• 締切済み
  • 暇なときにでも

灯油でディーゼル車に乗る

ディーゼルエンジンの車に燃料切れの際には応急的に灯油を入れて走れると認識しています。 軽油と灯油を半々に給油して走っている大型トラックやダンプも多いとか・・・(黒煙が凄くなり、パワーが無くなる?) 灯油で走れるなら軽油のほぼ半額ですよね? エンジンに何か問題が発生してしまう事はあるのでしょうか?(壊れる?) また、何かの違反にあたりますか? 実際に灯油を給油したことがある方、使用した経験がある方、使用中の方、ご感想などを教えてください。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数6
  • 閲覧数1524
  • ありがとう数6

みんなの回答

  • 回答No.6
  • nekoppe
  • ベストアンサー率26% (380/1450)

>何かの違反に当たりますか 前回答者様達の通り、道路で使えば脱税になります。工場、牧場、農地、建設現場、等、道路外なら問題ありません。 >エンジンに何か問題が発生してしまう事はあるのでしょうか 灯油は燃料噴射系の潤滑性に劣るので、軽油に混合すれば潤滑不足による不具合発生の可能性があります。昔、灯油にスピンドル油を150:1(200:1だったかも)で混合してクラウン2200ccに乗っている人がいましたが、15万km走行しても問題ありませんでした。今は専用添加剤で灯油が問題なく使用できるようになりましたが、自動車メーカでは添加剤使用でも不具合発生の可能性があるので軽油を使用するよう言っています。 ※添加剤メーカはエンジンに問題はないが、公道での使用はできないと言っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 自家発電(非常用)のディーゼル・ガスタービンエンジンに灯油やJetA-1を使用できないのか?

    事業所が設置する自家発電用ディーゼルエンジンやガスタービンエンジンは、軽油を使用ものがあります。ディーゼルエンジンは構造上軽油を使用したほうが良いと思われますが、ガスタービンエンジンは灯油か航空用JetA-1のほうが経済的であると思います。 使用燃料を軽油と設定されるのはなぜですか。

  • ディーゼル車

    大型トラックなどディーゼルエンジンの車はギアダウンして減速してはダメなのですか? エンジンが壊れやすくなると聞きました ホントですか?

  • 灯油でも、走るのでしょうか?

    今年の冬に、ガソリン入れに行ったとこで、小型トラックが、燃料タンクに、灯油を、入れているのを、見ました。 軽油と、間違って、入れているとは、思えませんでした。 で、ディーゼルって、灯油でも走るのでしょうか? 灯油を、入れても、エンジンに不具合は起きないものなのでしょうか?

  • 回答No.5
  • inaken11
  • ベストアンサー率16% (1013/6244)

農業や漁業のために使うのであれば、ガソリンスタンドで軽油を入れても、領収書があって申告すれば、税金分が帰ってきます。 擬似軽油は色も匂いも違うので、すぐ摘発されます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • Sasakik
  • ベストアンサー率33% (1509/4473)

法的には、揮発油税の脱税にあたります。立派な犯罪行為です・・・社会人なら、常識として弁えていて欲しいですね。 軽油には潤滑用の油分が入っていますが、灯油にはそのような成分はありません。 ディーゼルエンジンの燃料供給系統は、軽油の潤滑作用を想定して設計していますので、灯油を使っていると燃料ポンプ、噴射ポンプが壊れます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

脱税、犯罪行為にあたる事認識しました。 エンジンの機構的にも燃料ポンプ、噴射ポンプなどの損傷など全く良いことが無いと認識しました。 あくまで疑問でして、私は灯油を使っているわけではありませんのでご了解下さい(私の車はガソリン車です)。 書込み頂きありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#45918
noname#45918

灯油で走ると脱税になります。違法です。 また、ディーゼルエンジンは高圧で燃料を噴射するため、軽油には潤滑用ワックスが入っているのですが、灯油にはありませんから長期使用では燃料ポンプがいかれます。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

脱税にあたる事、認識いたしました。 やはり指定された軽油以外では正常には作動しませんよね~ 応急的には対応可能でも、エンジンには良いことは全く無いのですね。 潤滑用ワックス等が添加されているのですね~ お教え頂きありがとうございました。

  • 回答No.2
  • syunmaru
  • ベストアンサー率37% (1635/4345)

>エンジンに何か問題が発生してしまう事はあるのでしょうか?(壊れる?) 大いに問題が発生します。 最悪、エンジンが壊れると思います。 一番の理由は、エンジンの圧縮比の違いです。 灯油用のエンジンもあります。・・・カスタマイズして変更する。 軽油用のエンジンは、それ様の圧縮比に調整されています。 正確には、セタン価が変わってしまうので、よくありません。 参考まで、 個人的な意見でした。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

セタン価、初めて知りました。エンジンには確かに問題がありそうですよね~圧縮比が違うのですね。エンジンにも環境にも問題ありですね。 お教え頂きありがとうございました。

  • 回答No.1
  • zorro
  • ベストアンサー率25% (12261/49027)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

違法ですよね~書込み頂きありがとうございました。

関連するQ&A

  • ディーゼル車に灯油を使うと、なぜ脱税?

    ディーゼル車に灯油とエンジンオイルを混ぜたものを入れると、普通に走れるが、これで公道を走ると「脱税」と言われていますが、なぜなのでしょうか? 以前に、ハイオクガソリンの代わりに使える「ガイアックス」という新燃料が発明されて、一時、流行り始めましたが、法律が改定されて、ガイアックスもガソリン並み課税となったため、廃れてしまいました。 でも、ここでなぜわざわざ法改定を行ったかといえば、ガイアックスの使用は違法じゃなかったからに違いないですよね?。違法なら、わざわざ法改定をしなくても、使用した人を処罰すれば済む話しですから。 ガイアックスのケースから推察すると、車メーカーが指定している以外の燃料で走る方法を誰かが見つけて、それを実践すること自体は、違法ではないと解釈できるのですが、なぜ軽油の代わりに灯油を使うことが違法になるのか、ガイアックスのケースを考えると、その違いがわからないのですが…。

  • 灯油でデーゼルエンジンを

    デーゼルエンジンによる発電機を使ってます。これまで軽油を使用してましたが、知人から「灯油でもエンジンは動くよ。少々パワーは落ちるけど、発電機ならあまり影響が無い。」と教えられました。 そこで質問です。 1、エンジンの寿命や故障に問題は無いのでしょうか? 2、軽油税の脱税にはならないですか?   軽油は、道路の新設、補修など道路整備に関する費用に充てられる目的税ですが、発電機は、道路を運行しないので、問題がないと認識します。

  • バスの営業所に灯油の給油機

     先日バスの営業所の前を通りかかったのですが、そこにガソリンスタンドでみるような給油機がみえたんです。  給油機は二つ見え、そのひとつは使用中で細かくは見えなかったのですが、もうひとつの給油機に「灯油」と書かれていました。  バスの燃料に灯油を使用するのでしょうか? それとも大き目な営業所だったので整備場もあったのでそこの暖房用に使用しているのでしょうか。  それとも今のバスには灯油を使用するファンヒーターがついてるとか・・・・  詳しい方教えてください

  • 自家発電設備の燃料について

    ディーゼルエンジンで燃料がA重油タイプのエンジンに 軽油を混ぜる事は可能だったと思うのですが 記憶が曖昧で、ご存じの方教えて下さい。 それと、軽油のタイプのエンジンにA重油を混ぜる事は可能なのでしょうか?

  • 暫定税率 ガソリン値下げについて 軽油と灯油は値下げ?

    ガソリンの暫定税率の引き下げは実現するか? 約25円のガソリンが値下げになると、軽油と灯油のバランスが悪くなりますが、 軽油や灯油も暫定税率の値下げに関係しますか? というのも、わざわざ、ディーゼルを購入したので、ガソリンだけ値下がるのは、私とトラック業界にはメリットがないと思います。燃料の相関を教えてください。

  • コンバインのエンジンの回転ムラ・・灯油をいれたせい?

    今年クボタのグレンタンク式コンバインSR23Jの中古をはじめて使いました。初日は絶好調で終わったのですが、二日目に燃料に灯油+添加剤をいれました。これは今まで我が家にある4台のディーゼルエンジンに使ってもまったく問題なかったのです。その後そのコンバインを使ってみた所はじめのうちは問題なく動くのですがタンクが1杯になった頃にエンジンに息つきというか回転ムラのような状態になり、回転数が普段は2800くらいのものが2500までになったりして、負荷表示が上昇し、刈り取り不能になります。脱穀と刈り取りのクラッチを切ってエンジンだけの状態でも回転ムラでうなるような現象ですので詰まりが原因ではありませn。その後タンク内の燃料を全て吸い取って軽油と入れ替えましたがやはり初めは良いのですが動かし始めて同じ頃に発生します。燃料フィルタも見て一度中の燃料を捨てて再組付けしました。水分もない様です。まだタンク内に水分があるのでしょうか?エアー抜きもしました。フィルターのところで見ると、キーを入れると燃料は来ています。ディーゼルようの燃料の中に入れるクリーナーを入れたところ好調の時間は少し長くなったのですがやはり回転が下がってしまう現象が出ました。以上のような状態でもう私の力では打つ手がありません。農機具やさんに頼むと高いお金がかかりそうで何とか自分で直したいのですが・・・・

  • ディーゼルエンジン?

    よく目にしますが、ディーゼルエンジンって何ですか? ディーゼル=軽油?を燃料としたエンジンという事ですか? ガソリンエンジンに比べての優劣はどんな点にあるんでしょうか。 自分が思うに、軽油はガソリンより割安なので経済的であるという事、レギュラーガソリン車より省燃費になるのかな?という事ぐらいです。 ディーゼルエンジン車はこれから確実に普及してガソリンエンジン車は淘汰されていくのでしょうか? 既に発売されてるディーゼルエンジン乗用車はあるんでしょうか? 今後、車に使用される材料?の値上げに伴い、車両価格も現在に比べ割高になるのかなと思いますが、仮に同じ車でディーゼルエンジン車とガソリンエンジン車とがあった場合、車両価格はどちらが高くなるんでしょうか。

  • 環境に優しいディーゼルエンジン?の未来

    環境に厳しい欧州で、主流になる勢いのディーゼルエンジン車(コモンレール)の国内での普及は期待できないでしょうか? 又、ダンプ・トラックなどの大型車に同構造のエンジンは有るのでしょうか? 地球温暖化・酸性雨の事を考えると現実的で有効な選択肢ではないでしょうか? 皆さんのご意見お願い致します。

  • バイオディーゼル(BDF)の保証

    バイオディーゼルの規格が来年には公布・施行されると聞いていますが、規格に適合しているバイオディーゼルをどのように保証するものなのですか? 例えば、これまで軽油で走っていたトラックに、規格に適合したBDFを入れて走行したとき(もちろん使用に落度はなく)に、何らかのエンジントラブルが起こった場合は、誰が補償してくれるのでしょうか?自動車メーカーですか?それとも燃料メーカーですか?保険の適用も可能なのでしょうか? トヨタはバイオディーゼル用のエンジンを開発するらしいですが、既存のディーゼルエンジンでも使用できるのがBDFのウリのひとつですよね、、、

  • 軽油で動くエンジンで小型で安価なもの(方法)のアイデア下さい。

    私の参加している任意の会で、ここ1年間の間でひまわりの種や菜種でバイオディーゼル燃料(BDF)にする活動をしており、先日ディーゼルエンジンのトラックにその燃料を入れ動かしてみたところ排気ガスが天ぷらを揚げたようなにおいがしてすごく不思議な体験ができたのですが、私達の活動を発表するためちょうど私達の市でイベントが今年の11月にあるためそれに出店し、その「におい」を来た人に体験してもらおうと考えております。トラックやトラクターのような大きなものを使わずに(場所的な問題がある為)ディーゼルエンジンでなくても手軽な方法でその燃料を使ってにその「におい」を体験してもらいたいのですが何かいいアイデアはありませんでしょうか?私自身で調べた限りですと軽油で動くエンジンということで「発電機」や「ディーゼルバイク」等を考えましたがレンタルするにもお金がかかりすぎるので是非安価でできる案をご提供お願いします。