• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

沖縄の日本人を守れという命令はあった?

  • 質問No.3527509
  • 閲覧数76
  • ありがとう数12
  • 回答数5
沖縄戦問題についてです。
旧日本軍に対して「沖縄の日本人を守れという」命令文書はありましたか?

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.2
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 17% (62/353)

「日本人」をというものは無いと思います。
沖縄を獲られたらそこが前線基地となり本土への攻撃が可能になるため島を死守しようとしたのが沖縄戦だと思います。

島民に関しても疎開させようとした経緯もありますが
さまざまな事情からうまくいかず民間を巻き込んだ戦いに
なってしまったというのが事実だと私は認識しています。
お礼コメント
noname#43594
ありがとうございます。
島の防衛すなわち本土の住人が最重要で、沖縄住人はどうでもいいということですね。
投稿日時:2007/11/18 20:22

その他の回答 (全4件)

  • 回答No.5

ベストアンサー率 24% (173/720)

戦前には「国民」という概念はなく、皇族以外の「日本国籍を有する者」は、すべて「臣民」です。
「臣民」とは、簡単に言えば「天皇の家来」、「天皇の所有物」という意味です。
そのため天皇が指揮する戦争で、敵と戦うために臣民が命を犠牲にするのは当然のことで、兵隊が撤退する時には、天皇の所有物である沖縄県民を敵に渡さないために抹殺しておく、というのも当然のことです。
当時の感覚としては、当然の帰結で、そのために軍部は、東京都民を見捨てて松代大本営に移ろうとし、次には国民全てを見捨て、天皇をかついで、関東軍が温存されていた大陸に逃げようとしたのです。
そんなことは、当時は、何の疑問もないことでした。

ですから、質問者の方は別として、ネット右翼の人たちが、集団自決の強要はなかった、と主張するのは、右翼の本質を理解しない、見当はずれな主張なのです。
「なぜ、臣民に対して、自決を強要してはいけないのか」というのが、由緒正しき右翼の論理的帰結なのです。
したがって、「沖縄の日本人を守れという」命令文書は、そもそもありえません。

質問者の方は、沖縄県民でなくてよかったですね。
お礼コメント
noname#43594
回答ありがとうございます。
現代の価値観で歴史の出来事の善悪を判断することは間違いだととある作家の言葉がありますがそのとおりですね。たった60年前の話なのに価値観が違いすぎてもうなんともいえません。
今が平和でよかったと本当に思います。
投稿日時:2007/11/18 20:17
  • 回答No.4

ベストアンサー率 13% (20/144)

常識として・・・

沖縄は日本のすぐ下、台湾との間にあり、、

沖縄が壊滅されて翌日には
東京大空襲ということで、
沖縄は日本と一体であるのが
軍事戦略上当り前の認識ではないでしょうか?

日本は、朝鮮も親戚国として
アヘンで壊されていく清国にいたたまれなくなり、
出兵しています・・

朝鮮、清国が身内国だというだけでなく・・・

そんな身辺でドンチャンされると、
日本にも必ず火の粉がかかるからです・・・

この答えは単純すぎます?!?
お礼コメント
noname#43594
回答ありがとうございました。
投稿日時:2007/11/18 20:23
  • 回答No.3

ベストアンサー率 24% (1545/6342)

同胞を守らない司令官がいるでしょうか?
どこの軍隊だって同胞を守ります。日本軍はもちろん同胞を守ろうとしました。しかし、そういった司令官の命令が必ずしも末端において守られるとは限りません。中には戦うだけの隊長もいたでしょう。いっしょに洞窟にいた島民に自決をさせた隊長もいたでしょう。だからといって司令官が同胞を見捨てたなどということはあるはずもありません。
お礼コメント
noname#43594
アドバイスありがとうございます。
今となってはわかりませんが同じ日本人同士ですから命令がなくとも何らかの感情や特別な行動もあったのかもしれませんね。
投稿日時:2007/11/18 20:21
  • 回答No.1

ベストアンサー率 17% (196/1093)

その為に沖縄へ 陸軍を派遣し 大和などを特攻したのだが?
お礼コメント
noname#43594
回答ありがとうございました。
投稿日時:2007/11/18 20:24
関連するQ&A

その他の関連するQ&Aをキーワードで探す

ページ先頭へ