• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

円周率の2乗

恣意的でなく物理的に意味のある計算で、円周率の2乗が出てくるものがありましたら、教えていただけないでしょうか? もちろん直径πの円周長さはπ^2ですが、そういう恣意的な話でなく、この長さをrとおく、この一片をaとしたときの何とかの値、とかで最後の式にπ^2が含まれているもの、という意味です。 実は、四分円2つを単純に組み合わせた曲線の回転体という、お皿というか、壺っぽいもの体積を四分円半径rとおいて計算すると最後の式にπ^2が出てきて、ちょっと困惑しているところです。 この構造のどこかに、求めるべき円周長さの直径がπになるような意味合いがあるってことなのかなとも思うのですが、感覚的にすすっと入ってこなくてなんとなく困ってます。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数4
  • 閲覧数2826
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.4
  • ryn
  • ベストアンサー率42% (156/364)

> じゃぁなんで一番簡潔な球の体積にπ^2が出てこないのかな、というところが疑問。 確かに感覚的には出てきてほしい気はしますね. 実際にn次元超球の体積を見てみると  nが奇数であれば,V_n = 2(2π)^((n-1)/2)/n!! * r^n  nが偶数であれば,V_n = (2π)^(n/2)/n!! * r^n のようになっています. 具体的には  V_1 = 2r  V_2 = πr^2  V_3 = (4/3)πr^3  V_4 = (1/2)π^2 r^4  V_5 = (8/15)π^2 r^5  V_6 = (1/6)π^3 r^6 のように4次元でπ^2,6次元でπ^3という感じで 次元が2上がるごとにπの冪が1増えていきます.

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

その他の回答 (3)

  • 回答No.3

基本的な考え方としてはπ^2の意味を幾何的に説明することは無理なのではと思います。虚数としてのiの意味を探るようなものに近いと思います。で、先のオイラーの座屈式は、細長い円柱が軸方向にどのくらいの力を加えたら撓むかという意味の数式です。オイラーはこの過程でこの力は材料の物性値としては縦弾性係数と形状数値だけが意味を持ち、材料の強度自体は無関係であること、円柱の横方向に作用する力にも無関係であることを示したのです。凄い洞察と思います。尚、このあたりの式の説明は下記URL(pdf)にあります。π^2は数学的処理の結果として現れただけです。(Sin(n*π)=0の性質を式中に組み込んでいます) http://techon.nikkeibp.co.jp/free/nmc/dokusha/zai/zai560.pdf

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございます。 ただ、物理的に意味がある数式なのだから、「数学的処理の結果として現れただけ」なんてことはないと思いますよ。No.1さんの例にある問題は当初数学的な遊びの式だったようなので意味を見いだすのは難しいと思います。 私は複素数も普通になじんでます。 でも、構造力学は出てくる用語がことごとくわからず、入門の1に戻ってもついて行けなさそうだったので座屈の式の意味がまったく...

  • 回答No.2

お考えの趣旨とは合致しないかもしれませんが 工学的にオイラーの座屈方程式にπ^2が表示されます。この式は純粋な理論式です。解を求める過程で数学的操作でπ^2が現れただけですが。参考URLを提示します。ここの問題を良く調べるとオイラーの座屈式の数学的な求め方が記載されています。 http://techon.nikkeibp.co.jp/free/nmc/dokusha/zai/zai561kiji.html

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

構造力学を習ってないので何の話かさっぱりわからないのですが、たしかに意味のありそうな式にπ^2がありますね。 これまで見てきた数式でπ^2を見たことがなかったのですが、まぁそういうのも出てくることがあるらしいということはわかりました。 ありがとうございます。 こんど暇なときに何でπ^2が出てくるのか読み解いてみようかとも思いますが、もし余裕があったらπが2回出てくるポイントを概説していただけないでしょうか?「丸いものを回すから」というようなご説明で結構です。

  • 回答No.1
  • kobold
  • ベストアンサー率62% (20/32)

回転体の体積だとよくπ^2が出てきます 円周率としてのπの場合もありますし、 三角関数などとの関係からどこかの長さがπの場合もあります 物理的に意味があると言われると難しいですが、 例えばバーゼル問題と言われる、 lim[n→∞]1/1^2+1/2^2+1/3^2+...+1/n^2=π^2/6 などにはπ^2が出てきます

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

バーゼル問題、知りませんでした。 たしかに物理的意味を見いだしにくいし、級数の元が平方数なので、結果のπに2乗がついていても、まぁそういうこともあるかなと思えてしまいますが、ともかく数学の有名どころでπ^2があるってのは勉強になりました。ありがとうございます。 で、むしろ回転体にはπ^2がよくでてくる、という話が今回は気になります。半径rの円弧の回転体なら、円弧というところでπが出てきて、回転体というところでもう一回πが出てきて、結果π^2が出てくるというのもわからなくはないです。ですが、じゃぁなんで一番簡潔な球の体積にπ^2が出てこないのかな、というところが疑問。 回転体体積にπ^2がでるときとでないときの差は何でしょう?

関連するQ&A

  • なぜ円周率ってそんなに重要なんですか

    円周率。円の直径の約3倍が円の長さというのはわかるのですが、その円周率を突き詰めていくのにどういった意味があるんでしょうか?3. 1415926535 8979323846....と桁を増やしていって、その数を使って何に応用するというか、役にたつんでしょうか?

  • 円周率の求め方

    円周率は3,141592…… などといいますが、 どのような式から出ている答えなんで すか? 知ってる方、教えてください ... 現在は、無限級数展開を利用する方法が一般的 ですが、アルキメデスは円に内接、外接する正多角形の周長で計算し、3桁 円周を測る 円を作って転がして求める方法。(やりやすい方法と実測値). 再帰的に円周 率を求める方法. 正n角形の面積 円に内接や外接する正n角形の面積から円周率を 求めます。 正2n角形の周りの長さ 円に内接2n角形の周りの長さの求め方. 確率で円周 率

  • 円周率は本当に割りけれないの?

    コンピュータの性能評価に使われている、ふしがないでもない円周率ですが 本当に割り切れないのですか? そう質問すると愚問になりますので、計算の元になる円周と直径の長さは 本当に正しい数値なのでしょうか? なぜ、こんな質問をするかと言えば、円周率は割り切れないと言う潜入感から 円周と直径を最新の技術で計測した数値が使われているのかと言う疑問を感じた からです。又、工業技術で真円の円柱を作るのは高度な技術がいると聞きました。 例えば、直径1に対する円周の長さは計測する精度は小数点以下何桁までの精度 を持った数値で計算してか疑問に感じた訳です。そのあたりをご存じ方がいまし たら教えて下さい。 最新技術で計測し直してら、割り切れて仕舞うと言うことは無いですよ~ね♪

  • 円周率と円の直径?

    ある円を書いたとして、その円の円周を測ったら、 (正確に測る手法は別にして)間違いなく、有限的なある決まった長さが数値としてでてきますよね。 たまたま、その円の直径が10センチとしたら、その有限的な数値である円周を直径で割った場合、必ず割り切れる有限の数値がでてくると思うのですが。 では、なぜ円周=直径×円周率で使う円周率は、3.14.........と無限に続く数値なのですか?

  • π(円周率)ってなんなんですか?

    円周を直径で割った数なのはわかりますが、これではその割った数がなんなのかなどが全く分からないです… また、この円にn角形(nは任意の自然数)を入れると円周率が求められるのはなぜでしょうか? n角形に円周なんて存在しませんのに

  • 円周率

    wikiによりますと円周率は、「2016年の時点では、円周率は小数点以下22兆4591億5771万8361桁まで計算されている。」とありますが、どうしてこの計算結果が正しいとわかるのでしょうか? これが正しいと判断するのは、円周と直径も同様に精密に測定する必要があると思いますが、現代の技術でこれだけの高い精度で測定ができるのですか?

  • 円周率の元の意味は?

    基本的な質問で恐縮です。円周率は円の直径と円周の長さとの比だと思いますが、3.14という数字はそもそもどのような計算式の結果から出た数字なのでしょうか。私が思うに、例えば直径が1の円に内接する6角形の外周の長さの和は3.0になりますが、極端に言えばこれが100角形とした場合とか、1000角形とかにした場合に限りなく3.14に近づくのでしょうか。3.14という数字の出所を教えていただきたいと思います。

  • 円周率はなぜ3.14で計算するようになった

    円周率は3.14以下を切り捨てて3.14なんだと思いますが、生活に直結して考えると3.15の方がまだわかりやすい気もします。 直径xcmの円を作ろうとして物を買ってくるとき、3.14より3.15で計算した方が長さが足りなくなるというミスがなくなりそうです。 理論上の話なので、実際はもっと長いものを買うでしょうが気になります。 単に切り捨てて3.14にしただけで3.14自体に意味はないのでしょうか?

  • 円周率の計算式って何ですか?

    3.141592・・・と円周率がありますが、円周率ってどういう式をたてて計算すればあんなものが出てくるんでしょうか? それともここでは回答できないような相当複雑で難しい式なのですか?

  • 円周率が有理数である考え

    先日円周率について質問した者です。 皆様の意見というか、世の中では円周率は無理数であると証明されているようですが、 私には納得のいかないことは事実です。 その理由を以下に示します。 円でできた縄を想像してください。 その縄を、切断します。 そうすると円であった縄は一本の直線の縄になります。 この縄には初めと終わりがあります。 初めと終わりが存在するということは有限であることになりませんか? 円周の長さが有限であることは、直径が無理数であれ円周率が無理数であれ当然の結果でしょうか? 以上が私が円周率は有限であると考える理由です。 以上の考えに対して、落ち度や意見があればよろしくお願いします。