今回の問題に私は直接関係がある訳ではありませんが、これからは、自分の専門分野に閉じこもっていてはいけない時代であろうと、常識を付けるための質問をいたしました。今後ともよろしくお願いいたします。 少しだけぼやきを書かせていただきます。 経済新聞を読んで今回の質問を書きましたが、読者の何割が正しい理解をしていたでしょう。新聞社が、merlionXX さんが下さった程度の解説を付けた記事にすれば、読者の知識程度は飛躍的に上がると思います。知識程度が上がれば、購読を続けるでしょうし、クチコミで、読者は増えますね。

関連するQ&A

  • 住専

    最近アメリカの低所得者向けの住宅ローンの話題が盛んですが、かつて日本に 住専というものがあったと思います。 当時自分は中学生でしたので記録があいまいなのですが、住専というのは住宅専門の 金融機関で、当時の大蔵省?主導で銀行などとにより作られたという覚えがあります。 現在は住宅ローンといえば銀行でも低金利で融資していますし、住専があったころも 住宅金融公庫など比較的金利が安く貸してくれる政府系の機関があったと思います。 住専はノンバンクですし銀行や政府系機関より金利は高かったのだろうと予想してしまいます。 住専というのは日本版のサブプライム住宅ローンだったのですか? 色々調べてみましたが具体的なターゲット層というのがいまいち分かりませんでした。 色々質問を並べてしまい申し訳ありません。 よろしくお願いします。

  • サブプライムローン問題について教えてください

    こんにちわ。 ここ数日、米国の「サブプライムローン問題」、それに端を発した 「世界同時株安」が連日報道されています。 サブプライムローン問題→アメリカの低所得者向け住宅ローンが債務者の返済不能により焦げ付き、不良債権化している というところまではよく分かるのですが、それが何故ここまでの「世界同時株安」につながり、不安が増幅しているのかいまいちよく分かりません。 経済(特に国際経済)は素人ですので分かりやすく説明していただいたらありがたいです。 よろしくお願いします。

  • 某銀行が9月から金利を下げたのはどうして?

    サイトでみつけた金利が高め(3年で1.2% 5年で1.5%) の定期預金(2銀行) なのに、口座開設を問い合わせたところ両行とも9月から金利が下がるって言われました。 サブプライムローンで市場の不安定が原因だとか。。。 最近は株価も為替も落ち着いてるように思うのですが、どうして銀行はいき急ぐように金利を下げたのでしょうか? ITバブルのときと同じ不安が銀行によぎったから? 今後中期的に景気低迷期で金利が上がりにくいと判断したから? それとも、世界的に株価上昇で金利を積極的に上げにくいと判断したから? 個人的な見解でもなんでもOKですが、 できれば関係者のかた可能な限り内部的な事情をおしえて下さい。

  • ギリシャはサブプライムローンを組んだメキシコ人と同

    「お人好しで金融業者のいうがままにお金を借りて、あれも買おう、これも買おうと散財したギリシャ」 と 「お金を借りなよ。お金を借りれば、車も買えるよ、家電も買えるよ、美味しいものも食べられるよ。お金は貸したあげるよ。とギリシャを借金漬けにしたドイツ」 サブプライムローン問題が表面化する以前のアメリカでは、それまでの規制緩和から投資銀行やカード会社が日本の闇金と同じことを、合法的に大々的にやっていました。 返済能力のない人に適当なことを言ってお金をどんどん貸し付け、数年後に 利子+貸付金を身ぐるみ剥いで資金回収をしたり、あるいは元本を減らさず利子だけをひたすら払い続けるようなレベルに貸付を行い借金付けにしてしまう手法などです。 リーマン・ショック後、アメリカでは多くの規制が復帰し、この闇金行為は規制対象となりました。 現在EUで起きている問題ではサブプライムローン問題とそっくりです。 ドイツという闇金業者とギリシャという借金漬け者という構図です。 ドイツは結局ギリシャ人に大量にお金を貸し付け、車を買わせ、家電を買わせ、夜遊びなどで散財させて、金をふところに入れて、景気が悪くなった途端、貸し剥がしをして「金返せ、緊縮して金返せ、飯を食わうに金返せ、返さないなら体で払え」とやっています。 こうなってくると「民主主義の基本的人権 対 資本主義の取り立てヤクザ」みたいです。 EUはこのようなこじれた問題をどのように解消すると考えられているのでしょうか? いくつかパターンがあると思うのですが、今予測されているシナリオを教えてください。

  • サブプライムローンの欠陥を誰も気づかなかったのでしょうか?

    サブプライムローン問題でアメリカ経済が停滞し。世界経済にも影響がでています。 アナウンサーが「サブプライムローンは欠陥商品だ」といっていましたが、 どうしてそれに誰も気づかなかったのでしょうか? 銀行が低所得者層ににほとんど無審査で、お金を貸していたそうです。 専門家やプロの投資家であれば、すぐにわかりそうなものですが。 ちなみに知人の意見では、「格付け機関が証券を高評価していたので、誰もあやしまなかったため」でした。 よろしくお願いします。

  • マネー経済と実物経済はなぜかけ離れたのでしょうか?

    マネー経済と実物経済はなぜこんなに動くお金がこんなにかけ離れたのでしょうか? 私は個人的に、サブプライムローン問題等で中央銀行が大量供給したお金が、問題が去った後に回収できていないのが原因でないかと思ってます。 それとも金融システムのコンピュータ化とネットワーク化が進んでマネーを動かしているところが特定のところに集中しているだけでしょうか?

  • 今のアメリカ経済全般についてなのですが…

    今のアメリカ経済全般についてなのですが… 今のアメリカ経済全般についてなのですがなんかの番組でリーマンショックを引き起こした原因 の一つがサブプライムローンでありその債権を証券会社が買い取りそれを投資銀行に株式とかと セット販売のような事をした事が原因で不安が広がりそれがバブル崩壊に繋がり株式急落と 言うような説明がありその後リーマンのライバルゴールドマンサックスが一人勝ち状態 となりその後FRB参加に入って商業銀行化する事で持っていた債権を$に買え市場に流通させた事から ゼロ金利等が出てきてみんなが物を買い出した事により復調が始まり勢いのある$を 買う事で今の内に円を充満させる事で将来日本はウハウハになりますみたいな感じで 説明がされ出演者は首を揃えてやったーみたいな顔をしてましたが経済ってそんなに単純な ものなのでしょうか? そもそも金の出所は結局サブプライムローンから生じた債権である事は変わりありませんし ゼロ金利で物を買ってもそれって結局借金ですよね? サブプライムローンのような最悪の場合は返さなくて良い高金利ローンが絶対に返さないと いけないローンに変わっただけで考えようによってはむしろもっと危ない気がするのですが…。 それにサブプライムから生じた債権を金に換えてもそんな低所得者から搾り取った高額住宅ローンは その人達が自分達の身分に気付き(一時期のブームに乗せられて衝動買いした)住宅を 諦め手放した時その債権はただの紙切れにかわる訳ですよね? それに最大級の投資銀行が消えた中でそんなに簡単に大きな希望なんて出てくるものなのでしょうか? 自分は経済には疎い方なのでよくわかりませんがこんなみんなに借金させる事で生まれてくる 金で経済って本当に良くなるものでしょうか?(このご時勢に車が売れたってそれって結局借金してる人間が増えてるだけですよね。) 勿論この世界に絶対はないと思いますので参考意見程度でも聞かせていただければ光栄です。

  • 違法建築への融資は違法?

    友人が中古住宅の契約を仲介業者を介して結びました. ところがその物件は,建蔽率40%,容積率80%の地域にそれぞれほぼ50%/100%で建てられてました.業者の説明ではこれくらいなら問題ないです,といわれてローン審査に出したわけですが,大手銀行数社からは融資がおりませんでした(友人の所得は結構高いほうなので返済能力に問題はないと思います).各銀行からはどこからも「違法性が高くて融資できない」と断られたそうです. で,友人もそんなに違法性が高いものなら白紙解除にしてもらおうと,仲介を通して売主にその旨お願いしたところ,先方の了解が取れて手続きを進めてもらっていたようです. ところが,それから随分経って,融資利用特約の期限を過ぎてから,売主側からA銀行(某都市銀)に審査を出してくれ,出さないと違約金を請求するといわれて,友人は仕方なく審査に出してしまったのです(私から見れば融資利用特約期限が過ぎた段階で契約は白紙だろうと思うんですが). 友人も違法建築だし,多分A銀行でも通らないだろう,と思って審査に応じたようですが,これが意外や意外,通ってしまいました. 友人としても,高い違法性を持つような物件とはもう縁を切りたいようですし,なんとかなればいいなぁ,と私も思っています. で思うのですが,違法建築(それが軽微であっても),それに融資を出すというのは金融機関にとっても違法性を問われることはないのでしょうか?仲介業者や売主側の脅迫まがいの行為を問うて,契約の白紙解除に持ち込むのもいいですが,めんどくさそうなので,いっそ金融機関にこの件から手を引いてもらうのが簡単かなぁ,と思ったりするのですが... 詳しい方,御助言,お願いします.

  • ファンドやオイルマネーで動くお金はなぜこんなに膨大なのですか?

    ファンドやオイルマネーで動くお金はなぜ日々の生活からかけ離れているのでしょうか? 私は個人的に、サブプライムローン問題等で中央銀行が大量供給したお金が、問題が去った後に回収できていないのが原因でないかと思ってます。それが世界的な金余り現象の遠因でないでしょうか? それとも金融システムのコンピュータ化とネットワーク化が進んでマネーを動かしているところがファンドに集中しているだけでしょうか?

  • 株価暴落までの流れや影響を整理したい

    ニュースなどを見て、サブプライムから株価の暴落までの流れや株価暴落が何に影響があるのか?また、どれくらい影響があるのか??がよく整理できていません。詳しい方ご教授お願いします。 そもそも株価が下がったのは・・・アメリカの銀行(地方銀行?)が土地の値段がいつまでもあがると思い込んでサブプライムローンを貸しまくり、それに目をつけた大手銀行や証券会社がその証券を儲かると思って買い込んだが、結局土地バブルがはじけたことで、焦げ付き(証券システムや世界にどう分散したのかはよくわかっていません)、自己資本が確保できず倒産してしまった。他にも自己資本が維持できていない銀行が欧米にあり、自己資本を確保しようとしたことで貸し渋りがおき、企業が資金を確保できず業績が悪化し景気が悪くなった。同時に金融不安を生んだことでドルやユーロが売られ円高になり、欧米の景気が悪くなったことで欧米の消費が冷え込んだこともあって日本の輸出系企業の株価が下がったってことでいいでしょうか?? 日本でも株価が暴落した結果、色々な影響がでているのだと思いますが・・・。 株価が下がるとどのような影響があるのか雰囲気は理解しているつもりですが、明確に答えることができません。 個人的に理解している点は・・・企業価値であるとされる株価が下がると企業が資金を調達しにくくなる、株などで投資信託などしていた銀行・保険会社・投資していた人などが損をして消費が冷え込む、株価が落ちたという雰囲気が関係ない人の消費を冷え込ませる。 ぐらいなどですが、他にどのような影響があるか実態経済にどれだけ影響があるのかわかりません。 質問が長くなってしまいましたが、詳しい方ご教授お願いします。