• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

バンドギャップと導電率の熱活性化エネルギーの関係

絶縁体のバンドギャップE_bが例えば3 eVということは禁止帯の幅が3 eVあるということですよね。絶縁体の導電率のアレニウスプロットで傾きから熱活性化エネルギーE_aを算出しますが、バンドギャップとの間には関係式みたいなものはあるのでしょうか。 例えば温度が1000Kのときは導電率sはs_0*exp((E_b - E_a)/(1000*k))ということでしょうか。s_0は絶対零度のときの導電率(?)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数6763
  • ありがとう数8

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

No.1です。 >バンドギャップが5 eVでありながら、導電率の活性化エネルギーが1 eVというようなデータを見ることがある そうですね、式の中の E_b - E_a を深く考えていませんでした。で教科書を見直すと、不純物がドープされている場合はドナー準位やアクセプター準位がバンドギャップの中ほどにできることを思い出しました。図で表すと下の感じです。 E ↑    //////[伝導バンド]///// E_b -----------------------    活性化エネルギーE_a    -----(ドナー準位)------ 0   -----------------------    /////[価電子バンド]//// 分かりますかねぇ…。 このような場合、E_b=5eVでE_a=1eVなどとなりますね。E_bとE_aの大きさの関係は…直接はないでしょうね。どこにドナー準位ができるかはバンドギャップE_bと無関係な気がするからです。 なお、この場合ドナー準位から電子が供給されるので導電率は σ(T)=σ(T=0)×exp[ E_a/k_B T ] ですね。不純物がドープされていない場合も同じでしょう(E_a=E_bだから)。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。参考になりました。

その他の回答 (2)

  • 回答No.3
  • d9win
  • ベストアンサー率63% (24/38)

導電率(σ)は、電荷担体の密度(n)と移動度(μ)の両方に比例します。 ρ= q n(T) μ(T)  J= ρE したがって、導電率(ρ)の活性化エネルギー(Ea)は、n(T)とμ(T)のEaの和となります。 ρが主にn(T)で決まる場合にし、質問者の想定されている状況は起こりえると思います。 しかしながら、一般的にそう単純化できる例はほとんどなく、μ(T)の温度依存性こそが問題になっているのだと思います。 電気伝導モデルは、電荷担体の動きやすさ(μ)の順に次のものがあります。 (A)自由電子モデル (金属, 半導体) (B)不純物伝導 (高抵抗半導体) (C)ホッピング伝導(絶縁体) (A)の場合はn(T)の比重が高くなると思いますが、それでもn(T)だけでは済まないのだと思います。 一般的な絶縁体では、(C)ホッピング伝導をしていると思います。 もっとも、ダイヤモンドやSiCのように通常は絶縁体に分類できるが、(不純物密度が少なく、しかも結晶性が良いとかの)条件が整えば半導体として振る舞うものもあります。 ちなみに、ある反応の活性化エネルギー(Ea)は、反応前後のエネルギー差よりも大きいのが一般的です。 n(T)は電荷担体(キャリア)の発生反応で決まりますが、この反応前後のエネルギー差がバンドギャップ(Eg)に当たります。 半導体は例外的にEa≒Egとなっていると理解してます。 参考URLは、ホッピング伝導についてのものです。 http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3221800.html http://oshiete1.goo.ne.jp/qa405660.html http://physi.rc.kyushu-u.ac.jp/qcmpg/ob/hirakawa/insulator.html

参考URL:
http://physi.rc.kyushu-u.ac.jp/qcmpg/ob/hirakawa/insulator.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。移動度のことがあるのですね。納得いたしました。

  • 回答No.1

1週間近く経つのに回答がつかないので、よく知りませんが投稿します。回答を書きながら考えますね。 >絶縁体の導電率のアレニウスプロットで傾きから熱活性化エネルギーE_aを算出しますが、バンドギャップとの間には関係式みたいなものはあるのでしょうか。 「活性化エネルギーとバンドギャップの間には関係はありますか?」という質問なら、関係あるでしょうね。というより、バンドギャップそのものが活性化エネルギーになるような気がします。 >導電率sはs_0*exp((E_b - E_a)/(1000*k))ということでしょうか。 普通の考え方で行くと、価電子帯に励起されて流れる電子の数が温度依存し、その量がAhreniusプロットでの傾きになると思います。つまり電流I(T)が I(T)=I(T=0)×exp[ (E_b - E_a)/k_B T ] 導電率σ(T)は一定の電圧Vで測定した場合、 V=R(T)I(T)=I(T)/σ(T) ですから、 σ(T)=(1/V)×I(T)    =(1/V)×I(T=0)×exp[ (E_b - E_a)/k_B T ]    =σ(T=0)×exp[ (E_b - E_a)/k_B T ] ですね。 なるほど、質問者さんの言う通り、求まりました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

ご回答ありがとうございます。 >というより、バンドギャップそのものが活性化エネルギーになるような気がします。 このことについてですが、バンドギャップが5 eVでありながら、導電率の活性化エネルギーが1 eVというようなデータを見ることがあるのですが、どういうことかお分かりになりますか。

関連するQ&A

  • 活性化エネルギーの求め方を教えて下さい。

    今,例題を解いています。 解答は,活性化エネルギーE=0.69eVとなっています。 アレニウスプロットから傾き3.87*10^-7が算出できました。 ここから先がいきずまっています。 ボルツマン定数R=8.31451(J/mol・K) E=3.87*10^-7/R どのように解くとE=0.69eVになるのでしょうか? よろしくおねがいします。

  • W=W0*exp(-E/kT)で、F∝√Wのとき、Fの活性化エネルギーはE/2でいいですか。

    W=W0*exp(-E/kT)というようにWの活性化エネルギーがEとします。 W0は定数、kはボルツマン定数、Tは温度です。 また、FはWの1/2乗の依存性を持つとします。F∝√W このときFのアレニウスプロット(x軸:1/T, y軸:Fの対数)ではFの見かけ上の活性化エネルギーはE/2となるのでしょうか。

  • 半導体の電気抵抗とバンドギャップ

    先日、半導体(ゲルマニウム)の電気抵抗を計測する実験を行いました。その実験結果を元に半導体の活性化エネルギーと高温極限での抵抗値を求めたのですが何か違うような気がします。 使った式はR(T)=R_∞ * exp{Q/(kT)} です。R_∞は高温極限での抵抗値、Qは活性化エネルギー、kはボルツマン定数、Tは絶対温度です。 この式と実験結果を使って求めると、 R_∞=2*10^(-4) [Ω] =0.2 [mΩ] Q=0.4[eV] となりました。 ただ、疑問に思うところがあります。R_∞に関しては高温極限とはいえ余りに抵抗値が低すぎるのではないか。 それとQについてはQ=E/2 (E:バンドギャップ)であり、資料からゲルマニウムの室温付近のE=0.666[eV]よりQ=0.333[eV]が妥当なはずなのに約0.7[eV]も差が出ている。 このような疑問です。 Qについては調べていくと、半導体に不純物が含まれていると不純物準位というのができてEの幅が広がるとあったのでそのせいかとも思ったのですが、それにしても差が大きいような気がします。 自分の求めたR_∞、Q は妥当なのでしょうか?それともおかしいのでしょうか?些細なことでも結構ですのでアドバイスをいただけたらと思います。 よろしくお願いいたします。

  • モット絶縁体について

    “モット絶縁体”って半導体ですか?絶縁体ですか? もしくは半導体や絶縁体の性質に関係はないのですか? 僕が調べたデータによると Cu2Oはバンドギャップ 2.2 eV で半導体 CuOはバンドギャップ 1.4 eV で半導体 CuOはモット絶縁体 でした。 CuOのほうがバンドギャップが小さいのに、モット絶縁体ということになってしまいました。 バンドギャップとモット絶縁体は関係あるのか、それともないのか、教えてください。

  • 固体イオン伝導体のイオン導電率と活性化エネルギー

    固体イオン伝導体のイオン導電率と活性化エネルギーの関係について教えてください。 固体イオン伝導の活性化エネルギーというのはイオンがホッピングするときの障壁に相当するエネルギーと理解していますが、同じイオン伝導モデルを有していてキャリアの数も同等である材料の場合は、活性化エネルギーが低い物質は必ず高いイオン導電率を示すのでしょうか? 学術論文等を読んでいると、しばしばこれらの関係が逆になっているケースを見かけます。 つまりアレニウスプロットにて、ある材料Aのプロットの傾きが材料Bよりも大きいにも拘らず、導電率の値がBよりも高くなっているような図を見かけます。 同じイオン伝導モデルを有していると考えると、これらの関係に矛盾を感じます。 回答していただきたいのは、 1) 活性化エネルギーが低い物質は必ず高いイオン導電率を示すものなのか? 2) 1)の関係が必ず成り立つとは限らないのならば、その理由として考えられることは何か? 3) セリア系の酸素イオン伝導体において「キャリアの数=酸素空孔の数」と考えても良いのか? の3点です。 知識不足からトンチンカンな質問になっているかも知れませんが、ご回答をよろしくお願いいたします。

  • 半導体はどの程度の電流電圧で導体になるのか?

    半導体は、電気を通す導体と電気を通さない絶縁体の中間的性質を示す物質のことですが、 例えば、バンドギャップが1.0eVのもの(シリコンは約1.1eV)は、一般的に半導体に分類されます。 しかし、このバンドギャップ=1.0eVの半導体とは、どの程度の電圧・電流をかけると 価電子の励起が起きる(導電性になる)物質のことなのでしょう? (真性半導体のようなものを想定した場合) 電圧数ボルト?それとも数十ボルト?数百ボルト?数千ボルト? 半導体の導体と絶縁体の中間の性質と言われても、具体的なイメージが沸きません。 どなたか半導体分野に明るい方、分かりやすく教えて下さい。 よろしくお願いします。

  • アレニウス 単位Kの消し方は?

    http://homepage3.nifty.com/mnakayama/research/memo/memo.htm リンク先のページより, アレニウスプロット、傾き→エネルギー (log ? vs. 1000/Tのとき) ・ E (eV) = 2.303 x 1.381e-23(J/K) x 1000 x 傾き / 1.602e-19(J) とあり,ここまでは理解しました。 右辺の単位がeV/Kになってしまいます。 各温度での活性化エネルギーを求めればよろしいのでしょうか? 例:25℃では,25+273(K)であるから, E(eV)=2.303 x 8.62e-5(eV/K) x 1000 x 傾き x 298(K) ご教授おねがいします。 

  • 半導体のバンドギャップが小さくなる理由

    禁制帯などといったバンドギャップが現れる原理は、固体中は原子が周期的に並び周期ポテンシャルを持つからである。また、原子同士が接近して電子の波動関数が重なるので、電子の軌道が分裂して電子が存在できる状態に制限が生まれた事による。 理屈が間違っていると元も子も無いのでまず確認してもらいたいのですが、このように私は解釈しているのですが合っていますか?もし上の内容が正しいとすれば、シリコン等の元素がバンドギャップの幅(エネルギーギャップE_g)が狭くなる理由は一体どこから来るのでしょうか。参考書には半導体は絶縁体よりバンド幅が狭いというだけで狭くなる理由が書いてないので気になりました。 どなたかご教授してもらえないでしょうか。

  • サーミスタの活性化エネルギーについて

    サーミスタの抵抗Rについて考えると    R=A・exp(B/A) Aは素子の大きさなどで決まる比例定数  Bは半導体の禁制帯幅や不純物レベルによって決められる定数であ り、活性化エネルギーと呼ぶ  Aを消去するために2つの温度T1とT2での抵抗R1とR2を比較すると         R2=R1・exp{ B・(1/T2ー1/T1) } =V/I  ・・・(1) (1)式を見ると式中のBには単位があることがわかる。どのように考えると単位がわかるか文章で説明せよ。    という問題です。 単位はKJ/molだと思うのですがどのように考えるかがわかりません。 よろしくお願いします。

  • 電子ボルトについて

    半導体の説明で「シリコンやゲルマニウムの半導体は、禁止帯の幅が1[eV]程度と小さく、絶縁体では、3[eV]以上である」と書いてあったのですが、電子ボルトは確か物質中の電子のもつエネルギーのことを指すものだと思うのですが、禁止帯の幅を表すのに電子ボルトを使う理由がわかりません。ご存知の方がおられましたら解説をお願いします。