• 締切済み
  • すぐに回答を!

私が賃貸物件の連帯保証人で大家さんから賃借人を退去させるように迫られている。

私の母が賃貸物件の連帯保証人になっており、大変なことになっています。 その賃借人は精神疾患がある方で、最近は奇行が目立ち、とてもまともな話し合いができる状態ではありません。アパートの室内もどうなっているかわかりません。先日賃貸人と不動産会社(仲介業者)から連絡があり、もうすぐ2ヶ月の家賃延滞になるとのことでした。母は連帯保証人の義務をきちんと理解できないまま、保証人を引き受けていたらしく、今になって悔やんではいますが、どうしようもないので保証の責任は負うつもりでいます。しかし、この賃借人はまったく出て行く意思はなく、収入もほとんどないので、賃貸人に家賃不払いで訴えて強制退去させてほしいとお願いしたところ、それはできないとのことでした。それどころか、保証人がまとまったお金をわたし、それと交換に部屋を出て行ってもらうようにしてはどうかといってきています。賃貸人の立場からしても部屋が大変な状況になったり、賃借人が重い精神疾患を抱えているので部屋で自殺でもされたら大変なので、少しでも早く退去してほしいようなのですが、賃貸人は母にすべてを押し付けてきます。何かいい方法はないでしょうか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数10
  • 閲覧数1809
  • ありがとう数11

みんなの回答

  • 回答No.10

うーん、これはコンナとこでディスカッションモードにはいってないで、早く弁護士さんなりに相談した方がいいですよ。 ここで回答してる人達は大家さんか、不動産関係者の方、つまりアナタに責任を追及しないと損する人達ばかりですよねぇ・・・ 連帯保証人である以上、責任は追及されるし、「大家さんにどうにかして欲しい」って言える立場ではありません。だからといって、素直に大家だの不動産屋の言い分に従うワケにもいかないでしょう。 じゃーどこの弁護士に行けばって質問になるでしょうが、それぐらい自分で考えましょう。じゃなかったら、ここの回答にあるみたいに、自分の責任で立ち退き料とか手間代をサンザン払って、借り主を音便に追い払うしかないですよ・・・・

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 賃借人への退去命令を連帯保証人に

    突然賃借人への退去を依頼するファックスを連帯保証人に送信してきて,その保証人が退去させた場合,問題はないでしょうか? ファックスには詳しくは書いてないのですが電話で不動産会社に問い合わせると,夜うるさいこと,同居人を連れ込んでいるらしいことが挙げられました。保証人は即刻(数日以内で),次の物件を探させて引っ越させた場合,賃借人の人権的問題はないでしょうか? ちなみに,賃借人(中国人)はうるさいという苦情のメモ書きはもらったが,出て行けという通知はもらっていなかったのですが。

  • 賃借人による連帯保証人の虚偽

    アパートの大家をしています。入居人が入居から2年がたち8/6で更新時期を向かえ更新の意向があったので、連帯保証人に保証の確認を不動産屋にとってもらった所、2年前の入居の時から連帯保証人になった事がなく今後もなる事はないとの事でしたので、その旨を手紙や内容証明(電話連絡がつかない)で賃借人に連帯保証人の虚偽についての回答を要求したのですが、一切連絡がありません。 そこで、不動産屋に賃借人の部屋まで訪ねてもらった所、部屋から出てこずドアをあけません。ドアの外から話してくれとの態度で話し合いに応じる態度がなく中から応対するだけです。連帯保証人について、保証人になっていない事を話してもただそこには住んでいたでしょ!とのこちらの聞いている事と違う事を言うだけで話し合いになりません。 その上、自分で連帯保証人の名前を記入したと言ってました。 再度、不動産屋に部屋まで訪ねてもらうと今度は居留守を使って返事もしません。 最初の入居時は入居のみをつける不動産屋でこの賃借人の住民票も印鑑証明ももらわずに契約をしてしまったので、不信に思い管理までする不動産屋へ変えていました。※入居時の契約書で以前の不動産屋が、連帯保証人は契約受新後も継続して保証を致したと一文記入されてました。 又、仕事先も記入されてましたが、すでに無職でしたし、連絡先の電話番号に連絡してもつながりません。 電話・手紙の連絡もつかず、話し合いに応じなくて連帯保証人も虚偽である賃借人を文書偽造や詐欺による契約無効の訴えを起こし、部屋の明け渡しを求める事はできないのでしょうか?

  • 賃貸住宅の連帯保証人です。

    賃貸住宅の連帯保証人です。 賃借人Aは、賃貸人Xと本年3月末まで賃貸契約でワンルームを借りており、Bはその連帯保証人である。 その後、現在に至るまで以下の様な状況になっています。 (1)賃借人は、3月末に賃貸住宅を退去した。 (2)家賃の支払いが2ヶ月分未払いであったが、賃貸人より前納している敷金2ヶ月分で相殺する旨の連絡があった。 (3)その後、原状回復費用と原状回復終了までの期間(4月1日から10日間)の家賃と管理費・共益費の請求があったが、特別な棄損や損壊はなく経年変化により汚れたクロスやカーペットの張り替えであり、国交省ガイドラインにある賃貸人が行うべきものであること、そもそも契約は3月末に終了していることから一切支払っていない(請求無視)。 (4)最近になり、賃貸人から債権を譲渡されたという者Yから、確定日付のある譲渡書(証)及び請求書が、別途賃貸人Xからは、同Yに債権譲渡した旨を通知する内容証明が配達証明つきで賃借人に届いた。また、連帯保証人Bに対して、これらのコピーが普通郵便にて送付された。 質問事項 (1)内容が確定していない債権(相手が勝手に債権としている)の譲渡が有効であるのか? (2)賃借人Aのみに対し、訴えがおこされAが出廷せずにA敗訴の判決が確定し、Aに支払能力がない場合、連帯保証人Bに判決の効力が及ぶのか? (3)賃借人A及び連帯保証人Bが連帯して訴えられ、Aは出廷せず、Bのみが反論(答弁書や準備書面の提出)した場合、Bの反論は裁判において有効に扱われるのか? 以上ご教授いただければ幸いです。

  • 回答No.9
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

>6ヶ月支払いを滞納して訴えてもらうのが一番だろうということでした とんでもない弁護士でしょうね 結果として契約違反をそそのかしています 大家は家賃を契約者に請求する必要が無いのです 契約者を無視して連帯保証人に対して直接請求できますし、滞納家賃を払うように連帯保証人に対して裁判を起こすことも可能です その場合は契約者のことは無視できます 普通の「保証人」の場合ですと順序として契約者を訴えそれでダメなら保証人ですが「連帯保証」の場合はそうは行きません いきなり連来保証人に対して請求出来るのです >6ヶ月支払いを滞納して訴えてもらうのが一番だろうということでした これには但し書きが有ります 「大家に協力して貰い」 「契約者を訴える」 「大家が協力しないでお母様を訴える」事も可能です 貴方のお母様にとって一番の方法が大家にとってメリットが有るとは限りません なので、「大家は敵に回すべきでは無い」と強調しています みんながお互いになにがしかの痛みを分かち合わなければ解決しない問題です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • rako11
  • ベストアンサー率28% (41/143)

>一番はこの賃借人と縁を切りたいのです。 このことが「一番」なら、そういう質問の仕方をされたほうが良いのではないでしょうか? 質問のタイトルだけを読むと 「大家さんにどう対処すれば良いか」聞きたいのだと思いますし 質問内容を読んでも 「賃貸人(つまり大家)が母に全てを押し付けてくる。どうしたら良いか」と聞いているように感じます。 そして、たぶんこの質問タイトルでは 「大家さんにどう対処すれば良いか」に興味がある、もしくはその対処法を知っている人しか読まないのでは? 「皆さんが大家の立場で答えている」というより、「貸した人」「借りた人」「連帯保証人」という3つの立場で考えた場合、「連帯保証人」が一番大変だというのは常識ですよね? 「大家さんと協力して、賃借人をどうにかしたい」というのはつまり「一番大変な連帯保証人である私達のことを、大家さんにも助けて欲しい」ということです。 それは、ちょっと法的には難しいな、とならざるを得ません。 そう答えてくれた方達に対して「いや、一番はこの賃借人と縁を切ることなのだ」というのは 論点がずれているように感じます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7

某政令指定都市で不動産賃貸業をやっている者です。  お気の毒ではありますが、大家としても、江戸時代のように病人を布団ごと外へ引きずり出すわけにはいかないのですよ。いや、江戸時代は引きずり出していたかどうか分かりませんが。  家賃不払いで訴えても、「契約解除を認める」「退去しなさい」という判決が出るだけで、裁判所が退去させてくれるわけではないのです。  そういう時こそ、連帯保証人の出番なんです。ふつうは、いつまでも家賃を取られ続けたり、借主が第三者にかけた損害の賠償をし続けたらこまるから、連帯保証人が知恵を絞って退去させてくれます。  大家は悪人になってマスコミなどで叩かれたくはないですから、何もできません。連帯保証人が何もしなければ、このままだと、亡くなるまで続きますよ、家賃や賠償の請求が。  さて、そこで、どうするかですが、すでに書かれているかも知れませんが (1) 正直言って、その大家が言っている「まとまったお金を渡して、どこへなりと退去してもらう」というのが一番穏便であり、連帯保証人にとって安く済むと思われます。その時点でお母様の責任は終わりますから。 (2) でなければ、その方の連帯保証人になった経緯が分からないのですが、もし誰かから頼まれてなったのなら、その方にも相談してみることです。あるいは、その方の家族とかを説得する。 (3) 市町村の福祉課などへ相談して、生活保護と、移転先住居(病院を含む)の斡旋を頼んでみる。あるいはそういう方を支援する組織などの紹介を頼んで、そういう組織に相談してみるとか。 などが、とりあえず考えられるところです。  1日放置すれば、1日分質問者のお母さんの責任が増えていきます。連帯保証人さんが走り回るしかありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.6
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

#2です >自分名義の家や土地をすべて子供名義に移しました。つまり母が亡くなれば、連帯保証人が相続されても私たちが放棄することができるのです。そこで最悪、このまま賃借人が亡くなるか母が亡くなるまで家賃を納め続けようかとすら あのね、別にその大家の味方では有りませんし連帯保証人を痛めつける気もありませんがその考えには無理が有るでしょう 裁判にでもなれば生前贈与でも明らかな債務逃れの偽装贈与と認められるでしょう 書類上や表面上だけで逃れられる問題では有りませんよ それが出来るなら倒産・破産間際にみんな名義の変更をしますので社会秩序を維持するためにも認められないのが一般的です 連帯保証人はいわば「上限なき借金の保証人」なのです あなた方を追い詰める気は有りませんがそれが現実です 善意の契約者である大家を泣かしてお終いにするほど司法はあなた方に対して寛容では有りません 入居者と連帯保証人は一心同体の存在です 入居者の不都合は連帯保証人の責任になります あくまで入居者との間で解決されるべき問題でしょう ここで大家まで敵に回されては余計に解決が困難です 断言しますが「シロウト考えで行動すれば余計に傷口が広がります」 法律の専門家等と相談されることです その際に大家まで敵にすれば余計に混乱する事が判ると思います >私たちが放棄することができるのです もうすでに敵にされているのかな?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 法律相談にも行ってきました。6ヶ月支払いを滞納して訴えてもらうのが一番だろうということでした。また、本当にその賃借者を退去させたいのであれば、大家さんもノータッチというわけにはいかないようです。 皆さん大家さんの立場で答えていただいてますね。ですからこのような回答をされるのはよくわかります。確かに私たち保証人に責任があるのはわかっています。何度も書いていますがお金が惜しくて、責任逃れしたくて必死になっているわけではありません。一番はこの賃借人と縁を切りたいのです。相手(賃借人)が悪すぎたんです。なかなか今までのことすべてをここに書き込むわけにはいかないので、わかってもらえないと思いますが・・・。もしお金を渡して何とか退去させたとしても(話ができないので間違いなく不可能ですが)、今後も何かにつけてゆすってくることはまちがいありません。警察も手を焼いていて、有名な人ですから。 それから名義変更のことですが、今までいろいろとあったので、今回のことが原因で変更したのではありません。何年か前に、この賃貸契約の前に終わっています。

  • 回答No.5

まず勘違いしてはいけない事があります。賃貸人は最大の被害者です。 賃貸人からすると、連帯保証人であるあなたのお母様は加害者側になります。 賃貸人からすれば現段階では法的手段に出る事ができない以上、契約者と 連帯保証人の間での解決をしてもらうしかなく、責任の追及も契約者及び 連帯保証人にするしかないのです。賃貸人は非協力的なのではなく、 責任の追及以外は何もする事ができないのです。 締め出すのも、賃貸人がすれば100%アウトです。協力もできません。 連帯保証人のあなたのお母様が締め出すのはグレーゾーンです。 契約者との関係の問題もあるでしょうから、連帯保証人のお母様が ある程度のお金を負担をして退去してもらうのが一番揉めないでしょう。 ※この場合に賃貸人への負担を要求するのは間違っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • mu128
  • ベストアンサー率60% (336/552)

大家さんとしては、やはり、何をするかわからない入居者には即刻出て行ってもらいたいはずです。それは、連帯保証人のお母さんも同じ意見でしょう。 しかし、大家さんも連帯保証人であるお母さんも、それぞれ一人の力だけではどうしようもない部分もあります。家賃が滞納しているからといって、強制的に退去させることはできません。二人の協力があれば早く解決するかもしれません。(あと、不動産会社の人にも協力してもらって) 本当なら、私も、質問者さんと同じく、滞納分を6ヵ月まで増やして契約解除と明け渡しの訴訟をやってもらうということが最善だと思います。しかし、それですと、強制執行費用などでかなりの金額がかかることになり、その費用は保証人にも請求されることになります。法的には最も安全な方法ですが、高額な費用とある程度の期間がかかりますので、負担を強いられます。やはり、本人と話し合って契約解除と退去する手続きを一緒に行うか、または、調停などで話し合って退去するような話で決着をつけるかです。 その賃借人との関係は? 全くの他人でなくて、その賃借人が精神的に弱い人でしたら、後見開始の審判を請求して法的な権利(契約解除する権利など)を代理して行うことで契約解除し明け渡しをすることも方法かもしれません。が、そのためには、本人に一度病院に行って検査してもらったり、期間がそれなりにかかってしまうので早期解決は無理です。 本人が部屋の鍵をあけて荷物を移動させても文句を言いそうになければ、移動させてしまうのも方法かもしれませんね。ただ、精神的に弱い人というのははっきりわからなく、ある時はおとなしい気弱な態度にでるかと思えば、ある時は好戦的であることもありますので、本人の状況によっては止めたほうがいいかもしれません。 「保証人が賃借人に何百万円ものお金を渡して退去をお願いするのはおかしい」というのは、まさしくその通りなのですが、「賃貸人が家賃を滞納している賃借人に対して、お金を渡して退去してもらう」ということも、実際にはよくあることです。そのことの方がおかしいとは思いませんか? 結局は、借主は異常と言えるほど法的に保護されすぎているので、賃貸人や連帯保証人は苦労するのです。6ヵ月以上滞納がないと契約解除が認められにくいというのも、そのことからきています。2ヵ月でいいだろ?と思いませんか?  ・・・と質問者さんに愚痴っても仕方がありませんが。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 母と賃借人との関係ですが、過去に男女の関係があり、弱みを握られて保証人になったのがきっかけです。(ここまでにはいろいろとあったので省略します。)その賃借人はそのことをネタに、いままでも私たちを脅し、警察沙汰にもなっています。つまり、こちらが下手に動くと何をされるかわからないのです。(無断で部屋に入ったとなると、命にかかわると思います。)精神病院にも通院していますが、病気はそこまでは進行しておらず、措置入院は適応されません。 本当におっしゃるとおり、借主に対して過保護すぎる法律だなと思ってしまいます。 もう少し大家さんが協力的だったら救われるのですが・・・。出て行ってほしいという目的は同じなのに、何とか力を合わせることはできないものでしょうか。 貴重なご意見ありがとうございました。また何かいい案があればぜひ教えてください。

  • 回答No.3

大家の立場の経験者です。 誠にお気の毒ですが、お母様(連帯保証人)は極めて深刻な立場にいらっしゃいます。 同様の過去質問があります。私もNo.4で答えています。 http://okwave.jp/qa2247261.html 連帯保証人としては、これから先、長期にわたる家賃滞納、賃借人が部屋に与えた損害などすべてにわたって補償する債務を負います。 「これから先の滞納分は責任を持ちたくない」といった主張もできません。 もちろん強制退去させたいところですが。 ○ 部屋の鍵を替えるというのは、厳密には非合法(グレーゾーン?)です。それでも実際にやってしまう大家は多いですが、この場合、 「非合法だからやりたくない」 と大家に言い訳されれば、是非やってくれと、大家に頼むわけにいきません。 過去質問でも答えていますが、 ○ 数ヶ月の家賃滞納を理由に契約解除、大家が強制執行して部屋から賃借人を追い出す。というのが現実的でしょう。 それまでの滞納家賃、その他の費用についても、大家は「連帯保証人」(お母様)に請求する権利があります。 >賃貸人は母にすべてを押し付けてきます もし大家に強制執行その他をやってもらったとしても、大家はその費用を連帯保証人に請求してくるでしょう。 その点で、 >保証人がまとまったお金をわたし、 >それと交換に部屋を出て行ってもらうようにしてはどうか >といってきています 実はこの方が、お母様にとって被害が少なくて済むかもしれません。 「悪徳大家」の立場からすると、賃借人をそのままにして(さすがに自殺されたら困りますが)、積み上がる請求金額をお母様に請求する方が楽です。 質問者さん母子から見て理不尽に思われるでしょうが、お母様は極めて深刻な立場に立っています。 退去が上手くいかないようなら、早急に弁護士に相談されるよう、お勧めします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 大家さん、不動産会社の方に、6ヶ月の家賃不払いにして訴訟を起こしてもらい、強制執行でその女性を退去させてもらえないかとお願いしました。もちろん裁判費用、強制執行費用、滞納分の家賃を払う意思はあることも伝えました。ここまでお金がかかってもしかたがない、普通の話し合いができる相手ではないとわかっているから覚悟はできているのです。しかし大家さんはこれに対し、自分たちに処理をしろというのはおかしいと言われます。それどころか、私たち保証人の昔のことや職場のこと、親戚や友人のことまで調べ上げ、脅されているとさえ感じます。 母はこのことがあり、自分名義の家や土地をすべて子供名義に移しました。つまり母が亡くなれば、連帯保証人が相続されても私たちが放棄することができるのです。そこで最悪、このまま賃借人が亡くなるか母が亡くなるまで家賃を納め続けようかとすら考えています。そうすれば大家さんにたいして保証人の義務を果たすことになりますよね。まあこれは最悪の場合で、弁護士さんに相談には行くつもりです。 大家さんからの立場で貴重な意見をいただき、本当にありがとうございました。

  • 回答No.2
  • m_inoue
  • ベストアンサー率32% (1654/5015)

大家してます 良い方法はあまり無いですね >賃貸人は母にすべてを押し付けてきます それが連帯保証人の義務です 家賃などの一切の請求は大家は契約者ではなく連帯保証人にいきなり請求する事が出来ます ・契約者と同じ義務が有りほとんど権利のないのが連帯保証人です >何かいい方法はないでしょうか? ・家賃を連帯保証人が払い続ければそのまま住めるでしょう ・他の施設への移転を考える方が良いでしょう >部屋で自殺でもされたら大変なので 人ごとでは有りませんよ、連帯保証人にも責任が来るかも知れません ・自殺した、 ・その物件の価値が下がる ・大家は連帯保証人に賠償を要求する権利が有ります 市町村の窓口などで相談され対応されることをお勧めします お母様に万一の事が有ればその連帯保証の義務は相続人の貴方に相続されます そのくらい連帯保証とは厳しい物です 火災保険は大丈夫でしょうか?火事にでもなれば損害を賠償する責任が有ります それも連帯保証人の義務です

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 もうなんだか、知れば知るほどおそろしいことばかりで、 目の前が真っ暗になってきました。 その女性の精神疾患が悪化していることもあり、保健所に訴えて措置入院させてもらえないかとお願いにも行きましたが、まだそこまでの病状ではないとの対応でした。 やはり少しでも早く退去する方法をとらなければいけませんね。近いうちに弁護士事務所にも相談に行く予定です。

  • 回答No.1

関西だと家賃未払いだと留守中に部屋の鍵を変えて入れないようにしちゃますね。 家賃の支払期日再度連絡して返事なし入金無しなら上のようにしたらどうですか? それと向こうがややこしいからと野放しにされてお母様が保障人だからと家賃の請求をされても困るので2か月分は持つがそれ以上は保障できないと言うしかないかも。 敷金があるはずなのでそれで最低2か月分あると思うし・・・。 強制退去しかないんじゃないかと思いますが・・・。 荷物も全て出して鍵を変えるとか。 入れないんだから何も出来無いと思いますし。 大家や管理会社の人が動かないと保証人が追い出せるわけもないし 何も出来ませよね~ お金だけ払えって言われても困るし・・・。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

回答ありがとうございます。 確かに母もその家の鍵を持っているので、留守中に実行することは可能です。でもそれって法律的に違法ではないのですか?私も法律には詳しくないのですが、借地借家法というものがあって、賃貸者が賃借者を立ち退かせるには正当事由が必要なんだそうです。そしてそれに十分該当する事由はあります。 (1)契約時に虚偽の記載があった。(職場を偽っていた) (2)家賃の不払い(収入がなく、今後も支払い能力がない) ※現在のところは2ヶ月の滞納ですが、6ヶ月以上の滞納がなければ立ち退きを要求し、訴えても敗訴してしまうので、こちらとしては6ヶ月待って訴えてもらおうとしているのですが、賃貸人は一刻も早く退去してほしいらしく、母の実家や職場、私の住んでいるところなどを調べ上げ、「こんな田舎でうわさが広まったら生活できないだろう」と脅してきます。だからといって、保証人が賃借人に何百万もわたして、退去をお願いするのはおかしいと思います。それに話し合いに応じる相手ではありません。 保証人になってしまったのだから責任は取るつもっりですが、おっしゃるとおりで、大家や管理会社の人が動いてくれないと私たちではどうすることもできないんです。 また何かいい案があればおしえてください。

関連するQ&A

  • 賃借人が行方不明の為連帯保証人へ契約解除を通告できるのか

    賃借人が家賃滞納2カ月で行方不明連絡が取れないので賃貸人が連帯保証人に契約解除と退居し原状回復をしてくださいと言えるのか? 契約書では家賃滞納2カ月で契約を通告なしで解除できると記載しているが教えてください。

  • 家賃滞納の少額訴訟の被告(賃借人、連帯保証人)順番

    お世話になります。 賃借人に滞納家賃の支払いを催促しても応じないため、 連帯保証人に対して期限までに滞納家賃を支払うよう請求しました。 もし期限までに賃借人または連帯保証人から支払いがない場合、 賃借人と連帯保証人に対して少額訴訟を起こすことを考えています。 なお、賃借人、連帯保証人にその旨を知らせています。 賃借人と連帯保証人の住所は異なる都道府県です。 少額訴訟を起こす場合、 1)賃借人と連帯保証人の二人を被告として少額訴訟を起こすことが可能でしょうか? あるいは、 2)賃借人を被告として少額訴訟をおこし勝訴したら債権執行を行い、   滞納家賃分を回収できない場合、   次に連帯保証人を被告して少額訴訟を起こすことになるのでしょうか? 教えて下さい。

  • 賃貸契約で連帯保証人を立てているのに

    賃貸物件を探している者です。 いい物件があったので、契約をする方向で話がまとまりかけていた のですが、契約をする際、賃貸人の指定する連帯保証人代行会社と 賃借人が契約することが条件となっていました。 賃貸人からの指示で連帯保証人(隣の市に住んでおり、勤続年数も 収入も十分かと思います)も立てていますし、連帯保証人の提出書類 もあります。敷金も、家賃の3ヶ月分を支払うことになっています。 これらに加えて、さらに連帯保証人代行会社も必要なものなので しょうか? 契約書が届いたところ、当初聞いていなかった7万円という金額が 加算されていて驚いたのですが、保証会社に支払う保証金とのこと でした。以降は、毎年1万円ずつ更新料を保証会社に支払うそうです。 なんだか釈然とせず、このまま契約を進めていいか迷っています。 貸主が、「借主と保証会社が契約を結ぶことが条件」と言っている 以上、この条件を飲まない場合は契約不可能なのでしょうか。 それともこのようなケースが一般的でないのでしたら、その点を 指摘して真意を尋ねてみたいと思っています。 こうした事例に詳しい方、何かご存知の方がいらっしゃいましたら、 ぜひ教えてください。よろしくお願いします。

  • 連帯保証人はどこまで出来るのでしょうか?

    母が長男の住む賃貸アパートの連帯保証人になっていますが、家賃滞納が1年に及び不動産屋から催促の電話が母のところにきています。母としては滞納分の支払いをした上で契約を解除し連帯保証人を辞めたいと思っています。しかし、長男家族が退去する気配も無く話し合いもままならず、家賃のみが増える一方で大変困っています。連帯保証人として強制退去させるにはどうしたら良いのでしょうか?

  • 賃借人の連帯保証人が死亡したとき

    ある建物を個人Aに賃貸しています。 此の賃貸人Aは突然失踪し3ヶ月間家賃支払いは有りません。 連帯保証人Bに滞納賃料の督促をしたところ 既にBは1年以上前に死亡したとBの妻より報告が有りました。 この様な場合、連帯保証債務は誰が承継すべきでしょう。 契約解除・家財道具処分・内部改修等々の対応は 如何に進めるべきでしょう? 宜しくご指導下さい。

  • 下宿の賃借人と連帯保証人

    息子の下宿先と契約するに当たり、賃借人と連帯保証人を決めなければなりません。 片方を父親、もう片方を母親とするわけですが、どちらを賃借人、連帯保証人とすべきか困っております。 父親はサラリーマン(正職員)で母親はパートである場合には、やはり責任能力(支払能力)のある父親が、連帯保証人となり母親を賃借人にしたほうがよいのでしょうか?

  • 賃借人及び連帯保証人(ワンルームを借りる)

    ワンルームを借りようと思っております。 賃借人(現在無職アルバイトで就職予定)連帯保証人(年収200万前後勤務年数1年の契約社員)です。 この条件でワンルームを貸してもらえるでしょうか?

  • 賃貸住宅の連帯保証人になっています。

    複数の知人の賃貸契約の連帯保証人になっています。 私は現在、会社破産・個人破産を進めているのですが、この賃貸保証人の事も弁護士さんに 債権として報告すれば受け付けていただけるのでしょうか。 破産するぐらいなので、経済的に全く余裕がなく、もし賃借人の延滞等が発生すればどうしようもありません。 破産しても他の保証人は外れることはできないのでしょうか? 宜しくお願いします。

  • 家賃滞納分を連帯保証人に催促する方法

    当方、転勤により空いた持ち家を賃貸していました。 ところが、家賃滞納が続き、委託してあった不動産会社により、賃借人には退去していただきました。 未納分を請求していましたが、賃借人の行方がわからなくなり、賃借人の実家と連帯保証人(賃借人の妻の前夫)に内容証明を送りました。 ↑不動産会社に代行してもらいました。 督促から1年が過ぎ、不動産会社のほうから「これ以上はどうすることもできないから、賃貸人本人が手続きしてください」と言われました。 当方、世帯主がが闘病中ということもあり、少額ではありますが、未払い分をなんとか支払っていただきたいと思っています。 つきましては、少額訴訟を考えているのですが、その前にもう一度内容証明で支払い請求書を送るべきなのでしょうか。 できれば、穏便に解決したいとは思っているのですが、連帯保証人が前夫ということもあり、そこには色々な事情があるようで、不動産会社の話では「払う意志はあまりみられない」とのことでした。 まず何をすべきなのか、出来ましたらアドバイスをお願いいたします。

  •  家賃滞納について  私は賃借人の連帯保証人です

     家賃滞納について  私は賃借人の連帯保証人です  昨年12月に息子が神奈川県の賃貸マンションから奈良に帰ってきました。その際原状回復費等を請求されましたが保証金等で賄ってもらうように折り合いがつきました。 その際「今後、一切費用は必要ありません」と聞いておりました。   さて、約1年後の先日、家賃管理業者から電話を頂き昨年の8月から12月分までの料金を突然請求されました。  確かに滞納のあったことは以前から知っておりましたが、上記のことを説明すると「弊社は家賃管理業者でそのような事は聞いていません」「以前の担当者は退職しました」とのことです。  金額は約30万円です 支払う義務はあるのでしょうか?