• ベストアンサー
  • 困ってます

ダイの大冒険

  • 質問No.3292347
  • 閲覧数395
  • ありがとう数5
  • 回答数2

お礼率 76% (226/295)

アニメというか、コミックなのですが、
ダイの大冒険という作品があります。
物語の終盤、バーンパレスに突入した主人公たち。
アバンがキルバーンに異次元空間に連れて行かれて
決闘をする場面で、
キルバーンがアバンにカードを投げて、
「それは左手の手袋代わりさ」と言う場面があります
いくら考えてもこのセリフの意味が分かりません。
アバンが手袋を失うのは異次元空間を脱出した後ですし。
どういう事なのでしょうか。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1
  • ベストアンサー

ベストアンサー率 22% (582/2598)

漫画とは関係ありません。

中世のヨーロッパの騎士達の間では、
左手の手袋を相手に投げ捨てる=決闘の申し込み、で
様々な作品でも引用される「決闘のお約束」です。

http://woodruff.press.ne.jp/illusion/materia/lib/sord4.html
お礼コメント
fullmoon15

お礼率 76% (226/295)

ありがとうございます。
勉強になりました
投稿日時:2007/08/27 23:27

その他の回答 (全1件)

  • 回答No.2

ベストアンサー率 35% (13/37)

自分もダイの大冒険を読んでいましたが、しばらくご無沙汰なので
前後の場面があまりよく思い出せないのですが、この少し前に
キルバーンはアバンに仮面を壊されるか何かしていたと思います。

西洋の騎士が出て来るような話では時折、決闘を申し込む際
相手に手袋を投げつけるというような場面を見かけます。
カードを投げて「それは左手の手袋の代わりさ」というのは
つまりはこの事(アバンに対し雪辱戦を挑む)ではないかと。
お礼コメント
fullmoon15

お礼率 76% (226/295)

ありがとうございます
勉強になりました。
投稿日時:2007/08/27 23:30
関連するQ&A
ページ先頭へ