• ベストアンサー
  • 困ってます

円高が株価に与える影響って・・・

円高になると日本の株価が下落する構図がありますが、何故なんでしょう? 日本株を保有している外国人投資家にとって円高になることは、保有資産(株券)が為替差益を含めて増加することになり利益がより拡大すると思うのですが・・・。 確かに円高は輸出売上比率の高いエレクトロニクスや自動車産業にとって為替差損による利益の減少で企業収益としてマイナスにはなるでしょう。 しかし、それらは一時的なモノであり、天然資源エネルギーや鉱物を輸入に依存している日本にとって円高は決してマイナス側面だけではないと考えるのですが、この考えは間違っていますか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数75
  • ありがとう数4

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.1
  • precog
  • ベストアンサー率22% (963/4285)

プロは過去のデータで判断してると思いますけどね。 >日本株を保有している外国人投資家にとって円高になることは、保有資産(株券)が為替差益を含めて増加することになり利益がより拡大すると思うのですが・・・。 なので利益確定のために売るわけです。売れば下がりますよね。 >確かに円高は輸出売上比率の高いエレクトロニクスや自動車産業にとって為替差損による利益の減少で企業収益としてマイナスにはなるでしょう。 > しかし、それらは一時的なモノであり、天然資源エネルギーや鉱物を輸入に依存している日本にとって円高は決してマイナス側面だけではないと考えるのですが、この考えは間違っていますか? そんなこと言い出したら、円安だってプラスの面だけじゃないとか、幾らでも言えますし、相場が動く理由が無くなりますよね。 日本の経済は依然として輸出駆動型であり、内需は拡大していない (拡大傾向にさえない) 。従って、円高は景気にとってはマイナスにしかならないですよ。それと、輸出主導以外で今良い会社ってありますか? そういう企業の株価が変化しないとか、輸入主導で良い会社があれば上がるでしょうけど、輸出主導で伸びてる会社が今までどうりなわけはないですから、下げるのがあたりまえですよね。そう思った瞬間みんなが売りに走るのでガクンと下がるわけです。 プラスだけに注目したりマイナスだけに注目したって相場の動きは理解出来ませんよ。プラスとマイナスの差分で動いてるんですから。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

precogさん、 なるほど、仰る通りですね。 もう少し中長期での売買を考えれば、あれほど(2月下旬)乱高下しないと思っていたのですが・・・。 要する外資系はヒットアンドラン!? 確かに日本の少子化がマーケットの縮小を生み、内需先細りの予兆を示していますね。 今まで過度に日本びいきしていたかも知れません。 今後は、海の外から日本を観る感覚で行きます。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 円高安と株価について

    外国人投資家が絡むと……【株が上がると→円に換える→円高】 『さらに、為替変動に乗じて、外国人投資家は円が安い時に円を買いまくって、円が高くなった時に、売ろうとします』 この文章の意味として、為替差益、変動を利用し日本株を購入、売却する事 で利益を得るという事を言ってると思うのですか・・・ そこで外人が購入する時の質問です 円が安い時とは【円安時】…120で購入(少ない$で多い円を得る) 円が高くなった時【円高時】…100の時に売却(少ない円で多い$を得る) このような認識でよろしいでしょうか? 回答の方宜しくお願いします

  • 為替差損益は何の勘定科目?

    現金といえば資産に該当するので、増えると借方に書きます。 では、為替差損でもなく為替差益でもなく、為替差損益は何の勘定科目に該当するのでしょうか? 資産? 収益? 損失になっても利益になっても同じ「為替差損益」という勘定科目を使うので、よく分かりません。 為替差益、つまり利益が出た場合、為替差損益では借方・貸方のどちらに書くのでしょうか? 以上、質問は2点になりますが、よろしくおねがいします。

  • 円高で営業利益が減る?

    よろしくお願いします。 本日新聞で、 ”トヨタ、円高で営業利益3割減少” とありました。 上記の意味がわかりません。 円高で、相対的に日本の輸入物が高くなり、自動車が売れなくなった、 というのならわかりますが、円高だからどれくらい売り上げが減少したか、というのはどのように計るのでしょうか? また、為替差損益は、特別損失/利益だから、営業利益ではなく、当期純利益がどうなったか、というのを報告するのが筋なのではないでしょうか・・・? 教えてください。 よろしくお願いします。

その他の回答 (3)

  • 回答No.4
noname#26663

円高になると輸出関連が軒並みやられるからです。 日本にとってプラスと言う事は、外国から見ればマイナスになります。 円が10円上がれば10%資産増になります。 しかし、これは危険水域であり、長期に見積もれば、輸出不振による株価の下落の打撃の方が大きくなります。 この、円:ドルの比率が一時的な物では無い場合、立ち行かなくなる場合もあります。(億単位の投資の場合) ここに投資するのは疑問が大です。 輸出に希望的観測が望める アメリカやヨーロッパ、中国を視野に入れるべきです。 今後の伸び率に期待します。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

以前と比べて外国人投資家の比率が上がったことで為替の影響が強くなってるみたいですね。 とにかく、円も株も高くなってもらいたいです。(贅沢ですけど、、笑) ありがとうございました。

  • 回答No.3
noname#34393

回答ではありませんが、長期で考えれば円高はマイナス要因にはなりません。 何故、長期的な円高がマイナス要因にならないのか?その理由は外国のインフレ率が日本に比べて高いからです。 むしろ、インフレ格差分(≒外国との金利格差分)は円高にならなければ貿易収支は高金利国は赤字が、低金利国は黒字が雪だるま式に大きくなり、高金利国の産業がやられます。 だから、低金利国の日本は長期的に円高になる事は当たり前なので、マイナス要因とは言えません。 但し、基本的には長期で考えれば少子高齢化は内需関連株にはマイナス要因。 ですから、長期的には外需が主導になるのは間違えないでしょう。 そうなると株価を左右するのは恐らく外需が中心になるのでは? あるいは内需と外需の平均がインデックスとなるでしょうから、株価を押し上げるには外需に頑張ってもらう事になるので、これから30年間で少子高齢化が進んでいく過程で短期的な円高による景気悪化による株価下落が今よりも更に鮮明になる筈です。 それは今以上に30年後には短期的な円高に敏感になると思われます。 今流行のグローバルキャリートレード(高金利通貨を買建、低金利通貨を売建にしてスワップポイントを得る投資手法)は長期的な円高(低金利通貨の長期的な上昇と言う意味)で10年後にはブームが終わるのでは?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに日本の長期低金利は他の国と比較しても顕著ですよね。 それだけバブルの後遺症が長引いたということでしょうか!? 貴重なご意見ありがとうございました。

  • 回答No.2
noname#204885

きっかけは「世界経済先行きへの不安→各国通貨切下げ観測→キャリートレードの解消」だと思います。 今キャリートレードのために徹底的に売りたたかれている通貨が「円」ですので、これが解消されると円独歩高になります。 一方、株価は世界経済先行きの不安から、世界同時株安となって、当然日本の株価も下がります。 以上が、昨今の円高株安の構造だと思っています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

harihorereさん 日銀の超低金利政策が円キャリートレードを生み出し・・・、 結局泣くのは日本国民なんですね~、、お隣韓国はこの数年で対円で強さを増してますし・・・というか、要するに円だけが下落してる。 これからは、もう少し視点をワールドワイドに持っていけそうです。今まで井の中の蛙でした、、(苦笑 ご意見ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 税金の合算について

    A 証券の外貨MMFで為替差益をだしました。B 証券のFXで為替差損をだしました。差益は40万円超で損失は400万円超です。合算すればマイナスとなります。この場合確定申告に書かないつもりですが、これでよいでしょうか。

  • 営業利益と為替利益/差損について (トヨタの営業利益大幅減)

    最近会計の超入門書を読んだのですが、為替差益・為替差損は営業外収益・営業外費用に含まれるとありました。 しかし2008年11月6日に発表されたトヨタの2009年度3月期連結決算に関して以下のようになっていました。 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - http://www.business-i.jp/news/flash-page/news/200811060123a.nwc  通期の営業利益は20年3月期と比べ約4分の1に減る。 減益の内訳は、対ドル・対ユーロでの円高差損で6900億円 - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - この記事にある“減益の内訳は、対ドル・対ユーロでの円高差損で6900億円”の「6900億円」が経常利益ではなく、 営業利益に含まれているのは何故でしょうか?

  • 外国株の為替差益について

    国内口座で楽天証券で中国株(香港ドル建て)、SBI証券で米国株(米ドル建て)(NY、香港の上場株式)があります。外貨建てなので売却差損益は(為替差損益+売買損益)になるはずです。 売却益を申告分離課税で申告したら課税上の取り扱いは為替差損益、売買差損益に分けられるのでしょうか? 個人的にFXの為替差損があるので、香港ドルが安い(=円高の)時に買った中国株の為替差益分と相殺出来たらうれしいというのが質問の動機です。

  • 日系平均株価急落で円高?

    ここ数日急激な円高になっていますが、これに関連して質問があります。 まず私の理解では (1)円高 ↓ (2)輸出関連企業の利益圧迫 ↓ (3)輸出関連株が売られ ↓ (4)日経平均株価が下落 円高を受けて、輸出企業の株を持っている外国人投資家は利益が圧迫され株価が下がると予想し売却すると思うのですが、そうすると売却で入ってくる円をドル等に替えることになる思います。そうすると、円安に向かうと思うのですが、今日は、殆どの株が売られ日経平均株価が500円も下落しているのに引き続き円高になっています。 これは、どういうことなのでしょうか。 ・日本の株式市場に占める外国人投資家が少ないのか ・数は多いが株は売っても売却代金はドルには替えず円もまま保有し円安になるのを待っているのか 色々な要素があると思いますが、よくわかりません。 どなたかお願いします。

  • 期首における為替差損益のしわけについて

    電機関連の商社で経理を担当しております。 経理初心者のため、本などで勉強しながらの処理でいつも時間がかかってしまいます。 為替関係の経理処理について質問です。弥生会計ソフトそ使用しています。 去年12月で決算を迎え、12月末時点での買掛金残高(輸入)について12月末のレートで換算し為替差損益をだしました。 輸入品を仕入れた際には社内レートを使用して仕入高をたてています。期中に輸入で仕入れた商品については、支払い日のレートで換算しその都度為替差損益をだしています。 決算の際に10000円の為替差益がでたのでこのような仕訳をした場合。 12/31決算 例) 買掛金 10000円  為替差益  10000円 期首ではどのように仕訳をして始めたらいいのでしょうか? 税理士さんとお話したさいに、期首ではゼロに戻してから初めてください、と聞いたので、 為替差益 10000円  買掛金  10000円 という仕訳が必要と理解していたつもりでした。 ところが弥生会計では、為替差益は今期に繰り越しをされておらず、 期首で上記のような仕訳をすると為替差益がマイナスになってしまいます。 弥生会計の設定では、為替差損益は営業外収益、費用となっています。 為替差損益は繰り越されない項目ということでしょうか? 大変初歩的な質問で申し訳ございませんが、頭がこんがらがって よく理解できません。 どなたか良きアドバイスをお願いいたします。

  • 円高、ユーロ安による為替差損

    いつも回答していただいてありがとうございます。 今回の質問はMSNのニュースであった、『ユーロ安は円高、ドル安より深刻』というtころです。 少し考えてみたのですがいまいち分りませんでした。 時間のある方、分る方是非教えてください。 * 以下 一部本文引用 * 日本の輸出企業にとって「円高ユーロ安」は「円高ドル安」よりも大きなダメージとなる。原材料や部品を輸入する際、ほとんどをドル建てで決済しており、ドル安になれば、割安に輸入できる上、輸出代金として得たドルを輸入の支払いに使い回すことが可能だ。しかし、ユーロ建ての輸入はほとんどないため、円に替えるしかなく、為替差損が発生する。 (1)記事前段です。為替差損が生じる仕組みがいまいち分りません。  ソニーの場合、対ユーロで1円の円高になると、営業利益が年間17億円目減りする。これに対し、対ドルで円高が進んでも、輸出で得たドルを支払いに充てることなどで、影響額はほとんど「ゼロ」だ。  ユーロ圏には、調達先の部品メーカーや生産を委託する組み立てメーカーが少なく、ユーロは処理できない。同社は「コスト削減を進めるか、ユーロ建ての調達を極力増やすしかないが、それには限界がある」と頭を抱える。   (2)記事中段に、『ユーロ圏には、調達先の部品メーカーや生産を委託する組み立てメーカーが少なく、ユーロは処理できない』とありますが、輸出で得たユーロをそのまま現地通貨で使うことができれば、損失が減らせるということでしょうか。 (3)その外為替差損、外貨の取引について有用な知識があれば教えていただければ幸いです。 漠然とした質問で申し訳ありませんが。皆さまよろしくお願い致します。 本内容の一部は 2012.1.13 msnのニュースを引用したものです。

  • 為替差損益の税区分(弥生会計)

    お世話になります。 弥生会計で為替差損と差益の税区分はどのように設定すればよいのでしょうか? 仕訳入力上は差損と差益を別建ての勘定にしていますので、それぞれについてお教え下さい。 (どちらも営業外損益の項目にしています) よろしくお願いします。

  • 日本が固定為替にすると何が困りますか?

    タイトルどおりなのですが、日本が例えば、1ドル=100円とかの 「固定為替レート」 にすると、何が困ると考えられますか? よく 「1ドルで1円の円高になると、トヨタの場合、○○億円の為替差損が出る、いや、ソニーでは○○円の差損だ」 とか、本業で利益を上げているのに為替で損失が出て、それで結局は企業全体の評価を下げて、株が下がる ・・・ こんな状況になっているように思います。 円高になると株が安くなるというパターンを繰り返していますよね。 日本は輸出大国だからそのような事態は常にあり得るという人もいます。 じゃあ、1ドル=100円にすれば良いじゃないの? と素朴に感じませんか?  それなら、為替の変動に振り回される事も無く、日本経済が安定する良い材料になると思います。 経済には全くの素人なので、「日本が固定為替にすると何が困るか?」 という質問に、子供でも分かるように教えて頂ければ助かります。

  • 最近の円高問題について教えて下さい。

    最近の円高問題について教えて下さい。 8月11日(水)に15年ぶり円高ということで、 一時84円72銭/ドルと日本経済新聞に載っていました。 そのことに対して、日本政府や日銀が懸念のコメントを出しただけで、 為替市場が反応して、一気に1ドル=86円に円安になりました。 以下は私の考えですが、 もし、日本政府や日銀が実際に円安政策を行うのであれば、 今のうちに円を買っておけば、円安後に円を売れば為替差益を得られると思います。 よって為替市場が円を買ってむしろ(一時的にしろ)円高になると思いましたが、 実際は日本政府や日銀の思惑通りに円安になりました。 なぜ、一時的にしろ円高にならずに、すんなり円安になったのでしょうか? どなたか、経済にお詳しい方教えて頂けると助かります。

  • 為替差損益の記帳

    個人事業で昨年度から外貨で収入を得ています。 外貨で外貨口座に売掛金を入金された時、入金を記帳する他に、 その日のTTBで新たに円換算して売掛金発生時のTTB円換算額との為替差損益も記帳する必要はあるのでしょうか。 実際に円に換金するのは数年後を考えていますが、 その時に為替差損益を計上するのではいけませんか? また、その為替差損益は、記帳するときに 「為替差益(為替差損)」「雑所得(雑損失)」「事業主借(事業主貸)」のうち、どの科目にすればいいのでしょうか。 調べていると上記について色々なご意見を見つけて、 最終的にどう処理するのが正しいのか困惑しています。 詳しい方に教えて頂けると助かります。 どうぞよろしくおねがいします。