• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

そごうはどうして解体したの?

どうしてそごうは解体しなければいけなくなったのですか? 理由を詳しく教えてください!! 本を読んで、民事再生法とか、債権放棄という言葉が出てきたのですけど、 いまいち解体とどう関係しているのか分かりません。また、 破たんと破産は違いがあるのですか?

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数292
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2
  • shoyosi
  • ベストアンサー率46% (1678/3631)

 破綻という意味には、債務の方が債権より多いときに商売をやめて会社の財産を換金して、それを債権者に分配する破産と債権者の協力を得て、会社を建て直しをする民事再生法や裁判所の権限を強くした会社更生法によるものがあります。  債権放棄とは民事再生法や会社更生法適用のとき債権者に債権のうち、相当な部分を放棄してもらって、あとに残った債権の返済を確実にしてもらうことです。業者にとっては、立て直された後は取引業者として参加するためにはやむをえない選択です。  そごうは神戸店など昔からある店はそごう本体、横浜店や木更津・奈良店などは横浜そごうなどの別会社で経営していました。このため、そごうは本体を存続させて、本体でも採算が難しい店は閉鎖し、横浜そごうなど儲かる店は本体に合併させ、木更津そごうや奈良そごうは破産させました。このことを解体と呼んでいるのです。破産された店に債権があれば、債権放棄はありません。すべて破産手続きによって、分配されることになります。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます! とてもわかりやすかったです。 レポートに役立てます!!

関連するQ&A

  • そごうの株

    2000年に民事再生法を申請した 「そごう」の株券をまだ持っています。 この株券(私の名義になっています)は今後持って いても、全く無価値なのでしょうか? どなたか簡単に教えてください。 よろしくお願い申し上げます。

  • 民事再生法申請後の手形について

    民事再生法のことでお尋ねします。 うちの会社の得意先が民事再生法を申請しました。 うちはその会社から約束手形を数枚受け取っていて、いずれも申請後の支払期日のものです。 そこで質問なのですが、この手元にある手形は取り立てに出しても支払ってもらえないことが分かっていますよね? ということはそのまま手形を手元に持っておいていいのでしょうか? 実はある金融機関の人に「支払ってもらえなくても、取立てに出して不渡の付箋を貼ってもらわないと、債権放棄したことになる」と言われました。 債権額は債権届出書に「約束手形金 ○○万円」と明記しますので、それでいいと思っていたのですが 取立てに出して付箋を貼ってもらわないと、債権として認められないのでしょうか? 以前にも他社が民事再生法の申請をしていますが、そのときも手形の取立てはしていません。 でも、まだ債権額の調査中なので債権放棄と思われたらどうしようと、とても不安です。 どうかよろしくお願いします。

  • マイカルとダイエー

    マイカルは会社更生法で破産した(?)のに、ダイエーは産業再生法で債権放棄や債務の株式化がされるのでしょうか?産業再生法は破産ではないんですよね?なぜマイカルは産業再生法によって債権放棄がおこなわれなかったのでしょうか?あと、債券の株式化(デット・エクイティ・スワップ)とは何なのでしょうか?ふと、最近の新聞を読んでて疑問に思いました。どうか回答宜しくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1
  • oanus
  • ベストアンサー率13% (27/197)

事実上の倒産ですね。 このように倒産させなくては行けない企業が数多くあります。 債権放棄などせず倒産もしくは再生法を適用していかなくては。 ちょっとこれではわかりませんね。 そごうはいくつかの店舗があり、なん店舗かを残して 民事再生法に基づき再生すると言うことです。外の店舗は売却ですね。 負担になるところを切り捨てるから解体といいます。 もちろん銀行の債権放棄もしてもらったのではないでしょうか。 破たんと破産は同じような意味だと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

すぐに回答いただきありがとうございます(^_^) それではそごうはまだ何店舗か残っているということですよね。 大学のレポートで解体のあらましを書くので、 役に立てたいと思います。 ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 民事再生法や自己破産されたら困る立場の人について

    ジャンボ尾崎さんの個人民事再生法申請のニュースに驚きました。 民事再生法や自己破産というと、膨大な借金が帳消しになる、と 受け止めてるんですが、債権者のほうにも余裕がなくて、債権が 戻ってこなくなると自分も破産せざるをえなくなったり、企業の 連鎖倒産などもまま起きそうな気がします。 民事再生や自己破産の制度には、そのような連鎖的な悲劇は起き ないようなしくみになっているのでしょうか?

  • 減資とは

    そごうの債権放棄問題に関連して「減資」という言葉が 聞かれます。減資をして株主に一定の負担をしてもらう らしいのですが、具体的にはどういうことでしょうか?

  • 債権者の立場

    取引先の会社が民事再生法を適用申請しました。 債権者としては 民事再生がいいのか破産してしまった方がいいのか。 額は何億とあります。 どちらにしても100%返済は不可能だと聞きました。 民事再生と破産、どちらがよいでしょうか?

  • 民事再生法は債権者にどのように影響するか?

    マイカル関係のメールを拝見し、民事再生法の基礎は掴めたのですが・・まだ、ワカラナイことがあるので教えて下さい。民事再生法と会社更生法の違いを教えてください。特に債権者の立場では、実際の債権回収にあたりどのような違いがあるか、留意点は?株主の立場では、再生法と更生法で何に留意すればよいのか? マイカルが民事再生法を選んだことが、(会社更生法でなく)債権者にとってどのような影響を及ぼすのか?

  • 債権放棄は債権者の一方的な通知で成立するか?

    事業再生なので債権放棄が活用されることがありますが、債権放棄とは債権者の債務者に対する一方的な通知で成立するのでしょうか?それとも、債務者の合意が必要なのでしょうか? 債権放棄によって、債務者に債務免除益が発生し、課税される場合など、債務者としては一方的に債権放棄されてしまうと困るケースも考えられると思うのですが、いかがでしょうか? どなたかご存知であれば、教えて下さい。

  • 民事再生法

    民事再生法についてお聞きいたします。 民事再生法を適用した企業の100%出資の子会社のことなんですが、 子会社の方が民事再生法を適用していない場合、子会社に対する取引先の 債権はどうなってしまうのでしょうか。 親会社のいい分では、子会社は子会社で処理をするので親会社は関係ない といいます。 一方、子会社のいい分は、親会社が民事再生法を適用しているので、子会社 への債権も同様に凍結しているとの答えでした。 子会社がこのまま会社更生法を適用してしまうと裁判もできません。 何かアドバイスをよろしくお願いいたします。

  • 親せきの会社が自己破産or倒産

    親せきの会社が自己破産するよていなのですが、 その連帯保証人(約3000万円)になっている当方はローン返済中のマイホームを手放したくないため、民事再生法を取る予定でいます。 もし、親せきの会社が、自己破産ではなく、倒産した場合、 私は、民事再生法の手続きを取ることが可能なのでしょうか?? この場合、どのタイミングで民事再生法を取ったらいいのでしょうか??(親せきの会社が自己破産の申し立てをして、確定する前に民事再生法の手続きはとれるのでしょうか??)

  • 会社更生法と民事再生法で再建した会社ご存知ですか?

    昨日から民事再生法と会社更生法を調べています。平成12年4月に施行された民事再生法で再建した会社って、どれくらいあるのでしょうか?また会社更生法ではどうなのでしょうか?会社更生法で吉野家が弁済を果たしたのは解かったのですが、他の多くの企業はどうなったのでしょうか?そごうも民事再生法を適用後、現在どのような状況なのでしょう?やはり、マイカルの再建も困難なのか知りたく・・・。宜しくお願いします。

  • スーパーダイエーについて

    新聞でも大きく報道されているのであえて伏字にする必要は無いと思いますので名前を出して質問します。 過去に2回債権放棄を銀行にしておいてもらって、今回3回目の債権放棄をさせてまでスーパーダイエーをなぜ存続させるのでしょうか? スーパーダイエーを潰さない理由をどなたか教えてください。 債権放棄の数を間違えているかも知れませんがあしからず・・・・

  • 個人版民事再生法適用時の連帯保証人の支払い義務は?

    主債務者が民事再生法の適用を受け,その手続きに入った時,この債務に連帯保証人 がいて、連帯保証人は民事再生の申立をしていない時、債権者は当然にこの連帯保証人に請求できると解釈してよろしいんでしょうか?もしそうであるならば主債務者からは再生法による返済を受け,また一方では連帯保証人からの返済も受けられるのでしょうか?それとも主債務者が再生法で決定された弁済金額が連帯保証人にも及びその範囲内でしか弁済を受けられないのでしょうか? 破産の場合は主債務者が破産、免責になっても連帯保証人に対して請求が出来るのですが、民事再生法の場合はどうなのでしょう?