-PR-
解決済み

ばか、の漢字表記について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.35133
  • 閲覧数227
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数7
  • コメント数0

お礼率 50% (21/42)

ばか、と漢字で書くときに、「漠迦」と「馬鹿」が有りますが、
意味的な違いは有るのでしょうか?
通報する
  • 回答数7
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.6
レベル3

ベストアンサー率 100% (1/1)

「ばか」の語源については、松本修著「全国アホ・バカ分布考」(新潮文庫)のP376以下に興味深い考察があります。
 著者は白楽天の詩の一節からと推察しています。馬家という一家が没落するありさまからではないかというものです。是非ご一読ください。
 また、室町時代の辞書には「馬鹿」のほかに「母嫁、馬嫁、破家」と当てられていたそうです。
 なお、「ばか」に関する従来の語源説についても次のように否定しています。
 (1)柳田国男「ヲコ」説……論拠薄弱。
 (2)新村出「Moha]説…論理展開に誤り。
 (3)「破家者」説……………濁音への変化に難。イメージに乏しい。
 (4)史記の「鹿を指して馬という」説…音韻上無理。「馬鹿」の発音は「ばろく」
 この本は、「探偵!ナイトスクープ」という人気テレビ番組から生まれたもので、関西では知る人ぞ知るという感じですネ。
関連するQ&A
-PR-
-PR-

その他の回答 (全6件)

  • 回答No.4
レベル8

ベストアンサー率 33% (12/36)

「馬鹿」について、こういう話を聞いたことがあります。  中国の始皇帝の息子(名前忘れた)はひどい馬鹿な子で、 始皇帝死んでから、宰相がその息子から皇帝の座を奪おう とした。そしてある日、息子がお庭にいる鹿を指して、「あ れはな~に?」って宰相に聞いたら、宰相は「おうまですよ」 って答えた。息子は「え?うそ~!僕は、あれが鹿だと思っ てたよ」って言ったら、宰相は「じゃあ、ほかの大臣に聞いて ...続きを読む
「馬鹿」について、こういう話を聞いたことがあります。

 中国の始皇帝の息子(名前忘れた)はひどい馬鹿な子で、
始皇帝死んでから、宰相がその息子から皇帝の座を奪おう
とした。そしてある日、息子がお庭にいる鹿を指して、「あ
れはな~に?」って宰相に聞いたら、宰相は「おうまですよ」
って答えた。息子は「え?うそ~!僕は、あれが鹿だと思っ
てたよ」って言ったら、宰相は「じゃあ、ほかの大臣に聞いて
ごらん」って言った。
 大臣達の中で、正直に「鹿」と答えた人もいたが、ほとんど
が宰相を怖がって、「馬」と言った。そして、「鹿」と答えた
大臣が後から全員、宰相に殺された。
 結局、宰相が王位を奪おうとする時、農民運動かなんかが起
こって、時代が変わっちゃったとか…(ごめん、世界史がめ
ちゃくちゃ弱いんで、そこら辺はちょっと… ^^;;)

あ、そうそう、「指鹿言馬」とかいうようなことわざも
あったっけ?… (^^;;

 ご参考まで。(というか、参考になってないね(笑)。)
  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 24% (612/2465)

「漠迦」は、古くは僧侶の隠語。「馬鹿」は当て字。 これくらい、辞書ですぐわかりますが?
「漠迦」は、古くは僧侶の隠語。「馬鹿」は当て字。

これくらい、辞書ですぐわかりますが?
  • 回答No.2

莫迦が本来の字で梵語の「moha=愚かの意」の転化で僧侶の隠語だったそうです。馬鹿は当て字です。 下記サイトで検索しました。 ...続きを読む
莫迦が本来の字で梵語の「moha=愚かの意」の転化で僧侶の隠語だったそうです。馬鹿は当て字です。
下記サイトで検索しました。
  • 回答No.3
レベル11

ベストアンサー率 20% (53/262)

churaさんに補足ですが、『莫迦』も当て字だそうです。 サンスクリット語の『moha』の音写『慕何』が転じたらしいですね。 (講談社、日本語大辞典より) なお、『迦』の字はサンスクリット語で『カ』の音をあらわすそうです。 何かを慕ったり、無(莫)かったり、馬と鹿の区別がつかなかったり、一つの音からいろんな解釈ができるようですね。
churaさんに補足ですが、『莫迦』も当て字だそうです。

サンスクリット語の『moha』の音写『慕何』が転じたらしいですね。
(講談社、日本語大辞典より)

なお、『迦』の字はサンスクリット語で『カ』の音をあらわすそうです。

何かを慕ったり、無(莫)かったり、馬と鹿の区別がつかなかったり、一つの音からいろんな解釈ができるようですね。
  • 回答No.5
レベル8

ベストアンサー率 57% (11/19)

「馬鹿(馬を謂いて鹿となす)」の故事について(「史記」より)。 確か、昔、高校の教科書か何かに載っていたような。 故事を使って当て字した、というのが正しいところではないでしょうか? ところで、「漠迦(字が出ない)」、「莫迦」の方は、完全にサンスクリットからの音訳で、「般若波羅蜜多」なんかと同じ類です。 ...続きを読む
「馬鹿(馬を謂いて鹿となす)」の故事について(「史記」より)。
確か、昔、高校の教科書か何かに載っていたような。
故事を使って当て字した、というのが正しいところではないでしょうか?

ところで、「漠迦(字が出ない)」、「莫迦」の方は、完全にサンスクリットからの音訳で、「般若波羅蜜多」なんかと同じ類です。
  • 回答No.7
レベル12

ベストアンサー率 48% (350/723)

支那の故事「馬を謂いて鹿となす」から「馬鹿(バカ)」という言葉が生まれたとよくいわれますが、これは誤りです。なぜなら「馬/バ」は音読みで、「鹿/か」は訓読みです。故事から生まれたのであれば「バロク」でなければおかしいですね。
支那の故事「馬を謂いて鹿となす」から「馬鹿(バカ)」という言葉が生まれたとよくいわれますが、これは誤りです。なぜなら「馬/バ」は音読みで、「鹿/か」は訓読みです。故事から生まれたのであれば「バロク」でなければおかしいですね。
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


新大学生・新社会人のパソコンの悩みを解決!

いま みんなが気になるQ&A

関連するQ&A

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ