• 締切済み
  • すぐに回答を!

事務委託手数料の請求に際して消費税をどう計算するか

私が勤める会社では、ある会社 (以下R社という) から事務の委託 (外注) を受けています。 R社と締結した事務委託契約では、事務処理1件につき何円という手数料を当社がR社に請求するほか、事務処理遂行に要した費用 (契約書の末尾に限定列挙) についても実費を請求することができると定めています。 今月、事務処理○○件に対して、仮に200,000円の手数料を請求するとします。 また、事務処理遂行に要した費用として、公証役場で確定日付を取得するのに要した手数料1,400円と郵便代160円を請求しようとしています。 この場合、当社はR社に対して201,560円を請求することになりますが、その際に消費税はどのように計算すべきでしょうか。 パターン 1) 200,000円に5%を乗じた金額 パターン 2) 201,560円に5%を乗じた金額 ちなみに、事務委託契約においては、事務処理遂行に要した費用は、本来はR社が支払うべきものを当社がたまたま立て替えて支払った場合にはあとで精算しましょうという定めをしているわけではなく、必ず一次的には当社が支払うことを予定しています。 そうなると、私の考えでは、パターン 2) が該当すると思っています。 しかし、R社からは、確定日付の手数料は非課税なんだからそれに相当する費用を請求するときも非課税で計算しろと要請がありました。 契約の文言を見ながら、どう解釈するかにもよるでしょうから、一概には回答しづらいとは思いますが、どなたかアドバイスをいただけると幸いです。

共感・応援の気持ちを伝えよう!

  • 回答数3
  • 閲覧数2428
  • ありがとう数2

みんなの回答

  • 回答No.3

>確定日付を取得したのはR社ではなく当社であり、R社は当社の資金負担をあとから補っているだけなのですから、R社と当社の間における手数料の授受を非課税とみなすことは、自明ではないと思います… 質問者さんがそう思うのは自由ですが、現実にトラブルになっているのでしょう。 ところで、質問者さんはマイカーをお持ちですか。 新車を買うときでも、車検の時でもどちらでもよいのですが、車屋さんの見積書か請求書があったら開いて見てください。 車の本体価格や自店での整備費用などには、消費税がしっかり請求されます。 しかし、重量税や自賠責保険は論外としても、登録や継続検査のために陸運局等へ支払った諸手数料などは、消費税が付けられていません。 陸運局等へ支払う費用が、内税になっているのではありません。 国等が行う事務手数料等ということで、非課税なのです。 質問者さんが車の販売店、R社が車の使用者、公証役場公証役場が陸運局と見なし、質問者さんの論理に合わせるなら、 【陸運局等に登録申請をしたのは 車の使用者ではなく販売店であり、車の使用者は販売店の資金負担をあとから補っているだけなのですから、車の使用者と販売店の間における手数料の授受を非課税とみなすことは、自明ではない。】 ということになります。 さて、日本に何千万人の自動車保有者がいるのか具体的な数字は存じませんが、質問者さんの論理に同意してくれるでしょうか。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

mukaiyamaさん、ご回答ありがとうございます。 おっしゃるとおり、たしかに契約の解釈をめぐって先方と食い違いが発生してしまいましたが、当社が立替払いをしているという解釈であればご回答いただいた点はまったくそのとおりで、当たり前のことと思います。 ただ、当社は当社が立替払いをしたわけではないという解釈なので、陸運局等への手数料支払いの例は、例になっていません。陸運局等への登録申請は、販売店が自分で所有している車について登録申請しているわけではないですよね。だから、当然に立替払いですから、非課税なのは当たり前だと思います。当社とR社との間で食い違っているのは、そもそもそういう関係ではないという点でした。 ただ、具体的に契約内容を説明せずに、この場でこういう不確実な質問を投稿したのは失敗だったと思います。お騒がせして申し訳ございません。

関連するQ&A

  • 消費税の計算

    簡易課税設計業第5種(サービス業)50%で申告します。 が、年間180万ほど事務委託契約を交わし、もう一つの会社の経理もしています。 雑収入で計上したのですが、この分は、第4種(その他の事業)で計算するのでしょうか? おしえてください。計算すると若干少なくなるもので・・・よろしくお願いします。

  • 委託費の消費税について。。。

    どなたかわかる方教えてください。 ある自治体の職員です。年度毎に関係団体に事業を委託して概算で支払しており、現在、精算報告を受けて支出実績の内容をチェックしているところです。 団体によって二通りの報告があり、どちらが正しいのか判断できなくて困っています。 一つは、人件費などの課税されないものを除いて消費税を計算し報告されているパターンと、もう一つは、人件費等も含めて(事業全体としてという意味?)消費税を計算し報告されているパターンです。 これらの契約書や要綱には消費税について特に設けられていないもので。。 私自身がまったく税金等について無知なもので(←言い訳)、質問の仕方もうまくなくて恐縮ですが、どなたか詳しい方のお力をお貸しいただきたいと思っています。

  • 消費税に詳しい方教えて下さい。

     簡易課税を選択している小売業者です。この度近所の百貨店に当社の商品を置いて頂くことになりました。百貨店で商品が売れるまで、その商品の所有権は当社が留保するという、委託販売契約を取り交わしています。売り上げた金額から販売手数料20%を差し引いて当社へ振り込まれるようになっています。  このような場合、百貨店で売り上げた金額から販売手数料を差し引いた金額(つまり振り込まれた金額そのまま)を課税売上高にすることまでは、国税庁のHPで確認できましたが、事業区分が分かりません。卸売業(第一種事業)にしても良いものでしょうか。  分かる方、いらっしゃいましたら参考文献なども一緒に教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いします。

  • 回答No.2
  • tom0014
  • ベストアンサー率31% (192/605)

パターン1のR社の考え方が正しいと思います。 まず質問者の売上はいくらでしょうか? 200000円ですよね。201560円が売上ならまだわからなくもないですが。 手数料1400円と郵送代は立替払に当たると思われます。 しかも切手代はすでに消費税が内税で入っているはずなので 152円で仕入をしているはずです。 ですので160円の場合消費税に消費税をかけていることになりますね。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

160円は税込みですね。 これは、ケアレスミスでした。 ご指摘ありがとうございます。 まったくお恥ずかしいです。 さて、要は、立替払いに当たるかどうか、ですよね。 「R社がなすべき行為を当社がおこなった場合にはその実費を精算できる」 ではなく、「当社が当社の名においてなした行為につきR社が費用負担をする」 という感じの契約なので、立替払いにあたらない、したがって、当社はR社に対して役務提供の対価を請求していることになるから課税取引だ、というのが私の解釈でした。 ううむ、でも、何か勘違いをしている気がして、自信がないです。。

  • 回答No.1

>事務処理遂行に要した費用 (契約書の末尾に限定列挙) についても実費を請求することができると… 前提が、実費を別途請求とのことですから、先方のいうとおり、課税、非課税、不課税、免税を使い分けなければなりません。 パターン 1) ですね。 ---------------------------------- 仮に、前提として、個々の原価を明らかにする必用がなく、あなたのほしいだけを一口にまとめて請求できるなら、パターン 2) でよいでしょう。 この場合でも、あなたが課税事業者なら、仕入れの記帳は区分しておかねばなりません。

共感・感謝の気持ちを伝えよう!

質問者からの補足

早速ありがとうございます。 > 前提が、実費を別途請求とのことですから、先方のいうとおり、課税、非課税、不課税、免税を使い分けなければなりません。 その因果関係のところを、もう少し具体的に教えていただけないでしょうか。 確定日付を取得したのはR社ではなく当社であり、R社は当社の資金負担をあとから補っているだけなのですから、R社と当社の間における手数料の授受を非課税とみなすことは、自明ではないと思います。 回答者さまが当然視されている前提が何かあるのだと思いますが、それがもう少し具体的にご教示いただけると助かります。

関連するQ&A

  • 消費税について

    私は去年(平成二十年)6月~12月にかけ、とあるフランチャイズの飲食店に於いて委託経営という制度で個人事業主として報酬を得ていました。この委託経営の制度というのは、簡単に説明しますと直営店の経営を任され売り上げ-経費=委託手数として報酬を得るシステムです。 私自身、この委託システム自体を思ってた程、利益をあげれず、昨年末の時点で契約を打ち切り現在は会社勤めをしています。 前置きが長くなりましたが、私はこの委託システムを行う前年も会社勤めをしていましたので事業主ではありませんでした、従って平成20年度は免税事業主となる為、消費税に関しては免税になると思いますが、その当時、無条件で消費税に関しては本部が納税するような形になっており、自身報酬は税抜き売り上げ-経費=委託手数料として振込れていました。つまり、この当時、消費税分に関して本部に返金請求を行う事に関して法的にはどうなんでしょう?一応、税務署に問い合わせたんですが、回答としては、免税事業者として間違いはないので、消費税に関して言葉として悪いが貰い得になり税法上は問題は無い。しかし、一般的にあなたの事業形態はコンビニ経営等に於いて多いが、その場合、本部と委託側に契約等により取り決めがある筈です。との回答でした。 ですので契約書を読み返したのですが、個人事業主として確定申告を行うとの記述があるものの他の税に関する記述などはなく、消費税に関する取り決めはありません。この会社は上場している企業なんですが、当時まだ委託システムに関して始まったばかりでありまだ事業形態として未成熟だったと思われ契約に関して不完全だったが故の抜けだったと思いますが返金請求を行う事は妥当と思われますか? また、委託経営期間が約7ケ月でその間の売上が約二千五百万位です。よって返金請求額を単純に推測して請求し得れる額と請求を行う労力を考えると如何なものなんでしょうか? 長文になりましたが、誰か知識の有られ方、宜しくお願いします。

  • 消費税について

    今回の質問は消費税について少しお伺いいたします。 会社間での取引でたとえば、当社が人材を派遣しているとして その会社に時給1,000円で契約しているとします。 単純計算で1ヶ月のトータルを1日8,000円×20日稼動とし=160,000円で請求をしたとします。 当社としては160,000円×1.05(消費税)を請求しようと思いましたが 先方の会社からは内税で消費税をお支払いしていると言われました。 当然請求した合計の160,000円から当社は消費税を国に納める事になります。 この例のケースで言うと相手側は消費税法違反にならないのでしょうか?又、労務費なので消費税は取れないのでしょうか? もっとも契約がどうなっているかによるとはおもいますが・・・・ このケースは一般派遣です。出向などではありません。 詳しい方が居ましたら宜しくお願い致します。

  • 賃貸契約にて 事務手数料まで請求されたのですが…

    先日部屋を決めて 賃貸契約の見積もりを今日貰ってきたのですが 不動産会社に支払う仲介手数料に加えて  管理会社に支払う事務手数料なるものが別途請求されていました この事務手数料というのは 払わなくてはいけないものなのでしょうか? 初期費用が40万超えてしまって 社会人一年目なので できるだけ安く済ませたいです><  ご存知の方いらっしゃったら教えてください

  • 消費税について教えて下さい。

    契約企業の地方事業所に産業医を派遣しました。 産業医の報酬、交通費、宿泊費、日当は、産業医から申告された金額を当社が契約企業に請求、入金後、産業医に支払うことになっています。 申告金額のみを請求し、源泉後、お支払いするつもりだったのですが、それは「売上げ」となり、消費税が課税されると指摘がありました。 消費税を上乗せした金額を、契約企業に請求しようと思いますが、この場合、「報酬」・「交通費」・「宿泊費」・「日当」の合計全てが、消費税課税の対象になるのでしょうか? 「交通費」は非課税でしょうか? 当方は小さな会社で他の仕事と兼務で経理を担当しており、社内には経理に詳しい者がおりません。 ご教示いただければ幸いです。 よろしくお願いいたします。

  • 源泉所得税徴収前。消費税非課税の委託費用について

    個人事業主で業務委託の仕事をしております。 その中で、 業務委託費用を、源泉所得税徴収前。消費税非課税として 定義されて契約を締結しています。 この場合、 ・帳簿への記帳 ・請求書には消費税は記入するのか?? などは、どういう処理をするのが良いのでしょうか? その辺りがわからないです。

  • 交通費一式に消費税は?

    小さな建設会社へ転職し、事務をしています。 外注先からの請求内容のうち、 交通費一式で10,000円というものがあるのですが、 前任者は「立替金」として消費税は考慮せずに処理していました。 これは消費税込みで考えた方が、 当社の消費税計算の際に「得」(微々たる額ですが)になるのではないですか?

  • 消費税の課税・非課税について

    個人事業で家政婦紹介業を営んでおります。 売上は、紹介の手数料のみです。 (簡単に言うと、お客さんは1日10,000円を支払いますが、内9,000円は家政婦の取り分、1,000円が手数料として当社の売上となります。) ただし、社員が一人おり、基本的には事務をしておりますが、たまに家政婦として客先に行ってもらうことがあります。 その場合、その社員には給料を払っておりますので、客先から入る10,000円全部が当社に残ることになります。 この場合、1,000円は通常の手数料として課税売上になりますが、9,000円は非課税売上と考えていいのでしょうか? 決算に際し、困っています。お答えをお待ちしています。

  • 銀行の支払手数料と仮払消費税

    経理初心者です。どう処理すればいいのか分かりません助けて下さい。 売掛金が振込入金されたのですが仮払消費税の所で動けなくなりました。 請求金額は17820円です。 支払手数料は当社負担ですので請求金額から差し引いて貰います。振込入金額は16920円でした。支払手数料は900円。までは分かりますが仮払消費税はどう振替伝票に記載すればいいのかが分かりません教えて頂きたいのですが。宜しくお願いいたします。

  • 消費税の還付請求のやりかたを教えてほしい

    自動車整備の仕事をしています つい最近 自分がバカだったのですが気がついたのです 記帳時の消費税の課税、非課税の計上(処理)のミスです。 車検の依頼を受けお客さんの車の車検を受けるとします。 車検には税金や法定費があり 自動車重量税、自賠責保険、検査印紙代 リサイクル料(各車一回だけ) これらは消費税計算には入れない 非課税として仕入(経費)処理しています。 これは正しい処理だと思うのですが。 その後、お客さんからお金をもらうときに、上記税金等を含む 整備代等を1枚の請求書に書いてまとめて 売上 で処理していました 要は課税売り上げにしていたのです。(非課税売上げにしていなかった というか消費税の計算に入れてしまっていた) これでは 非課税仕入れした分のまるまる5%を損していると思うのです 普通車で 重量税、自賠責、検査印紙、リサイクル料 でだいたい1台 6~7万円 非課税の金額があるので 一台につき3千円くらい損をしている気がします。 今期は訂正していっているのですが、過去を見ると 2004年5月から今までで 1600万円ほどの上記4種の 非課税仕入れ履歴があります。(それ以前は手処理のため調べるのが 大変でわかりません、今はPC処理です) この支払後の分を修正申告して返金してもらうことは可能なのでしょうか? また その場合どのようなものをそろえて税務署へ行けばいいのでyそうか? 税務署に聞けばいいことなのかもしれませんが、どうも根ほり葉ほり 色々聞かれたりするのも嫌だし、払うことなら良いけど、返してくれ と言う内容では丁寧に教えてくれそうもないとも思ったので ここで質問させてください よろしくお願いします。

  • 事務手数料の経理処理

    こんにちは。 私はアフェリエイトをしていますが、 当方が契約している会社は、その月の売り上げに対して、請求書を発行すると自動的に事務手数料10ドルを差し引きます。 よって其の月の実質的な売掛金は実際の売り上げ金額から10ドルマイナスしたものになります。 (請求書は自動的に作成されますが、売上金の合計欄には事務手数料が差し引かれた金額が記載されています。其の額が請求金額となっています) この場合の経理処理ですが、 請求書を送った時点で実際の売り上げを売掛金(事務手数料込みの金額を使用する)とし、同時に 事務手数料は別に経費として処理すれば良いのでしょうか? それともその後、実際に売掛金の入金(事務手数料がマイナスされた額が入金(請求書に記載された売上額))があった時点で 事務手数料を経費として処理するのですか? あるいは、請求書にある事務手数料を差し引いた売り上げを売掛金として、事務手数料の存在は無視する? どの処理が適切でしょうか? 宜しくお願いします。