• ベストアンサー
  • すぐに回答を!

白色光の屈折率

白色光の屈折率についてなのですが、 一般に、光だと、 振動数が大きいほど、屈折率が大きく、 振動数が小さいほど、屈折率が小さい という風に習いました。 なぜ、そのように言えるのでしょうか。 できれば、高校物理の範囲で答えていただけるとありがたいのですが、 教科書にもそれについての説明は載っていなかったので、 それは、高校物理の範囲を超えているからだと思いますので、 できればの範囲でお願いします。。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数9
  • 閲覧数1000
  • ありがとう数3

質問者が選んだベストアンサー

  • ベストアンサー
  • 回答No.6

>なぜ、“赤色の光と、青色の光とでは、屈折するときに、入射角が同じでも屈折角が違う”のでしょうか。 はい。これは波長により屈折率が異なるために生じます。 ただご質問者の根本的な疑問は、なぜ異なるのかという点にあるのだと思います。 これは、そもそも屈折率とはなんなのかということを理解しなければなりません。 光は電磁波という波です。この波が物質の中を伝わるときに何が起きているのかを知ることが大事です。 この中で一番重要なのは「吸収」という現象です。光という波は物質に一度吸収されて再放出されるということが起きています。(厳密には少し異なりますが高校レベルで理解するためにわかりやすい考え方で話をしています) 吸収して光が熱になったりすると意味はありませんが、物質がその入ってきた光にあまり吸収されない領域(見た目には透明に見える)では、一度吸収した光を再放出するということが起きます。 さて、波を考えたときに再放出された光の位相は元の光より遅れています。なぜならば入ってきた波により原子・分子が振動し、それにより波が再放出されるためです。 すると光という波全体では元の位相よりも遅れが生じます。 見方を変えると光の進む速度が遅くなったように見えます。 このどれだけ遅れが生じているのかという数字が屈折率です。 そのため物質が一番よく吸収する波長(これを共鳴周波数といいます)より遠いところの方が吸収が小さく、吸収が小さいほどこの遅れは小さくなります。なぜならば光の吸収・再放出がおきにくいからです。 故に波長により屈折率が異なるということがおきるのです。 さて、次にではご質問のはじめにある振動数が大きい(波長が短い)ほど屈折率が大きいという傾向が一般に存在するという理由は何であるかです。上記の説明だと、単に吸収するピークから遠ざかれば屈折率は小さくなるのですから、吸収する位置が問題になります。 たとえば波長600nmで吸収ピークとなる物質であれば、そこの点より短波長でも、長波長でも遠ざかれば屈折率は小さくなります。 (厳密には吸収ピークでは位相の遅れがなくなるため、そこでは屈折率は1となり、吸収ピークを少しずれた点で最大になり、その後緩やかに屈折率が1に近づく) しかし、通常ガラスにしてもプラスチックにしてもほとんど光の吸収そのものがおきにくい物質の場合ですと、それらの物質の吸収は紫外の領域にあります。 実は原子・分子の結合という物質が形をなす基本的な結合による吸収というものがほとんどすべての物質で存在し、それは紫外領域にあるのです。波長にして100nm~400nm付近に透明な物質も含めて大抵強い吸収が存在します。 そのため、透明なガラスなどでみると、強い吸収は紫外領域にあるので、それから遠ざかるほど屈折率は小さく、近づくと大きくなるため、一般的な傾向として波長が短く(振動数が大きく)なると屈折率は大きくなるという傾向が生まれます。 ただ先に話したように吸収ピークがたとえば赤外に強いピークのある物質では可視光領域で透明であっても逆特性、つまり波長が短いと逆に屈折率が小さくなる領域が存在するなど、必ずしもどんなものでもそうだといえるわけではありません。 ちなみにこの一般的な傾向に一致しているものを「正常分散」といい、それから外れた特性のものを「異常分散」と呼んでいます。この異常分散というものはカメラのレンズなどで高性能なものを作る場合に非常に重要なため、意図的にそういうガラスによるレンズなどが使われています。 では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

ありがとうございました。。 理解することができたと思います。 高校物理では、こういうことは、当たり前として書かれていて、 なぜかなぁということをずっと思っていたので、 それを払拭することができました。 どうもありがとうございました。

その他の回答 (8)

  • 回答No.9

ご質問者はほぼ理解できたかもしれませんが、簡略化して書いた私の回答では、まだ説明が不足している部分もあるようなのでもう少し詳しく解説しておきますね。 光の位相が遅れの話で光の速度が遅れていくことになるのは、光の進行方向で考えてみたとき、はじめの原子・分子層を通過した光は少し遅れる、それによって遅れた光が次の原子・分子層ではまたその遅れた光を吸収・放出するのでまた遅れるというように連続的に遅れが続くことになるので、トータルでみると「元の光からみた位相の遅れは、光が進めば進むほど遅れるという状況が生じるため」、波と波の間隔は縮まるし、光の速度も遅くなるということを意味します。 ちなみに今回説明しているのは双極子モーメントモデルといって、光を吸収・放出するものを仮定したモデルであり、これにより反射や屈折を説明することも出来ます。(実際に計算して求めることも出来ます) では。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からのお礼

どうもありがとうございます。。 また進学して学習が進んでいくと、もっと理解できるようになるのですかね。。 楽しみにしています。。 ありがとうございました。

  • 回答No.8

walkingdicさんへ #2です。なにか誤解があったようです。 どうもすみません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.7
noname#29127
noname#29127

No.6さんの回答で詳しく書かれている点にて、色々 正しいことが書かれていますが、「位相の遅れ」と 「位相速度の変化」に関しては、混合されているのでは ないでしょうか? >すると光という波全体では元の位相よりも遅れが生じます。 >見方を変えると光の進む速度が遅くなったように見えます。 上の文は「位相の遅れ」すなわち、電磁波の山と山の位置が入射 した光からずれていることを表して、山と山の距離は変わって いません。一方で、下の文では、電磁波の山と山の距離が 変化(縮まっている)状態を表しています。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.5
  • nzw
  • ベストアンサー率72% (137/189)

   物質による光の吸収は、バンドというものの存在により、ある振動数以下では吸収が起こらず、特定の振動数で特に吸収が大きくなるという性質があります。石英といった物質が無色透明である理由は、可視光領域で吸収を持たないためです。しかしこのような物質でも、それよりも振動数が大きい紫外線領域で吸収を持ちます。  一方、屈折率というのは、光の吸収とクラマース・クローニッヒの関係と呼ばれるもので互いに結びつけられています。この関係により、吸収が起こる周波数よりも少し高い周波数に屈折率のピークが現れ、そこから減少するという性質が現れます。  プリズムにおける紫と赤の屈折率の違いは、このせいです。ですから、吸収の起こる周波数によっては、周波数が高い方が屈折率が低くなったり高くなったりします。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.4

 一般に可視領域で透明な(光の吸収がない)物質の屈折率は短波長(紫外側)ほど高くなるのは確かです。ただ、その理由を正確にお話するのには(古典的な説明でも)高校の範囲を超えてしまいますので、ここでは、かなりいい加減な説明で御茶を濁すことにします。より詳しい説明が欲しかったら、例えば「光の物理 小林 浩一(東大出版会)」を見て下さい。 可視光領域の屈折率は、光の電場によって、物質中の電子が揺れ動くことに起源があります。光の電場によって揺り動かされた電子からは、光が放出され、電子から放出された光(を足し合わせたもの)ともとの光の足し合わせで物質の中の光の進み方が決まっていきます。屈折率がより大きくなるためには、揺り動かされた電子から放出されるの光による寄与がより大きくなる必要があります。 ここで、減衰強制振動の話を持ち出したいのですが、確か高校まででは習っていない話ですので、ここでは、振り子を頭に描いて下さい。振り子には共鳴周波数がありますよね。共鳴周波数とは、その周期でなら、外から小さな力で振幅を与えても、振り子の振幅がどんどん大きくなる周期のことです。例えば、お寺の釣り鐘などでも、共鳴をつかうと、指一本で大きく揺らすことが(何度も、同じタイミングで押さなければなりませんが)出来ます。 可視領域で透明な物質でも必ず紫外領域(もしくは、それより波長の短いどこか)に必ず吸収を持っています。そして、この吸収のところが共鳴周波数です。ですから、可視領域の光によって物質中の電子が揺り動かされる場合に、光の波長が短く、紫外に近いほど共鳴周波数に近い光で振動させられることになり、その結果として電子の揺らぎの応答が大きくなります。 屈折率の由来の話に、共鳴の話を組み合わせると質問の答になるでしょう。 

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.3

質問者のために、もう少し補足しておきますね。 私の回答の趣旨はあくまで、質問にある前提となる部分で勘違いがあるようなので、まず、もう一度高校物理の内容を正確に把握し直してほしいという意味です。 そうしないと、高校物理の内容を超える話の理解が出来ないということでもあります。 そもそもかかれている傾向について、#2さんがいわれるように思いあたるものがないわけではありませんが、どういう話だったのが(今回でいえば、どういうときにそういうものが見られるのか)という部分を抜きにして説明は出来ないからです。 間違っていると書いているのではなく、単純な話ではないと書いているのです。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

質問が変で申し訳ありませんでした。 確かに、“白色光の屈折率”というのは変ですね。 具体的に書くことにします。 たとえば、虹が見える現象があると思います。 これは空気中の水滴の中を光が(主虹の場合)屈折、反射、屈折して目に届いてきます。 そのときに、赤色の光と、青色の光とでは、屈折したときに、 入射角が同じでも屈折角が違うので、虹という現象がおきると習いました。 プリズムに白色光をあてたときにも、色によって、入射角が同じでも屈折角が違い、 色が別々に出てくると思います。 なぜ、“赤色の光と、青色の光とでは、屈折するときに、 入射角が同じでも屈折角が違う”のでしょうか。

  • 回答No.2

Walkingdic様へ ちょっと眠いので、多少失礼なことを書きます。 >>> 振動数が大きいほど、屈折率が大きく、 振動数が小さいほど、屈折率が小さい <<< > ご質問にかかれたような単純な話ではありません。 この記述は吸収のない可視光の領域ではほぼ正しいのではないでしょうか?  それをそうでないと言い切る方が「専門家」と名乗られるのが少々不思議に感じられました。 確かに「白色光の屈折率」とは意味不明であることは同意いたしますが。 ただし、この傾向を高校生にわかるように説明せよと言われると、私にはできません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

  • 回答No.1

そもそも白色光の屈折率なるものはありませんので、根本的になにか勘違いをされて覚えているのではないかと思います。 >>> 振動数が大きいほど、屈折率が大きく、 振動数が小さいほど、屈折率が小さい <<< とかかれていますが、そもそも屈折率とは光の性質ではなく物質の性質です。光の振動数により物質の性質である屈折率の値が変わるのは確かですが(これを屈折率分散といいます)、ご質問にかかれたような単純な話ではありません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

関連するQ&A

  • 屈折率について

    参考書(新・物理入門)には、屈折率は媒質と光の振動数のみによって、決まると書いているのですが、ウィキペディアの記述によると、屈折率は波長に依存するとあります。これは、光速一定の下でということで宜しいですか。実際、赤光線と紫光線だと、波長の違いにより屈折率も違いますよね。

  • 屈折率について その2

    屈折率は、媒質と波の振動数で決まると聞いたのですが、振動数が一定の下で、高温の方が速度が上がる→波長が大きくなる→屈折率が大きくなるといったように、振動数が変化していないのに屈折率が大きくなることにより発生する現象(蜃気楼など)があるのはなぜでしょうか。 屈折率はどのように決まってくるのでしょうか。 以前の質問で、屈折率は媒質と振動数で決まると回答して頂いたのですが、あまりに例外が多いので再び質問させていただきましたm(_ _)m

  • 光の屈折率について

    薬剤師国家試験の中の問題で、 図は光が等方性の媒質Aから媒質Bに入るとき、その境界面で進行方向が変わる現象を模式的に示している。これに関する記述のうち、正しいものはどれか。 ○媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長によらず一定である。 という記述が誤りで、解説のところに「媒質Bの媒質Aに対する屈折率(相対屈折率)nは入射光の波長により変化し、波長が短いほど、屈折率は大きくなる」とか「媒質中の光の速度は、その光の振動数により 変化する。波長を変えると、振動数が変わり速度も変わるため、相対屈折率nは一定ではなく、変化する」とか「真空中の光の速度は波長に関係なく一定であるが、媒質中の光の速度は媒質中の密度及び光の波長により変化する」 とあるのですが、これはなぜでしょうか? ((僕なりに考えてみたのですが…)) ○V(電磁波の速度)=ν(振動数)×λ(波長)という式つまりλ(波長)=V(電磁波の速度)/ν(振動数)…(1)を利用する ○媒質A中での光速(VA)、媒質B中での光速(VB)は変わらないので、Vは変わらない ゆえに波長λは振動数νに反比例するつまり 波長λが小さくなると振動数νは大きくなる。 とまでは考えられたのですが、その後が分かりません。 どうか教えてください。 よろしくお願いします。

  • 光学、光の振動数と絶対屈折率の関係

    プリズムを利用した光の分散の問題等を解く場合、 光の振動数が大きくなると、絶対屈折率は大きくなると考えていいのでしょうか? 教科書にはプリズムと分散された光の図がただ乗っているだけで、 参考書には「絶対屈折率nは光の振動数νと材質によってのみ決せられる定数である」と書いてありましたが、上に書いたような定性的な相関関係がないと矛盾すると思うのです。 また、高校物理の範囲を超えて、定量的な関数関係が明らかになっているならそちらもご教授いただけたら幸いであります。 センター試験が迫っておりますので、すぐに解答していただきたくあります。

  • 屈折率

    問題集をやっていたら何の説明もなく、赤い光に対する屈折率n<青い光り対する屈折率n´と書いてありました。色々考えてみたんですけど、何故だかなかなか理論付けられません。(僕に才能がないからかもしれませんが)これは、高校の範囲で理解できることなのでしょうか????それとももう覚えるしかないのでしょうか????

  • 屈折率

    高校物理1の屈折率について質問します。 素朴な質問です。 屈折率はすべて1より大きいのでしょうか? どの参考書を見ても、入射角>屈折角の図が載っているものですから質問します。また、1より大きいと決まっているのであれば、それはなぜですか。 よろしくお願いします。

  • 光の波長と屈折率について

    自然光をプリズムで分散させると、波長が短い光ほどよく屈折すること がわかります。これは波長が短いほど、媒質中を進む光の速さが 遅いことを意味しているかと思います。 では、高校教科書などにある、絶対屈折率の数値はどの波長の屈折率 を指しているのでしょうか。例えば水(20℃)では絶対屈折率が1.333とあ ります。波長によって屈折率が異なるわけですから、どの波長の光に 対する屈折率なのかを言及していなければおかしいかと思うのですが・・・ この点はどう考えればよろしいでしょうか。よろしくお願いいたします。

  • 屈折率の問題

    問.屈折率1.5のガラス板の表面に屈折率1.4の反射防止用の薄膜をつけて、表面に垂直に入射した光が、薄膜の表面及び薄膜とガラス板の境界面で反射し、その反射光が互いに弱めあうようにしたい。薄膜の最小の厚さとして正しのものはどれか。ただし、空気中の光の波長を5.6*10^-7mとする。 解説.膜厚をdとする。屈折率nの物質中では光の波長はλ/nとなる。反射が弱まるから反射長ズレればよいので、2d=λ/n*1/2∴d=5.6*10^-7/1.4*2=5*10^-8m 上記解説の意味がよく分からないので、もう少し細かく説明してもらえないでしょうか?また、d=5.6*10^-7/1.4*2=5*10^-8mのところも解き方がよくわからりません。よろしくお願いします。

  • 屈折率の公式n=c/vのn、c、vは何の略?

    屈折率の公式n=c/vでは nが屈折率 cが真空中の光の速度=光速 vが媒質中の光の速度 ということですが、このnとcとvはそれぞれ何かの略でしょうか。 屈折率は英語ではrefractive indexですが、なぜnになるのでしょうか。 cはceleritusまたはvelocity constantのcと聞きましたが、それでよろしいでしょうか。 また、媒質中の速度vは何の略でしょうか。 よろしくご回答のほどお願い申し上げます。

  • 水の屈折率に近い樹脂、あるいは樹脂の屈折率に近い…

    水の屈折率に近い樹脂、あるいは樹脂の屈折率に近い液体というのはあるのでしょうか。 美術系大学に通う学生です。ここでははじめての書き込みになります。 理系の教養はほとんど持ち合わせていないため、 的外れな質問をしてしまうかも知れません。どうかお許しください。 樹脂で造形したオブジェを同じ樹脂の中に沈めると、 硬化したときに境界が見えなくなります。 また、水の中にガラス製品を沈めると、境界が見えなくなることがあります。 これは素材の屈折率がそろうときは光が直進するからだ、 という説明をどこかで受けたことがあるのですが、 これを利用して美術作品を作りたいと思っています。 無色透明の蛍光塗料を溶かした樹脂製のオブジェを水槽の中に沈め、 屈折率の近い液体を流し込んで不可視・透明にする。 そして紫外線がそれを照らしたときにだけそれが発光して、 ゴーストのように浮かび上がる、という作品を作りたいと思ったのですが、 これは技術的に可能なのでしょうか? どうかアドバイスをよろしくお願いします。 また、もし可能なら、 どれくらいのコストになるかなどもお教えいただけるとありがたいです。