-PR-
解決済み

産廃の中間処分及び最終処分について

  • 暇なときにでも
  • 質問No.295407
  • 閲覧数3780
  • ありがとう数14
  • 気になる数0
  • 回答数4
  • コメント数0

お礼率 55% (239/433)

産廃の中間処分及び最終処分について教えてください!

中間処分とは廃棄物を脱水、乾燥、焼却等の処理を行うこと。
最終処分とは廃棄物を再生、又は埋め立て処理を行うこと。

私の認識は上記のとおりですが、考え方は合ってますでしょうか??

中間処理を必要としない廃棄物はどのようなものでしょうか?

たとえばコンクリートは中間処分場で破砕してもらって最終処分場へ持っていくのでしょうか?
この場合、自分で現場にて破砕すれば、いきなり最終処分場にて処分できるのでしょうか??

宜しくお願いします!
通報する
  • 回答数4
  • 気になる
    質問をブックマークします。
    マイページでまとめて確認できます。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.4
レベル7

ベストアンサー率 81% (9/11)

産廃の中間処分及び最終処分の概念についてですが,廃棄物処理法の考え方で言えば,最終処分は埋立若しくは海洋投入とされているのではないかと思います。
廃棄物を再生する行為は,基本的には中間処理に当たります。(だから,産業廃棄物から再生製品を作る場合は産廃の中間処分業の許可が必要となります。)

最終処分は,最終処分場の逼迫(数年後には関東圏の処分場は一杯。でも住民運動などでどこにも作れない)や国際条約などで海洋投入が制限されて,どんどん減少傾向にあります。

そのため,あらゆる産廃が中間処理→再生利用の方向に向かっており,アスファルトやコンクリートがらなどは,今は,国(国土交通省&環境省)の方針で中間処理(破砕)の後,再生アスファルトや再生採石として土木工事に使用されています。(公共工事では再生製品の利用率なども工事受託の条件になります。)
お礼コメント
puripal

お礼率 55% (239/433)

ご回答有り難う御座います。

これからはリサイクルについても学習してみようと思います!
投稿日時 - 2002-07-02 22:33:16

その他の回答 (全3件)

  • 回答No.1
レベル14

ベストアンサー率 34% (1527/4434)

 中間処分と最終処分については、ご認識とおりで良いと思います。産業廃棄物の種類によっては、中間処分を必要としない場合や、中間処分をする必要がないものについては、直接最終処分場への持込と言うことになると思います。コンクリートは現場にて破砕をした場合には、直接最終処分場で問題ないと思います。
お礼コメント
puripal

お礼率 55% (239/433)

中間処理の不要となる品目等の基準はあるのでしょうか?
次々と疑問がわいてきます。

ご回答ありがとうございました!
投稿日時 - 2002-06-19 17:19:44


  • 回答No.2
レベル14

ベストアンサー率 24% (1087/4413)

簡単に言うと、その認識であっています。
通常は、排出事業者(ゴミを出す会社等)から見れば、中間処分だろうが、最終処分だろうが、同じです。

>中間処理を必要としない廃棄物はどのようなものでしょうか?

思いつくのは、燃えがら(工場の焼却炉から出る物)ぐらいです。

>たとえばコンクリートは中間処分場で破砕してもらって最終処分場へ持っていくのでしょうか?
>この場合、自分で現場にて破砕すれば、いきなり最終処分場にて処分できるのでしょうか?

建築廃材(正確にはこの場合はがれき類)はよく解りませんが、通常は、埋め立ての基準にあっていれば、それでもOKだと思いますが、実際、現場では、機械(破砕機)でも使わないと無理だと思います。(業者が埋め立てする基準)
また、流れとして、収集運搬業者(運ぶ業者)と処分業者(中間処分業者含む)は、違うことがほとんどの為、直接埋め立てられても、書類上は、破砕するようになっているかも知れません。
お礼コメント
puripal

お礼率 55% (239/433)

埋め立ての基準はどこで決まってくるのでしょうか?
業者によって変わるのでしょうか?
現場破砕についても、どこまで破砕すれば最終処分場に受理して貰えるのか・・・。

自分でも色々勉強してみます。

ありがとうございました。
投稿日時 - 2002-06-19 17:29:13
  • 回答No.3
レベル8

ベストアンサー率 27% (10/37)

廃棄物の業界は、必ずしも標準化されていません。従いまして、必ずこうだとは言い切れないところがあります。これを頭においてください。
中間処理・最終処分の概念は、puripalさんの通りでいいと思います。
中間処理を必要としない廃棄物は存在しないと思います。なぜなら、再生目的の場合、中間処理がいらない場合は、分別済みの鉄くずや紙くず類で、現場から出す時点で原料として、有償売却できるため、廃棄物(ゴミ)ではありませんし、最終処分場(埋立)へ出す場合でも、埋立量の圧縮をするため、中間処理なしでは出せないからです。
あと、現場から直接最終処分場へ出せないのは、もうひとつ理由があります。それは、現場で把握している内容と、実際にダンプしてあけた場合の内容がほとんど一致しないということです。ダンプしたものを回収するのは難しいので、一度中間処理をかけて、中身を条件に満たすようにして、最終処分場へ持っていくということになります。それと、直接取引きになると、請求書の発行件数が増え、管理が面倒になることもあって、いやがるところがあると思います。
お礼コメント
puripal

お礼率 55% (239/433)

ご回答有り難う御座います。

廃棄処分一つにとってもプロセスが多く学ぶ事が多いです。
大変参考になりました。
投稿日時 - 2002-07-02 22:35:16
このQ&Aで解決しましたか?
関連するQ&A
このQ&Aにこう思った!同じようなことあった!感想や体験を書こう
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する
-PR-

特集


開業・独立という夢を持つ人へ向けた情報満載!

ピックアップ

ページ先頭へ