• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

円周率の元の意味は?

基本的な質問で恐縮です。円周率は円の直径と円周の長さとの比だと思いますが、3.14という数字はそもそもどのような計算式の結果から出た数字なのでしょうか。私が思うに、例えば直径が1の円に内接する6角形の外周の長さの和は3.0になりますが、極端に言えばこれが100角形とした場合とか、1000角形とかにした場合に限りなく3.14に近づくのでしょうか。3.14という数字の出所を教えていただきたいと思います。

  • rpg9
  • お礼率36% (1269/3470)

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数14
  • 閲覧数445
  • ありがとう数16

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.12

御質問がもし、「円周率=3.1415926535897932384 という数字の出所を教えて欲しい」 というのでしたら、多角形を内接・外接させて、コンピュータで計算して・・・ という回答になるでしょう。 でも御質問は、「3.14という数字の出所を教えて欲しい」ですからねぇ、 「実際に円周をはかって直径で割ったら、3.14だった」という方法で知ったというのが正しいでしょうね。 3.14を知るのに、「数学的厳密さ」は必要ないでしょうね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、正確な円周率を測るのでしたらやはり多角形を使い、3.14という数字自体の由来を知るには実際に測定すると、分けて理解する必要があることが分かりました。質問の仕方が曖昧で恐縮です。ご回答ありがとうございました。

その他の回答 (13)

  • 回答No.14

大昔にアラビア数字と小数が知られていたら、No.11のかたの方法で簡単に3.14が得られたと思いますけど、古代ギリシャ文明あたりでは分数しか知られていなかったから、223/71 < π < 22/7 という近似しか出来なかったのではないでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

少数より分数のほうが歴史がずっと古いんですね。人類が3.14という数字にたどり着くまでの経緯は大変興味ふかいものがあります。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.13

小数が発明されたのは16世紀ごろですよ。 ですから、3.14という数字はそれより後に知られたはずでは? アルキメデスが、223/71 < π < 22/7 と書いたのは、小数を知らなかったからですよ。 http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=1229667

参考URL:
http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=1229667

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

小数点がの発明が16世紀とは知りませんでした。そうすると3.14そのものの歴史は案外新しいんですね。教えていただきありがとうございました。

  • 回答No.11

僕も、#4と#8のご回答に大賛成です!! 仮に、直径 100センチの円があって、その円周に沿って糸を巻いて、その糸の長さを計って、314センチだったら、円周率=3.14 が求まるわけです。 その程度の精度の測定なら、古代の人たちでも十分に出来たはずですよね!! ですから、多角形を使った計算方法などを考え付くよりずっと前に、上記の測定方法によって、古代の人たちは、3.14 という値を、とっくの昔に知っていたに違いありません。 質問者さんのご質問は、「 3.14という数字の出所を教えていただきたい 」という事ですから、 「実際に測定して、3.14 という数字を求めた。」 というのが答に違いありません!!

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

円周率ひとつを取っても、いろんな解釈の仕方があるんですね。数学の奥深さを実感しました。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.10
  • gabbin
  • ベストアンサー率9% (3/31)

質問者の意図は、「円周率の出所は?」 という事ではないでしょうか? だとしたら、最初に円周率に気付いた人は、紐とものさしで計った人ではないでしょうか? 数学的厳密さを考えた人は、計った人よりずっと後の人ではないでしょうか?

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.9

NO1です。 紐と、物差しの考え方でも出せますが、厳密さに欠けるわけです。 数学的に厳密さを求めるなら、多角形を利用する以外にはありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.8
  • gabbin
  • ベストアンサー率9% (3/31)

#4の回答者と同意見です。 そんな面倒な計算をするより前に、紐とものさしで直接測定したと思います。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

確かに頭で計算するよりも直接測ったほうが近道だったでしょうね。ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.7
  • hisa-gi
  • ベストアンサー率29% (93/311)

その通りです。 ちなみに紀元前3世紀の時点で、3.14まで求められていました。 アルキメデスは、円に外接する正96角形と、内接する正96角形を用いて、 223/71 < π < 22/7 すなわち3.140845 < π < 3.1428571を求めました。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

古代にも頭のいい優秀な人はいたんですね。今の私たちは数学を教科書で学びますが、当時の人たちは自然や物事の原理から学んだのでしょう。本当に感心します。ご回答ありがとうございました。

  • 回答No.6
  • zap35
  • ベストアンサー率44% (1383/3079)

昔からの円周率の計算方法を説明したHPのURLを貼ります。 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%86%86%E5%91%A8%E7%8E%87%E3%81%AE%E6%AD%B4%E5%8F%B2 下のURLの方法なら自分でも計算できるかもしれません。

参考URL:
http://hp.vector.co.jp/authors/VA014765/pi/howto.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

紹介していただいたサイトは興味深かったです。さすがに自分で計算しようとは思いませんが、円周率をはじめとする数字の不思議さというか魅力に改めて感心します。ご回答ありがとうございます。

  • 回答No.5
noname#91219
noname#91219

No3の回答者です。訂正します。九百どころではなく正32212254720角形みたいですね。35桁まで求めたのはすごいですね。それとルドルフはドイツ人でした。 勘違いしてました。すみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4
  • qweras
  • ベストアンサー率17% (35/200)

全くの私の想像ですけど、 多分、古代人が円のまわりにひもを巻き付けて、 そのひもをまっすぐにして長さを測って、 3.14という数字を知ったのではないでしょうか? (間違っていたら、すみません。)

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

なるほど、円のまわりに紐を巻いてそれを測るとは気付きませんでした。多分3.14という数字はそうした作業から出たんでしょうね。ご回答ありがとうございました。

関連するQ&A

  • 円周率の求め方

    円周率は3,141592…… などといいますが、 どのような式から出ている答えなんで すか? 知ってる方、教えてください ... 現在は、無限級数展開を利用する方法が一般的 ですが、アルキメデスは円に内接、外接する正多角形の周長で計算し、3桁 円周を測る 円を作って転がして求める方法。(やりやすい方法と実測値). 再帰的に円周 率を求める方法. 正n角形の面積 円に内接や外接する正n角形の面積から円周率を 求めます。 正2n角形の周りの長さ 円に内接2n角形の周りの長さの求め方. 確率で円周 率

  • 円周率の理解は小学5年では厳しいと思いますか。

     私は厳しいと思います。といいますのは,円に内接する正六角形と外接する正六角形をかきます。  円の直径を1としたとき,内接する正六角形の周の長さ(=3)は容易に求まりますが,外接する正六角形の周の長さ(=2√3≒3.46)は三平方の定理なしでは求まりません。  よって円周率の理解は中学3年でないと厳しいと考えます。

  • 表計算(エクセル)で、円周率の近似値を求めようとすると・・・

    コンピュータのカテゴリに書き込もうかとも迷いました。 場違いでしたらすみません。 表計算ソフト(エクセル)で、遊びで円周率の近似をやってみることにしました。半径=0.5の円に内接する正多角形の周の長さを求めるやり方です。半径=0.5にしたのは、直径1の円の円周率は、周の長さをそのまま円周率とすることができるからという理由からです。 半径0.5の円に内接する正多角形の隣り合う2点ABと円の中心Oとを結んで出来る二等辺三角形OABの辺ABの長さは、 =√(0.5^2+0.5^2-2*0.5*0.5*cos∠AOB)(余弦定理) =√(0.5^2*2*(1-cos∠AOB)) エクセルでの具体的な計算の仕方 (1) A1セルに「=3」 B1セルに「=SQRT(0.5^2*2*(1-COS(RADIANS(360/A1))))*A1」 ※これでA2セルには、半径0.5の円に内接する正三角形の周の長さが表示されます。 (2) A2セルに「=A1+1」 B2セルに「=SQRT(0.5^2*2*(1-COS(RADIANS(360/A2))))*A2」 (3) A2、B2を選択して、下方向へオートフィルします。 オートフィルを続ければ続けるほど、正n角形のnが増大するので、3.14にB列に表示される数値は、”下の行に行くほどどんどん円周率πに近づく”はずです。 なのに、正4316角形と正4317角形(セルB4315とセルB4315)では、 正4316角形の周の長さ=3.14159237622779 正4317角形の周の長さ=3.14159237622464 となっており、正4316角形の周の長さよりも正4315角形の周の長さのほうが長いことになっています。 正∞角形の周の長さ÷直径=円周率というのは、数学の教科書にも載っているようなことなので、”下の行に行くほどどんどん円周率πに近づく”という考え方自体は間違っていないと思うのですが・・・ コンピュータの限界とか、そういう問題でしょうか?

  • 円周率が定数であることの証明

    円周率πが3.14...と半径によらず一定であることの証明って、どうすればよいのでしょうか。 定義は π=【円周の長さ】/【直径(2r)】 ですよね。 直径が既知だとそて、円周の長さも求めなくてはならないとき、半径rの円とその円に内接する正n角形(周長=Ln)を考えた際に、 円周の長さが【lim(n→∞)Ln】で近似されることも前段階として示す必要がある気がします。 つまり、 (ⅰ) lim(n→∞)Lnが存在すること(=収束すること?) (ⅱ) lim(n→∞)Lnが円周の長さとして適当か。 ってことなんですけど・・・。 (ⅰ)も(ⅱ)も感覚的には収束すると思うし、適当だと思うんですけどうまく証明ができません。 最終的にはπが定数であることの証明がしたいのですが、その前段階のことも気になりました。 どなたか教えてください。お願いします。

  • 円周率

    円周率が3だったら、六角形になりますが(これを円周率と言って良いのか、疑問がありますが)、 円周率が3.14だったら、何角形になるんですか?

  • 円周率の証明

    円周率が3.14159・・・となることの証明を お願いします。 できれば円に内接する正多角形の 辺数を増やして円周率の近似値を求める 以外の方法を教えてください

  • 円周率と円の直径?

    ある円を書いたとして、その円の円周を測ったら、 (正確に測る手法は別にして)間違いなく、有限的なある決まった長さが数値としてでてきますよね。 たまたま、その円の直径が10センチとしたら、その有限的な数値である円周を直径で割った場合、必ず割り切れる有限の数値がでてくると思うのですが。 では、なぜ円周=直径×円周率で使う円周率は、3.14.........と無限に続く数値なのですか?

  • π(円周率)ってなんなんですか?

    円周を直径で割った数なのはわかりますが、これではその割った数がなんなのかなどが全く分からないです… また、この円にn角形(nは任意の自然数)を入れると円周率が求められるのはなぜでしょうか? n角形に円周なんて存在しませんのに

  • 円周率

    円周率は、3.14が定説ですよね。 で、疑問なのですが 円の面積は正確には 表すことが出来ない・・・ということですかね・・・? しかし、面積は円を描くと分かるように無限ではなく 有限です・・でも数字では表せない・・? なぜ???

  • アルキメデスが円周率を計算したやり方は?

    Blue Backs「パソコンで挑む円周率」で教えられたのですが、世界で最初に円周率を計算により求めたのはアルキメデスとのことです。彼は円に内接・外接する正96角形の周の長さから円周率の近似値を計算し、3.14までは正確に求めたとのことです。 大変ためになる情報ですが、残念ながら私には正96角形の周の長さを求めるやり方が分かりません。アルキメデスは三角関数を知っていたのですか? 三角関数を知っているとしても、それを計算できたのでしょうか。 たぶん簡単なやり方があるのでしょうが、どなたか親切な方、教えてください。