• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

アメリカ人に英文法ってわかるの?

私は、アメリカ人とメールのやり取りをしています。 私の英語力が無いために、話題は英語の勉強のことになります。 そこで、助動詞がよくわからないと言うメールを英語で送りました。 アメリカ人は、英語の文法を学校で勉強するのでしょうか? 助動詞を、辞書でしらべたら難しそうな単語が出てきました。 そのまま、その単語を使ってわかるものでしょうか。 たとえば、日本語を勉強している外国人がいるとします。その人が、5段活用が何たらと、日本人に言ったとします。大体の日本人が5段活用なんて、学生時代にやったが何のことだか覚えていないと思います。 アメリカ人は、外国の言葉を覚えないと言うのを聞いたことがあります。日本人にとって、助動詞と言う言葉は英語を勉強するのでなじみ深いと思います。 この事を、直接アメリカ人にメールで聞けばいいのですが、単純な内容のメールですら、どうも私の英語力が無いために伝わっていません。こんな、専門的なことならなおさらつたわりません。 アメリカ人の学校での学習内容がわかる方がいたら、おしえていただけないでしょうか。 お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 英語
  • 回答数5
  • 閲覧数1789
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.5
  • ucok
  • ベストアンサー率37% (4288/11421)

1970年代にアメリカの一般的な公立小学校に4年半通い、卒業資格を持っています。文法、習いましたよ。名詞とは何か、形容詞とは何か、主語・述語とは、習いました。既出のように、これが中学、高校へと進むにつれて、もっと高度なものをやるのでしょうね。 で、まさしくおっしゃるように、日本人が、学校を出たら文法の細部を忘れるようにアメリカの一般人も英文法の細部は忘れます。英語学習用のサイトなどでは、ネイティヴの言葉で細かい文法用語が飛び交ったりすることがありますが、基本的には実生活に不要なのですから。 ただ、私はその後、日本の中学で英語を「習い始め」、大学まで英語の授業を受けてきたわけですが、文法用語はそっちのけでも常にトップの成績をとれていましたし、その後も不自由なく、ネイティヴの大人に混じって英語を使っています。なぜなら、英語のテストでも実生活でも「助動詞」なんて言葉は殆ど登場しないのです。せいぜい教科書や授業中の説明で出てくる程度で、実際には「be, do, have」の使い方がわかっていれば平気なのです。 というわけで、「auxiliary verb」とメールに書けば、相手は、たとえ教養がない人であろうと「ああ、文法の話ね」くらいにはわかるでしょうけれど(一応、誰もが知ってる「verb」という単語が登場するので)、実際には例文をいくつか挙げて違いを教えてもらうなどしたほうが、あなたのためにもなるし、お相手にとってもわかりやすいんじゃないかと思いますよ。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

経験談をありがとうございます。 >たとえ教養がない人であろうと「ああ、文法の話ね」 私がメールを書いた返事を見て、たぶん上記のように考えているだろうなと思っていました。ちょうどこの辺の、感覚が知りたかったので助かりました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.4

(アメリカ人の学校での学習内容がわかる方がいたら、おしえていただけないでしょうか。) 文法だけを教える授業はないでしょう。 高校の高学年での英語の授業ではEssayを書かせることが多いです。これは論理性、説得力、文法力、語彙力、表現力を推し量るのに最適だからです。当然、学生により英語の成績の良し悪しはあります。その差は新聞や本の読書量で決まります。新聞もローカルの新聞では駄目です。大学に進みそれなりの仕事に就きたい学生にとっては、NY Timesなどの文章、語彙共にしっかりとした新聞を読むことが求められます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >大学に進みそれなりの仕事に就きたい学生にとっては、・・・ 同僚の外国人を見て、そのように感じたのでしょうか。

  • 回答No.3

>アメリカ人の学校での学習内容がわかる方がいたら、おしえていただけないでしょうか。 学習内容は#2さんが仰るようだと思います。 したがって、high schoolを卒業した人は一応の文法的なことを学習しています。ただ、日本でもそうであるように、学校のレベルによって学習内容は差があります。 また、優秀なhigh schoolを優秀な成績で卒業した人でも、文法は卒業後年が経つと殆ど忘れます。 そのため、20代代後半以降で文法用語を知っているのは、小学校の先生になった、外国人に英語を教える職に就いた、大学で文法を勉強したなど、高校を卒業後にもう1度文法を勉強し直した人だけです。 このあたりは、日本人の場合とほぼ同じです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >そのため、20代代後半以降で文法用語を知っているのは、小学校の先生になった・・・・ 具体的な説明のように感じるのですが、友人を見てそのように感じたのでしょうか。そのあたりの説明があると助かりました。

  • 回答No.2

ほぼ、日本での日本語学習と同じです。 1.単語のスペルを覚える。漢字を覚えるのと同じ。 2.長い文の解釈をする。国語の授業の鑑賞と同じ。 3.レポートや感想文を書く。これは日本よりも多くあることが多い。一般的に、アメリカの授業は意見発表が多く、その準備のためにレポートなどをよく書かされる。 文法はほとんどやりません。日本の中学生が勉強する発音記号もまず勉強しないし、筆記体もやらないと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 外国で授業を受けた経験があるのでしょうか? 日本の学習と照らし合わせた説明がとてもわかりやすかったのですが、 その根拠となる説明が欲しかったです。

  • 回答No.1
noname#47281
noname#47281

アメリカ人も文法は教わりますよ。でも、不定詞の分類とか5文型とか現在完了の用法の区別とかはやらないはずです。それと、仮定法も教わらないかも知れません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 >アメリカ人も文法は教わりますよ。 このように言い切れる理由があると助かったのですが。

関連するQ&A

  • 古典文法

    古典文法ですが、動詞で「忍ぶ」という単語がありますが かたや四段活用、かたや上二段活用に分類されています。 どういう事でしょうか分かりません。

  • 古典文法

    (1)古典文法の動詞、形容詞、形容動詞の活用形を簡単に判別する方法は ないでしょうか。 (2)「忍ぶ」は古典文法では上二段活用なのに、現代日本語文法の中では 五段活用になるのはどうして。 (3)「得る」の語幹と語尾がわかりません。 「え、え、う、うる、うれ、えよ」、でいいのですか。

  • 口語文法の「助動詞」の英訳は何でしょうか。

    補助動詞としての「助動詞(auxiliary verb)」ではなく、口語文法や学校文法における付属語としての「助動詞」を英語で何というのでしょうか。 外国人に日本語を教えるときに、国文法の「助動詞」を英語でどう説明するのか困っています。 英語でなくても、フランス語でもロシア語でもいいのですが、分かりませんか。 多くの外国語には日本語の付属語である「助動詞」というものが存在しないので、どう説明するのかという問題です。 活用しない後置詞である「助詞」は、particle と言いますが、活用する後置詞としての「助動詞」は、"postposition with conjugation" または " conjugative postposition" などというのでしょうか。 なお、suffix は助動詞ではありません。suffix は日本語では「接尾辞」で、動詞や名詞などと結合して新たな言葉を作る言葉です。 例えば、「先生らしい人」の「らしい」は suffix (接尾辞)の「らしい」で、「先生らしい」という形容詞を作ります。 ところが、「明日は雨らしい」の「らしい」は、 suffix (接尾辞)ではなく、助動詞の「らしい」で推測を表します。 http://www.tufs.ac.jp/ts/personal/hanazono/jp/rasii.html

  • 文法?

    文法? 下の作文は私のSTUDY PLANです。初めて書くので、書き方、文法、特に内容の間違いところがあると思います。直してくださいませんか。もし、内容はよくなかったら増えていただきませんか。それに、まとめの書き方をご紹介していただけませんか。できれば、例を書いてくださいませんか。 お願い致します。 私は日本語を専攻し、地理学を副専攻として学習しています。そのため、タイ人の日本語学習には、どんな問題があるのかよく分かると思います。それは、日本語の文法の条件がタイ語より細かいことであります。タイ語とは違いので、タイ人はあまり理解していないと思います。もう一つの問題は文化についてのことです。言葉には、その文化に理解しなかったら、勉強を成功できないと思います。ですから、日本の政府の奨学金を受けたら、日本の文法を研究し、文化も勉強したいと思います。   タイ人の日本語学習者にとっての難しさは、多くの条件がある文法の使い方だと思います。動詞や、助詞、名詞など色々なたくさんの言葉を覚えなければならない 文法の多くの禁忌を覚えて分からなければなりません。例えば、私は日本人の友達に「一人でプーケットへ行けますか。」と聞いたことがありますが、ある人は「いい地図を持っていたら、自分で行けると思います。」と答え、もう一人は「いい地図を持っていれば、自分で行けると思います。」と答えました。二人ともは「自分は地図を見て行けた。」と分かりましたが。「~なら」と「~たら」との違いはどこにあるのかとずっと思っています。「自分は地図を見て行けた。」と分かっても それに、言葉は文化を伝達するのに使うものだと聞いたことがあります。言葉と文化は深い関係があるわけであります。したがって、言葉がよく分かるのは文化が大事なものだと思います。また、特にはコンミュニケーション、間違いは起こらないで深く日本語を学習しましたら、文化学習は大切だと思っています。例えば、私は日本人の友達に贈り物をあげた時には、その日本人は「すみません。」と言いました。その時には、どうして「ありがとう。」を使わないのか疑問がありました。私に感謝を表してくれたか分かっても、使った理由が分かりません。そのため、日本で日本人と日本文化を勉強したいと思います。

  • 英文法に頼らない勉強法?

    現在学校で教えている英語の勉強法では使える英語は身につかないなど、英文法中心の学習を批判する声はよく耳にしますが、実際問題、大学試験に文法問題とカテゴライズされそうな問題が少なからず出題される現状を踏まえると、どのような勉強法がより良いものであるとお考えでしょうか? オーラル中心の勉強が言語学習の基本なのかなとはなんとなく思っているのですが、それでは現状の大学試験に対応できるとは思えないのです。関係詞の使い分けなどは留学から帰ってきた友人(英語での会話のリズムは流暢?です)もあやふやなのですから。あくまで今の大学試験の内容を踏まえると、文法中心の学習は仕方のないものであり、学校で英語を教える先生方が批判されるのは筋違いなのでしょうか? もし代替学習法があればご教授お願いします。

  • 英語学習に英文法は不要である ?

    こんにちは。NHK出版 大津由紀雄著の「 英語学習7つの誤解」という本の中で 次の7つの項目が挙げられていますが、今回は「1.英語学習に英文法は不要である」について考えてみようと思います。 1.英語学習に英文法は不要である 2.英語学習は早く始めるほどよい 3.留学すれば英語は確実に身につく 4.英語学習は母語を身につけるのと同じ手順で進めるのが効果的である 5.英語はネイティブから習うのが効果的である 6.英語は外国語の中でもとくに習得しやすい言語である 7.英語学習には理想的な、万人に通用する科学的方法がある 日本人は英語の学習には意欲的な人が多いけれど、文法が嫌いだとか苦手意識を持つ人が少なくありませんよね。そこで、巷では「英語に文法は要らない」というようなキャッチフレーズで英会話の教材を売り込んでいる業者も多いわけです。しかし、大人になって外国語(英語)を学ぶ場合、文法抜きでは効率が悪いし、かといって 学校で習ったような 文法に偏重した方法ではうまく消化できない人が多いし、消化したとしても 知識と理屈だけでスキルとしての英語力が貧弱な人が少なくありません。 そこで質問ですが、英語の文法はどこまでが必要で、どこが不要だと思いますか。私が思うのは、5文型の分類には不合理な点があるし、「仮定法」に関しては中途半端に用語を持ち出しているものの、英文法が大好きな英語の先生さえ 根本的な概念を明確に説明できる人は多くありません。

  • 日本人の多くは英文法の勉強が足りない?

    ある有名大学と英会話学校で英語を教えているイギリス人の女性と話をする機会がありました。 彼女によれば、「日本の学生も社会人も文法を正確に身に付けている人が少ない。英語に上達するには、文法を徹底的に学んで身に付けるのが最も早道だ」そうです。 「私も英会話学校に通いたい」と言ったところ、「日本には優れた英文法書や問題集があるので、そちらで勉強した方が早いし安い。英会話学校に行く必要はない」と主張していました。彼女は日本語を勉強するとき、文法・文法演習→文章を読んで、暗記する、という順序だったそうです。日本語の単語・文章を大量に徹底的に暗記させられたそうです。日本語をかなり流暢に話せて書くこともできます。 質問は、 01, 日本人は、英語の文法を性格に身に付けている人が少ないと思いますか? 02, 文法を勉強しつつ読解を勉強する、大量に単語・文章を暗記するというのか良い方法だと思いますか? 「日本人は文法ばかり気にするから英語が話せない」とよく耳にしますが、彼女の意見や勉強法は、それとは逆のような気がします。皆さんの意見や経験を教えてください。よろしくお願いします。

  • 「歩ける」「行ける」「表せる」は文法的には何者?

    動詞を可能形にする時、 「食べる」は下一段活用だから、未然形に、可能の助動詞「られる」をつけて 「食べられる」となり、「食べれる」は間違い、 というのは有名な話ですが、最近ふと思ったのが、文法的に考えると、 「歩く」は五段活用だから、未然形(「歩か」)に、可能の助動詞「れる」をつけて、 「歩かれる」となりそうですが、全く聞きません。(間違ってはいないらしいのですが) 「歩ける」(または「歩くことができる」)しか聞いたことがありません。 しかし、「歩ける」と辞書で引いても出てきませんし、 文法的にも解釈できません。 (「歩け(仮定形)」+「る(古語の可能の助動詞)」?そんなまさか……) 他にも、五段活用動詞の仮定形(-e)と正体不明の「る」を組み合わせることで 可能の意をしめす語がいくつかありました。 これらは一体何者なのでしょうか?

  • 英文法

    私は来年留学するので、今英語の勉強をたくさんしています。 単語やリスニングや長文はこの調子で大丈夫なんですが、文法がどうしても分かりません。 理解できないんです。 文法って、かなり大事じゃないですか? それが分からない…。 文法書を何回も何回も読んで、問題も解いてるのに出来ない…。 どうすればいいんでしょうか? なにかいい勉強方法ありませんか?

  • 文法?

    文法? 下の文を直してくださいませんか。文法や内容の関係、書き言葉などを調べて頂けないでしょうか。「私はタイ人です。今、タイで日本語専攻として勉強しています。お願い致します。」 日本でどのような学問を学びたいか。 私は日本語を専攻し、地理学を副専攻として学習しています。そのため、 タイ人の日本語学習者には、どのような問題があるのかをよく知っています。それは、日本語の文法の条件がタイ語より細かいことです。タイ人の日本語学習者はあまり理解していない日本語を使ったら大変だと思います。もう一つの問題は日本の文化についてよく勘違いすることです。その国の文化に理解しなかったら、外国語学習を成功することができないと思います。ですから、日本の政府から奨学金を受ければ、タイ人の日本語学習者にとって勘違いしやすい日本語の文法も言葉に関する文化も学びたいと思います。   タイ人の日本語学習者にとって難しいのは、条件が多い文法の使い方だと思います。動詞、助詞、名詞など色々な文法用語を覚え、また、文法上の多くの制約事項を理解しなければなりません。例えば、私は日本人の友達に「一人でプーケットへ行けますか。」と聞いたことがありますが、ある人は「いい地図を持っていたら、自分で行けると思います。」と答え、もう一人は「いい地図を持っていれば、自分で行けると思います。」と答えました。どちらでも「自分は地図を見て行ける。」という意味だと分かりましたが、「~ば」と「~たら」の違いはどこにあるのかは、ずっとわからずにいます。それで、日本語能力の向上のために学習したいと思います。 それに、言葉は文化を伝達するのに使うものだと聞いたことがあります。言葉と文化には深い関係があると思います。したがって、言葉がよく分かるためには文化の理解が大事なものだと思います。また、特にコンミュニケーションで間違った言葉づかいをしないように、深く日本語を学習するには、文化学習も大切だと思っています。例えば、私は日本人の友達に贈り物をあげた時には、その日本人は「すみません。」と言いました。その時に、どうして「ありがとう。」を使わないのか疑問に思いました。私に感謝を表してくれたのは分かっても、使う理由が分かりません。それで、 日本人と意見を交換し、文化から反映した見方を理解したいと思います。 日本で勉強する機会があったら、日本語の教師になりたい私は、今の私のように日本語を勉強しているタイ人や日本語に興味があるタイ人などに正しい日本語を伝受するように、日本語の文法を深く学びたいと思います。また、日本人の考え方を理解するのは日本語能力の向上の役に立つと思うので、補助的に日本事情、日本文化に関する学習したいと思います。そして、帰国したら、特に日本語教育で人に勉強した日本語を生かせようと思います。