解決済み

アセトフェノンの還元

  • 困ってます
  • 質問No.296543
  • 閲覧数4227
  • ありがとう数8
  • 気になる数0
  • 回答数3
  • コメント数0

お礼率 91% (91/99)

アセトフェノンを原料とした、ケトンの水素化ホウ素ナトリウム(還元試薬)
によるヒドリド還元を行っています。

この反応に用いることが出来る他の還元試薬を教えてください。
通報する
  • 回答数3
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 41% (156/380)

アセトフェノンをアルコールに還元するということでしょうか?
有機化学の教科書にたいがい載っていると思いますよ。

LiAlH4、Super hydride、Red-Al、LiBH4等のヒドリド還元剤なら何でも行くんじゃないですかね。Al(O-iPr)3とiPrOHを用いるMeerwein還元もあります。

ただ、操作のしやすさまで考えると、実験室ではNaBH4が一番使いやすく、わざわざ他の還元剤を使うメリットは無いんじゃないでしょうか? 工業的な大量スケールではホウ素の排水は処理が大変かもしれませんね。こういう場合は何を使うのがいいんでしょうか。ちょっとわかりません。

アセトフェノンをエチルベンゼンまで還元するとなるともう一ひねり要りますね。
パラジウム触媒で接触還元したらエチルベンゼンまで行くんじゃないでしょうか。
B2H6、DIBAL、AlH3などのルイス酸性の還元剤はフェニルケトンの場合、メチレンまで還元されたかと思います。あとは水銀を用いるClemmensen還元、ヒドラジンを用いるWolff-Kishner還元、チオアセタールをかけてラネーNiで脱硫してもエチルベンゼンになるでしょう。

アミンとシッフ塩基を作ってから還元的アミノ化をするならNaBH3CNが有効です。

このあたりを勉強したのははるかムカシなのでちょっと忘れかけています。
また最新の有機化学にはついて行けていませんが、きっと専門家の方がフォローしてくれるでしょう。いや、自分で勉強せいと言われるかな?
お礼コメント
hakuryuu

お礼率 91% (91/99)

ありがとうございます。
大変詳しく教えていただいて感謝してます。
あと、うえの文章についてもう一つ質問があるので
よろしければ、教えていただきたいと思います。
投稿日時 - 2002-06-24 19:43:11
OKWAVE 20th Be MORE ありがとうをカタチに

その他の回答 (全2件)

  • 回答No.3

ベストアンサー率 50% (1133/2260)

 既に充分な回答が出ているようですので,蛇足みたいなものですが。

 大学生の一般論であれば,ケトンをアルコールに還元するヒドリド試薬としては,水素化ホウ素ナトリウム(NaBH4)と水素化アルミニウムリチウム(LiAlH4)を押さえておけば良いでしょう。

 他に色々ある試薬(殆どは NaBH4 又は LiAlH4 の誘導体です)は,ある種の官能基選択性,立体選択性,反応条件等の点で特徴を持っていますが,上記の2つでダメな場合に検討するものです。

 一般的なものは有機化学の教科書に出ているように思いますので,そちらを御覧下さい。あるいは,次の成書などもありますが・・・。

「最新有機合成反応 第2版」
 ハウス 著,後藤俊夫・江口昇次 共訳
 広川書店,1974年
 749p,27cm,9800円

「新実験化学講座15 酸化と還元 2 還元」
 日本化学会∥編,加治有恒∥編集担当
 丸善,1977年
 480p,22cm,5300円

 あるいは,参考 URL の様なサイト(On-Line Learning Center for "Organic Chemistry" (Francis A. Carey))もあります。「Chapter 17: Aldehydes and Ketones.Nucleophilic Addition to C=O」の下の方にある「Reactions of Aldehydes and Ketones」の「Reduction of Aldehydes and Ketones」の「Using Hydrides to give Alcohols」を御覧下さい。


 以上,ヒドリドによる還元反応の「経験者」としてのアドバイスです。
お礼コメント
hakuryuu

お礼率 91% (91/99)

ありがとうございました。
本も参考にしてみようと思います。
投稿日時 - 2002-06-24 19:37:58
  • 回答No.2

ベストアンサー率 38% (69/181)

一般的に最適な手法はNo.1の方の回答に出ていますね。。。

場合によってはホスフィン配位子-ルテニウム錯体を触媒に用いた水素化も使えるかもしれません。BINAPなどの不斉配位子を使えば、目的物の鏡像体の一方を多く生成させることが出来るでしょう。
お礼コメント
hakuryuu

お礼率 91% (91/99)

ありがとうございます。
この回答は私には少し難しかったです。
投稿日時 - 2002-06-24 19:39:49
このQ&Aで解決しましたか?
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


より良い社会へ。感謝経済プロジェクト始動

ピックアップ

ページ先頭へ