• 締切済み
  • すぐに回答を!

源泉区分の有無について

個人事業主でイベント制作や運営の仕事を請け負っています。 経理に全く無知でお恥ずかしい質問ですが、教えて下さい。 現在確定申告はちゃんと行っていますが、取引先によって源泉が振り込みの際に引かれて支払調書の送られてくる会社と、源泉が引かれず支払い調書の送られてこない会社があります。これはどう処理されているのでしょうか。 又、取引先から「取引先顧客カード」作成の為の用紙が届き、提出しなければならなくなったのですが、その中に「源泉区分の有無」という欄がありました。うちとしては、源泉を引かれずに入金して欲しいと思っているのですが、この場合有無はどちらになるのでしょうか。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数2181
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.2
  • hinode11
  • ベストアンサー率55% (2062/3741)

◆支払調書の件: (1)先ず、報酬・料金の支払調書は企業が税務署へ提出するものであって、報酬・料金の支払先(質問者など)に交付するものではありません。 (2)次に、企業によって、その支払が支払調書を作成すべき報酬・料金に該当するのかどうかの判断が異なるという事情があります。 ◆取引先からの「取引先顧客カード」に「源泉区分の有無」という欄があるのなら、質問者の希望通り、迷わず「無」にマルをして返送すればOKです。得意先との関係を壊さないように配慮しましょう。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

該当するかどうかの判断がなかなか難しい職種のようです。 詳しくは税務署に問い合わせしてみようと思います。 源泉区分の有無には無で回答しました。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 支払調書 支払金額と源泉額について

    フリーランスで映像デザインの仕事をしています。 今年から 青色申告にチャレンジしてます。 取引先の一件の支払調書でわからない点があるのでおききします。 通常は 30万円の請求で 消費税込で 315000円の支払金額となり、源泉金額が3万円と 書かれて 実際の入金は、315000-30000=285000 となりますが、 170万円請求で 消費税込で 1785000円。 源泉 17万円。 実際の入金が 1785000-170000=1615000 ありましたが、 支払調書には、 入金額の 1615000円が 支払金額に書いてあります。 取引先の間違い?だと思うのですが、電話が通じないので困っています。 調書通りに 書きますと 1615000-170000=1445000 の入金になり 17万円 多く入金されてることとなってしまいますよね! そもそも 私の業種は 10%の源泉なので 計算があわないので 申告書には会社に問い合わせてます。。。と一筆書き 支払額を 1785000円と訂正して 書いても問題ないのでしょうか? ややこしい質問ですみません。

  • 業務提携先への源泉徴収

    現在、わたしは個人事業主です。取引先の会社担当者が独立して、取引先が個人事業主となりました。売り上げはその事業主からが90%以上です。その事業主がいうには、個人事業主⇒個人事業主へ外注費の支払いですから、源泉徴収しないといけないと税理士から言われたいうのですが、給与でもないし、私どもはコンサルタント報酬ですから、源泉せずに支払ってもらうのが妥当と考えています。 今までは法人⇒個人事業主への外注費としての売り上げが立っており、当然、源泉徴収はありませんでした。わたしは、法人でも個人でも取引先に対しての源泉徴収は不要と考えますがいかがでしょうか?

  • 源泉徴収の支払い調書の再発行

    個人事業をしているものです。 取引先から送付された源泉徴収の支払い調書を紛失してしまいました。 確定申告に必要なので再発行を取引先にお願いしたいのですが、これは可能でしょうか?また費用が発生するものなのでしょうか?取引先も個人事業主で会計事務所に税務は任せているようです。

  • 回答No.1

>うちとしては、源泉を引かれずに入金して欲しいと思っているのですが… 源泉徴収されるかされないかは、任意に選べるのでなく、職種によって決まってしまいます。 「イベント制作や運営」という表現から見る限り、源泉徴収の対象になる職種ではないと思いますが、具体的な仕事内容が正確には分からないので、ご自身でお確かめ下さい。 ご自身で判断が付かなければ、やはり税務署に聞いてみるべきでしょう。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/gensen/2792.htm http://www.nta.go.jp/shiraberu/ippanjoho/pamph/gensen/aramashi2006/mokuji/05/01.htm >取引先によって源泉が振り込みの際に引かれて支払調書の送られてくる会社と… 個人に対する支払いは何でもかんでも源泉徴収しなければならないと、誤解している人・企業が多々あるのは事実です。 このサイトでも、そのように書く人がしばしば見受けられます。 質問者さんのお仕事が、前述の国税庁サイトに載っていなければ、その会社に今後は源泉徴収しないようお伝え下さい。 税金について詳しくは、国税庁の『タックスアンサー』をどうぞ。 http://www.nta.go.jp/taxanswer/index2.htm

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。 一度税務署に聞いてみます。

関連するQ&A

  • 個人事業主 源泉徴収されなかった場合

    個人事業主で初めて青色確定申告をする予定です。 いくつかある取引先(株式会社)のうち、支払時に源泉徴収をされなかった会社が2社ほどあります。 その他は全て源泉徴収をされ、支払調書も送られてきました。 この2社について、他で調べた際に、自分で源泉徴収分をおさめれば問題ないと書いてある物がありましたが、確定申告の際には、どのように処理をすればよいのでしょうか。 ど素人のため、、、何卒、ご教授頂ければ幸いです。 どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 源泉徴収票の居住地が、現在の居住地と異なる場合

    私は、フリーランスで仕事をしており、 何通もの源泉徴収票が、取引先より郵送されてくるのですが、 11月に引越をして、 現住所が「源泉徴収票の居住地」となっているものと、 旧住所が「源泉徴収票の居住地」となっているものが混在しています。 (まだ数通ですが、そうなっています) 引越の際に、引越の通知は出したのですが、 大きな会社であれば、なかなか経理関係にまで反映されなかったという感じでしょうか。 この場合、確定申告は、現住所の方の税務署と、 旧住所の方の税務署と、両方にする必要があるのでしょうか。 それとも、取引先の方々に依頼して、統一していただく作業が必要なのでしょうか。 無知で申し訳ございませんが、お知恵をお借りできれば幸いです。 よろしくお願い申し上げます。

  • 取引先が倒産。翌期支払い分を含んだ源泉徴収について

    昨年分の確定申告書を作成している段階です。 個人事業主で青色申告しています。 取引先が年末に倒産し、12月〆分までの売上があります。 (末締め翌月払いで毎月源泉徴収されていました) 倒産した取引先から届いた支払調書に12月〆分を含めた金額が書かれており、 通常なら売掛金が支払われたて源泉された時にはじめて帳簿に記述するものだと思うのですが、 年をまたぐので、この場合、どのような仕分けになるのかわかりませんでした。 ご存知の方いらっしゃいましたらご教授ください。 よろしくお願いいたします。

  • 源泉なし・支払調書を頂いてない場合の申告書での取り扱い

    ただいま確定申告に向け奮闘中です。 私は毎年、取引先から「報酬、料金、契約金及び賞金の支払調書」を送付いただいているのですが、今回、一つの取引先から支払調書を頂いていません。振込いただいた報酬は、源泉徴収されておらず、その扱いに戸惑っています。(通常、10%を源泉徴収されて振込みされます)。 その取引先との発生額は15,000円と非常に小額なのですが、この場合、普通に収入に加算し、所得の内訳には15,000円、源泉徴収税額に0円と記載すれば良いのでしょうか? また、支払調書がないため、添付資料として提出することが出来ませんが、問題ないでしょうか? 関連しての質問になりますが、支払調書については、確定申告デビューの際に税務署で貼付するよう指示されたので、その後も従っていたのですが、「確定申告の手引き」を見ると、源泉徴収票貼付の記載はあっても、支払調書については添付の指示がないようです。必ずしも貼付する必要はないのでしょうか?

  • 経理区分間繰入金について

    施設Aで振込みを受けたものを施設Bで収入に上げたいのですが、 こういう場合は経理区分間繰入金科目は使用しなくてもいいものでしょうか? 施設Aでは 入金仕訳を 預金/流動負債 出金仕訳を 流動負債/預金 とし、 施設Bの入金仕訳を 預金/収入 としようと思ってますが、これで間違いないでしょうか? 経理区分間の資金の移動には経理区分間繰入金を使用するものだとは思いますが、 そうするとどう仕訳をしたらいいものか分からなくなりました。 今度からは振込先を施設Bの通帳に変更しますが、 その前に入金があってしまったので、 どう仕訳をしたらいいものか悩んでおります。 どうか、よろしくお願いいたします。

  • 源泉徴収が差し引かれて入金されました。

    源泉徴収が差し引かれて入金されました。 昨年開業し、青色申告もしています。 年間1000万円の売り上げのない、非課税業者です。 このたび、あるお客様から、 源泉徴収分を差し引かれた金額が振り込まれました。 問い合わせたところ、 『個人事業主と判断し、差し引いて振り込んだ』とのこと。 この場合、先方のお客様から、「支払調書」を貰っておくべきなのでしょうか。 個人事業主でも、青色申告をして納税している場合、 1年間の所得を申告することで、所得税を請求され、納税していると理解しています。 先方が源泉徴収した場合は、支払調書をいただいて、申告の際提出しないと、 その分は、所得税が重複して支払ってしまうということになるのでしょうか。 また、こういった場合の経理処理についてもあわせて教えていただけたらと思います。 経理に関して初心者で、勉強不足で大変恥ずかしいのですが、 どなたか教えてください。 宜しくお願い致します。

  • ファームバンキングの取引区分について

    ファームバンキングデータの取引区分について教えていただきたいことがあります。 データレコードに「取引区分」という項目があり、「11:振込」や「14:振替」などがセットされます。 例えば、A社(顧客)からB社に口座振替でお金が入金されたときB社のファームバンキングのデータの「取引区分」には「11:振込」か「14:振替」のどちらがセットされるでしょうか? ご存知の方、ご教授お願い申し上げます。

  • 個人事業主:源泉徴収の仕訳

    お世話になります。 私は個人事業主で、平成19年10月に満額の報酬料が振り込まれました。 平成20年1月に入ってから、「源泉徴収をしていなかった」ということで、請求書が発行され、源泉徴収分を私から発注者へ振り込み(返金)しました。 支払調書は1月末にいただいています。 青色申告に当って、この場合、10月に入金があった報酬(売上)はどのように仕訳をすればいいのでしょうか?

  • 源泉所得税を引かれてない場合

    タレントの手配を行う個人事業主は、源泉所得税を引かれた額を取引先から振り込まれると思いますが、引かれずに振り込まれる場合は、自分で申告するのでしょうか? 発注元(振り込む側)は、本来源泉所得税を預からなければならないのに、それをしてないとどうなりますか?

  • 個人事業主の源泉徴収税の仕訳

    開業2年目で青色申告をしている個人事業主です。よろしくお願いします。 売上について、これまで次のように仕訳をしてきました。 請求書を出した時 借方:売掛金 貸方:売上高 実際に入金された時 借方:預金、振り込み手数料、源泉所得税、貸方:売掛金 これで確定申告をすると、帳簿の源泉徴収税額は取引先からもらう支払調書の額と同じになりません。 ネットで調べてみて 平成25年度の売上は25年に発行した請求書の売上額なのは理解していましたが、 源泉徴収税も25年に発行した請求書の売上額に対する額になるということなのですよね? でも、源泉所得税は入金された時に計上するために、24年11、12月に発行した請求書の分も25年の帳簿に記載されることになります。25年11、12月に請求分の源泉徴収税は26年1、2月まで計上されません。 私の帳簿の付け方は間違っているのでしょうか。 それとも帳簿の付け方はあっていて、24年11、12月分は含まず、(帳簿にはまだ載っていない)25年11、12月分の源泉徴収税額を計算して申告書に記入すればよいと単純に考えればいいのでしょうか。 経理に詳しい方には簡単なことなのでしょうが、昨日から混乱し続けています。 どうぞよろしくお願いします。