• ベストアンサー
  • 暇なときにでも

五段活用の語根が閉音節のとき

五段活用の語幹では旧来の文法の教えるところによると 書く、は「か」までが語幹です。でも kak までを語幹とする考え方もありますよね?「思う」の語幹は旧来では「おも」、新来では omow です。どちらが合理的なのでしょうか? もし後者の文法を選ぶなら、日本語の動詞はコンジュゲートせずに、ただ語根と不変化詞のみ合体させればいいわけで、シンプルになると考えます。 それで、五段の語根、omow と kak に u を付ければ終止形が得られます。ただ、上一段と下一段の終止形は、同じように操作すると oshie-u, uke-u, ki-u 「教えう」、「受けう」、「切う」とおかしくなります。だから r を間に挿入することで解決できるそうです。 <<では、上一段と下一段の終止形は「る」をつけなければいけないのか。やはり、この場合でも日本人は-uで終わりたいのですね。それだと「osie-u」「uke-u」「mi-u」「ki-u」になりますが、このとき母音が重なってわかりづらくなるため、終止形に限って r を挿入しているのです。>> ここまでは理解できたのですが、ここからが理解できません。 <<ここで、五段「帰る」の「kaer」を発音してみてください。そして、うしろに「ない」や「ます」をつけてみましょう。自然と「帰らない」「帰ります」のように五段活用になりませんか。しかし、「教える」「見る」という動作の気持ちは「osie」「mi」で、これに「ない」や「ます」をつけてもそのままくっつきます。前の部分はなにも変化しないわけです。>> ここをぜひ解説をお願いしたいのです。よろしくお願いします。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数2
  • 閲覧数236
  • ありがとう数5

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.2

#1です。 本当のところを言えば,nawata さんにほぼ賛成です。 ただし, >日本語では子音が2回続けて言えないので、 >その場合は前方同化するとします。 >また母音の2回連続は言いにくい(聞き取りにくい) >という理由で、これもまた前方同化するとします。 これには賛成致しかねます。 まず子音の同化について。同化となると, kak-ru → kak-ku となってしまいます。結局子音削除は避けられません。 #なお,このような同化は前方同化ではなく, #進行同化あるいは順行同化と言います。 ま,このような場合は,r は普段は隠れているが,必要なとき(つまり動詞の語幹が母音で終わるとき)にだけ現れるとするしかないでしょう。 実は逆行同化は助動詞の「た」に見られます。 ik-anai, ik-imasu, ik-u, ... ik-ta → it-ta つぎに,母音連続について。こんな文があります。 「(これから)王を追おう」 「(この布で)王を覆おう」 すべて母音「o」でできています。「2回連続は言いにくい(聞き取りにくい)」というレベルではありませんね。 kak-a-nai,kak-i-masu の連結用母音 -a, -i も,先の r と同じく必要な場合にだけ現れる,つまり動詞語幹が子音で終わるときにだけ出現するヒーローのような母音とするのが穏当でしょう。 先ほどの助動詞「た」はそのような連結母音をもたない助動詞です。 #変格活用動詞はどうしようもない。 #不規則変化とイ音便は処理に困る。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

むむ、動詞は変化しない、とする野心的な試み、ここに潰えたり。 おかげさまで言語学の知識と考えを深めることができました。

関連するQ&A

  • 日本語の活用の法則?

    日本語の活用の法則? 日本語の動詞って終止形だけで五段活用、下一段、上一段活用か見分ける法則みたいなものってあるんですか?

  • 「ある」「いらっしゃる」の関西弁活用形

    標準語の「ある」「いらっしゃる」とそれに対応する関西弁の単語の活用を以下のように考えました。これで、正しいでしょうか?もし、間違いがあったら修正 してください。特に「いてはる」の命令形が「いてはれ」で良いのか自信がありません。 <標準語「ある」> 未然形 (あら)[ない] 連用形 あり[ます] 終止形 ある 連体形 ある[とき] 仮定形 あれ[ば] 命令形 あれ <標準語「いらっしゃる」> 未然形 いらっしゃら[ない] 連用形 いらっしゃい[ます] 終止形 いらっしゃる 連体形 いらっしゃる[とき] 仮定形 いらっしゃれ[ば] 命令形 いらっしゃい <関西弁「ある」> 未然形 (あら)[へん] 連用形 あり[ます] 終止形 ある 連体形 ある[とき] 仮定形 あれ[ば] 命令形 あれ <標準語「いてはる」> 未然形 いてはら[ない] 連用形 いてはり[ます] 終止形 いてはる 連体形 いてはる[とき] 仮定形 いてはれ[ば] 命令形 いてはれ

  • 活用 基礎

    聞こゆの活用についてです。 語幹 きこ 未然形 え 連用形 え 終止形 ゆ 連体形 ゆる 已然形 ゆれ 命令形 えよ 活用の行・種類 ヤ行下二段活用でよかったでしょうか? 教えて下さい。宜しくお願いします。

その他の回答 (1)

  • 回答No.1

>「思う」の語幹は旧来では「おも」、新来では omow です。 語幹が子音で終わる動詞は五段活用,母音で終われば上一段もしくは下一段活用だというのは,別に新しい考え方ではありません。 まぁ,Bernard Bloch(バーナード・ブロック)というアメリカ人が1946年に発表したのが最初の論文でしょうが。 >どちらが合理的なのでしょうか? 考え方によりますね。 金田一春彦のように,日本語は音節(あるいは拍)を最小単位とすると考えれば,語幹が子音で終わるというのは無理です。 しかし,欧米系の言語学者から見れば,語幹が子音で終わっても何ら不思議ではない。自分たちの言語がそうだから。 >後者の文法を選ぶなら、(...)シンプルになると考えます。 さぁ,どうでしょう。 書かない  kak-a-nai 書きます  kak-i-masu 書く    kak-u 書く(とき)kak-u 書けば   kak-e-ba 書こう   kak-o-u あまり変わり映えしないように思いますが。 <<ここで、五段「帰る」の「kaer」を発音してみてください。そして、うしろに「ない」や「ます」をつけてみましょう。自然と「帰らない」「帰ります」のように五段活用になりませんか。>> 「自然と」というのは何でしょうね。(笑) 「帰る」は語幹が子音で終わります。そのままでは kaer-nai, kaer-masu となりますが,日本語では子音連続が許されません。 ここでとれる手段は, 1.動詞の語幹末子音を消す 2.活用の最初の子音を消す 3.子音と子音の間に母音を入れる 日本語は最後の「3.」を採用したわけです。 ただし,どういう母音を入れるかは活用語尾が決めます。 -nai なら -a-,-masu なら -i- という具合です。 先ほど「あまり変わり映えしない」と申し上げたのは,結局どの活用語尾がどの母音をとるか決まっており,これがつまり「コンジュゲート」ということになるからです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

まず、深い言語学的背景に裏打ちされた回答に誉れの言葉を授けたいと思います。 「さぁ,どうでしょう。 書かない  kak-a-nai 書きます  kak-i-masu 書く    kak-u 書く(とき)kak-u 書けば   kak-e-ba 書こう   kak-o-u あまり変わり映えしないように思いますが。」 >>私の考えを述べさせてください。それぞれの段で接合させるのは以下のものです。 -anai/imasu/ru/reba/ou これは u動詞、ru動詞に関係なくくっつくと見なしてください。 まず ru動詞から見てみましょう。 起きる は oki-anai、oki-imasu, oki-ru, oki-reba, oki-ou u動詞では kak-anai, kak-imasu, kak-ru, kak-reba, kak-ou となります。Piedpipingさんもおっしゃったように日本語では子音が2回続けて言えないので、その場合は前方同化するとします。また母音の2回連続は言いにくい(あるいは聞き取りにくい)という理由で、これもまた前方同化するとします。この操作をすると先のはこうなります。 okinai, okimasu, okiru, okireba, okiyou (io は y になるのが自然でしょう) kakanai, kakimasu, kaku, kakeba, kakou こうすれば、コンジュゲート(あるいはインフレクション)することなく、どの動詞の型も不変化詞を後接させればいいと見なせませんか?ただし、どうして「起きゃない」とはならないの、と聞かれればつらいですが。

質問者からの補足

サ行変格は、語幹は sh で、 sh-inai, shi-imasu, sh-ru, sh-reba, sh-ou カ行変格は、語幹は ku で、 ku-inai, ku-imasu, ku-ru, ku-reba, ku-ou まぁ、例外もあるということで許してください(笑)

関連するQ&A

  • 国語での文法。活用の連用形

    中2位の国語で文法で動詞、形容詞、形容動詞の活用を学びます。 この活用は6種類 未然形、連用形、終止形、連体形、仮定形、命令形。 この中で連用形がよくわかりません。 自分が調べた中では 『用言に連なる』~ます。~て。~た。 ばかりでよく理解できません。 この、ます、た、て、が用言ということなのでしょうか? そもそも用言を変化させた物が活用なのではないのでしょうか? わかりやすいお答えをぜひお待ちしております。 よろしくお願いします。

  • 古典文法 形容詞(ク活用、シク活用)

    こんにちは。 高校古典文法 形容詞の活用 ク活用、シク活用についての質問です。 参考書を見ると、形容詞の本活用(直後に助動詞以外が続く活用)の活用表を見ると、例えば「なし」という言葉なら、 <語幹>「な」 <未然形>「(く)」 <連用形>「く」 <終止形>「し」 <連体形>「き」 <已然形>「けれ」 <命令形>「○」 となっております。 質問(1):ここで、未然形については( )がついていますが、どういうことなのでしょうか?同様にシク活用の「かなし」についても未然形の活用語尾には(しく)と( )がついています。 質問(2):また上記の(く)や(しく)では、この形容詞に続ける言葉として、動詞の場合に続けていた「む・ず」が続きませんが、どういうことなのでしょうか? よろしくお願いいたします。

  • 形容詞の活用の教え方について

    日本語を外国人に教えるにあたり、形容詞の活用についてどのように教えていいものか悩んでおります。 ちなみに日本語を教えることは今回が初めてでまるっきりの素人だということでご理解願います。 一応、外国人用の文法テキストはあるので現在それをもとに進めているのですが、あまり詳しく書かれていないのでここで相談させていただきたいと思います。 1.未然形の活用について イ形容詞は「かろ(う)」ナ形容詞は「だろ(う)」ですが、これは意志・推量を表すもの。日常的に私たちは「高かろう」「安かろう」などと使っていますが、これを外国人にどのように説明すればいいのでしょうか。文法的にはどんな品詞の前におかれるものでしょうか? 2.終止形について 文末の言い切りの活用と書いてありますが、「この本は高いです。」の「高い」は終止形の言い切りという理解でいいのでしょうか。 また、「ここはおいしいレストランです。」「この花はあの花よりきれいです。」これらの文中にある「おいしい」や「きれい」の活用は何形に当てはまるのでしょうか?特に「きれい」はきれいなというナ形容詞ですが、この場合の活用はどれが適切なのでしょうか。 以上です。よろしくお願いいたします。

  • 古典文法の動詞、形容詞の活用の変化の勉強をしています。そこで活用する語

    古典文法の動詞、形容詞の活用の変化の勉強をしています。そこで活用する語が同じになる語、たとえば四段活用なら アイウウエエ のように終止形のウと連体形のウ 已然形のエと命令形のエのような違いが分かりません。 その違いが簡単に分かる方法を教えてください。

  • 食らふ

    こんばんは。 宜しくお願いいたします。 「食らふ」を活用するのですが分かりません。 語幹(く) 未然形(わ) 連用形(い) 終止形(う) 連体形(い) 已然形(え) 命令形(え) 活用の種類ワ行四段 でいいでのでしょうか。 ()に「ら」を入れたほうがいいのでしょうか。 たとえば未然形だと(らわ)です。 どうぞ宜しくお願いいたします。

  • 古典について

    いるの古典での動詞の活用を教えてください。 語幹と、未然形と連用形と終止形と連体形と已然形と命令形と活用の種類の解答お願いします。 宿題で急いでいるので速急の解答よろしくお願いします。

  • ハンダ体?について

    どなたかお詳しいかた、回答お願いします。 ハンダ体について) 以前、このサイトでハンダ体なるものがある事を教えて頂きました。 ★1) 今使用中の文法書に、【下称終止形】なるものが出てきましたが、これがハンダ体なのでしょうか?形はよく似ています。 ★2) 上記文法書には、【母音語幹は、第二語基 + n다】とあります。 この例にならって、이 다を下称終止形にしようとすると: 인다 となりますか? ★3) 更に、上記文法書には【이 다の下称終止形に“고”や“는”が付くと、다は라に変わる】とあり: 이 라 고 とあるのですが、これは上記★2)から 인라고 となるべきではないのか、と思うのですが、正しくはありませんか? どなたか愛の手を!

  • いらす

    「社長は会議室にいらっしゃった」 「社長は会議室にいらした」 どちらも「居た」の敬語になると思うのですが、合っているでしょうか。 その場合、「いらした」の活用は文法的にはどうなるでしょうか。 また、終止形は「いらす」でしょうか。 文法に詳しい方教えてください。

  • 古典文法

    (1)古典文法の動詞、形容詞、形容動詞の活用形を簡単に判別する方法は ないでしょうか。 (2)「忍ぶ」は古典文法では上二段活用なのに、現代日本語文法の中では 五段活用になるのはどうして。 (3)「得る」の語幹と語尾がわかりません。 「え、え、う、うる、うれ、えよ」、でいいのですか。

  • 「するべき」の反対語は「しないべき」??

    「…するべき」の反対語は「…するべきではない」だと私は思っていますし、ネット上などで「…しないべき」と言って「それは間違いだ!」と指摘を受けている例も時々見かけます。 しかし、文法的に考えると、辞書によれば「べし」は活用語の終止形につくので、「…しないべき」も正しいことになるのでしょうか。間違いだとしたら、その文法的な根拠は何ですか?

専門家に質問してみよう