• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

円周率が定数であることの証明

円周率πが3.14...と半径によらず一定であることの証明って、どうすればよいのでしょうか。 定義は π=【円周の長さ】/【直径(2r)】 ですよね。 直径が既知だとそて、円周の長さも求めなくてはならないとき、半径rの円とその円に内接する正n角形(周長=Ln)を考えた際に、 円周の長さが【lim(n→∞)Ln】で近似されることも前段階として示す必要がある気がします。 つまり、 (ⅰ) lim(n→∞)Lnが存在すること(=収束すること?) (ⅱ) lim(n→∞)Lnが円周の長さとして適当か。 ってことなんですけど・・・。 (ⅰ)も(ⅱ)も感覚的には収束すると思うし、適当だと思うんですけどうまく証明ができません。 最終的にはπが定数であることの証明がしたいのですが、その前段階のことも気になりました。 どなたか教えてください。お願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数5
  • 閲覧数1675
  • ありがとう数2

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

円周率が定数であることを示すのには,極限の計算を考えなくても, 一般的に「相似形における相似比」の考え方でも説明できる気もします. つまり,「正方形」でも「正三角形」でも「円」でも, 「相似な図形」については,その対応する部分の長さの比は一定ですから,例えば, 「正方形における一辺の長さと対角線の長さの比」も 「正三角形における一辺の長さと全周の長さの比」も 「円における直径の長さと円周の長さの比」も, これらはすべて「一定」になる訳です. (具体的には,それぞれの比は 1:√2 ,1:3 ,1:π) このような説明では,不十分でしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

簡単に考えれば良いのですね。 参考になりました。 ありがとうございました。

その他の回答 (4)

  • 回答No.5

テストの回答に使う気ですね? Lnが単調増加で上限があるので収束する。 が回答ですね。 Lnでの単調増加の証明は難しいのでL2^m(n=2^m)で考えましょう。 上限の存在は分かりますよね? ()は単調増加より、近似精度がよくなるってことでよいのでは? Q2は相似比より明らか。(三角形の相似比を考えるだけの問題) 明日のテスト、がんばりましょう

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

詳細は割愛しますが 解析学では πという定数をcos(x)=0の([0,2]の範囲の)解の2倍として定義します. それから後で円の種類によらず(つまり中心の位置、半径が任意で)、円周=2πr を示してます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

ほぼ公理なので証明不可能だと思いますよ。 対角線の長さがxの正n角形の周長Lnを考えると、xとLnの比が常に一定であるってのもすでにユークリッド的な空間でしか成り立ちませんし。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1
  • zk43
  • ベストアンサー率53% (253/470)

内接正多角形とか外接正多角形の周の長さの極限として円周の長さを求 めるとすると、円の半径がrのときの内接正多角形・外接正多角形の周 の長さは、円の半径が1の時の内接正多角形・外接正多角形の周の長さ のr倍になっているので(三角形の相似からわかる)、内接正多角形・ 外接正多角形の周の長さと半径の比は一定である。極限をとって考えて もこの比は変わらず、半径と円周の長さは比例する。 積分を知っていれば、変数変換により、円周の長さと半径が比例するこ とがわかる。 円周率の定義(いくつかある)は意外と知らないで、何となく通過して しまっていることが多く、最近では円周率は約3などという悲しい事態 になっているので、この辺の基礎は結構重要と思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 円周率の証明

    円周率が3.14159・・・となることの証明を お願いします。 できれば円に内接する正多角形の 辺数を増やして円周率の近似値を求める 以外の方法を教えてください

  • 円周率の求め方

    円周率は3,141592…… などといいますが、 どのような式から出ている答えなんで すか? 知ってる方、教えてください ... 現在は、無限級数展開を利用する方法が一般的 ですが、アルキメデスは円に内接、外接する正多角形の周長で計算し、3桁 円周を測る 円を作って転がして求める方法。(やりやすい方法と実測値). 再帰的に円周 率を求める方法. 正n角形の面積 円に内接や外接する正n角形の面積から円周率を 求めます。 正2n角形の周りの長さ 円に内接2n角形の周りの長さの求め方. 確率で円周 率

  • 円周率の元の意味は?

    基本的な質問で恐縮です。円周率は円の直径と円周の長さとの比だと思いますが、3.14という数字はそもそもどのような計算式の結果から出た数字なのでしょうか。私が思うに、例えば直径が1の円に内接する6角形の外周の長さの和は3.0になりますが、極端に言えばこれが100角形とした場合とか、1000角形とかにした場合に限りなく3.14に近づくのでしょうか。3.14という数字の出所を教えていただきたいと思います。

  • 円周率と円の直径?

    ある円を書いたとして、その円の円周を測ったら、 (正確に測る手法は別にして)間違いなく、有限的なある決まった長さが数値としてでてきますよね。 たまたま、その円の直径が10センチとしたら、その有限的な数値である円周を直径で割った場合、必ず割り切れる有限の数値がでてくると思うのですが。 では、なぜ円周=直径×円周率で使う円周率は、3.14.........と無限に続く数値なのですか?

  • 表計算(エクセル)で、円周率の近似値を求めようとすると・・・

    コンピュータのカテゴリに書き込もうかとも迷いました。 場違いでしたらすみません。 表計算ソフト(エクセル)で、遊びで円周率の近似をやってみることにしました。半径=0.5の円に内接する正多角形の周の長さを求めるやり方です。半径=0.5にしたのは、直径1の円の円周率は、周の長さをそのまま円周率とすることができるからという理由からです。 半径0.5の円に内接する正多角形の隣り合う2点ABと円の中心Oとを結んで出来る二等辺三角形OABの辺ABの長さは、 =√(0.5^2+0.5^2-2*0.5*0.5*cos∠AOB)(余弦定理) =√(0.5^2*2*(1-cos∠AOB)) エクセルでの具体的な計算の仕方 (1) A1セルに「=3」 B1セルに「=SQRT(0.5^2*2*(1-COS(RADIANS(360/A1))))*A1」 ※これでA2セルには、半径0.5の円に内接する正三角形の周の長さが表示されます。 (2) A2セルに「=A1+1」 B2セルに「=SQRT(0.5^2*2*(1-COS(RADIANS(360/A2))))*A2」 (3) A2、B2を選択して、下方向へオートフィルします。 オートフィルを続ければ続けるほど、正n角形のnが増大するので、3.14にB列に表示される数値は、”下の行に行くほどどんどん円周率πに近づく”はずです。 なのに、正4316角形と正4317角形(セルB4315とセルB4315)では、 正4316角形の周の長さ=3.14159237622779 正4317角形の周の長さ=3.14159237622464 となっており、正4316角形の周の長さよりも正4315角形の周の長さのほうが長いことになっています。 正∞角形の周の長さ÷直径=円周率というのは、数学の教科書にも載っているようなことなので、”下の行に行くほどどんどん円周率πに近づく”という考え方自体は間違っていないと思うのですが・・・ コンピュータの限界とか、そういう問題でしょうか?

  • なぜ円周率ってそんなに重要なんですか

    円周率。円の直径の約3倍が円の長さというのはわかるのですが、その円周率を突き詰めていくのにどういった意味があるんでしょうか?3. 1415926535 8979323846....と桁を増やしていって、その数を使って何に応用するというか、役にたつんでしょうか?

  • 円周率の2乗

    恣意的でなく物理的に意味のある計算で、円周率の2乗が出てくるものがありましたら、教えていただけないでしょうか? もちろん直径πの円周長さはπ^2ですが、そういう恣意的な話でなく、この長さをrとおく、この一片をaとしたときの何とかの値、とかで最後の式にπ^2が含まれているもの、という意味です。 実は、四分円2つを単純に組み合わせた曲線の回転体という、お皿というか、壺っぽいもの体積を四分円半径rとおいて計算すると最後の式にπ^2が出てきて、ちょっと困惑しているところです。 この構造のどこかに、求めるべき円周長さの直径がπになるような意味合いがあるってことなのかなとも思うのですが、感覚的にすすっと入ってこなくてなんとなく困ってます。

  • 円周率

    円周率を求める式で、 π/4=1-1/3+1/5-1/7+1/9-1/11・・・ という式がありますが、これは正しく3.1415926に収束していくのでしょうか? 手元で計算した結果、ちょっと違う値が出たもので。。。

  • 円周率はなぜ3.14で計算するようになった

    円周率は3.14以下を切り捨てて3.14なんだと思いますが、生活に直結して考えると3.15の方がまだわかりやすい気もします。 直径xcmの円を作ろうとして物を買ってくるとき、3.14より3.15で計算した方が長さが足りなくなるというミスがなくなりそうです。 理論上の話なので、実際はもっと長いものを買うでしょうが気になります。 単に切り捨てて3.14にしただけで3.14自体に意味はないのでしょうか?

  • 円周率

    円周率は、3.14が定説ですよね。 で、疑問なのですが 円の面積は正確には 表すことが出来ない・・・ということですかね・・・? しかし、面積は円を描くと分かるように無限ではなく 有限です・・でも数字では表せない・・? なぜ???