解決済み

掃除機の吸込み仕事率について

  • すぐに回答を!
  • 質問No.262258
  • 閲覧数861
  • ありがとう数2
  • 気になる数0
  • 回答数1
  • コメント数0

お礼率 82% (43/52)

 訳あって、とにかく吸引力の強い掃除機を探しています。
 それで、業務用がいいのかと思ったのですが、広告に「強力な吸込み」などとうたってあっても、吸込み仕事率を見ると、130Wくらいだったりします。
 一方、家庭用の掃除機の方が余程大きな数字のものがあり(300Wとか)、わけがわかりません。
 やはり吸込み仕事率が大きいほど、単純にホースの先から吸込む力は大きいのでしょうか。それとももっと奥深い何かがあるのでしょうか?
 どなたか詳しい方、ぜひご教授下さい。

質問者が選んだベストアンサー

  • 回答No.1

ベストアンサー率 56% (398/700)

どの様な物を吸い込ませるのか?によって、タイプが相当ことなってきますね。


1.大量の風量で吸い込めそうなもの
 これは風量の大きな物で良いでしょう。
 その点から、家庭用掃除機を仕事率に注目して選択
 されても良いです。
 また、業務用の物はゴミをためる部分の容量が家庭用
 より大きな場合が大半で、かつ吸い込み条件で仕事率
 のが低下しにくい物が多いので、こちらで比較的仕事
 率の大きい物を選択されたら良いでしょう。
2.とにかく真空度が高い物がいい。
 "掃除機"というより、バキュームクリーナーという
 名称で売られている物の方が良いかもしれません。
 これは、主に高真空度で仕事率を稼いでいますから
 重たいゴミ(鉄片とか)や泥を吸い込ませるのに
 最適ですね。


蛇足ですが仕事率について少し。

仕事率の測定方法はJISで決められていまして、バクッっと表現すると「その掃除機が出せる真空の度合い(真空度)×風量」から求められる数値なんですが、"これが高い=良く吸い込む"ではない部分もあるんですね。

といいますのも、平板上の非付着性ゴミとか、軽い/粘りがないゴミなんてものに対しては、この数字が吸引力の目安になるんですが、カーペットの隙間とか、泥などの粘質の物や、果ては金属片などの重たい物に対しては、風量よりも真空度の方が高くないと駄目なんて事がありますから。

 ※:また、家庭用掃除機などでは、どのノズルを
   使うか、吸い込み対象が何かによって、相当
   真空度が変わる(緩衝性がないというか、対象
   によって性能が落ちちゃう)って感じも持って
   いたりします。

これに対して、バキュームクリーナーってのは比較的真空度が高く、緩衝性も大きいので、吸い込む相手を選びにくいって感じを持っています。(それだけに高価ですが)


どの様な対象を吸引するのかが明確なら、もう少し具体的な事もお答えできるかと思いますが、取り急ぎ。
お礼コメント
terupe

お礼率 82% (43/52)

 有り難うございました。セミプロの木工制作者なのですが、木工機械の集塵に使える掃除機はないかと探していました。何とか方向性が見えたので、地道にリサーチしてみます。ホント助かりました。
投稿日時 - 2002-05-04 16:58:44
感謝経済
AIエージェント「あい」

こんにちは。AIエージェントの「あい」です。
あなたの悩みに、OKWAVE 3,500万件のQ&Aを分析して最適な回答をご提案します。

関連するQ&A
壊れた!動かない!あなたはどう解決した?体験や経験を教えて!
このQ&Aにはまだコメントがありません。
あなたの思ったこと、知っていることをここにコメントしてみましょう。

その他の関連するQ&A、テーマをキーワードで探す

キーワードでQ&A、テーマを検索する

特集


感謝指数によるOK-チップ配布スタート!

ピックアップ

ページ先頭へ