-PR-
締切済み

株式会社の発起人について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.31030
  • 閲覧数144
  • ありがとう数5
  • 気になる数0
  • 回答数2
  • コメント数0

お礼率 37% (6/16)

株式会社を設立するときの、発起人てどんな人?
発起人には主にどういう人がなるのですか?また、司法書士事務所などにお願いすれば、発起人業務を引き受けてもらったりできるのでしょうか?
それと、発起人は会社成立後ひきつづき、その会社の代表取締り役にはなれる?詳しく教えてください。お願いします。
通報する
  • 回答数2
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

回答 (全2件)

  • 回答No.1

株式会社設立の方式には、発起設立と募集設立の2つがあります。
発起人は1名以上が必要です
発起人が株式の引受を呼びかけて設立する方法が募集設立です
一般的には募集設立を採用した株式会社が多いといえます
発起人のみで設立する方法が発起設立です
この場合、発起人がすべて株式を引き受けることになります、なお発起人が1名の場合は、一人で設立する形になります。
小規模な法人の場合、この形で設立する法人が多くなっています

法律的には、発起人とは会社を設立するために定款に記名した人を言います。
発起人全員の氏名と住所を定款に記載する必要があります。
会社設立後、取締役会で選任されれば代表取締役に就任はできます。


  • 回答No.2

先ほどの追加です。
>司法書士事務所などにお願いすれば、発起人業務を引き受けてもらったりできるのでしょうか?
懇意な先なら頼めると思います。
また、家族でもだれでもなれると思います。
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
-PR-
-PR-
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-
-PR-
-PR-

特集


専門家があなたの悩みに回答!

-PR-

ピックアップ

-PR-
ページ先頭へ