• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

どちらの提案を受けるべきでしょうか?

子供が1歳になり、未だに入っていない保険を真剣に考え始め、保険会社2社から提案を受けましたが、それぞれ違う提案を受け、どうすべきかわからず悩んでいます。ぜひともアドバイスをお願いします。漠然と保険料が高く感じられるのですが。。 家族構成は、私は32歳、妻34歳、1歳の子供がおり、年収は650万くらいです。家は購入済み、ローンを支払っています。 1つ目は、プルデンシャル生命で合計の1ヶ月当たり保険料が38,398円 ・終身型変額保険 払込期間65歳 保険額1,000万円 保険料17,150円 ・家族収入特約 保障期間65歳 払込期間65歳 保険額月額23万円 保険料10,948円 ・災害死亡給付特約 保障期間80歳 払込期間65歳 保険 2,000万円 保険料1,020円 ・傷害特約 保障期間80歳 払込期間65歳 保険額1,000万円 保険料720円 無解約返戻金型入院総合保障特約 80歳 払込期間65歳 日額1万 5360円 無解約返戻金型がん入院特約 終身 65歳 日額3万 2,820円 2つ目は、40社近くを扱っている総合保険代理店からのもので、 ・ソニー生命 積立利率変動型終身保険 払込期間60歳 保険金1,500万円保険料30,060円もしくは、 ・あいおい生命 積立利率変動型終身保険 払込期間60歳 保険金1,500万円保険料27,705円 この終身保険に、医療保険は特約で入るメリットは特に無いので、好きな会社の保険に別々に入ったらどうかと言われました。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数320
  • ありがとう数11

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.8
  • ucosmos
  • ベストアンサー率63% (107/168)

プルデンシャル生命(以下「P社」)、総合保険代理店(以下「S店」)とも、提案内容から受けた印象を申し上げますと、umiusi51さんの年収から、「これくらいまでなら毎月支払える保険料だ」という範囲で保険を設計されたように思います。 P社については、ライフプランニングをされた結果、今回の保障内容になったと言うことですが、 umiusi51さんは、 (1)持ち家があること、 (2)サラリーマンであれば、umiusi51さんに万一のことがあったときには、厚生年金から遺族年金として、子供さんが18歳になるまで毎月10万円程度は支給されること、 これらを考慮すれば、提案された保障額は大きいように思います。 S店についても、なぜ、終身保険を1500万円もの保障額にする必要があるのかを担当者に聞いていますか? また、生命保険は、「ひとつの目的にひとつの保険」が良いと思います。 P社の提案のように、ひとつの保険に、死亡保障と医療保障が混在しますと、 例えば、将来なんらかの理由で、4万円弱の保険料は払えないので一部解約したいが、医療保障だけは継続したい、と思っても「特約」である医療保障だけを残すことはできません。 生命保険は、保険料の生涯支払額が1千万円を超えるような商品です。 何のために保険に加入するのか、 いつまで、いくらの保障額が必要なのか、 を良くお考えになった上で、保険に加入されることをお勧めします。 保険営業員の言いなりで保険に加入しても、umiusi51さんにとって良いことはない、ということは保障します。 保険を考えるご参考として、「参考URL」欄に、 「知るぽると-わが家の味方「生命保険」」(http://www.shiruporuto.jp/life/hoken/seiho/index.html)を書いてあります。 umiusi51さんのお役にたてれば幸いです。

参考URL:
http://www.shiruporuto.jp/life/hoken/seiho/index.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

お礼が遅くなってすみません。そもそもなんで相談したときに年収を聞かれるのかというのもひっかかっていました。おっしゃられているように払えるからなのかとも思いました。じっくりと考えて、コストダウンを図ることにします。保険も一社でなく分散しようと思っています。ありがとうございました。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

総合代理店のプランはまず保障が少な過ぎ、万が一のことがあったらたいへんなことになると思うので(1500万で子供抱えて、その先やっていけるかどうか・・いくしかないので、何とかはなるものだが、販売としては無責任です)、論外だと思います。 で、P社ですが、P社のLPサービスは4つのカテゴリーで算出していると思いますが、老後資金が夫死亡後の生活費減に対応していないこと、遺族年金の算出根拠が通常よりも辛めに出ることから(標準報酬月額のあたり)、どうしても終身保険と家族収入保険は大きめに見積もる傾向があるようです。保険とは「最低いくらあればいいか」か「いくら残してあげたいか」の観点の相違で、かなり違った保障曲線を描きます。 P社は後者の思想で教育しており、現在の生活資金額などは「手取り年収ー教育・住宅資金・貯蓄」というかなりざっくりとした数値を使用します。 結論から申し上げますと、死亡保障はP社でよいと思いますが、以上の理由により、変額終身はまだ不要(か減額加入)、家族収入の保険月額も多少の減額は大丈夫だと思います。災害・傷害特約はさすがに良心的な内容になっているようです。 変額終身は解約金が確定しないので、終身の死亡保障としては安価で良いのですが老後の生活資金準備としては難があります。それらの根拠となる必要資金も変動的な数値でしかありません。しかし全く加入しないとなると不安があるようでしたら、積立利率変動型でもよいでしょう(P社にもある)。 医療についてはやはり通販など他社を利用してもよいかも知れませんね。 いずれにしても、ますは死亡保障をしっかりと確保すること、それが第一です。ちなみに家族収入月額23万だと総保障額は1億1600万ほど。確かに安心できる額かも知れませんが、保障を半分にしても(約6000万)掛け金は6000円もあれば確保できます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

>補償額において1社でまとめた方がよくなったリ、バランスが良かったりするのですか? ここでいう1社というのは保険会社1社ですか?それとも代理店1社ですか? 前者であれば、1社でまとめることで補償額がよくなったり、バランスがよかったりすることはあると思いますが、別に1社でまとめなくても同じことができますので1社にまとめるメリットはありません。 後者であれば、いろんな保険会社の商品に加入しても窓口が一本化されるので手間がありません。バランスについても上手に組み合わせることで補償額の面でも保険料の面でも、理想的なプランが実現するはずです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6

私の意見は皆さんと少し異なります。 質問ではわかりませんが、プルデンシャル生命の提案内容を見ると、 恐らくLPサービスを取って必要保障額を算出してからの提案だと思いますが、違いますか? もしそうであれば、終身が1000万円の理由も家族収入保険が65歳まで23万円である理由も説明を受けているはずです。 しっかりした提案だと思います。 ただ、残念ながらプルデンシャルは終身医療保険を持っていません。 医療は他社の終身でも良いかもしれません。 総合代理店の提案は意味がわかりません。 家族のことを考えて保険を検討なさっているのに、保障額が1500万円では少なすぎます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。確かに補償額を算出してもらいました。ただやはりもろもろの設定を見ると高く設定されている部分もあると思います。見直してみようと思います。医療保険は特約でなく、他社の医療保険のほうが良いですか?

  • 回答No.5

既に他の方の回答にもありますが、チョット高すぎるかな?という印象は受けますね。 それ以前に気になることがあります。それは質問者さんが提案内容で迷っているということです。それは質問者さんが悪いのではなく、何のための提案なのかが明確になっていないことが問題だと思います。 私もプルデンシャル生命と同じスタイルを取っているソニー生命を扱っていたことがありますので、その観点からご回答いたします。 本来、生命保険は「質問者さんに万が一があった場合の経済的リスクを回避する」ための問題解決商品です。(要するに、万一があった場合の残されたご家族のお金に関わる問題を解決するためのものな訳です) 更には、そのご家庭の“将来”(ここが重要です)の人生計画に伴う万一時の経済的リスクを回避するものになっていなければ意味がないのではないかと思います。 一部だけ引用しますが具合的に今回の提案の例でいうと・・・ 例えば終身保険でいうと、変額でも利率変動型でも何でもい良いのですが、これは何の経済的リスクを回避する商品なのでしょうか?もしお葬式代などの保障というなら他の方が回答しているように300~500万もあれば十分でしょう。そこに1000万や1500万の提案をしてくる理由はなんのでしょう?何の経済的リスクを考えて1000万超の保障を提案してきたのでしょうか?そこは聞いていますか? 次に家族収入保険ですが、この月額23万円の根拠、更には期間の根拠は何のでしょうか?この金額で、あってはなりませんが質問者さんに万一があった場合、残された奥様とお子様は、今までどおりの生活をし、お子様の進学も守れるのですか?そこはお聞きになりましたか?本来はその様なことを考えての提案になっていなければおかしいのではないかと思います。そこが見えてこないので、質問者さんも「本当に、この提案で良いのだろうか?」と悩んでしまっているのではないかと思います。(それだけが全てではないと思いますが) 次に、保険内容全体として、質問者さんの将来の人生設計を考えたものになっているのでしょうか? 具体的には、将来、お子様を増やされる予定はないのでしょうか?仮に増やされるとすると、元気でいらっしゃった場合の生活費は増えることになります。更には、将来的な教育費用も増えてきます。と同時に、お守りする家族が増えるということですから、場合によっては保障の増額をする必要も出てくるかも知れません。その様なことを考えての提案になっているのでしょうか? この様なことを考えると、今の時点では、ある程度、支出に余裕のある範囲での保険提案のほうが良いのではないかとも思いますよ。 簡単に保障の考え方・保険料の考え方を書きましたが、ご参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。保険金の根拠、説明を受けましたが、確かに金額設定が高く漠然としていることが皆さんの指摘で分かりました。将来のことを考えると今は必要最低限の保険を契約し、また子供が増えたりしたらまた見直しすればいいのかなあと気分になってきました。ありがとうごじます。

  • 回答No.4
  • CFP007
  • ベストアンサー率40% (29/71)

こんにちは。保険の代理店を経営するCFPのおやじです。 まず、どちらも保険料が高すぎると思いませんか。ここで細かなコンサルティングはできませんが、私ならば、以下のような提案をします。 変額保険(終身型)終身 60歳 500万円  8,410円 家族収入特約   60歳 60歳 月15万円 4,860円 (もしくは非喫煙  60歳 60歳 月15万円 3,840円) 入院保障特約   60歳 60歳 日額5千円 1,410円 成人病特約(短) 60歳 60歳 日額5千円  910円 合計15,590円(14,570円)               一応、分かりやすくソニー生命で見積りをしてみましたが、変額保険(終身型)以外は、他社の商品で一番安いものでよいのではないでしょうか。がん保険は、東京海上日動あんしん、日本興和、三井住友海上きらめきあたりで加入しておいては如何でしょう。 変額保険(終身型)は、終身保険の中でソニー生命の変額の保険料が一番安いので、それを選択していますが、今の段階で1,000万円は多いと思います。保険料が無理なく支払えて、将来に向けて保険を厚くしたいという希望が特になければ、500万円程度でよいのではないでしょうか。変額保険は確かに運用によって、解約返戻金と保険金額は変動しますが、死亡保険金は当初の契約金額が最低保証されていますから、500万円を後の家族に残すつもりであれば、後のリスクは、保険会社かが潰れるかどうかですが、ソニーであれば、当面問題ないでしょう。 家族収入は、非喫煙であれば、ソニーの特約、そうでなければ、アリコが良いと思います。金額は、家が残ることと、サラリーマンであれば、遺族年金が月10万円程度支払われることを考えて、金額を決めてはどうでしょうか。子どもがひとりで、学校を出たのでいらなくなれば、そこで家族収入だけ解約をすれば良いと思います。 医療は、どこのものでも構いませんが、まだお若いので、あまり終身に拘らず、働き盛りの内の保障を、特約でカバーすれば十分だと思います。がん保険は、何かに加入しておくことをお勧めします。 以上、参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。とても分かりやすく、すらすらと頭に入ってきました。保険料半分以下に押さえられちゃうんですね。なるほど。入院保障特約は5千円で十分ですか?このソニー変額保険は積立利率変動型終身保険とはまた別のものですか?いただいたプランを元にもう一度、考えてみます。ありがとうございます。 

  • 回答No.3
noname#177513
noname#177513

結論から申し上げればどちらの担当からも入りません。 理由は無責任だからです。 ・終身型変額保険 払込期間65歳 保険額1,000万円 保険料17,150円 基本的に保険の事も良く解らない消費者に対して変額保険を提案するのは、単なる儲け主義でしかありません。 変額保険のリスクを理解した上でなら、変額保険を選ぶのも消費者の自由ですが、いくら担当が良く説明したと言い張っても、あえて消費者がここで質問しなければならいようなら説明不足です。というか説明していないのでしょう。 ですからあえて、家族収入特約について言及する気もないです。 これは実は難しい保険ですから。 >40社近くを扱っている総合保険代理店 だからなんなんでしょうね? 40社というのは法人代理店として扱っているだけで、 担当個人が40社の詳細を吟味してお客様に提案しているわけではないというのが事実です。 たまたま窓口で担当になった人が取り扱いしている保険会社の提案をしたというだけです。 ・積立利率変動型終身保険 払込期間60歳 保険金1,500万円保険料30,060円もしくは、 ・積立利率変動型終身保険 払込期間60歳 保険金1,500万円保険料27,705円 そもそも同じ形態の保険で保障額も同じ払い期間も同じ、それで何故保険料が違うのか説明されなかったのですか? 只、なんとなくパソコンで見積もりを出したものを提案しただけにしか見えません。 また「医療保険は特約で入るメリットは特に無い」というのは保険設計の観点から言えば正しいですが、「好きな会社の保険」・・・・・・・ て、、、、アルバイトの売り子じゃないんですから、相談者に対して相談を受けているという姿勢がないような・・・・・・・・・ 結局双方から、まあ適当な提案はされてますが、何か勉強になりました?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。なぜこの保険金にするのかは、一通り説明を受けました。確かに説明が足りない部分もあるなあと感じてます。皆さんからの指摘で的確な質問をぶつけることができそうです。家族収入特約に言及する気になれないのは、なぜですか?2種類の積立利率変動型保険については、解約返戻金の率が違うという説明を受けましたが。。医療保険にいたってはほぼ説明を受けてません。あまり難しくないものなんですかね?

  • 回答No.2

結論から申し上げれば総合保険代理店から入ります。 理由は保険料が安いからです。 ・終身型変額保険 払込期間65歳 保険額1,000万円 保険料14,930円 ・家族収入特約 保障期間65歳 払込期間65歳 保険額月額23万円 保険料9,361円 となります。ちなみに変額保険はソニー生命、家族収入保険はアリコでの保険料です。 医療保険はオリックス、がん保険は日本興亜がいいと思います。 総合代理店はプルデンシャル以外の保険会社の商品を取り扱ってますので上記のような組合せが可能です。 加えて申し上げるなら収入保障は65歳までは必要ありません。20年の定期で十分でしょう。そうすると保険料は4140円となります。 プルデンシャルの営業さんには悪いですが、保険料で選ぶのなら総合保険代理店が有利ですね。 ただ、今回のご回答は補償額の大きさについては無視しています。それについては貴殿の経済状況を詳しくお聞きしないと試算できないからです。 その点ご承知おきください。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ご返答ありがとうございます。ソニーの変額保険、プルデンシャルと比べるとずいぶん安いですね。医療保険、がん保険見てみます。収入保障も確かに65歳まで必要ないということがわかりました。保険料で選ぶならとおっしゃられていますが、補償額において1社でまとめた方がよくなったリ、バランスが良かったりするのですか?

  • 回答No.1

こんばんは! まず大黒柱の方に万が一の時の終身保険ですが、この金額をどの様な考えで決めるか?です。 純粋にお葬式代として考えるなら、1,000万円は多くないでしょうか? 通常ならお葬式代としての考えは、300万円くらいでは? これだけでも1/3になりますよね? それと家族収入特約 保障期間65歳 払込期間65歳についてですが、本当に65歳までの残されたご家族の為に、毎月23万円必要でしょうか? その頃にはお子様も手を離れ、奥様と二人の生活ではないでしょうか? それに寡婦年金もありますし。 でしたら今後お子様のご予定は分かりかねますが、下のお子様が手を離れる22歳を目処に考える? これについては保障期間について見当の余地があるのかも? または、逓減定期保険を下のお子様が22歳になるまでの保障期間で考える?お子様1人で金額は1,000万円位を目安に。 あとは終身での医療保険で払い込みは65歳で終わりにする。 そこにがん、若しくは成人病などの特約をつける。 以下をご参考に プルデンシャル生命終身型変額保険 http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0600.htm ソニー生命 積立利率変動型終身保険 http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/0352.htm#name これで見ますと保険料の比較が。 http://www.hoken-erabi.net/seihoshohin/goods/9035.htm 個人的にはソニーですかね? 参考になれば幸いです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

早速のご返答をありがとうございます。終身保険においては、葬式代はもちろん、もしもの場合多少は子供に残せればという風に考えています。 おっしゃるとおり、家族収入特約は65歳まで必要ないですね。できれば子供はもう一人と考えていますが、それはできてから考えればいいんですよね?また保険料は若干高いですが、変額よりも積立利率変動型の方がいいのかなあと思ったのですが。。bluementeさんがソニー生命を勧める理由は何ですか?教えていただいてもいいですか?

関連するQ&A

  • 生命保険の見直し。年払いの支払い前に検討したい

    31歳未婚 女 会社員です。 結婚は考えていません。 24歳の時に付き合いで現在の終身保険に加入しました。 保険料を安くして、その分貯蓄に回したいと思い、 見直し・他会社の保険への乗り換えを考えています。 年払いの支払いがもうすぐなので、できればその前に決めたいと思っています。 アドバイスよろしくお願いします。 ----------------------------- プルデンシャル生命 年払い/113,998円 終身保険65歳/3,500,000円 無解約返戻金型入院総合保障特約終身65歳払込済/日額 5,000円 災害死亡給付特約80歳65歳払込済/5,000,000円 無解約返戻金型がん入院特約終身65歳払込済/日額 20,000円 無解約返戻金型女性疾病特約80歳65歳払込済/日額 5,000円

  • 学資、生命保険について教えてください

    生命保険加入について、教えて下さい。 ソニー生命の積立利率変動型終身保険と富士生命のE-終身保険について。 結婚して子供が生まれたので、保険の窓口にて 生命保険の相談に行ってきました。 そこで提案されたのが以下のプランです。 私(20歳 会社員 ) 妻(21歳 専業主婦) 子(0歳) 1.ソニー生命 積立利率変動型終身保険 保険期間:終身 払込期間:60歳 保険金:200万円(葬儀代として) 保険料:月額2,808円 →家族収入特約<定額型> (非喫煙優良体 料率) (最低支払保証期間5年) 保険期間:65歳(老齢年金受給まで) 払込期間:60歳 保険金:年金月額11万円 保険料:月額3,533円 →生前給付定期保険特約 保険期間:60歳 払込期間:60歳 保険金:100万円 保険料:月額636円 リビングニーズ特約 ナーシングニーズ特約 保険料払込免除特約 以上で合計6,977円です。 それと、子供の学資保険の代わりに富士生命の 低解約返戻金型終身保険を勧められま した。 保険料払込免除特約付 E-終身(低解約返戻 金型終身保険<無配当>) 保険金額:700万円 保険期間:終身 払込期間:37歳(子供の高校卒業まで) 保険料:17,815円 子供が大学進学するならば、経過年数18年の時に 解約して学費にして下さいと… もし大学進学しないならば、その後返戻金は 増え続けますよと説明を受けました ちなみに18年後の返戻率が107.5% です。 そこから108.9%→110.2 %と上昇していくようです。 妻とも話し合いこのプランで一時は納得し たのですが、どうも気になるというか 自分で色々と調べた結果、このプランが保険の相談所にとって利益重視だと いうことが分かり、迷っています。 そこで質問なのですが、調べている低解約返戻金型終身保険よりも低解約返戻金型定期保険の方が 返戻率が良いことが分かりそちらにしよう と思います。 会社はアクサが一番返戻率が良いのですか ? また積立利率変動型終身保険も、定期の死 亡保障か共済の総合型に入って 葬儀代の200万円を確保し、子供が独り 立ちする頃にはまだ40代なので そこから働けるうちは貯金をして老後資金 を確保する…という考えもありなのか やはり今の保険料はできるだけ安くしたい ので、保険で貯蓄は間違ってますか? 当方、保険には無知なので何か他にも良い プランや提案、個人的な意見、厳しい意見 なんでも教えて下さい。 乱文、長文ですみません(..)￿ ￿

  • 生命保険のことでお聞きします。契約時に説明は受けたのですが忘れてしまい

    生命保険のことでお聞きします。契約時に説明は受けたのですが忘れてしまいました。 お付き合いで入ったので、ちゃんと聞いていなかったのかもしれませんが…。 生命保険です。 保険期間の終期:終身 死亡受取人:父(結婚していないので) 【保険種類】  積立利率変動型終身保険 ※低解約返戻金特則適用    保障内容:死亡・高度障害保険金額 200万円    保健期間:終身    払込期間:70歳迄 【特約】  "収入保障特約"    保障内容:遺族・高度障害年金月額(定期型)(最低支払保証機関 5年) 5万    保険期間:65歳迄    払込期間:65歳迄  "災害入院特約"    保障内容:入院給付金(120日型) 5000円    保険期間:80歳迄    払込期間:70歳迄  "疾病入院特約"    保障内容:入院給付金(120日型)(その他手術給付金あり) 5000円    保険期間:80歳迄    払込期間:70歳迄 "疾病入院特約""災害入院特約"には「解約返戻金のない特約に関する特則」が適用され、無解約返戻金期間(各特約の払込期間満了迄)中の解約返戻金はありません。 という内容のことが証券に書いてあります。 5年以上保険料を支払っていれば、死んだときと高度障害になったときに200万おりるってことですよね? その保険料の支払い期間は70歳迄。70歳まで払えば、それ以降は保険料を支払うことなく保障を受けられるってことですよね? 「特約」の部分で、病気で入院したときも保険が降りるのでしょうか?120日を限度に一日5000円出るってことですね?疾病とはどこまでが疾病なんでしょうか? ケガで入院したときは関係ないんですよね? これはいい保険なんでしょうか? この内容で落とし穴ってありますか? よろしくお願いします。

  • 夫婦の生命保険について 再度お願いします

    質問NO2117040で質問した者です。 夫会社員、妻専業主婦。共に30代前半。子供無しです。 以下のプランを再提案頂きました。第三者のご意見をお伺いしたく質問致しました。 夫→(1)SONY生命 積立利率変動型終身保険死亡保障200万 保険期間終身 払込期間60歳 月4360円     平準定期保険特約死亡保障2000万 保険,払込期間25年 月5013円 災害,傷害特約各1000万 保険期間80歳 払込期間60歳 月576円と811円    診断給付金付がん特約 日額10000円 保険期間終身 払込期間60歳 月2166円    (2)医療保障(120日型,死亡給付金無)日額8000円 保険,払込期間終身 月4224円 特定疾病給付金100万 保険,払込期間終身 月1100円    通院特約 日額3000円 保険,払込期間80歳 月483円 妻→(1)SONY生命 夫と同保険死亡保障200万 保険期間終身 払込期間60歳 月3771円 災害,傷害特約各300万 保険期間80歳 払込期間60歳   月118円と170円   診断給付金付がん特約 日額10000円 保険期間終身 払込期間60歳 月1910円   (2)医療保障(120日型,死亡給付金無)日額7000円 保険,払込期間終身 月2954円 特定疾病給付金100万 保険,払込期間終身 月910円   通院特約 日額3000円 保険,払込期間80歳 月468円 女性特約(120日型)日額5000円 保険,払込期間80歳 月1145円 積立利率変動型保険をお葬式費用と考え、途中解約しない事を前提で、がん保険等を特約にしました。 夫婦共、(1)の保険には保険料払込免除特約を付加しています。 前回の質問の際にご回答者様からアフラックをご提案頂いたのですが、保険料の関係でSONYになりました。 この保険についてどの様に感じられますか。 お気づきの点をご指摘頂けたらと思います。 よろしくお願い申し上げます。

  • 生命保険見直し。アドバイスお願いします!!

    〇夫(30) 年収330万(ボーナス含) 〇妻(29) パート年収100万(妊娠したら退職) 〇子供なし(来年あたり第一子希望。2人は欲しいと考えています) 夫婦ともに独身時代は保険に加入しておらず、結婚してから初めて「こくみん共済」に入りました。 しかし「こくみん共済」は掛け金は安いものの、保障が60歳以降はほぼなくなってしまうという心配があり、保険の見直しをすることにしました。 そこでいろいろ調べた結果、保証内容&口コミなどの評価が好印象だったソニー生命に的を絞り、ソニーのFPさんに保険の提案をしてもらいました。(以下そのプランです) 夫→●変額保険終身型・65歳払込・終身・300万(月/4,699円)    ●家族収入特約(非喫煙型)最低支払保障期間2年・60歳払込・60歳満期・年金月額15万(月/4,001円)    ※リビングニーズ特約、ナーシングニーズ特約、保険料払込免除特約付    ●低解約返戻金特則総合医療保険.65歳払込.終身.日額7,000円.120日型.通算730日(月/4,501円)    ●成人医療特約.65歳払込.80歳まで.日額3,000円.120日型.通算730日(月/884円)   ※保険料払込免除特約付  **** 保険料総合計:月/14,085円 ****  妻→●変額保険終身型・65歳払込・終身・200万(月/2,629円)    ●低解約返戻金特則総合医療保険・65歳払込・終身・日額5,000円・120日型・通算730日    ●女性医療特約・65歳払込・80歳・日額5,000円・120日型・通算730日(合算して月/4,610円)   ※ともに保険料払込免除特約付  **** 保険料総合計:月/7,239円 ****  以上のようにプランをたててもらったものの、果たしてこれがベストなのかよくわかりません。 特に医療保険に関しては、特約が80歳で保障終了してしまうことに加え、がんなどの自由診療にかかる費用も工面できるのか? さらに、老後に介護状態になったときも上記の保険プランで大丈夫なのか...。 また、子供もいないうちから家族収入特約をつけるのはどうなのか。 妻の変額終身200万は本当に必要なのか。 などなどFPさんが帰られた後になって急に不安になってきました。 私が考えた他社でのプランは、 ■医療保険→オリックス生命CURE(キュアW) 七大生活病180日型 ■妻の終身→東京海上日動あんしん生命「長割り終身5年毎利差配当付低解約返戻金型終身保険」 ■妻の女性特約→アフラック レディースEVER HALF などを考えています。 他社プランでの正確な保険料を計算してないので何ともいえませんが、できれば月1.5~2万弱で収めたいところです。 現時点で貯蓄は100万ほどしかなく、夫は転職を考えており、将来に対する長期の見通しがほとんどたてられません。 子供が生まれたら生活費も増大するだろうし、できれば保険料の安い若いうちに貯蓄性のある終身保険に加入し、老後の資金に回せれば、とも考えています。 保険に詳しい方、どうぞアドバイスを宜しくお願いします。

  • 生命保険(あいいおいニッセイ同和)のことで質問です

    主契約:低解約返戻金特則付積立利率変動型終身保険→200万(終身) 特約:収入保証特約・定額型→月額5万(65歳まで) 特約:無解約返戻金女性総合医療特約→日額5000円(終身) 特約:特定疾病保険料払込免除特約 特約:リビング・ニーズ特約 月7000円弱で、払込期間が65歳です。 今も似たような保険に入っているのですが、そちらの払込期間が70歳まででになっていて、入院日額5000円部分の保障期間が80歳までと、ちょっとオカシイ内容だったので変えてもらおうと試算をお願いしました。(給料が手取り12万ほどなので、月7000円前後の保険料で、とお願いして試算してもらいました) 現在26歳で、未婚・家族と同居です。保険金の受け取りが親になっています。 今は親と同居しているし、私が死んだときには葬式代が出ればいい。 結婚後の考えとしては、大きな金額は旦那さんにかければいいし、死んだときにお葬式代が出ればいい。でも、若いときに死んだら子供に手がかかるから月に5万入ればちょっとは楽になるだろう。保険期間は65歳だけど、65歳になる頃には子供もひとり立ちしているはず。 ケガや入院したときの保証は5000円で十分かな。 と思っているので内容的には十分かな、と思っているのですが…私は素人ですし、親も健在で保険の重要性を実感したことはなく、考えも甘いのかもとは思っているのでちょっと不安があります。 不足しているもの、つけたものがいいもの等あったらアドバイスをお願い致します。(保証内容はいくらでもいいものがあると思うので、この内容なら病気・怪我・死亡したときには保険でまかなえるだろう、お金で苦労しないだろう、という程度の保証内容でお願いします)

  • 定期特約付き終身生命保険の転換について

    定期特約付き終身保険の一部転換を提案されて契約したものの不安です。 現在40歳独身です。 現在の契約 平成2年契約 定期付終身保険  主契約(終身保険) 1000万円(払込期間60歳) 特約(災害入院) 入院5日目から日額5,000円 特約(入院医療) 入院5日目から日額5,000円 特約(手術)   5~20万 ○保険料 8,500円/月程度 転換提案 40歳契約 主契約(終身保険) 700万円(払込期間60歳) 総合医療 入院1日目から日額10,000円(終身) がん入院 入院1日目から日額15,000円(終身) 手術   5~40万(終身) 終身300万分の積み立てを切り崩し保険料を安くする形。 ○保険料      60歳まで15,000円程度     それ以降10,000円程度 病気もあるので、審査待ちの状態です。上記の特約は80歳まで更新可能でした。終身保険が必要かと思って契約したのですが、転換しないほうが良かったのでしょうか。他の保険に入るには、病気のせいで難しいです。アドバイスをよろしくお願いいたします。 この他に団体保険に月8,000円(65歳で終わりで脱退時140万程度戻る) かけています。

  • 1000万の終身保険の価値とは

    現在保険の見直し中なのですが、夫の終身保険について教えてください。 97年に当時25歳で死亡保障1000万の終身保険に入りました。 主保険 有期払込終身保険 払込期間60歳 月11700円 特約  災害死亡特約           月490円   特約  障害特約〔本人型〕        月690円 計12880円 普通死亡時に1000万、災害死亡時に3000万の給付金が下ります。 保険料の負担を減らそうと思いFPさんに相談したところ、 現在解約すると解約返戻金は\1118700 払い済みにすると\3393000の終身保険が残る。 死亡保障500万に減額した場合月保険料5850円です。 とのことでした。資料によると 60歳までの保険料累計は¥5409600 60歳時の解約返戻金は¥6004000です。 予定利率はちょっと判りかねますが。 正直、1000万の終身は必要ないのでは?〔葬式代位の終身で〕と思い 減額か払い済みにし、安い掛け捨ての定期を子供が大学卒業するまでかけようか悩んでいます。 しかし死亡してから子供に残せるひとつの財産かな・・・と思うと踏みきれません。でも今の保険料も負担ですし・・・ 私的には、終身は葬式代のみ。保険は掛け捨てと割り切って子供に保障が必要な期間、定期で掛ける。終身保険で積み立てせずに、こじんで積み立てしていく。 とこのような考えも頭をよぎりますが 皆さんはこの保険どう思われますか?

  • 生命保険の見直しを考えています(夫32歳、妻28歳、子なし)

    契約から数年経ち、正直何が保障されているのか、妥当な金額であったのかなどいろいろ疑問に思えてきました。 <夫(1)> 変額保険(終身型)60歳払込済 死亡保険金又は高度障害保険金:500万円 家族収入特約(基準年金月額):6万円(特約期間55歳まで) 障害保険金額:1千万円(特約期間80歳まで) 入院給付日額:6千円(終身) がん入院給付日額:1万円(終身) 以上で月額14,688円です。 <夫(2)> 年金支払型特殊養老保険(払込期間65歳まで) 年金月額:3万円(65歳から支払開始) 基本死亡保険金額:300万円 満期保険金:約580万円 (死亡保険金額は基本保険金とそのときの積立金のいずれか大きい金額) 死亡保障期間:65歳まで 以上で月額11,250円です。 <妻> 積立利率変動型終身保険60歳払込済 死亡(高度障害)保障金額:500万円 傷害保険金額:500万円(払込80歳まで、特約期間80歳まで) 入院給付日額:5千円(払込終身、特約期間終身) 以上で月額10,650円です。 <気になる点> ・妻に生命保険は必要か ・妻が60歳以降も年間約3万円程度の保険金額の支払いが発生する点 ・保障内容は過不足ないか ・もっと安い値段でほぼ同程度の内容の保険が他社に存在するのか(あるいはもっといい保障内容の商品) ・3商品の合計で月額36,588円の支払いをしているが、世帯収入月額(税込)35万円ほどの場合、割合として適正かどうか(妻の収入は除いています(子供ができたら家に入る予定のため)) ・<夫(2)>について、普通に同じ金額を個人で貯蓄したほうがいいのか ※<夫(2)>については、将来の状況によっては(子供の結婚など)解約も考えています 以上、自分でも「保険」という商品をきちんと理解していないため、簡潔にご説明できなかったのですが、この保険が妥当なものであるかどうかなど、アドバイスをいただけると嬉しいです。よろしくお願いします。

  • 長割り終身か、変額終身保険か

    現在、52歳です。 死亡保障及び終身医療保障について迷っております。 <死亡保障> 長割り終身か変額終身保険どちらを選ぶか、もしくは別の保険を選ぶか迷っています。基本的には65歳まで解約する予定はありません。 65歳までの遺族補償としての500万 65歳からは老後貯蓄としての解約返戻金を考慮しての保険選びとなっています。 ・東京海上日動あんしん生命(長割り終身) http://www.tmn-anshin.co.jp/goods/kojin/nagawari/index.html 死亡保障500万 払込65歳 月24,800円 総払込保険料386万 65歳時点での解約返戻率101%→70歳で107% 利点 5年毎の運用益配当がある点 ・あいおい損保の積立利率変動終身保険(無配当) http://www.ioi-life.co.jp/kojin/kojin_01.html 死亡保障500万 払込65歳 月24,800円※ ※毎月払いが長割りと大体同額として計算(1,000万とFPに頼んだ300万の資料しかないため概算で) 総払込保険料386万 65歳時点での解約返戻率102%→70歳で106% 利点 予定利率が上がった場合、死亡保障及び解約返戻額(率)が上がる点 保険会社の格付けで選んだ場合、東京海上日動あんしん生命のほうが安心感はあります。 http://www.hokenno.net/kakuzuke_data_l.htm 死亡保障を見た場合はほぼ同じ契約に見えますが、違いはあるのでしょうか? 上記にそれぞれ利点として上げた予定利率が上がった場合を除いて、考慮すべき違いなどはあるでしょうか? 他にこの終身保険を選んだ目的で考えた場合に選ぶ候補の保険としてはどのようなものがあるでしょうか? 又、その特徴を教えてください。 <医療保障> 損保ジャパンの健康のお守りアレックスを検討しています。 http://direct.himawari-life.com/dm2/alex/alex_02.html 70歳払込 月払い11,700円 総払い保険料257万 保障 入院(ガン) 20,000/日 入院(ガン以外) 10,000/日 手術給付金 10~40万 手術見舞金 50,000円 先進医療保障 通算1,000万 この保険で注意すべき点はあるでしょうか? 他に検討するとしたらどのような保険があるでしょうか? 宜しくお願いします。