• 締切済み
  • 暇なときにでも

学校で習う英文法は中途半端じゃないのか?

こんにちは。日本の英語教育は文法に重点を置いていますよね。正しく英文を書くには英文法の知識は不可欠ですが、日本の学校で教える英文法は徹底しているようで、論理性や整合性に欠けたりして、不備な点があります。以下、挙げてみます。 1.文型: これは疑問視する人も多いですね。例えば“He breaks a window.”という文はSVOになりますが、進行形にすると、“He is breaking a window.”となりますよね。その場合、現在分詞を形容詞とちて扱うと SVCという見方もでき、却って混乱します。また、受動態にした場合、能動態では目的語だったのが主語になるのですが、主語だったのは何と呼ぶのか用語がありません。これはフランス語の文法では動作主補語と呼ぶんですが。 2.不定詞の分類:日本の学校では名詞的、形容詞的、副詞的用法と分類するのが好きなようですが、分類の難しいものがあります。例えば “I know how to cook. ”と言った時です。これは、howを名詞と看做し形容詞用法になるのか、副詞を修飾するのだから副詞的用法になるのか、knowという動詞の目的語になっているので名詞的用法になるのか、はっきりしません。アメリカの文法書ではあまり詳しく扱っていませんが、不定詞は動詞が名詞化したものであり、toの働きに還元して考えるようです。 3.動詞の叙法:アメリカの英文法書によると、次の5種類があります。 (1)indicative mood・・・・直説法のことです。最も基本的なのに、というかだからこそ、中学校では言及されず、仮定法と対比する段階になって初めて触れられます。 (2)imperative mood・・・・学校の英文法では「命令法」と言わず、「命令形」と呼ばれます。 (3)infinitive mood・・・・学校の英文法では「不定法」と呼ばれず、「不定詞」、または「原形」と呼ばれています。 (4)subjunctive mood・・・・所謂厳密な意味での「仮定法」のことです。しかし、「仮定法」という用語は学校の英文法では、動詞の叙法を指すのか、非現実の仮定の文の条件節を指すのか、構文そのものを指すのか不明確です。 (5)conditional mood・・・・学校の英文法では用いられない用語ですが、仮に「条件法」と呼ぶことにします。これは多くはwould+動詞の原形(助動詞の場合は過去形)で表わされる形で、仮定法とよく混同されます。 4.動詞のアスペクト: これは時制の中に取り込んで考えるのが普通なんですが、大雑把に言えば 普通の形と進行形の対立を含む動詞の様態です。日本の学校では進行形に出来ない動詞というのを習いますが、それでは日本語の「持つ」と「持っている」、「知る」と「知っている」は英語ではどう区別するのかということに関係しています。これは多くの人が見落としているんですが、日本語の現在形は英語の現在形用よりも未来形に対応することが多いんです。例えば友人と喫茶店行って、「何飲む?」と聞く場合は“What do you drink?”ではなく、“What will you drink?”とか “What are you going to drink?” が正しいんです。というのは、drinkのように英語で進行形に出来る動詞の現在形は反復動作や習慣を表すものであり、日本語と違い、一回限りの動作が近い未来に行われることを指すわけではないからです。ところが、学校の英語ではwillを「~だろう」、be going toを「~するつもりだ」と結び付けるので、正しく理解できないことが多くなります。 5:phrasal verb: これは look forやput offのような動詞に副詞や前置詞が付いた形を言います。これは中学校の英語では熟語扱いすることが多いんですが、これだと make up one's mind to のように名詞なども含んで少し長いものまで含まれます。しかし、句動詞とか群動詞とも呼ばれることもありますが、統一された呼び方はないようです。 また、look forのforやput offのoffの品詞は副詞になるのか前置詞になるのか、はっきりしないものが多いです。アメリカの文法書では こう言った一連の語句は particleとして敢えて区別しない場合も多いです。尚、フランスでは postposition(後置詞)として扱うこともあります。 私が思うに、多くの人は上記の理屈を知らなくても、多くの英文に触れながら感覚的に会得されていることと思います。ということは、どうせなら、学校で習う英文法ももっとスリム化できるのではないかと思うんです。むしろ、学校で教えるような中途半端さが余計に英語を分かりにくくしているような気がしますが、皆さんはその点に関してどう思いますか?

noname#97496
noname#97496

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数213
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3

似たようなことを考えている(と僕には見える)先人がいらっしゃいますよ (^^)

参考URL:
http://www.vsop-eg.com/

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.2
noname#111031
noname#111031

英語の入門書などで使われる”文型”という物/意味合い など全く気にせずに英語で文章を書いたり読んだりしています。これは 代何文型の文章だなんて文章を正しく書いたり、理解するのに考える必要があるのでしょうか? 私は、動詞とか副詞とかの文中での位置とか使われ方を覚えていれば、文型なんて考えませんね。 動詞+副詞或いは前置詞 なんかでも 意味と使い方だけで、一般的には何も問題は無い筈です。理屈を付け人はどうぞご勝手に、、、。としか思いません。 私は確かに高校で英文法の授業を受けましたが、それで英語の理解する ことでこんがらがったことは無いような気がします。むしろ、6年間の英語教育(俗に言う古臭い)を基礎にして実践で英語力を付けました。 お陰で文法的に誤解を招くような文章は客先へ送ることはあまり無かったかな、と思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 >英語の入門書などで使われる”文型”という物/意味合い など全く気にせずに英語で文章を書いたり読んだりしています。 これは私も同じです。 >動詞+副詞或いは前置詞 なんかでも 意味と使い方だけで、一般的には何も問題は無い筈です。 そうですね。しかし、学校の英文法では一方で あれほど文型や品詞分類に拘っているので、ここだけ治外法権になっているのは 些か滑稽ですね。 >私は確かに高校で英文法の授業を受けましたが、それで英語の理解することでこんがらがったことは無いような気がします。 これは学校の英文法で不備な部分はwy1さんなりに補完して解釈したからでしょうね。 >むしろ、6年間の英語教育(俗に言う古臭い)を基礎にして実践で英語力を付けました。 何度もしつこいようですが、それでも 英語を土台にストレスなく他の外国語を学習するレベルまで持って行くのは難しいようですね。

  • 回答No.1

>私が思うに、多くの人は上記の理屈を知らなくても、多くの英文に触れながら感覚的に会得されていることと思います。ということは、どうせなら、学校で習う英文法ももっとスリム化できるのではないかと思うんです。むしろ、学校で教えるような中途半端さが余計に英語を分かりにくくしているような気がしますが、皆さんはその点に関してどう思いますか? そうですね。むしろ僕は文型を5文型でなく9文型にすべきだと思いますけど。5文型は例外の要素が多すぎます。 13文型などにも分けられますね。 例外を含めた感覚値と感覚で覚えることもいいと思いますが、文法を覚えることも必要だと思います。 恐らくあなたは中高生?ぐらいなんだと思いますが、一定レベル以上までいった英語やってる人はそもそも文型へのこだわりはないですよ。 問題点も多いけどとりあえずは今の英語法がベストだと思います。 欧米の非英語圏では会話主体で覚えるみたいですが、日本の英会話スクールのレベルを見てると日本人には適していないのかもしれません。 いくつかの文型の型を覚えつつも、例外をその都度覚えていくのが普通です。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

回答ありがとうございます。 「中途半端」と「適度」は全く同じでものでも 評価する側の見解の相違によって分かれますね。例えば、コーヒーはホットでもコールドでも美味しいけれど、生ぬるいのはどうでしょう。猫舌だけど、冷たいものは歯にしみると言う人にとっては丁度いいでしょうね。publicpenさんは 文型についてだけ言及されましたが、他の項目については如何お考えでしょうか? 日本の英語教育も 基本的には現状維持で、文型のところだけを9文型にして内容を修正すれば publicpenさん的には最も妥当なところでしょうか? 私的には 文法を全く教えないのではなく、ちょっとまとまりは欠きますが、整理すれば 30%ほど削れると思います。 それでは、質問の本文で書ききれなかった 4項目を追加します。 6.助動詞:英語の助動詞にはdoやhaveのように、疑問文を作ったり時制をあらわす為に使われる auxiliary verbとcanやmustのように意味をを加えるmodal verbとがありますが、日本式の英文法では区別されません。まあ、厳密に区別しなくても大きな支障はないんですが、学校の英文法では「準助動詞」という用語も使われることがあり、定義がマチマチです。 7.代名詞の格: 例えば“ Me too. ”と言った場合、Meは目的格なのに表しているのは主格の場合が多いです。なぜ、目的格なのに、主格を表わしているのか不条理ですね。これは、一種の強勢形と考えることができます。 8. 主語とトピック: 英語の文には必ずといっていいほど、主語を立てます。また、英語の文には、何についての話題なのか、テーマとなるトピックがあります。殆どの英文では主語とトピックは一致しますが、食い違うこともあります。これは、英語よりもスペイン語に多いんですが、例えば、“Me gusta la musica.”(私は音楽が好きだ。) という文では、主語は la musicaですが、トピックは Meになります。英語でも “It's very nice of you to show me the way.” という文では of youがトピックになります。 学校の英語ではよく能動態を受動態に機械的に書き換える練習をさせますが、 “I love you.”を受動態にした、“You are loved by me.”はなぜ言わないかとか、 英語の授業ではあっさりスルーされる 日本語の助詞の「は」と「が」の訳し分けなども この問題に関わってきます。 9.形容詞の用法: 形容詞って何でしょう? 形容詞には white catのように、名詞を修飾する 修辞的用法と、 “This cat is white.”のような 述語的用法があります。 これは中学の英語でもあっさり触れますが、あれだけ分類と分析が大好きな学校の英語も核心を捉えた説明はしません。

関連するQ&A

  • 日本式英文法

    こんにちは。日本の英語教育は文法に偏っていると言われています。 しかし、今回はそういった文法偏重の是非ではなく、日本式英文法解釈の合理性についてお尋ねしたいと思います。というのは、英語で書かれた英文法をWebで読んでいたら、conditional moodという用語が出てきたんですが、直訳すれば「条件法」となるでしょうけど、これはフランス語やイタリア語の文法では聞くけど、日本式英文法では用いられない用語です。仮定法とも関係あるようですが、仮定法は英語では subjunctive moodというので、違うらしいです。 また、phrasal verbというのもあるんですが、これも日本式英文法の「熟語」とも違うようです。 そこで質問ですが、その他にも ネーティブの英文法解釈が日本式英文法と違う点があれば、教えてください。また、日本以外の非英語圏では こういう風に解釈しているよ というのがあれば 更に大歓迎です。

  • 中学の英文法の穴

    暇つぶしの質問ですので、暇な時にでもお付き合いいただければ幸いです。 中学の英語は文法に偏っているとよく言われますね。確かに、英語を覚えるのに文法の知識は欠かせませんが、現行のやり方では消化不良を起こす生徒が続発します。しかしながら、理屈で考えるのに長けていて文法が得意な生徒もおりまして、そういう生徒には疑問が残る部分もあります。それでは、それらの疑問の挙げてみますので、英文法の得意な皆さんはどう解釈しますか?どれでも答えられる項目にお答え頂ければ嬉しいです。 (1)形容詞は名詞を修飾します。では、“My car is blue.”の blueは なぜ形容詞なんでしょうか?そして、“My car is running.”の runningは なぜ形容詞ではないんでしょうか? とどのつまり、形容詞と動詞の根本的な違いって何なのでしょうか? (2)love,have,knowなどの動詞は中学でも最初に習う動詞ですよね。そして、英和辞典で調べると「愛する」、「持っている」、「知っている」という訳語がありますが、和英辞典で引く場合はそれぞれ、「愛する」、「持つ」、「知る」で調べなければなりません。それでは、日本語でも「~いる」の付かないそれらは英語でどういうんですか?つまり、例えば「知る」と「知っている」は英語ではどう区別するんですか? (3)「~を見る」は英語で look at~ ですが、この atの副詞は何になるんでしょうか? 前置詞だとして “What are you looking at?”のような疑問では、文の最後に来ていますが、これはどう説明しますか? (4)日本語の「~している」は英語では現在進行形で表されますが、「彼は死んでいる。」を“He is dying.”とすると、なぜ間違いなんでしょうか? (5) 不定詞の分類で、名詞的用法、形容詞的用法、副詞的用法があるのを習いますが、how to do, what to do, when to do は それぞれ どの用法になりますか?

  • 英文法においての細かいニュアンスについて質問です。

    英語で 「予定」 について述べるときに、使用される英文法の候補として 【will】、【be going to】、【現在形】、【現在進行形】、【未来進行形】、【be to】 がありますが、これら"それぞれ"のニュアンスの違いを教えてください。(これとこれはこう違う。など) こんな場面で使います。というような感じで解説していただけるととてもありがたいです。 また、こんな場面では will を使うと不自然。など、やってはいけない用法なども、知っていたら教えていただきたいです。 出来れば、英語圏に何年間か留学していた片、ハーフの方、英文法を専門に研究している方、ネイティブな方、などニュアンスに強い方に解説してもらいたいです。 また、そんな気にすることではない。大体同じだと思う(根拠なし)。細かい。など、質問の答えではない回答は遠慮していただきたいです。 いろいろな参考書を見てみたり、ネットで調べてみたりしましたが、これらすべてについてのニュアンスの違いがどのようなものなのか分かりませんでしたので、まとめて質問させていただきます。 回答よろしくお願いします。

  • 広義英文法、狭義英文法について

    私は狭義の英文法が英語において正しいもので、広義の英文法は間違えでデタラメなものだと思っています。(言い過ぎましたm(_ _)m) 例えば、広義の英文法では使役動詞にforceやgetなどが入っていますが、狭義の英文法では使役動詞に分類されません。確かに、狭義では使役動詞に分類されているhave、letなどとは文法的にも第四文型の補語に原型不定詞をいれるかto不定詞を入れるかで違うものとなっています。これは理解できるのですが、広義の英文法においてのforceなどが使役動詞に入る意味がわかりません。ただ単純に使役みたいな意味を持っている不完全他動詞(ここでは、感覚動詞、使役動物、第四文型をとる動詞と3つに分け、この中で後者をとる)だと思います。動詞の中では、文型によって違う意味を持つ動詞はいくらでもあります。(例:owe、allow、askなど) ここで質問です。(広義の英文法が正しいと思っている人限定) なぜ、広義の英文法は英文法において正しいと思うのですか? また、広義の英文法の良さについての意見も教えてくださいm(_ _)m

  • 英文法

    ちょっと英文法で分からないところがありました。自分なりにかいしゃくしてみましたので、添削お願いします。 The question was easy to answer. toは不定詞の副詞的用法でS+V+Cの第2文型。でどうでしょうか?

  • 英文法、どこまで必要か?

    こんにちは。日本の英語教育は文法と訳読に偏りがちです。そしてよく、英語を覚えるのに文法は要らない という人もありますが、文法を知っていたほうが、会話を覚えるしても上達が速いとも聞きます。 しかし、学校で教わる文法には 不要な項目もあるはずです。 例えば、「譲歩」というのは 簡単なことを指しているのに ただ単に難しい用語を用いているだけだし、5文型はあまり合理的な考えだとも思いません。また、「仮定法」に関しては用語だけが一人歩きし、英語の教師でさえ根本的概念を上手に説明できる人は多くありません。 そこで質問ですが、学校で習う英文法はどこまで必要だと思いますか?

  • 英文法について

    英文法で 名詞節と副詞節を速攻で見分ける方法があると聞いたんですが ありますか? 文脈判断ではないです

  • 英文法の本質について

    私は高1で当然学校で英語を習っています。 しかし学校の参考書には、「仮定法が過去形になる理由」や「to 不定詞の方向性とはなにか」など英文法の本質的な内容については解説していません。 このように高校生に分かる、英文法の本質に答えてくれるような本があれば教えてください。

  • 仮定法は、英文法の中で重要だと思いますか?

    仮定法は、英文法の中で重要だと思いますか?私は英語が苦手ですが、英語ができるようになりたいと思っている大学生です。英文法の中で仮定法が苦手です。ただ、英文を読んでいて苦労することは少ないです。私が読む英文が簡単なものが多いからか、仮定法と出会うことは少ないのかもしれませんが。

  • 話す為の英文法

    お世話になります。 英会話スクールに通っております。 語彙力はあるほうなので単語をつなげて話していますが、先日 「文法が弱いのでレベルアップができない」と言われました。 一念発起して英文法を克服しようと思い、英文法の問題集を解いても 間違いがあまりないのに、話すとなると時制はバラバラ、可算名詞、不可算名詞も全く関係なし・・・・という状態になります。 今は、音読や構文の暗記などをしているのですが、話すための英文法を学ぶためのよい参考書などがありましたら、ご紹介いただけないでしょうか。 よろしくお願いいたします。